スケートカナダ、男女SP
b0038294_21551796.jpg
グランプリシリーズ最終戦であるスケートカナダが始まりました。
男子・女子ともにショートプログラム(SP)が終了し、男子は1位がジェレミー・アボット選手(アメリカ)、2位に高橋大輔選手(おめでとう!)、3位は16歳のデニス・テン選手(カザフスタン)選手が飛び込みました!
女子は1位は地元ジョアニー・ロシェット選手が唯一70点を出して貫禄の首位、2位にアリッサ・シズニー選手、3位に長洲未来選手のアメリカ勢が入りました。
日本の鈴木明子選手は8位。しかし、鈴木明子選手から2位のシズニー選手まで10点、彼女のグランプリファイナル(GPF)出場ラインである4位j0ラウラ・レピスト選手(フィンランド)までは3点もない状況で、中国杯に続いてフリーで逆転することも充分可能です。
男子も高橋選手とアボット選手の差は3点以下ということで、フリーは男女ともに接戦ですね。うーん、盛り上がってきましたよ!

ISU Grand Prix 2009 Homesence Skate Canada International
スケートカナダの順位と得点詳細。
それぞれの種目の「Result」で順位と得点が、ショートプログラム(SP)の「Entries/Result Details」では得点詳細が確認できます。
「Judges Score」では各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができますが、これはフリー終了後にSP、フリーともに公開されるため、まだ開けません。





男子SP1位はジェレミー・アボット選手。

Jeremy Abbott 2009 Skate Canada SP- A day in the life

NHK杯に続き、SPノーミスです。SPは安定していますね。印象はNHK杯の方がよかったけど、相変わらず美しい滑り。トップおめでとう♪
彼の場合課題はフリー。前回大崩れしてしまったけど、今回優勝しないとファイナルはありません。頑張れ!


高橋大輔選手は、3-3のジャンプでちょっとミスはありましたが大きな失敗はなく、2位です!
b0038294_21491173.jpg

やっととりあえずノーミスのSP!
衣装を1年前のDOIのもの(一番最初の衣装?)に変えてきましたね。
表情がとてもいい。でも過去二回の失敗がトラウマとなったのか(笑)ちょっと今回全体的に大事にいきすぎたというか、キレがなかったですよね。特にステップとかが、いつもの圧倒的な滑らかさがないように思いました。
最初のコンビネーションジャンプはバランスを崩しつつも3-3で頑張ったが3-2認定。残念。
でもとりあえずまとめられて、SP2位は良い位置。総合2位以上でGPF出場可能です。頑張れ~。

Daisuke Takahashi 2009 Skate Canada SP- Eye

解説はCBCカナダおなじみのトレイシー・ウィルソンとカート・ブロウニング。
2:15くらいからの解説で、カートが「彼は優れたスケーターだけでなく優れた俳優でもある」ということを話しつつ、「そしていつもヘアスタイルがすごくキマってるね!Wow♪ 彼の髪型はいつもすごいよ」と話していたので爆笑してしまいました(カートはおデコがハゲしく後退しているので・・・)。
そしたら更にトレイシーが「単に羨ましいだけじゃないの(You just jealous!)」とダメ押し(笑)カートはすかさず「その通り(I am. )」と見事にオトしていました。すごい。すごすぎる。

b0038294_940963.jpg
カート、髪の毛なんて関係ないわ!みんなあなたの滑りが大好きよ!!


デニス・テン選手はカザフスタン生まれ、今年シニアデビューの16歳。3位スタートは期待できますね。

Denis Ten 2009 Skate Canada SP- Sing Sing Sing

ちょっと皇太子さまの幼い頃に似てる?と思わせるような高貴さというか、「お坊ちゃま感」のある顔立ちですね。
見た目は年齢よりも幼くみえがちですが、ジャンプの軸はきれいですね。着氷も柔らかい。もっと大人の男性として体が成長したら、また一段と良い選手になりそう。楽しみです。


GPS初出場のNHK杯でいきなり表彰台(3位)に立ったミカル・ブレジナ選手(チェコ)は5位。

Michal Brezina 2009 Skate Canada SP- Puttin' On the Ritz
貼り付けられる動画がないので、↑のリンクからYoutubeのサイトへ飛んで下さい。
b0038294_8372185.jpg
今回の写真じゃないけど・・・。
ブロンドの髪に大きな二重の瞳。これから女性に人気も出そうな19歳です。

相変わらずジャンプが高いです。だけど今回は3つ全てのジャンプを跳び終わってから一気に表情が疲れて、動きにキレがなくなったように見えました。
ステップなども表情や身のこなしに疲れが見えてしまっていて、ちょっと見栄えはしませんでしたね。でもエッジワークそのものは丁寧でバタバタにならなかったのは素晴らしいと思います。

ところで、ブレジナ選手って、テニスの錦織圭選手にちょっと似てませんか?と思ったんですが、いかがでしょう?
b0038294_840378.jpg
似てる?


パトリック・チャン選手はまさかの6位。

Patrick Chan 2009 Skate Canada SP- Tango de los Exilados

この動画では、演技後のインタビューも入っています。好青年ぶりは相変わらずです。爽やか。

左ふくらはぎ怪我の為グランプリシリーズのロシア杯を欠場、このスケートカナダが事実上今季最初の試合ということになりました。
その影響か3Aで転倒、3-3のコンビネーションジャンプが3-2に!ちょっと痛々しかったですね・・・。
地元出場で観客も大歓声で彼を迎えていましたが、ちょっと心配そうに声が静まる時がありました。でもそこは地元、演技終了後は励ましの暖かい拍手!
それにしても、パトリックは3Aが鬼門になりつつありますね。怪我前から失敗が多かったので、余計に緊張してしまうのかもしれません。
シットスピンでバランスを崩して途中で止めてしまったのもびっくり。まだあまり足を踏ん張れない感じなんでしょうかね。滑りは相変わらずきれいだけど、ちょっと心配です・・・。
但し、今までの彼のプログラム同様とても難度の高いプログラムだそうなので、完成したら凄そう。シットスピンの時の手の位置が左右非対称なのが視覚的に面白い効果をあげていたのが印象的でした。


続いて女子を。

1位はッジョアニー・ロシェット選手!
兄貴、さすがです!しっかり戻してきましたね。貫禄の演技でした。

Joannie Rochette 2009 Skate Canada SP- La Cumparsita

中国杯では調子が悪そうでびっくりしたのですが、さすがベテラン、次には影響させませんね。ただ、ステップがちょっともたついたような気も?するけど、落ち着いていました。最高の演技ではなかったと思いますが、やはり一番トータルでまとまっていたように思います。荒川静香さんも「前の試合でうまくいかないと慎重になってしまいがちですが、良い練習が出来ていたようですね」と話していました。


アリッサ・シズニー選手が2位。
b0038294_21502621.jpg

Alissa Czisny 2009 Skate Canada SP- Mask of Zoro
貼り付けられる動画がないので、↑のリンクからYoutubeのサイトへ飛んで下さい。

すっかりトップグループの常連になりつつある彼女。ジャンプは結構軸が斜めになってヒヤヒヤするんですが、しっかり着氷するんですよね。不思議です。姿勢がよくいつも笑顔なのもとてもステキだと思います。


長洲未来選手が3位です!
b0038294_21504855.jpg

身長が164cmになったとのこと。童顔は相変わらずだけど、体は随分しっかりした印象。

Mirai Nagasu 2009 Skate Canada SP- Pirates of Caribbian

途中から一緒に地上波放映を見始めた私のダンナさんが、「別人のように大きくなったねえ」と彼女のせいj超ぶりに驚いていました。背は高くなりましたが、相変わらずひとつひとつのポジションが美しいですね。
スケートアメリカのレイチェル・フラット選手に続いて3-3に挑戦してきました。でも思ったより点が伸びなかったので、多分回転不足を取られてしまったんでしょうね・・・。
ミライちゃんはいつも印象(そして予想)より点数が低くて驚くことが多いんですが、細かい取りこぼしとかがあるんでしょうか?今回も60点はいくだろうと思ってたんだけどなー。頑張って!!


ラウラ・レピスト選手は4位。
最初のコンビネーションジャンプをミスしてから、歯車が狂ってしまった印象。あんなにスピンがブレるレピスト選手は初めて見ました。スパイラルも止まりそうになるほどスピードがなく、彼女の良いところが全く出せませんでしたね。
私は結構順位落としちゃうかな、と思ったのですが、思いのほか救済があり4位に留まりました。フリーに期待です。
最近ラウラの写真も動画もなかなか探せずにいます。見つけられないのは何故なのでしょう・・・(涙)


キャロライン・ジャン選手は7位。
強い曲調に挑戦してきましたね。パールスピンも健在。
ただちょっとだんだん没個性的になってきてしまっているような気がする。「魔の16~17歳」のエアポケットにはまることのないように、踏ん張って欲しい。
でも、やはりあのジャンプ前にものすごく体を逆方向にひねるのは、未だに慣れない。壊れそうで怖いです(笑)
Caroline Zhang 2009 Skate Canada SP-Zigeunerweisen貼り付けられる動画がないので、↑のリンクからYoutubeのサイトへ飛んで下さい。


中国杯優勝の鈴木明子選手は、ジャンプのミス等があり8位スタートとなりました。
b0038294_21483794.jpg
中国杯より元気がなかった印象。最初に優勝してしまったために却って緊張してしまったのかも?

Akiko Suzuki 2009 Skate Canada SP- Riverdance

曲は大ヒットした舞台「リバーダンス」。かっこいいですよね。明子選手の情熱的な演技にはまるものだと思いますが、今回ちょっと大人しかったかなあ~。

ステップもちょっと2箇所くらいバランスを崩したような気がするのだけど・・・でも順位ほどには点差はないし、4位に入れれば初のファイナルです!フリー頑張って!


<関連コラム>
フィギュアスケート実況、日本はレベルアップを  2008年3月27日
by toramomo0926 | 2009-11-21 21:14 | フィギュアスケート


<< 高橋大輔選手、鈴木明子選手がグ... エキシビジョンの意味-浅田真央... >>