小塚崇彦選手、4回転成功と音の表現に挑む
b0038294_1534317.jpg
いよいよロシア杯が、日本時間の本日深夜から始まります。
テレビ朝日系のスポーツ番組「Get Sports」の10月18日放送で小塚崇彦選手が特集されたようです。私の住んでいる地域では見られないんです・・・(涙)
今回の放映はフィギュアスケートをそれほど知らない方にも分かりやすく、詳しい方も満足できる内容の濃いものでした。こういう情報を全ての選手、せめて日本選手だけでも得られるといいのにと思います。選手がどのようなことを考え、どういうことをテーマとしてそのプログラムを滑っているのかは、ファンなら誰もが知りたいものでしょう。でもそれを報じるメディアは殆どといっていいほどないですね。インタビューでちょっと聞く程度。
このようにテクニカルな切り口からも見どころを知ることができたのはすごく嬉しかったです(動画は消されてしまいましたが・・・)。



昨季から試合のプログラムに入れてずっと挑戦してきた4回転トウループ(4T)は、結局昨季一度も成功させることは出来ませんでしたが、今季はジャンプの入り方(ターン)を変え、成功率は随分上がっているようです。

両足を踏み変えながら行う「モホーク」から、体を回しながら片足でターンする「スリー」に変えたところ遠心力がつき、また体を鍛えることによって上半身と下半身のバランスがよくなったことで、着地に余裕ができ成功するようになってきたとのこと。
b0038294_14443970.jpg

私は彼の滑りが大好きで応援していますが、正直昨季は4回転は成功するようには見えませんでした。
しかし、今季はこの番組での映像を見ている限り、かなり着地がいい感じになってきていますね。ロシア杯でとりあえず試すことになるとは思いますが、うまくいくといいなと思います。
b0038294_1417114.jpg
顔つきもますます精悍なイイ顔になってきましたね!

小塚選手は今季のショートプログラムとフリー、どちらにもギターの曲を選択しました。
振付を担当した佐藤有香さんによると、「彼の滑りでギターのメロディを表現する」とのこと。
なるほど。彼の端正で滑らかなスケーティングは世界的に評価を得ていますし、彼ならではのやり方だなと思いました。
小塚選手は以前「曲に頼れない。自分で表現していくしかない曲」と今季の使用曲について話していましたが、これで納得がいきました。

またフリーでは、「20世紀にあった出来事」の象徴的なポーズを立体的な彫刻のようなイメージで随所に盛り込んでいくとのこと。
フリーはジャパンオープンを見に行った時に見たのですが「おおおおお」とコーフンしているうちに終わってしまい(笑)なんかあまり覚えてなかったんですが(・・・)、俄然楽しみになってきました。

Takahiko Kozuka The ICE 2009-Bold As Love

今季のSPです。この曲、すでに私大好きです。
最近殆ど観られなくなったサーペンタインステップもあり、45度くらい傾く深いエッジを使ったイーグルや超高速スピンなど、見どころがもりだくさんです。

この番組は、演技の詳細、しかも普通に見ていては決して気づかない内容で、なおかつ知っていれば演技をもっと楽しめるという情報が沢山詰め込まれていましたね。
選手同士の意味のない比較や専門家でもないコメンテーターの主観的な評価、「ライバル物語」を延々流されるよりも、視聴者が一番知りたい、また知るべき情報がここにありました。
このような番組作りが他局、他番組でも出来るはず。五輪の年くらい、競技の勉強をして欲しい。それほど毎回競技は変わらないんだから、1回くらいみっちり勉強しておいてもいいはずです。


ところで番組中では、昨季ファンの間で囁かれていた「ユニクロミオ」について小塚選手が初めて(だと思う)言及しました。
「『タカ、ユニクロだね』って言われたんですけど」
b0038294_15165382.jpg

昨季のフリー「ロミオ」の衣装のあまりのシンプルさと、その色や素材感が日本人にはユニクロを彷彿とさせるものがあり、こんなCMのパロディも作られました。

ユニクロミオCM

もう何度ここにアップしただろうか(笑)。でもこれ大好きなんですよね。

ユニクロCM (ユニクロミオの元・正規CM)



小塚選手の新しいプログラムは昨季同様SP、フリーともに名作の予感がします。今年の日本男子3人(高橋選手、織田選手、小塚選手)のプログラムは五輪シーズンに相応しい名プロぞろいで興奮します。きっと今回の小塚選手の演技も目の肥えたロシアの方々から高い評価を得られると信じています。
復帰組ラスボス、地元出場のプルシェンコ(トリノ五輪金メダリスト)の復帰戦ということもあり、目が離せません。
浅田選手と安藤選手も一緒に、最高の笑顔が見られますように。

ISU Grand Prix Rostelcom Cup
男女シングル、ペア、アイスダンスの詳細。
各種目の「Entries」から出場選手が、「Result」から順位が確認できます(成績やスコアは適宜または終了後に更新されます)
*もうロシア杯の正式名はCOR(Cup of Russia)じゃないんですね(恥)。多分今はロシア連邦じゃなくて、ロシアの電話会社がスポンサードしてるんですね。知りませんでした・・・去年もそうでしたっけ?
by toramomo0926 | 2009-10-23 14:47 | フィギュアスケート


<< ロシアへ愛をこめて -浅田真央... 浅田真央の「鼻ラボ」-ネピアCM >>