2010-2011グランプリシリーズの出場選手決定!
b0038294_20281829.jpg
2010-2011シーズンのグランプリシリーズ(GPS)の日程とアサイン(出場選手割り振り)が発表になりました!
今年のグランプリファイナルは中国で行われるようですね。世界選手権が東京なので、アジアなシーズンになりそうです。


日本選手(男女シングル)は下記の通りです。

<女子>
浅田真央選手:NHK杯、フランス杯
安藤美姫選手:中国杯、ロシア杯
鈴木明子選手:中国杯、ロシア杯
村主章枝選手:スケートカナダ、フランス杯
村上佳菜子選手:NHK杯、スケートアメリカ
今井 遙選手:スケートカナダ、フランス杯

<男子>
高橋大輔選手:NHK杯、スケートアメリカ
織田信成選手:スケートカナダ、スケートアメリカ
小塚崇彦選手:中国杯、フランス杯
南里康晴選手:スケートカナダ
無良崇人選手:NHK杯
町田 樹選手:中国杯、ロシア杯
村上大介選手:スケートアメリカ
羽生結弦選手:NHK杯、ロシア杯

*他の選手、他種目については下記のリンクをご覧下さい。

ISU Grand Prix -ISU公式サイト。来シーズングランプリシリーズアサイン一覧




女子は下記の通りのアサインとなりました。
b0038294_20312728.jpg
女子はこのような割り振り(クリックで多少拡大します)。
安藤選手と鈴木選手は全く同じ日程。心強そうです。
あ、でも女王様とばっちり同じなのか・・・。まあ彼女は実際に出るかは未定ですが、こうやって結論を先延ばしにした挙句に結局出るんじゃないかという気もしています。安藤選手、あっこちゃん頑張れ。そしてミライちゃんも(長洲未来選手は中国杯とフランス杯に出場します)。

その女王様の選択は、中国は今年ファイナルが行われるし、ロシアはソチ五輪を控えていて、またジュニアから有望選手がどんどん生まれているということが理由でしょうか。さすが策士(笑)見据えてますね。
でもロシアは女王様の演技についての評価は低い国です。ロシアで練習している真央選手がロシアでも注目度・人気ともに高いみたいなので、そういう意味でもどちらかといえばアウェイな土地です。
バンクーバー五輪後、プルシェンコ選手のコーチであり、タラソワと同様ロシアンフィギュアの重鎮であるアレクセイ・ミーシン氏も五輪の女子の順位に対して「浅田真央は(フリーで)3Aを2回跳びました。これは(五輪)史上初のことです。それで彼女が手にしたものは?何も無しです!」と怒り気味に述べていたインタビューを見ました。
まあこれは女王様というより採点を批判したものですが、解説者などの言葉を聴いていても、おそロシアの重厚な歴史の前には女王様の「表現力」はあまり評価されてないのはなんとなく窺えます。
まあロシアで開催される試合はロシア人が評価するというわけではないけれど、どんなスポーツでも「地の利」というのは微妙に影響を及ぼすわけで、この試合はそういう意味でも興味がありますね。

あと、「TBA」という枠の意味がよくわからないのですが、まだ派遣選手を発表していない枠があるということなのでしょうかね?詳しくは分からないのですが、ホスト国の枠にあるような気がするので、開催国は枠が多くもらえるんでしょうね。

男子はこちら。
b0038294_20383367.jpg
プルシェンコ選手は一応ロシア杯にエントリーしてますね。

とりあえず今年のNHK杯はすごい豪華メンバーが集まりそうですね。
日本選手の豪華顔ぶれは勿論、コストナー選手、レイチェル・フラット選手、キャロライン・ジャン選手、アシュリー・ワグナー選手、キーラ・コルピ選手、デニス・テン選手、ジェレミー・アボット選手、などなどなど・・・

さらにさらに!!
ADSL(アドリアン・シュルタイス選手)が待望の来日!
2008年のジャパンオープンとNHK杯以来です。
これは是非チケット取りたいけど、これだけすごいメンツが集まるとすごいプラチナチケットになるんだろうなあ・・・。
b0038294_20581132.jpg
2008年NHK杯SP。ファンからのプレゼント?のそっくりさん人形をもらって嬉しそう。


以前はGPSの始まりはスケートアメリカって感じだったような気がしますが、最近シャッフルされていますね。NHK杯が最初ですか~。でも名古屋開催は真央選手や高橋選手などは近場でいいですね。
真央選手はシニアデビューしてからフランス杯は驚異の出場率ですね。ほぼ毎年出ていると言っていいと思います。キャンデロロさんはさぞお喜びでしょう(笑)

b0038294_21201610.jpg
フランス杯は、毎年会場の装飾がすごく個性的で楽しいんですよね。さすがおフランス。
フランス杯の正式名称は「Trophee Eric Bompard Cashemire」なのですが(なのでフランス杯はエリック杯とも呼ばれています)、Eric Bompard社はカシミアを扱うアパレルらしいので、余計に凝っているのかもしれないですね。エキシビジョンの時のライティングもステキです。
これは2008-2009年の小塚崇彦選手のSP。


こうやって具体的な日程が分かってくると、ちょっとワクワクしてきますよね。皆さん怪我のないように充実したオフと練習を経て、素晴らしいプログラムとともに試合の日を迎えられますように祈っています。

<追記>
ハッと気付きましたが、ライサチェク選手とロシェット選手のエントリーがないですね・・・。本人自らはエントリーしなかったということでしょうか。「TAB」枠のところに入ってくるかなあ・・・。



<参考リンク>
ISU Home
Eric Bonpard(英語)

<関連コラム>
いろんな意味で「記憶に残る」スケーター -アドリアン・シュルタイス選手  2010年5月12日
by toramomo0926 | 2010-06-13 20:26 | フィギュアスケート


<< 浅田真央選手のジャンプコーチに... 韓国ファンクラブより、真央選手... >>