ステキな写真が多いので -浅田真央選手、現代スーパーマッチ出演
b0038294_80533.jpg
浅田真央選手が韓国で行われたアイスショー「Hyundai Super Match Medalist On Ice」に出演しました。

毎回韓国で開催されるフィギュアの試合やアイスショーではとても良い写真が沢山手に入るので(笑)今回も楽しみにしていたのですが、今回も期待を裏切らない写真が沢山。韓国のカメラマンの皆さん、毎度GJです!!

そこで、ここで集められた写真をピックアップしてご紹介したいと思います。




b0038294_8223026.jpg
到着の様子。最近この帽子がお気に入りのようですね。

b0038294_8263183.jpg
記者会見。
この方々だけでも充分「メダリスト・オン・アイス」という名にふさわしいメンツではありますが、その他にプルシェンコ選手、安藤美姫選手、アイスダンスのヴァーチュー&モイアー組、更に中国の申雪・趙宏博ペア&龐清・佟健ペアまでいるんですよ!!
バンクーバー五輪の金メダリストは女子シングル以外全員出場という状況です(女王様は以前所属していたマネージメント会社(IMG)とトラブルを起こしているので、IMGが絡んだアイスショーには出演できません。真央選手はIMG所属なので、恐らく今回のショーはIMGが開催に関わっていると思われます)。
ショーのオフィシャルサイトを見つけられなかったのですが、写真で見る限りこのようなメンツになっているようです。
日本でこんなショーやってくれないかなあ。韓国のファンが羨ましいですね・・・。
世界のTOYOTAさんあたり、どうですか?今自動車産業は大変みたいですが、これに関しては充分モトは取れると思いますよ~(笑)。

また、個人的にはジョアニー・ロシェット選手の笑顔が見られたのも嬉しかったです。来季どうなるかと思っていましたが、この分だと休むことなく競技に復帰してくれそうな感じですね。無理はしないで欲しいけど、来季も彼女が見られるのであれば嬉しいです。
b0038294_8424021.jpg
ライサチェク選手のシャツに思い切り「UNITED STATES」と書いてあるのにちょっと笑ってしまいました。ラルフローレンだから仕方ない面もありますが・・・(RLってアメリカ国旗とか好きですよね)。
ライサは濃いけど基本ハンサムで背も高くてすごくかっこいいしオフにモデルとかやっているらしいのに、ちょっと垢抜けきれない感じがあるんですよね(笑)
b0038294_8463899.jpg
それにしても、記者会見というのにみんなラフですねえ。去年のHyundaiのアイスショーの時もそうだったけど、みんな思い切り夏休みな格好をしています。ヤグディンさん、お散歩中ですか?(笑)
試合じゃないとこんな感じなんでしょうかね。日本だと記者会見ていうとちょっときちんとして・・・と言う感じですが(日本のアイスショーで記者会見て見たことないので本当のところはよくわかりませんが)。
男子が皆ちょっとずつ惜しい(笑)ところが微笑ましいです。あまりキメキメでも浮くかもしれませんが。それが許されるのはジョニ子くらいかな?


練習風景。
b0038294_97284.jpg
                 和気藹々。
b0038294_915776.jpg
                 ガールズトーク?(笑)
b0038294_9142060.jpg
                兄妹弟子ペア!
b0038294_9163838.jpg
               楽しそう!安藤選手もいい表情をしています。


そしていよいよショーのオープニング。
b0038294_919589.jpg
                 ここでやっとプルシェンコ選手を確認できました(笑)
b0038294_9274431.jpg
                オープニングは、この2枚しか手に入りませんでした。ステキな衣装ですよね。


仮面舞踏会。
b0038294_9315836.jpg

b0038294_9461868.jpg

b0038294_9322890.jpg
ダブルアクセルの踏み切り前でしょうか?こういう写真を見ると、ショーの写真ではありますが、やはりフィギュアはスポーツなんだなと思いますね。
動画で見るとふわっと飛び上がっているように見えるけど、こうやってみると踏み切りの瞬間は走り高跳びを髣髴とさせる感じ。躍動感溢れる一瞬を切り取ったショットです。
b0038294_934615.jpg
真央選手のビールマンスピンは、現役選手で一番ポジションが美しいと思いますね。アリッサ・シズニー選手も美しいポジションで有名ですね。それも大好きだけれど、真央選手のもっと細長いティアドロップ型の方がどちらかといえば私個人的には好みです。
b0038294_9385340.jpg


申雪、趙宏博ペア。
b0038294_9394210.jpg
大人のカップルにしか出せない、しっとりとした演技ですよね。このペアは演技も佇まいも品があって好きです。


安藤美姫選手。
b0038294_9413816.jpg
通常はアイスショーではエキシビジョンナンバーをやる選手が殆どですが、今回は記憶に新しいバンクーバー五輪での演技を採用した選手が多いですね。時期的にも来季のプログラムが完成していないせいもあるでしょうが、ファンとしてはそれも嬉しいですね。
安藤選手の世界選手権のフリーでの「クレオパトラ」は本当に素晴らしかった。来季更にレベルアップして来るんじゃないかと楽しみにしています。


カプリース。
b0038294_950168.jpg
b0038294_9524977.jpg
b0038294_9532289.jpg
こうやって見ると、やはり衣装というのは色や素材まで細かく考えつくされて作られているんだなあというのがよくわかります。
「仮面舞踏会」のピンクの衣装はすごくステキだけど、もともとは試合用の衣装で、明るい場所で映えるように作られています。なのでアイスショーやエキシビジョンの暗いライティングだと少し色味がくすんで見えてしまいますね。写真でも、明るさによってはちょっと暗く見えていたりする。
b0038294_103364.jpg
どちらもいいんですけど、私はこの衣装はあのベビーピンクの色合いがキモだと思っているので、暗めになってしまうのはちょっと残念だと思うんですよね。

でも、カプリースはどの写真も色がものすごくくっきりと見えて、ライト栄え、写真栄えしているんですよね。明るい場所はもちろん、暗い場所でもしっかり存在感を出せるように素材や生地が選ばれ、デザインされている。
さすがタラソワ、おそロシアです。
b0038294_1063135.jpg
b0038294_107087.jpg
b0038294_1072148.jpg



フィナーレ。
b0038294_10105386.jpg
韓国のアイドルグループ?の曲に合わせて、また韓国のショーおなじみの(笑)ちょっと面白いダンスを披露していたようです。
b0038294_10122740.jpg
               これ、練習でやってましたね!みなさんいい顔をしています。
b0038294_10134686.jpg



真央選手は記者会見でキムヨナ選手の現役続行発表(というか今の段階では『とりあえず引退はしない』という発表ですよね)について尋ねられ、「(現役続行を)聞いた時に気持ちの変わりはなかったので、自分も今シーズン良い状態で初戦を迎えられるように頑張りたい」と話していました。

真央選手の意識はずっと自分がいかに良い演技をするかにしか向いてないんでしょうね。
五輪までの1年は特に散々ライバル対決をマスコミから煽られましたが、彼女の発言はずっとブレがありませんでした。なので、全く気にならないことはないでしょうが、基本的には女王様が引退しようがしまいが自分の目標にはあまり関係はないのでしょう。そういう意味で「気持ちに変わりはない」んでしょうね。
彼女に限らず、トップアスリートってそういうものだと思います。ライバルがミスしたら勝てる、なんて考えで戦ってる人なんて殆どいないんじゃないでしょうか。他の全てのスポーツをあわせて考えても、私が知る限りそのような発言をした選手は一人だけです。他のトップスケーターだって、練習では自分をいかに向上させるか、試合ではその成果をいかに出せるかしか考えていないと思います。
相手がどう出てこようが、結局自分は自分のベストを尽くすだけですしね。

本当に豪華なショーですねえ。韓国のファンもきっと楽しんだと思います。
韓国ではフィギュアはやっと人気が出てきたスポーツですが、こうやって世界中のトップスケーターの演技に触れて、良い演技とはどういうものかという目を養い、目の肥えたファンが沢山育つといいですね。

選手の皆さん、本当にお疲れ様でした。

Mao Asada 2010 Super Match - Waltz Masquerade

今回のリンクは(アイスショーて大概そうですが)長さ・幅ともに狭いですね。このプログラムではステップのスペースが足りずに折り返してまだ続ける、という珍しい感じになっています(笑)。


Mao Asada 2010 Hyundai Super Match - Caprice



<関連コラム>
五輪閉幕-写真をいろいろと  2010年3月2日
ステキな写真が多いので-四大陸選手権・浅田真央選手  2010年1月30日
by toramomo0926 | 2010-06-07 08:40 | フィギュアスケート


<< ミハル・ブレジナ選手、自身のシ... VOGUEの記事を読んで -浅... >>