ロシア杯エキシビジョン-浅田選手、小塚選手
b0038294_155013.jpg
ロシア杯のエキシビジョン(EX)、浅田真央選手と小塚崇彦選手の演技を紹介します。

浅田選手はもうすっかり有名になった(笑)好評のナンバー「カプリース」、
小塚選手はNe-Yoの「Closer」。
b0038294_1644487.jpg





Takahiko Kozuka 2009 Rostelecom Cup EX-Closer


彼は今季、EXも含めていろいろ挑戦していますね。去年が「ラストダンスは私に」で“古きよき”という感じだったのが今年はガラッと変わってテクノっぽいというか、クラブ系というか、面白い音楽をチョイスしていますね。照明の効果もあって、リズムも手拍子しやすい感じで(笑)なかなかいい感じ。
序盤の手をついて体勢を低くするところとかも面白いですね。
あと、今回は衣装もちょっと凝っていて、ジャケットがリバーシブルに!最初はブルー&裏地が紫だったのだけど、途中でするすると脱いで紫を表にして着直していました。その動きがとてもスムーズでよかったです。

彼はこれからどんどん表現の幅が広がっていきそうで、楽しみですね。これからも試合用・EXを問わず、いろいろなタイプの音楽に挑戦していって欲しいと思います。

b0038294_1672083.jpg


Mao Asada 2009 Rostelecom Cup EX-Caprice

後半、扇が開かなくなった・・・?いつも開く場所で開いてなかったのでおや?と思っていたら、演技終了後にちょっと扇を見てましたね。壊れた?(笑)

次の試合からショートプログラム(SP)をこのエキシビジョンナンバー「カプリース」にする可能性が報じられていましたが、今日の報道ではそれは否定され、曲目を変えることはしないという結論になったようです。
私としては「カプリース」もアリだとは思いましたが、やはり長期的視野で曲目は決めてきているはずだし、プログラムがこなしきれていない訳でもないので、ここで変にブレず、初志貫徹というのも浅田選手らしいなと思うので、彼女とタラソワの選択を尊重します。
別に今変えないともう曲を変えるチャンスがないわけでもないですしね。

技術的なことでなく精神的なことが原因なら、SPを「カプリース」にしたところで同じようにミスが出る可能性もある。そこを冷静に判断できているようなので、外野は黙って見守ったほうがいいですね。

まだグランプリファイナルに出場できる可能性はゼロではありませんが、あまり期待しないほうが良い状況ですよね。確かに五輪出場枠を考えるとファイナル、全日本と2回チャンスがあったほうが保険にはなりますが、今の状況ではファイナルで一度ピークを持ってきたあとにまた2月の五輪に照準を合わせなおす作業よりも、他にやるべきことが真央選手にはあると思うし、本人もきっとそう感じていると思います。
全日本は12月末なので、これで約2ヶ月時間ができることになります。ファンとしては、この期間を有効に使って彼女にとって「結局ファイナルに出なかったことが幸いした」となるよう、良い切り換えができるようにと祈ることしか出来ません。
ただスケートが好きで競技をしてきた女の子にとって、この4年間はあまりに過酷なものでしたが、彼女はそこから這い上がる力をきっと持っていると信じています。

b0038294_1615562.jpg


Sportsnaviの青嶋ひろのさんの記事にこんな記述があった。
「(公式)練習で見せた『鐘』はこんなに良い作品なのかと驚くほど、ドラマチックで力強く、すごみのあるプログラムだった。ジャンプはほぼトリプルアクセルの練習に終始していたが、助走にもスピードがあり、回転も美しい“浅田のトリプルアクセル”が、朝の時点では何度も跳べていた。プログラムはしっかり自分のものにしているし、ジャンプも問題なく跳べる。」

青嶋氏はずっとフィギュアを追っているライターだし、浅田選手のいい時も悪い時も見てきている人だと思う。
ということは、彼女が試合で歯車が狂ってしまうのは、おそらく本当に「気持ちの問題」だけなのでしょう。タラソワも「技術的な問題はない」とはっきり言っていましたし。
ただ、「気持ちの問題」が一番難しいということはあるのだけど。体力は気力で補えることはあるけど、逆は難しいからなあ。
これからますますメディアはヒステリックにキムとの金メダル争いについて騒ぎ立てると思われます。本人じゃなくてもこんなにうんざりするんだから、浅田選手がどれだけストレスを感じているかと思うと本当に気の毒になります。
日本スケ連の橋本聖子会長が彼女の今後の練習環境づくりについて言及してくれたので(初めてスケ連がまともなことで自発的に動こうとした気がする)、今後は国内外の無神経なマスコミから極力日本選手を守り、五輪に集中できる環境が整えばいいと思っています。

とりあえず選手のみなさん、ロシア杯お疲れ様でした。
次は10月31日からの中国杯。男子は織田信成選手と去年の世界王者エヴァン・ライサチェク選手が出場、女子はすごい豪華な顔ぶれでジョアニー・ロシェット選手、カロリーナ・コストナー選手、キーラ・コルピ選手、村主章枝選手、鈴木明子選手、レイチェル・フラット選手、長洲未来選手と充実のメンバーです。楽しみにしたいと思います。
b0038294_16451299.jpg
小塚選手の写真をもっと載せたかったのだけれど、どこにもない・・・(涙)
今回2位なんだし、昨年グランプリファイナルも準優勝なんだから、もっと大きく扱ってあげて~。


<関連コラム>
浅田真央に何が起きているのか-グランプリシリーズ ロシア杯 2009年10月25日
韓国東亜日報の記事-フィギュアスケート採点の信頼性に激震 2009年10月25日
by toramomo0926 | 2009-10-26 15:55 | フィギュアスケート


<< 「できないことは何もない」浅田... プルシェンコ優勝、小塚崇彦選手... >>