「姉妹」を越えたソウルメイト-浅田舞・真央
b0038294_9111322.jpg
浅田舞選手と真央選手の姉妹の結びつき、特に五輪シーズンの真央選手の戦いを支えた舞選手の発言を中心にシーズンを振り返る素晴らしい動画を見つけました。
真央選手がトリプルアクセルを成功させるため、五輪で最高の演技をするために戦った凄まじさが垣間見える迫力ある作品となっています。有名なエピソードも多いですが、改めて見てみるとこのシーズンがどんなに壮絶なものだったかがよくわかります。是非ご覧になってほしいと思います。


舞選手の言葉と、そこから垣間見える真央選手のストイックという一言では片付けられない努力に胸を打たれます。
*体脂肪率と妊娠の関係性についてはそのような可能性、傾向があるということだけで、体脂肪率の低い方が全て妊娠できないということではありません。




浅田真央選手を支えている姉の浅田舞選手について、特にバンクーバー五輪前後にかなりクローズアップされ、「家族愛」的に語られる機会が増えました。また舞選手がスポーツキャスター的な仕事を積極的に行うようになり、舞選手自身の露出、活躍の場が今までになく増えているように思います。

舞選手と真央選手の仲のよさはとても有名ですが、単に「仲良し姉妹」というだけでなく、2009-2010の五輪シーズン、一人で重圧や不調と戦う真央選手を献身的に支えたという深く強い絆の歴史がありました。
これは家族である舞選手にしかできないことでした。よく「彼女/彼がいなければ今の自分はない」という話をいろいろなところで聞きますが、真央選手にとって舞選手は間違いなくそういう存在でしょう。
常に人に囲まれ注目され、気を遣うことも多い真央選手にとって本当に自分をさらけ出せる、手放しでわがままを言ったり甘える事のできる存在なんだと思います。

また素晴らしいと思うのは、舞選手の心持ちですね。
b0038294_8522628.jpg
今までになく、また今後もこれほどの才能は出てくるかどうかという程の実力を持つ妹がいて、自分と同じスポーツをしている。何かと比べられる。舞選手も真央選手同様明るく天真爛漫に振舞っていますが、「妹はあんなにすごいのに」などといわれて傷ついた経験は決して少なくないと推察されます。
b0038294_927182.jpg


ですが彼女は卑屈になることなく、自分も競技を辞めることなく取り組みながらも妹を支える役割を自ら選びました。
ここで「競技を辞めていない」というのが私は凄いと思います。自分が競技を辞めてサポート役に回る道もあったでしょうが、彼女は今のところ(他の活動も行うにせよ)諦めていない。そこが舞選手のプライドだと思うし、アスリートとして素晴らしいと尊敬するところです。

勿論これまでには葛藤する時期はあったと思いますが(一時期モデル活動などをしていたのはそういう心境の表れではないかと個人的には感じています)、それを乗り越えてあそこまで妹のために尽くすことが出来るというのは凄いと思います。
普通の姉妹なら、姉や妹が困っている時に手を差し伸べるのはある程度当然と思いますが、二人とも全日本クラスのアスリートともなれば、一般人とはまた違ったプライドや勝負への執着との戦いと言うものは絶対にあるはずだと思いますが、ここまで見事にその役割を果たしていること、しかも自分自身に嘘をつかずに自然に出来ているという気持ちの豊かさというか素直さには本当に感嘆するしかありません。
b0038294_923595.jpg

そして真央選手も舞選手のそういう気持ちは絶対に理解していると思いますし、それが分かっているからこそ常に姉への感謝の気持ちを口にしていますよね。素晴らしい姉妹だと思います。
以前真央選手は、同じように頻繁に母親への感謝を口にしていましたが、ここ数年はお母様は昔ほどは真央選手にべったりではなくなり、真央選手の行き先への同行などは殆どマネージャーさんに任せるなど、しっかりと、また程よい距離感で「子離れ」をしていると聞きました(お母様も偉大だなと思いますね)。
b0038294_914587.jpg


舞選手は怪我の影響でジャンプに支障が出てしまい現在も取り組んでいますが、舞選手は真央選手とは違うスケーターとしての魅力は間違いなくあります。彼女が生まれ持って身に付けている女性らしさや長い手足を使った優美な滑りは、やはり間違いなく素晴らしい個性だと思いますし、まだまだ競技を続けて欲しいと思います。

舞選手と真央選手、2人とも10月からのシーズンで素晴らしい活躍が出来ますように。
b0038294_9275790.jpg
舞選手の衣装のチョイスは、毎回配色・カット、デザインともに結構個性的なものです。
きっと彼女の好みが反映されているのだろうと思いますが、普通ならかなり着こなすのは難しいのでは、と思うものが多い。ですが彼女はいつも自然に、上品に着こなしているのが目に付きます。
最近とてもきれいになりましたし、活動の幅を広げていることもあり、モデル活動をまた再開させてもいいんじゃないかと思うときがあります(笑)。


<関連コラム>
The ICE見てきました!  2010年7月25日
舞姐さんカッコイイっす! -OLYMPUS「μ Tough」CM  2010年7月9日
無欲の勝利ー「逃走中」小塚崇彦選手  2010年6月28日
by toramomo0926 | 2010-08-02 08:54 | フィギュアスケート


<< bice、安らかに スケート選手会発足&世界選手権... >>