ロシェット選手の母親急逝ーフィギュアスケート
b0038294_946265.jpg
フィギュアスケート、カナダ代表で金メダル候補の一人であるジョアニー・ロシェット選手の母親のテレーズさん(55歳)が現地時間21日早朝に心臓発作の為急逝されたとの報道があり、大変驚きました。
ご自宅のあるモントリオールから、応援のためにバンクーバーに入っていたとのこと。
この出来事を受けて、カナダ・スケート連盟は彼女が試合に出るかどうかを含めて「彼女のどんな決断も支持する」とコメントしています。
今のところ、彼女は出場する意志があるようです。

地元開催の五輪で表彰台に立つ自分を見せようと頑張ってきたロシェット選手の悲しみと悔しさはどんなにかと思うとやりきれません。
心からご冥福をお祈りいたします。


*****************************
フィギュア女子カナダ代表・ロシェットの母が急死
フィギュアスケート女子の昨季世界選手権銀メダリストで、バンクーバー冬季五輪で浅田真央(中京大)らのライバル、カナダのジョアニー・ロシェット(24)の母親テレーズさんが21日早朝、バンクーバーの病院で心臓発作のため急死した。55歳だった。カナダ・スケート連盟などが同日発表した。

 23日にショートプログラム(SP)を控えての悲劇だが、ロシェットは出場する意向で、21日の公式練習にも参加した。カナダ連盟のラボワ会長は「彼女のどんな決断も支持する」と話した。父親が選手村にいるロシェットに訃報(ふほう)を伝えたという。

 ロシェットには1988年カルガリー五輪のエリザベス・マンリー以来となるカナダ女子のメダル獲得の期待がかかっている。テレーズさんは、娘の応援で、20日にモントリオールからバンクーバーに入っていた。(共同)
(サンケイスポーツ2010/02/22 05:48)
*****************************

by toramomo0926 | 2010-02-22 09:52 | フィギュアスケート


<< エルヴィス・ストイコ氏、4回転... 浅田真央選手現地入り:日本女子... >>