『ルール改正をISUに促すために、日本スケート連盟へ投書をしよう』-アンコウ様より呼びかけ
b0038294_17511553.jpg日ごろから仲良くさせていただいている「浅田真央ファン夢日記」のブログを運営されているアンコウ様が、表題のような呼びかけをされています。





今回の五輪での点の出方を見ても、ISUは難易度の高い技への挑戦を全くといっていいほど評価しないという姿勢に思えます。
誰もができる技を一番見栄えよくやってみせた選手には高得点を与え、一方で誰でもできるわけではない、または誰にもできないような技に挑戦した選手に報いることをせず、更にその挑戦に失敗した選手を罰するというのが現在の採点の運用方法なのです。
普段フィギュアスケートを熱心に追っていない方でも、五輪での点のつき方を見て「なぜ?」と思った方は多いのではないでしょうか。

この運動は現在のフィギュアスケート、特に女子シングルのルールの改善点をISUへ促すため、その前段階として、ISUへの働きかけを求めるために日本スケート連盟に投書をしようというものです。

ご賛同いただける方、また詳しく内容を確認してから参加を決めたいと思われた方、とにかく少しでも興味を持ってくださった方は下記のリンクよりアンコウ様のブログへお越し頂き、内容をご確認の上ご参加頂ければ幸いです。
私もやろうと思います。

浅田真央ファン夢日記

日本スケ連もISUもなかなか腰が重いというか、あまりファンのためや選手のためを考えた動きというのはしない組織にも思えることはありますが、そこで諦めたら何も変わりません。
もしこれが私たち日本のファンだけで議論していることなら「負け惜しみ」とも言われかねませんが、バンクーバー五輪での「四回転論争」端を発してプルシェンコ選手やOB、OGが声を上げている今は、そういう意味でチャンスだと思います。彼らの声に私たちの声を重ねることによって、大きな動きを生み出すことができるかもしれません。少なくとも今回の結果、または現在のルールに問題があると多くのファンが考えていると知らせることができたら、いろんなことが「やりにくく」なるかもしれません。

私たちが一人でも多く行動を起こすことによって、選手達の苦労が報われる採点となること、またファンがストレスなく心から選手と競技を愛することができるように変わっていければと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。

とらもも
b0038294_175357.jpg


<リンク>
★賛同者求む。ルール改正をISUに促すために、日スケ連に投書しよう  浅田真央ファン夢日記  2010年3月5日

<関連ブログ>
回転不足認定に「中間点」導入の見通し-ISU  2010年2月28日
浅田真央選手銀メダル獲得、日本選手全員入賞おめでとう!-バンクーバー五輪  2010年2月26日
キャンデロロ、女子SP結果に吠える「真央の方が難しい技をしているのに、どうしてこうなるのか?」  2010年2月25日  
エルヴィス・ストイコ氏、4回転論争に吠える  2010年2月22日
男子シングル終了・4回転論争は続く-バンクーバー五輪  2010年2月19日
プルシェンコ選手、世直しに乗り出す?-ジャッジについて言及  2010年2月12日
キムヨナ選手の「世界最高得点」の意味を考える 2009年10月20日
「競技」としてのフィギュアは死んだのか 2009年10月18日
韓国東亜日報の記事-フィギュアスケート採点の信頼性に激震  2009年10月29日
来シーズン、回転不足認定を緩和ーISUルール改定  2009年4月18日
フィギュアスケートを殺すな 2009年4月26日
スポーツとは「向上」を目指すもの  2009年1月1日
世界フィギュア男子-4回転至上主義の流れが変わるかも  2008年3月23日
by toramomo0926 | 2010-03-06 17:39 | フィギュアスケート


<< 浅田真央選手とその演技への海外... バンクーバーで見たかった-ジョ... >>