長洲未来選手「マオの隣で表彰台に乗れたら幸せ」
b0038294_20403967.jpg
バンクーバー五輪フィギュアスケートのアメリカ代表で、日米両方の国籍を持つ長洲未来選手が会見し、「マオ(浅田真央)の隣で表彰台に乗れたら幸せ」と述べたそうです。

記事を読んでちょっと驚いたんですが、ミライちゃん、何気にちょっと毒吐いてる・・・?(笑)



*************************
五輪フィギュア:「マオの隣で表彰台に」長洲が抱負
フィギュアスケートの米国代表が13日、バンクーバー市内で会見し、日米両国籍を持つ女子の長洲未来は「五輪に来られて、信じられないくらいうれしい。ベストを尽くす」と抱負を述べた。

 16歳の長洲は昨季世界女王の金妍児(キム・ヨナ、韓国)を引き合いに出して「本命の彼女は両肩に重いプレッシャーを負っているけど、私(の重圧)は指1本で支えられるほど軽い。何も考えずに攻めていける」と強調。同じ10代の浅田真央(中京大)ら日本勢との対戦には「楽しみ。マオの隣で表彰台に乗れたら幸せ」と語った。

 男子の昨季世界王者のエバン・ライサチェクは4回転ジャンプについて「(昨季負傷した)左足を使うので無理はしたくない。今はプランに入っていない。当日の体調による」と回避を示唆した。

2010年2月13日 毎日新聞
*************************


ミライちゃんは、金メダルは真央選手と予想してるんでしょうかね。また、「本命の彼女」についてはちょっと含みのある言い方にも思えます。
いつもはすごく素直でニコニコして、先日の全米選手権でもダウングレードで不満そうなコーチの横で、PCSが思ったより高めだったことに大喜びしているのを見て「いい子だなあ」と思っていたのですが、さすがアメリカ育ちというか、こういうところは芯の強さが見えますね。
まああんなにかわいいミライちゃんも16歳ながら世界で戦うトップアスリートのひとりですから、そのくらいの負けん気がなければ全米のトップにはなれませんよね。性格が悪いとか、キツいとかじゃなくて、自己が確立している強さという意味で。

確かにミライちゃんは、全米チャンプとはいえまだ若いですし、何も考えずに攻めていける強みがあります。
そして、今すごく調子が良さそうですよね。全米選手権のときはキレキレでしたし、台風の目になりそうな予感がします。今から楽しみですね。

それから、エヴァン・ライサチェク選手は四回転回避を示唆ですか・・・彼は「四回転推進派」だと思っていたのですが、昨季の世界選手権優勝も(怪我のせいもありますが)四回転回避で勝ち取りましたし、今の「四回転やらないと」的な流れを却って冷静に見て、逆に皆が四回転に挑戦するなら、あえて回避して高得点を狙う「ジェフリー・バトル方式」を狙っているのかなあ。怪我とかが原因じゃないといいのですが。


昨日の開会式、美しかったですねー。
真央選手も開会式はしっかりチェックしたようですね。(写真は開会式の様子を中京アイスアリーナで見る真央選手)
b0038294_862412.jpg

*************************
真央「気分は入場行進」愛知で調整中
フィギュアスケート女子の浅田真央(19=中京大)は、五輪開会式に感激しきりだった。13日は愛知・豊田市の中京大リンクで練習。20日の現地入りまで国内調整中とあって不参加だったが、練習の合間などにテレビ中継で開会式の様子を確認。「とにかくすごいのひと言。ちょうど練習の時間だったので、家で見たり、中京大で見たりしてましたが、日本の入場は絶対見ようと思って見てました。今回は、真央もあの場に参加できるんだと、気分はすっかり入場行進してました」とコメントした。

 関係者によると、年明け早々に日本代表の公式ウエアが届いて以来、うれしくて何度も試着するなど、一刻も早く代表選手団の仲間入りを希望している。開会式も参加したかっただけに興奮気味にテレビにかじりついていたという。「他の国の選手団を見ても、知っている選手がたくさん映っていたので、この前の夏の北京の時とは違い、冬の五輪、しかも自分が参加する大会だと強く感じました。やはり自分が参加する大会と思うと感激でした」と、感想を話した。

 [2010年2月14日9時24分 ニッカンスポーツ]
*************************


15歳の頃、初めてグランプリファイナルに出たときの気持ちと同じような気持ちでオリンピックに臨むことは
「出来ると思うんですよ」と話していた真央選手。
特に今年世界選手権で優勝できなかったこと、グランプリファイナルに出場できなかったことは、自分を追い込みやすい彼女には今のところプラスに働いているのかもしれないと思っています。彼女自身も「追いかける立場なので怖いものはない。一気に駆け上がるだけ」と話しています。

真央選手も未来選手も、自分のベストを尽くして思い切り演技して欲しい。どこの国であろうと、真摯に取り組み競技を愛している選手なら、応援したくなりますよね。

頑張って!!
b0038294_2223744.jpg
2008年のアイスショー「The ICE」関連のトークショーにて。

<関連コラム>
プルシェンコ選手、世直しに乗り出す?-ジャッジについて言及  2010年2月13日
「真の表現とは何か」を問う演技-浅田真央選手
世界フィギュア男子-4回転至上主義の流れが変わるかも  2008年3月23日
by toramomo0926 | 2010-02-14 20:40 | フィギュアスケート


<< 「悔いのない演技」への選択 プルシェンコ選手、世直しに乗り... >>