高橋大輔選手、岡山県民栄誉賞受賞
b0038294_2165789.jpgバンクーバー五輪で日本男子初のメダルを獲得した高橋大輔選手が、出身地である岡山県の県民栄誉賞の初代受賞者となることが決定しました!おめでとうございます!!



***************
高橋大輔に岡山県初の県民栄誉賞

 バンクーバー五輪のフィギュアスケート男子で銅メダルを獲得した高橋大輔(23)=関大大学院=が、岡山県に新設される「県民栄誉賞」の第1号に決定した。石井正弘知事(64)が9日、県議会本会議で明らかにした。高橋は同県倉敷市出身で、自身2度目となる「県スポーツ特別顕賞」および、倉敷市の「市民栄誉賞」の受賞も決まっている。

 日本男子フィギュア初となる高橋の銅メダルが、「県民栄誉賞」新設のきっかけとなった。2月定例県議会の一般質問で、石井知事は「右ひざの大けがを克服しての快挙で、県民に大きな感動と勇気を与えてくれた。県民の誇りとなる素晴らしい功績」と五輪の活躍をたたえ、「新たに『県民栄誉賞』を創設し、その第1号としたい」と明言した。

 県総務学事課によると、「県民栄誉賞」の創設は数年前から検討されていたが、今回の銅メダル獲得を受け「これを機に」一気に話が具体化。「スポーツだけでなく、文化や芸能など幅広い分野で活躍した人が対象」(同課)となる見込みで、近く県の規定・規則で詳細が定められるという。

 同県は過去、女子マラソンの有森裕子(43)、体操の水鳥寿思(29)ら五輪メダリストに「県スポーツ栄誉賞」を授与してきた。しかし、07年3月に高橋が世界選手権で日本人男子初の銀メダルに輝き、同年4月に新たに「五輪等世界大会での顕著な活躍」を対象とした「県スポーツ特別顕賞」を創設。高橋は同賞でも第1号の受賞者となり今回2度目の受賞も決まっている。

 また、倉敷市の伊東香織市長(43)も先月26日、市議会2月定例会で「市民栄誉賞」を贈ることを明かした。同賞は、阪神の星野仙一シニアディレクター(63)に続き2人目となる。
3月10日8時1分配信 スポーツ報知
***************


今年の五輪では、男子においては「四回転論争」が巻き起こりました。しかし彼はシーズン最初から4回転をプログラムに入れる事を決断し、一切揺らぐことはありませんでした。「自分の理想の演技には四回転は不可欠」ときっぱりと話し、「回避していれば金メダルもありえたのでは?」という問いにも「回避してもっといいメダルをとっても、多分満足しなかったと思う」と話していました。本田武史さんも「4回転を入れたからその後も攻めていけた。回避していたら気持ち的に弱さが出て、他のところでミスをしていたかもしれない」というような話をしていて、それがすごく印象に残っています。
素人なので4回転に失敗した時の心身のダメージをまず考えてしまうのですが、気持ち的に攻めていけるか、守りに入るかというのは想像以上に試合での選手のメンタルや演技に影響を及ぼすようですね。
真央選手も昨季頃から「攻める気持ちで」「強い気持ちで」とお題目のように口にしていた時期がありましたが、その意味が今はよくわかるような気がします。
b0038294_21471016.jpg
大怪我を乗り越えた果てにつかんだ銅メダル、というかなり日本人好みな(笑)展開だったことを抜きにしても、今季の彼は本当に滑る喜びに溢れて見えました。鈴木明子選手とも一種通じるような、スケートへの渇望というか、迷いなく突き進む姿が私たちファンの、そして普段フィギュアスケートを見ない方々にも強烈な印象を残したのだと思います。
先輩スケーター方には大変申し訳ないですが、日本の男子フィギュアスケート選手というと「絶対に転ぶ」「海外選手と比べると・・・」という印象がなかったとは言えないと思いますが(本当にすみません)、彼はそういう意味でも小気味良いほどにそのイメージを打ち破りました。
小柄な体格ながら海外選手を凌駕するほどの表現力と、スパッと気持ちよく決まる、着地までスムーズなジャンプ、ドラマチックなレイバックスピン、そして見入ってしまうほどに魅力的なステップ。
今までの日本選手にはなかった「魅せる」ことのできる選手というのは、五輪の熱狂をさらに高めたと思います。
これは織田選手や小塚選手にもいえることだと思います。本当に今回の日本男子3人はそれぞれに全く違う魅力を持っていますね。
b0038294_2214814.jpg


彼は五輪前は一貫して「これが最後の五輪」と言っていましたが、五輪後は「やっと自分のスケートというものができるようになってきた。ここで辞めたくない。来年の東京での世界選手権までは現役を続ける」と考えが変わったようですね。そして4年後のソチ五輪についても「今は考えられないが、気づいたら4年経っているかもしれない」と話しています。
私は彼が限界を決めずに、とりあえずであっても続ける気持ちを持ってくれたことが嬉しいです。

また来季も彼の演技が見られることが何より嬉しいです。
受賞おめでとうございます!
b0038294_22244296.jpg


Daisuke Takahashi 2009 Japanese Nationals FP -La Strada



<関連ブログ>
エルヴィス・ストイコ氏、4回転論争に吠える  2010年2月22日
男子シングル終了・4回転論争は続く-バンクーバー五輪  2010年2月19日
by toramomo0926 | 2010-03-10 21:07 | フィギュアスケート


<< 今季のプログラムを冷静に評価し... 浅田真央選手とその演技への海外... >>