プルシェンコ選手、提訴はしない方針
b0038294_012216.jpg
昨日プルシェンコ選手の選手資格剥奪の件で、第一報を見て怒りに任せてブログをアップした割には情報が不足していて失礼致しました(汗)

ところで、今日入ってきたニュースによると、プルシェンコ選手はこの選手資格剥奪の処分についてスポーツ仲裁裁判所(CAS)への提訴はしない方針だということです。



*****
プルシェンコの資格剥奪 CASに提訴はせず

 国際スケート連盟(=ISU)は現地時間28日、トリノオリンピックのフィギュアスケート男子金メダリスト、エフゲニー・プルシェンコ選手(ロシア)に対し、公式試合への出場権をはく奪したと発表した。

 プルシェンコ選手は今年3月と4月の2回、許可なしにアイスショーに出演したためロシアスケート連盟からの告発を受け、国際スケート連盟が公式試合への出場資格はく奪を決めた。ロシアメディアによると、プルシェンコ選手はこの処分に対して3週間以内にスポーツ仲裁裁判所(=CAS)に異議申し立てをできるものの、「提訴するつもりはない」と述べたという。アレクセイ・ニシンコーチは「国際スケート連盟が秋ごろに処分を取り消してくれると期待している」と語った。

 プルシェンコ選手は06年のトリノオリンピックで金メダル、10年のバンクーバーオリンピックでも銀メダルを獲得しており、14年に開催されるソチオリンピックでの活躍が期待されている。

2010年6月30日 3:44  日テレニュース24
*****


提訴して徹底的に戦って欲しいと思っていたけど、まだ現役を続行する意思があるし、あまり遺恨は残したくないということなんでしょうかね。
でも復帰時期というか、選手資格剥奪の期間について言及が(私が見た限り)明記しているところはどこにもなかったんですよね。1年という人もいるし、それを否定する人もいる。とりあえず正式なアナウンスには含まれていなかった模様です。

でもアレクセイ・ミーシンコーチ(ニシンじゃないですよね・(笑)は剥奪というか事実上の謹慎期間は短いと見ているようですね。普通なら期限を切らずに選手資格を剥奪されたらすごく不安になると思うのですが、落ち着いて見えますよね。
なんとなく水面下で話がついているということなんでしょうか。なんかロシアって底知れないですね・・・。

b0038294_23531039.jpg
右側がミーシンコーチ。
プルシェンコ選手の幼少時から彼の才能に惚れこみ、彼を宇宙人として育成することに成功したフィギュア界の重鎮です。
左側の不審人物(笑)は振付師の方ですが、日本のファンが名づけた「モジャ」という名前しか知りません(笑)


ミーシンコーチの言うように、秋頃までに謹慎を解除してもらえるならそれは御の字ですが。ソチ五輪に向けて一丸とならないといけないときに、一体何をやってるんでしょうね。
使途不明金を調べて欲しいと言った選手に制裁を加えるって、もう既に疑惑について答えは出てるような気がするんですけど・・・。

まだ情報が錯綜している感じですが、少しでも早く彼が復帰できるように願っています。

b0038294_0122975.jpg
私が一番好きなプルシェンコ選手の写真がこれです。ミーシンコーチとじゃれるプルシェンコ選手。柔らかい表情です。ある意味親子以上の固い絆と信頼で結ばれているのがわかります。


<関連コラム>
プルシェンコ選手、選手資格剥奪 -選手はISUの奴隷ではない
プルシェンコ選手、世直しに乗り出す?-ジャッジについて言及  2010年2月12日
by toramomo0926 | 2010-07-01 00:00 | フィギュアスケート


<< 動画のご紹介:魂が似ている二人... プルシェンコ選手、選手資格剥奪... >>