小塚崇彦選手-少年から精悍な青年へ
b0038294_1713580.jpg
ついに全日本開始です。
男女問わず全ての選手の演技が楽しみなのですが、浅田真央選手と同様グランプリファイナルに出場できなかった小塚崇彦選手の演技が恋しかったので、今日の日はドキドキしつつも本当に楽しみにしていました。

小塚選手は昨年3月の世界選手権8位に食い込んだのを皮切りに、10月にスケートアメリカで優勝してから大躍進のシーズンでした。その時にずっと感じていたのが、「顔つきがどんどん精悍になってるなあ」ということ。
写真を並べて比べてみると、こんなに違います。上は昨季の初戦スケートアメリカ、下が今季のロシア杯の写真です。



昨季だけでも試合を追うごとに、どんどん顔つきが変わっていくのがわかりました。
スケートアメリカの頃はかわいらしさの残る少年という感じでしたが、次のフランス杯で既に少し顔つきが変わっているように感じました。シニアの試合で初めて優勝を手にした喜びと自信、経験というのはここまで選手の顔を変えるのかと感慨深かったです。当時彼は19歳(今年20歳)だったので、ちょうど大人の男性として変化が現れるときとシンクロしたというのもあったかもしれませんが、やはり人間、気の持ちようが顔に出るんですね。

08-09年スケートアメリカ。
b0038294_1736565.jpg


08-09年フランス杯。
b0038294_17225044.jpg
b0038294_1723530.jpg


08-09年グランプリファイナル(ちょっとわかりにくい・・・?)
b0038294_173371.jpg


08-09年世界選手権。
b0038294_17344261.jpg
どんどん男らしいいい顔になっているように思います。頬がちょっとこけて来てる感じですかね。


そして今季、09-10シーズン直前のインタビューを見てびっくり。
b0038294_17401436.jpg
ますます頬がこけて、ちょっと色気すら感じました。かわいい、二重のパッチリおめめがキレイな男の子だと思っていた小塚選手に色気を感じることになるなんて、大人になったなあと感慨しきりです。


そしてプログラムも、昨年、今年とすごく選曲も渋めで、小塚選手の品のよい滑りとすごくマッチしています。
今季のロシア杯で海外の解説者から「彼はうまくて素晴らしいけど、観客を巻き込む力があと少し足りない」みたいなことを言われていました。言ってることは理解できるけど、でも19や20歳でこの足捌きなんですから、もう少し長い目で見てくれるといいなあ(笑)。彼は今どんどん全てを吸収し、成長している。その成長過程をリアルタイムで見られるということに私はとてもワクワクしています。
今ものすごい色気と個性的な表現の世界を確立している高橋大輔選手も、今の小塚選手くらいの年齢(ちょうど4年前、トリノの頃ですね)にそれを持っていたわけではない。彼には未完成というかこれからどんどん伸びていくであろう人独特の輝きがあると思います。
今年はファイナルを逃しましたがキャリアも順調に積み重ねていると言えるでしょう。この全日本でも、ファイナルの間に練習を重ねた成果を見せてくれると信じています。

今季は日本選手もファイナル出てない主力選手(浅田選手、中野選手、小塚選手)が多いので、試合を重ねている選手とじっくり調整してきた選手、その対比というのも見どころになりそうですね。
今日からのTV放映が楽しみです(全日本に限ってはサイト等をチェックしないことにします)。


それにしてもフジテレビさん、男子の扱いがあまりにもヒドくないですか?女子はゴールデンタイムなのに、男子は深夜枠扱い(しかも1時間)。
もうこんな選手が充実した時代は二度と来ないかもしれないのになあ・・・(来て欲しいけど)。高橋選手、織田選手、小塚選手は三人三様の全く違う個性があるし、オリンピックイヤーなんだから今あまり知らない方々にも顔と名前、滑りを事前に周知させるためにも、今年だけは男子も重点的に放映して欲しかった。見て損はしないと思うんだけどな・・・。

小塚選手はもちろん、男女全ての選手がベストを尽くしたガチンコの勝負でありますように。


Takahiko Kozuka 2009 Rostelecom Cup EX- Closer



<関連コラム>
小塚崇彦選手、4回転成功と音の表現に挑む  2009年10月23日
by toramomo0926 | 2009-12-25 17:17 | フィギュアスケート


<< 五輪代表決定-フィギュアスケー... 今季のプログラムを冷静に評価し... >>