高橋大輔選手が早く見たい!
b0038294_10135827.jpg昨年10月に右足の靭帯に大怪我をし、手術とリハビリを経た高橋大輔選手が今季戻ってきます。





私は昨年のシーズン前から彼のショートプログラム(SP)とフリーのプログラムがすごく斬新そうなので楽しみにしていました。なのでシーズン直前の彼の怪我はショックでしたし、選手生命にも関わるほどの大きな怪我だったということでとても心配しましたが、彼は手術を決断し厳しいリハビリとトレーニングに耐え、怪我前よりもむしろ動く体を作り上げたそうです。顔つきも引き締まり、目がきらきらしてますね。
靭帯をここまで傷めて復帰・活躍したフィギュアスケーターは今までいなかったそうなのですが、「怪我してよかったと思えるように」という強い意思で彼は頑張りぬきました。そうはいっても落ち込んだり不安になった時も多かったと思いますが、すごい精神力だと本当に尊敬します。





高橋大輔選手の特集(2009年8月9日 NHKサンデースポーツ)

この時のOA、見よう見たいと思っていたのに、直前で居眠りしてしまった・・・(笑)Youtubeでやっと見ることができました。アップしてくださった方、ありがとうございました。

この特集によると、リハビリとトレーニングで、彼は股関節が堅いことを指摘されたそうです。
これは怪我を誘発する要因になるため、股関節を柔軟にすることも重点的に行ったということ。
でも、力士の股割りじゃないけど(笑)股関節を柔らかくする(しかも成人後)って、いくらアスリートでもかなり大変だと思うんですよね。でも確かに体は柔らかいに越したことはないですし、可動域も広がったということです。

確かに今までは、彼はジャンプ、ステップ、スケーティング(スパイラルは男子はない)は素晴らしいものがありましたが、それに比べるとスピンはちょっと見劣りしてたんですよね。シットスピンの「しゃがみ」がキツそうというか。
2年前のシーズンからルールが厳格化したのでしっかりしゃがむようにはなりましたが、スピードが落ちて止まりそうになったり、他の要素が余裕を感じさせるだけにスピンの辛そうな感じが目立っていて「うーん、惜しいなあ」と思っていました。
織田信成選手や小塚崇彦選手はスピンがすばらしく美しいですが、それは股関節が柔らかいのも重要な要素なんですね。確かにちょっと考えればわかることですが。
それが、先日のNHKの特集の映像ではかなり改善されていました。本人も話していましたが、スピンだけでなく、他のステップ等の要素でも股関節の自由度が高まったことでより氷をしっかり捉えられるようになり、怪我前よりもむしろ動きやすくなっているとのこと。

高橋大輔 2008四大陸選手権SP 「Swan Lake」

彼を一躍世界的に有名にした二季前のSP「白鳥の湖ヒップホップバージョン」の演技。
このとき彼はフリー合わせて世界最高得点をマークしますが、絶好調の今大会でもスピンでスピードがあまりなく、姿勢があまりきれいではないですね。試合によっては回転が止まりそうな時もあった(笑)
最後のシットスピンで、後方に映るニコライ・モロゾフコーチ(当時)も必死で「スピンがんばれ」と祈ってる感じすらします(笑)



そしてフルバージョンを見るのをもう1年以上も楽しみにしている彼のフリー「La Strada」も、報道等で映像が流れて全貌が少しずつ明らかになってきています。
ニコライ・モロゾフから離れて新しくパスカーレ・カメレンゴと組んだ振付はパントマイム的な要素が織り込まれており、今からすごく楽しみにしています。
b0038294_1313173.jpg
カメレンゴさんと。これは昨オフ、怪我する前の写真のようですね。

La Strada (高橋大輔選手報道をつないだもの)

これを作った方はすごいですね。映像の切れ目がスムーズです。
演技の全てが網羅されているわけではないのですが、これだけつなぐというのはすごい。プログラムの概要はよくわかります。この映像を見ただけでも良プロの予感がすごくするので、今から待ちきれません。

要するに、高橋選手は大怪我をした後、目標を「怪我前に戻す」ではなくその進化形としていたんですね。
怪我したとき、人は「取り戻す」ことを考えがちですが、「これを機に体を作り直す」という判断・決断をし、それを実現した彼は立派です。

フリーの「La Starada」の意味は「道」です。
高橋選手のこれからの道が輝かしいものであるように願っています。
復帰後のシーズン、五輪で金メダルとか取ったら本当にドラマチックですよね。でも彼はそれを狙える位置にいるし、力もある。10月からのシーズンで戦うSPとフリーのメリハリのある演技内容や、昨年を棒に振ったとは思えない滑りならそれも可能だと信じています。
頑張ってください!
ああ、シーズンが待ちきれません。

高橋大輔2009フレンズ・オン・アイス(2009年8月22日)

復帰最初の客前での演技になるアイスショー「フレンズ・オン・アイス」出演のもようです。
今季のエキシビジョンナンバーの 「Love Letter」を初披露しました。

高橋大輔 2008DOI “Eye"

昨年夏のアイスショー「Dream On Ice (DOI)」で初披露した、2008年シーズンに滑るはずだったSP。
これを今季そのままSPに使用してくると思われます。




<関連コラム>
高橋大輔負傷 靭帯断裂の疑いも (11/18追記あり) 2008年11月5日
高橋大輔選手が退院 2008年12月25日
by toramomo0926 | 2009-08-21 10:30 | フィギュアスケート


<< 浅田真央選手のプログラム使用曲... 日本の「ある価値観」が崩れた日... >>