ブライアン・ジュベール右足を負傷、グランプリファイナル欠場へ
b0038294_18482930.jpg4回転ジャンプを得意技とし、パワフルな演技が魅力で五輪金メダル最有力候補の一人であるフィギュアスケーター、ブライアン・ジュベール選手(フランス)が練習時に右足にエッジを刺してしまい負傷、手術を行ったと発表があった。ジュベール選手は来月東京で行われるグランプリファイナルへの出場権を得ていたが、欠場することとなった。




***記事抜粋***
【11月27日 AFP】(記事更新)フィギュアスケートのブライアン・ジュベール(Brian Joubert、フランス)が練習中に右足を負傷したため、12月3日から東京で開催されるGPシリーズ・ファイナル(Figure Skating Grand Prix Series Final 2009-10)を欠場することが26日に明らかとなり、2010年バンクーバー冬季五輪に向けて元世界王者は大きな打撃を受けることとなった。

 11月初旬に行われた09-10フィギュアスケートGPシリーズ第4戦NHK杯(NHK Trophy 2009)男子シングルで優勝を飾ったジュベールは、仏西部ポワチエ(Poitiers)での練習中に負傷し、フランスフィギュアスケート連盟(French Skating Federation、FFSG)がファイナルの欠場を発表した。

 3度の欧州選手権(ISU European Figure Skating Championships)制覇、07世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships 2007)優勝を誇るジュベールは、練習中にトリプルルッツを試みて足を負傷し、同日手術を受けた。

 フランススケート連盟ディティエ・ガヤエ(Didier Gailhaguet)会長は、手術は成功し、損傷したじん帯の修復が行われたとしている。

 NHK杯優勝後、ジュベールはトレードマークでもある4回転ジャンプで6位に終わったトリノ五輪の借りを返すため、バンクーバーに照準を合わせていた。ガヤエ会長は「ただならぬ負傷だ。ブレードが骨まで達した。ブライアンは骨が見えたと言っていた。これは初めてのことではない。技術的なミスで、新しいスケート靴を履いた彼には時々起こることだ。彼は調子が良かったことで、自分のテクニックに隙を見せた」と語っている。

 ジュベールのコーチを務めるローラン・デュプイー(Laurent Depouilly)氏は「腱を縫合し、骨に多くの影響がないことを確認するつもりだ」とコメントし、けがの範囲について初期の懸念を明かしている。

 バンクーバー冬季五輪に向け、ジュベールは2010年1月19日から24日までエストニアのタリン(Tallinn)で開催される2010年欧州選手権(ISU European Figure Skating Championships 2010)に出場する予定となっている。(c)AFP/Sabine Colpart

***

非常にショックです。
昨年の高橋選手に続き、ジュベールも怪我とは・・・。
高橋選手は2008年10月の靭帯断裂と半月板損傷という大怪我で、復帰までに1シーズン棒に振りました。でも必死のリハビリで今季より競技に復帰し活躍しています。
ですが、今は五輪まで約2ヶ月と迫っています。本人も相当落ち込んでいるでしょう。心配です。
ジュベール選手はファイナルは欠場するけれども、「たとえ傷口が開いていても、バンクーバーには行く」と話しているそうですが、無理のないように、でも早い回復を祈っています。
彼は2007年2月にも同じような怪我をしたときも4日後には練習を再開、翌3月の世界選手権で優勝、というすごいことをやり遂げたということなので、きっと五輪には戻ってきてくれると信じています。
今年のグランプリファイナルはこれ以上ないほどの豪華な顔ぶれで、プルシェンコ選手が不在なことを除けば文字通りの現役男子最高峰の争いが見られると思っていたので、とても残念です・・・。

こういうニュースを見ると、フィギュアスケートは見た目は華麗だけれどもやはりスポーツだし、一つ間違えばこのように大怪我をする危険なものだと改めて感じますね。氷も堅いですから、怪我をせずとも転倒すればかなり痛いと思います。そんな状況であんなにも素晴らしい演技を見せてくれている選手達に改めて敬意を表したいと思います。
他の選手の皆さんも、五輪イヤーということで練習にもいつも以上に力が入っていることと思いますが、くれぐれも怪我のないように気をつけて欲しいと思います。

ブライアン・ジュベール選手の紹介(グランプリシリーズ開幕直前特集)

彼は生まれてすぐに感染症になり、腎臓を片方摘出していたんですね。そのためか体のバランスが崩れやすく、腰などに影響が出るため筋トレを欠かさないと話しています。このことは知りませんでした。
怪我や病気と付き合いながら競技を続ける選手は少なくないですが、それを言い訳にせず競技に臨む姿は素晴らしいです。


ファイナルは、彼の代わりとしてトマシュ・ヴェルネル選手(チェコ)が出場するという事です。表彰台の常連となるまであと一歩、というところまできているのですが去年はちょっと悩んでいたみたいでしたね。ですが彼の滑りと人柄は好きなので、このチャンスを生かして頑張って欲しいと思います。

ヴェルネル選手といえば、2007年のこの「勇名トラ」という謎の漢字入りの衣装が忘れられない、という方も多いでしょう。
b0038294_19533971.jpg
彼はコミカルな演技と正統派、どちらもこなせる器用なスケーターです。
去年はちょっと伸び悩みましたが、彼がノッて演技できたときはものすごい爆発力があります。ファイナルでは意外なダークホースとなるかもしれません。

Tomas Verner 2009 Eric Bompard FP -Godfather

この有名なメロディも、高橋大輔選手の今季FP「道」と同じニーノ・ロータさん作曲なんですね。
スケートアメリカでは5位となってしまいましたが、このフランス杯では織田信成選手に次ぐ2位。そして4-3のコンビネーションジャンプも成功させています。スピードもキレ味もありながら、スムーズなスケーティングが彼の持ち味。


ヴェルネル選手もとても良い選手だし大好きだけれど、それはそれとしてやはりジュベール選手不在のファイナルは寂しいですね。ガチンコの意味もちょっと薄れてしまったのが残念。でも今は無理する時期ではないし、今年は何よりも五輪を優先して、2月になるべく最良のコンディションに持ってこられるよう、治療と(あるのなら)リハビリを頑張ってもらいたいと思います。

b0038294_20114799.jpg

by toramomo0926 | 2009-11-27 19:46 | フィギュアスケート


<< 一流は一流を知る、ようですね(... 高橋大輔選手、鈴木明子選手がグ... >>