祝・トリプルアクセル2回認定!-浅田真央選手:四大陸選手権優勝
b0038294_8512272.jpg
韓国で行われていた四大陸選手権(Four Continents Figure Skating Championship : 4CC)女子シングルが終了。
浅田真央選手がフリーでトリプルアクセル(3A)2回認定を得て、ショートプログラム(SP)3位からの逆転優勝を果たしました!2位にはSP1位、フリー2位で鈴木明子選手、3位にはキャロライン・ジャン選手(アメリカ)が今季初めて表彰台に上がりました。

2010 ISU Four Continents Figure Skating Championships

順位と得点の詳細。
それぞれの種目の「Result」で総合順位と総合得点が、
ショートプログラム(SP)とフリーの「Entries/Result Details」では得点詳細が、「Judges Score」では各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。




b0038294_19413069.jpg
SPは3位でしたが3Aが回転不足となり、更に3フリップが抜けてしまいました。また、演技時間が長すぎたとして-1の減点。これは驚きました。
音から殆ど遅れていなかったように見えましたし、SPの演技時間は2分50秒で、プラスマイナス5秒以内なら減点はないはずです。
真央選手はそもそも2分50秒を少し越えた長さでプログラムを組んでいたようですが、演技終了と音楽の終わりはほぼ同時に見えたのに減点1って・・・ジャッジのみなさん、あまりにも彼女に厳しすぎやしませんか?
あるサイトによると、演技オーバーは0.143秒だったとのこと。0.143秒って・・・。どうやって測るの?

Mao Asada 2010 4CC SP- Waltz Masquerade

SPの3Aについては、素人目にも回転不足はわかりました。スピンも全日本に比べるとスピードもなかったし、ちょっと勢いがなかった気がします。


今回の韓国行きについては、韓国の過剰な反応がありました。空港にマスコミが大挙して待ち伏せていたり、嫌がらせや危害を加える等の書き込みがネットであるなど、普通に考えてとても試合に集中できる状況ではありませんでした。
韓国スケ連がSPをつけてくれたとはいえ、安全なはずのホテルでも従業員が盗撮を行いそれをネットにアップさせるなど、ちょっと国際試合を開催する国、また2018年冬季五輪開催を名乗り出ている国にしては全体的に意識がまだそのレベルに追いついてないのではないかと思わせるものがありました。
政情不安定なわけでもない国で、試合のためにその国を訪れた選手の健康や安全が脅かされるという事態はあってはならないことです。

b0038294_20245924.jpg


*****

【フィギュアスケート】四大陸選手権出場の浅田真央に嫌がらせ予告!開催地・韓国のネット上で試合の邪魔を呼びかける書き込み相次ぐ
フィギュアスケートの四大陸選手権は27日、当地で女子ショートプログラム(SP)などを行い開幕する。26日は会場で公式練習が行われ、バンクーバー五輪女子代表の浅田真央(19)=中京大=は数々の苦境の中、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に17回挑んで14回成功。五輪前最後の実戦に向けて絶好調をアピールした。

跳んで跳んで跳びまくった。真央は午前と午後の2回、40分ずつ行われた練習で単発と2回転トーループとの連続ジャンプを合わせて3回転半を計17回跳び、うち14回を成功。「いつもは20回くらいなので、いつもより少ない」と話したが、 「いい感覚でできてる。(プログラムで)3発しっかり、クリーンに跳べるよう頑張りたい」と笑顔。
不安材料をはね返して上昇気流に乗った。

五輪前最後の実戦の今大会を「五輪本番のシミュレーション」と考え、タラソワ・コーチ(62)に 電話で「来てください」と頼んだ。しかし、体調不良で合流できなくなった。関係者を通じ タラソワ氏から「心を強く持って頑張りなさい」とエールを送られたが、「心配です」と 顔を曇らせた。

恐怖にも襲われていた。ライバルの金妍兒(19)のおひざ元とあり、韓国のネット上では「演技直前に奇声を発してやろう」「みんなでサイン攻めにしろ」など、試合の邪魔を呼びかけるような書き込みが相次いだのだ。大会主催者は安全面を配慮し、専属のガードマンを配備。移動中はテコンドーや柔道有段者の屈強な警備員が必ず張り付くVIP待遇でガードしている。

それらマイナス要素を押しのけ、午後の練習ではフリーを通して滑り、2回の3回転半を含むすべてのジャンプを着氷。40分で33回もジャンプを跳ぶハイペースで調整した。
タラソワ氏とは五輪で合流となるが、同氏も選手村に入り、真央を強力サポートする予定という。
「四大陸でいい演技をして、五輪にもいい気持ちのまま臨めたら」と真央。
まずは課題のSPでロケット発進する。

http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20100126-OHT1T00244.htm

2010年1月27日 スポーツ報知

b0038294_8325938.jpg


フィギュア:韓国のホテル従業員が浅田を盗撮
 インターネットメディアのクッキーニュースは27日、来韓中のフィギュアスケート選手、浅田真央(19)=中京大=が滞在先のホテル従業員に携帯電話で盗撮された上、その映像がネット上に掲載され、大問題になっていると報じた。

 ホテル従業員のB氏(33)は26日、浅田を盗撮した動画2本をポータルサイトのネイトに掲載。その際、「浅田真央がうちのホテルに来た。ロビーに記者らが殺到し、大騒ぎだった。従業員のわたしは運よく、浅田のチェックインの様子を撮影することができ、従業員用の通路を通じて客室まで案内した」というコメントを添えた。映像には、浅田がチェックインしてロビーのソファーに座っている様子が収められていたという。

 この動画は掲載翌日に削除されたが、これを知った日本のフィギュアスケートファンらは、「浅田への嫌がらせ」「韓国人の国民性はひどい」と強く非難した。

 問題が大きくなるとB氏は、「キム・ヨナのライバルである日本選手が来ること自体が珍しいことだったし、かわいかったので撮影し、これをソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のサイワールドに掲載した。問題が大きくなり、動画をすぐに削除した。動画配信に伴い発生した一連の問題について、深く謝罪する」と述べた。ホテル側も「故意ではなかったとしても、ホテル従業員が客を撮影し、ポータルサイトに掲載したことは問題。同じような問題が二度と発生しないよう努めたい」としている。

 しかし、この問題は公的な問題に発展する兆しを見せている。日本のファンらは、日本スケート連盟や国際スケート連盟(ISU)、日本オリンピック委員会(JOC)、国際オリンピック委員会(IOC)に今回の問題を抗議している。

2010年1月28日 朝鮮日報

http://www.chosunonline.com/news/20100128000015

*****


マスコミの報道の加熱は予想できましたが、ホテル、しかも一流(世界のトップアスリートを泊めるのですからある程度のランクにあるホテルを手配するはずです)と思われるホテルに裏切られることになるとは思いもしませんでした。私は以前ホテル勤務だったので余計にショックでした。信じられなかった。
ホテルは快適な客室や美味しい食事、宴会などのサービスを売るところですが、一番重要な商品のひとつは「安全」です。それはスタッフ全員がたたきこまれる感覚、認識のひとつです。
それなのに従業員自らがその一線をやすやすと破り、またそれをインターネットにアップしてしまう、という意識の低さは本当にショックでした。
真央選手の客室を調べたほうがいいのではないかと本気で心配したくらいでした。多分、本人不在時にチェックはしたと思いますが、普通では考えられないことです。

真央選手はこの現地の状況については一切コメントをしませんでした。
唯一スカパーで見た優勝インタビューにて、「韓国のファンの方も日本のファンの方もたくさん応援してくれて、それがパワーになった」と話しました。
動揺を避けるために盗撮の件については彼女には知らせなかったということですが、それがなくても本当に、彼女の強さと思慮深さというのには感服しますね。

b0038294_20342253.jpg


さすがに試合会場で本当に危害を加えようとしたり、ネットに書き込まれていた演技直前やジャンプの直前に奇声をあげて集中を乱す(これは非常に危険)、というようなことをする人はいませんでしたが、総じて観客は拍手が少なかったですね。これは日本選手に限らず。
今大会は韓国の選手が何人か出ており彼女達に対しては勿論熱狂的に声援を送るのですが、他の選手にはいくらか冷淡な感じがしました。
よく海外の選手が「日本の観客は公平で、暖かくて好きだ」と話すのを聞きます。私はそれはリップサービスも多分に含まれていると思っていたのですが、案外彼ら、または彼女達の言葉はお世辞ではないのかもしれません。
b0038294_21462345.jpg
これは去年東京で行われた国別対抗戦のエキシビジョンで、選手が自主的にサプライズで作った横断幕です。持っているのはアメリカのエヴァン・ライサチェク選手とベンジャミン・アゴスト選手。ファンの暖かい応援に感謝の意を示したいと作ったとのことです。ホスト国としては嬉しいことですよね。
b0038294_20451924.jpg


真央選手はフリーで3A2回に挑戦、2回とも認定されました。
2回目の3Aにつけたダブルループが回転不足になりましたが、五輪前にISUのジャッジから2回認定を勝ち取ったのは大きいです。
ただ、ステップがレベル2って何でしょう?何が原因でしょうか?私は細かいエッジさばきについての目力や知識があまりないのですが。
ですがスピンとスパイラルではしっかりとレベル4を獲得。特に今季スパイラルはとても安定していますね。グラグラしたり、秒数などで取りこぼしたりがなくなり、確実に加点をもらえています。
b0038294_22335961.jpg


Mao Asada 2010 4CC FP -The Bells of Moscow


とにかく今回は無事に戻ってきて欲しいというのが一番の願いだったのですが、試合は無事に終わったのでよかった。帰国まで気をつけて過ごして欲しいと思います。また厳重に警護してくださった韓国SPの方々、韓国および日本のスケ連のみなさんにはお礼を言いたいですね。

同時に韓国には今回の件を通して、「国際試合を開催する」ということの意味について考えてほしいと思います。
これはWBCの時も感じたことですがスポーツに政治を持ち込んではいけないというのは常識ですし、その政治的感情論に基づいて特定の国に敵意をむき出しにしたりすることは許されないことです。また、自国のスターのライバルだからといって何をしてもいいわけではない。盗撮という犯罪行為を「悪気はなかった」で許すような国は少ない。

スポーツはフェアプレイの精神と、出場する全ての選手への敬意がなければ成立しません。
もし韓国が本当に今後国際試合に選手を出場させるつもりなら、またそのホスト国になりたいと望むのなら、そのことについて国を挙げて考え、意識を高めることが絶対的に求められます。それができなければ、却って国の威信や信用は地に落ちることになるでしょう。
スポーツと政治は関係ないと先ほど書きました。そして関連させてはいけないと思いますが、しかしもしこのような形で国の評価が傷ついた場合には、その影響は必ず政治に及ぶことになるはずです。スポーツの隆盛は文化的発展と切り離せない事柄なのですから。
b0038294_2245971.jpg



鈴木明子選手は安定した演技で総合2位となりました!
b0038294_20563686.jpg

多少のミスはありましたが、落ち着いている印象ですね。このまま五輪まで走り抜けてほしいです。
明子選手も全日本よりはちょっと気迫というか、こちらに伝わってくるものは弱かったけれど、五輪に向けての調整試合という意味も強い今大会では理想的な展開だったと思います。

Akiko Suzuki 2010 4CC FP


今回フリーは衣装がまた変わってましたね。かわいかったけど、私は一番最初のブラウスを胸のあたりで結んだ衣装が一番好きだったなあ。衣装だけで見ればどれもとてもステキなのだけど、一番曲のテーマに合っていたのは最初の衣装だったと思います。
b0038294_211723.jpg
"West Side Story"といえばミュージカル、ミュージカル(しかも'70~'80年代)といえばこの「ブラウスをセンターで結ぶ」ってイメージなんです。個人的に。


キャロライン・ジャン選手が3位。今季初めて表彰台に上がりました。
b0038294_2123798.jpg
全米選手権を見たときは去年とのあまりの変わりように驚き、痛々しく思いましたが、今回はそこから少し浮上している感じがしました。
ですが怪我をしているという話なので、無理はしないでほしいですね。長く競技生活を送りたいなら、怪我をしたときはしっかり治すことが必要です。焦って古傷化してしまうのが一番よくない。
彼女はまだ若いし、焦ることはありません。今は女子選手にとって体が変わる難しい時期ですし、しっかりした体を作って、またあのパールスピンを見せて欲しいと思います。

Caroline Zhang 2010 4CC FP



今井遥選手が5位です!
b0038294_21185479.jpg
ジュニアから上がってきた彼女は、スミレみたいな楚々とした感じと、若々しい躍動感を併せ持っていますね。ジャンプもきれいだし、これからすごく楽しみな選手です。
彼女も鈴木明子選手と同じ、長久保コーチの門下生なんですね。さすがです。

Haruka Imai 2010 4CC SP


真央選手だけでなく、韓国の熱狂ぶりは良くも悪くも選手達をある意味翻弄したことと思いますが、試合が無事に終わったことに何より安堵しています。
この異様な雰囲気とプレッシャーを経験したら、五輪なんて怖くないかもしれませんね(笑)

選手の皆様、本当にお疲れ様でした。
b0038294_213202.jpg


<関連ブログ>
浅田真央選手、韓国極秘入国・・・のはずが  2010年1月26日
キム・ヨナ選手の「妨害」発言について  2009年3月23日
もっと競技と他選手に敬意を  2008年11月29日
by toramomo0926 | 2010-01-29 19:18 | フィギュアスケート


<< ステキな写真が多いので-四大陸... 浅田真央選手、韓国極秘入国・・... >>