女子シングルは波乱の幕開け-2010世界選手権
b0038294_15345888.jpg
フィギュアスケートの世界選手権、昨日終了した男子に続いて女子シングルが始まりました!

ISU Figure Skating World Championship 2010
順位と得点の詳細。
それぞれの種目の「Result」で総合順位と総合得点が、
ショートプログラム(SP)とフリーの「Entries/Result Details」では得点詳細が、「Judges Score」では各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。




ショートプログラム(SP)は長洲未来選手(アメリカ)が自己ベストを更新する演技でトップに立ちました!
b0038294_1538064.jpg
今季は彼女にとっては素晴らしいシーズンでしたね。大躍進でした。全米チャンピオンは逃してしまったけど、五輪で4位も取りました。彼女にはとてもよいステップアップと経験になったと思います。ライバルも多く大混戦を呈しているアメリカ女子の中でも確実に一歩リードした感じです。
そして今の年齢は「怖いものなし」で行ける貴重な時期です。フリーでも思い切りはじけることができたら、あっさりと世界女王を取ってしまうかも?
とりあえず、表彰台はしっかり射程圏内におさえた感じです。フリーも頑張って!

Mirai Nagau 2010 World Championship SP -Pirates of the Caribbean - Dead Man's Chest

ちょっと身体が大きくなった?(特に下半身)気もするけど、身体のキレはありますね。若いってすばらしい。
スピンはスピードがあるし、足が長いので見栄えしますね。うまく大人になってきている感じ。
キス&クライの無邪気なリアクションが私は大好きです。


浅田真央選手もトリプルアクセルーダブルループ(3A-2Lo)で回転不足を取られたもののノーミスで2位につけました。
b0038294_15521553.jpg
どうしてこの完璧に回りきっている3Aが回転不足と認定されるのか、理解できません。
動画についているコメントでも沢山の方が声をあげていますが、どう見ても認定を受けた五輪でのSPと同程度の質の高い3Aを跳んでいます。
こんなに試合ごとに認定基準が変わるようでは、選手は調整のしようがありません。
選手にばかり「質の高さ」を求めるのではなく、ジャッジにも「質の高さ」をはかる基準が必要なのではないでしょうか?

しかし真央選手はあくまで自分の問題として、不平を述べることはしませんでしたね。本当に頭が下がりますが、ジャッジやISU(国際スケート連盟)は彼女が何も言わないのをいいことに、好き勝手にその時の状況で同じジャンプでも認定-回転不足を決めているような気がしてなりません。
穿った見方をすれば、今回彼女はキムヨナ選手より前に滑ったので、とりあえず真央選手の大技はダウングレードにして点数を抑えることにする、というようにさえ思えました。

エルヴィス・ストイコ氏が「ISUは誰が勝つか、誰を負けにするかコントロールしたがっている。コンポーネントスコア(演技構成点:PCS)をジャンプの採点より高く出せば良いだけだ」と発言していたのが印象に残っているのですが、もしも本気で得点操作みたいなことを行うつもりでいるなら、勝たせたい選手にPCSで大幅に色をつけるという「加点法」の他に、他選手のジャンプの回転不足認定をつけるという「減点法」も大いに有効だからです。

日本のスケ連も、毎回抗議とはいかなくても「どこがどのように不足とされたのか」をしつこいくらいにジャッジに問い合わせたらいいんですよ。そういう「めんどくさい国」に少しはならないと、舐められて割りを食うばっかりなような気がします。選手に散々稼いでもらっているんですから、少しは自主的に選手を守ることをしてみたらどうか、と思ってしまいます。

b0038294_21462363.jpg
救いになったのは、トリノの会場の観客の温かさです。
真央選手がリンクにあがると「マーオ!マーオ!マーオ!」の歓声。演技中も声援を送り彼女を励まし、演技後は沢山の方がスタンディングオベーションをしてくれていました。
そして点数が低いことに大きなブーイング。
トリノのみなさん、あなた達は最高です。さすが芸術が深く根付いているお国の方々です。
そして彼らも、実は結構五輪の点数の付きかた、ジャッジのやり方がハラに据えかねてたんじゃないですかね(笑)
そうかもしれないと思わせるほど、外国の選手とは思えないほどの温かく、熱く、そして公正な反応を見せてくれていました。自国からもカロリーナ・コストナー選手が出場しているのに。
フェアな応援は本当に素晴らしい。試合の品格を上げますよね。


Mao Asada 2010 World Championships SP -Waltz Masquerade

可能なら、是非音量を少し上げてご覧ください。観客のリアクションの素晴らしさも良く分かります。
きっと今夜の日本の放映では客席の歓声は絞ってしまうと思うので・・・点数が出た後ブーイングも聞こえます。

五輪後、他選手にもれず彼女も心身ともに抜けてしまったものを取り戻すのが大変だったと話していましたが、ここまでしっかりと戻してきたことは本当に素晴らしい。最後まで疲れを感じさせない、華やかな演技に会場は大いに沸いていました。彼女はフランスなど欧州にもファンが多いですね。
今大会でも調子が上がりきらない中安定した演技でSPを終えることができたことは彼女には大きな手ごたえとなって残るでしょう。。これで、今度こそ「SPの呪縛」から彼女が自由になってくれたらいいなと思っています。
フリーはもう何も考えず、自分の思うように滑ってください。あなたの「鐘」をみんなが待っています。満足してシーズンを終えられますように。頑張ってください!

b0038294_1624361.jpg


安藤美姫選手は冒頭のコンビネーションジャンプで転倒してしまい11位になってしまいました。
b0038294_162259100.jpg
五輪から3-3にトライしようと頑張っていますが、なかなか難しいですね。やはりコンスタントに跳び続けておらず、しばらく3-2にしてしまっていた時期があったので苦労しているのかな・・・でも五輪直後の世界選手権ですものね。彼女も勿論疲れやモチベーションの低下と戦っての試合だと思います。
ですが、彼女は昔のように試合を「投げる」ような態度は取らなくなりましたね。最後まで丁寧に滑っていたのは素晴らしかったと思います。
フリーではある意味思い切り開き直れるようにも思うので、諦めずに3-3にチャレンジして欲しい!頑張れ!!


Miki Ando 2010 World Championships SP -Requiem




今回何より驚いたのは、五輪以降モチベーションの低下や調子の悪さを隠していなかった女王様が、ジャンプの回転不足に加えてスピンとスパイラルでミスを重ね、7位になったこと。
また(恐らく)彼女にとってシニアで最低の演技内容だったにもかかわらず、それでも60点を越える高い得点を得たことでした。
今回も彼女だけの「PCS&GOEマジック」は発動しているようですね。でもあまりに彼女の演技に精彩がなかったので、その加点をもってしてもカバーし切れなかったようですが・・・。
b0038294_16324349.jpg
彼女の五輪前後からの言動や今回の演技を見て、やはり彼女は五輪金メダリストの器ではない、と思いました。
彼女はモチベーションが上がらない、気が抜けてしまった、疲れた、足が痛いなどとも言っていましたが、それはどの選手も同じです。どの選手も五輪というものすごいイベントを終えた心身の疲労と戦っている。その中で、自分に今できる限りの最高の演技をしようと臨んでいます。
安藤選手だって転倒したけれど最後までやりきったし、鈴木明子選手も(後述しますが)ジャンプやスパイラルが破綻していても、その後のステップやスピンには溢れる気迫を感じました。
しかし女王様は最初から動きにスピードやキレ、メリハリがなく、スパイラルをミスしてからは気持ちが切れてしまったのか、明らかにやる気がなさそうに見えました。腕から指先までの動きはますます「お留守」になり、最後のステップに至ってはいつも以上に足が動いておらず、表情を含めて「身体が覚えている動きを何も考えずに惰性でやっている」と言う風にしか見えませんでした。


Yuna Kim 2010 World Championship SP -007

ちょっと動画のタイトルが酷いんですが、この時の動画は何故か殆ど削除されていて、これくらいしか残っていませんでしたのでご了承ください。
それにしても、彼女がここまで崩れたのを見たのは初めてで驚きました。カナダCBCでは、解説のトレイシー&カートもびっくりしていましたね。観客も驚いたのか拍手も少なかった。
でもミスした選手を励ますような声援や手拍子などが起こってもよさそうなものなのに(ステップの時とか)、結構観客は冷淡でしたね。観客も彼女に気力がない、ベストを尽くすという気持ちがないというを察したのではないかと思います。


また、彼女は大きな試合の前になると負けた時のための予防線を張りたがるのはいつものことですが、今回は本当に気力をなくした感じで「2位でも3位でもいい」とインタビューでこぼしたというのを読みましたが、この発言は試合に出る他の選手に大変失礼な物言いだと思います。
高橋大輔選手は今大会に出場するかどうかを迷った時「ひどい演技では他の選手に失礼だから」と話したと報じられていましたが、彼女の認識は常に一人称というか、客観的な視点と言うのがないんだなと思いました。それも残念です。
浅田真央選手が五輪で銀メダルを取ったとき、例の事業仕分けの「2位じゃだめなんですか」という発言を引き合いに出して「1位を目指さなければ2位も3位も手にはできないのだということを(浅田選手は)教えてくれた」という記事を読みましたが、それは今回の彼女にも当てはまります。
「2位でも3位でもいい」と言っていましたが、それも危うい状況になっています。まあ、彼女の場合「PCS&GOEマジック」で「7位から大逆転で優勝」とか起こりかねないから怖いところなんですが。

まあ確かにグランプリファイナルと世界選手権と五輪で優勝してしまえばもうモチベーションをどこに持っていったらいいかわからないだろうし、彼女自身は出たくなかったんでしょうね。でも出場しなければ韓国の来年の出場枠が減ってしまうので、仕方なく出たのでしょう。そういう意味では気の毒だと思います。
ですがどんなにミスをしても、何回転んだとしても、五輪金メダリストとしての誇りを持った演技をして欲しかった。
演技を、試合を投げて欲しくはなかったのです。


鈴木明子選手は2つのジャンプとスパイラルシークエンスでミスがあり20位となってしまいました。
b0038294_1711827.jpg
明子選手は今季とてもとても安定した演技を見せていたので、冒頭のジャンプの転倒は驚きました。特に今回は頭から氷に突っ込むようにも見えたので、ヒヤリとしました。
しかし彼女はすぐに立ち上がり、何もなかったかのように涼しい顔で演技を続けました。そこから私は彼女の演技にのめりこんでいきました。
ジャンプは、はっきりいってひどい出来でした。クリーンなジャンプはひとつもなかった。スパイラルでもバランスを崩し、一旦足を下ろしてしまうというミスがありました。
しかし彼女は最後まで「競技者」でありファイターでした。ダブルアクセルを終えてからのスピンとステップは、気持ちのこもった見応えのあるものでした。「いい演技」ではなかったかもしれないけど、私の心には充分響きました。
フリーでは是非、思いっきりマリアを演じて欲しいと思います。ウェストサイドストーリーも今回で見納めかと思うと寂しいです。アレンジしてEXで使ってくれないかなあ・・・あ、その場合は是非ステップはそのまま残してくださいね。
頑張ってください!


Akiko Suzuki 2010 World Championship SP -Andalucia/Fire Dance



明日、今年の世界女王が決まります。
選手の皆さんは疲労も溜まっているでしょうから怪我にだけは気をつけてくださいね。
今季最後の試合を全員が満足いく演技で終えられますように。

b0038294_18272747.jpg


<関連コラム>
キムヨナ選手に問いたい、「ルール」とは何か  2010年3月24日
印象深い記事-「浅田真央は挑戦した 「金より立派」これだけの理由」  2010年3月13日  
中野友加里選手、世界選手権欠場を発表  2010年3月4日
浅田真央選手銀メダル獲得、日本選手全員入賞おめでとう!-バンクーバー五輪  2010年2月26日
キムヨナ選手陣営、またも「妨害」アピール  2010年2月23日  
エルヴィス・ストイコ氏、4回転論争に吠える  2010年2月22日
by toramomo0926 | 2010-03-27 15:36 | フィギュアスケート


<< 浅田真央選手、2度目の世界女王... 高橋大輔選手、日本男子初の世界... >>