ブライアン・オーサーコーチ、TVにて解任騒動を語る
今回ご紹介するのは8月25日にブライアン・オーサーコーチがTV出演した時の動画です。


このたびのコーチ解任騒動について語っています。
投稿者の方が字幕を入れて下さっています。オネエ言葉になってます(笑)そしてキムヨナ選手の母親の言葉の語尾が日本語ではなくなっていますが、細かいことは気にしないでください。
訳はかなりこなれていて、わかりやすいです。
(オーサーコーチはゲイであることをカミングアウトしているので、ひょっとしたら字幕的にも間違ってないのかも知れません・・・)

ここでオーサーコーチは、浅田真央選手からオファーはなかったと明確に否定しています。
全く、こんな根も葉もない噂を出したのは誰なんでしょう?
・・・もしかして、オーサーを切りたいと思い始めた誰かさんだったりして。

いや、いくらなんでもそんなひどいことはないでしょう。・・・・・・・・・・・と思い・・・・・・たい。



最初字幕は出ませんが、インタビュアーとオーサーコーチの会話になると出てきますので、そのままご覧下さい。

*****
キム・ヨナ 決別したコーチを非難

バンクーバー冬季五輪フィギュアスケート女子シングルで金メダルを獲得した金妍児とブライアン・オーサーコーチが、決別について互いを非難し、口論を繰り広げている。

 金妍児とオーサー氏の決別は24日、双方のマネジメント会社により明らかにされた。

 金妍児は25日に声明を発表。
オーサー氏が決別をめぐる論争を起こすためにメディアを利用しているとし、選手とコーチは双方の理由で別れることができる。メディアを利用し、決別したことを知らせ、その詳細を当人の間だけにとどめておくことができなかったことに失望し、気分を損なった。
私は人にうそを信じさせ、罪のない人を非難させることはできない
とコメントしている。

 金妍児のマネジメント会社は、他選手がオーサー氏にコーチを依頼してから関係が悪化したとしている。

 一方、1984年のサラエボ冬季五輪と88年のカルガリー冬季五輪のフィギュアスケート男子シングルで銀メダルを獲得しているオーサー氏は25日、カナダの日刊紙トロント・スター(Toronto Star)とのインタビューでキム・ヨナのマネジメントを担当するオール・ザッツ・スポーツ(AT SPORTS)の社長で実母のパク・ミヒ(Park Mi-Hee)氏を非難している。

 オーサー氏は、すべての騒動は彼女の母親とのものなので、彼女はどうなっているのか知らない、と話している。(c)AFP
2010年08月26日 13:35 発信地:ソウル/韓国



キム・ヨナ泥沼の決別…今度は新プログラムを暴露され物議

 フィギュアスケーターのキム・ヨナ選手とブライアン・オーサー監督が、決別をめぐってこれまでの問題や秘密を暴露し合うなど、事態は泥沼化の様相を呈している。26日にはオーサー氏が準備中の新プログラムについて米メディアに暴露し、韓国国内ではオーサー氏に非難が集中している。

 韓国メディアによると、オーサー氏は米AFP通信とのインタビューで、キム・ヨナ選手と決別に至った理由と、新シーズンに公開するため現在準備を進めている新プログラムについて語った。オーサー氏は「韓国の伝統民謡『アリラン』をフューチャリングしたものだ」と明かし、プログラム内容は「とても幻想的。私が今まで見たプログラムの中で最高。バンクーバー五輪の『ピアノ協奏曲ヘ長調』を超える」と高く評価した。

 これまで新プログラムの公開はキム・ヨナ選手本人が行うのが慣例であり、公開するまでは外部に内容が漏(も)れないようMP3で音楽を聞きながら練習するなど慎重を期してきた。新プログラムは2011年3月に開かれる世界選手権大会の出場に向けたもので、今年末か来年に公開される予定だったという。

 オーサー氏は事前にキム・ヨナ選手側と相談などはしていないとみられ、前監督が選手の同意なく新プログラムを漏らすという異例の事態となった。

 韓国では、オーサー氏が決別をめぐりキム・ヨナ選手側と激しい攻防戦を繰り広げる中で、少しでも自分を有利に運ぶために暴露したのではないかという見方が広がっている。「不利な発言が出る前に『私はここまで知っているから気をつけろ』という警告の可能性もある」と伝えているメディアもある。

 キム・ヨナ選手のマネジメントを担当するオール・ザッツ・スポーツ(AT SPORTS)は「選手側や振付師の同意なくメディアに暴露したのは、スポーツ指導者として道徳的な水準を超えた行為」とこれに強く非難。韓国のインターネット上では、オーサー氏に対する非難の声一色となっている。

8月27日10時38分配信 サーチナ (編集担当:新川悠)

*****



<関連コラム>
おもしろ?動画-比較検証  2010年3月30日
ヨナとオーサー、食い違う言い分 : ミンジョン選手への指導も中止  2010年8月25日
キムヨナ選手、オーサーコーチと訣別との報道  2010年8月24日
キムヨナ選手、グランプリシリーズ欠場を発表  2010年7月19日
キムヨナ選手、現役続行の意向  2010年5月31日
浅田真央選手、2度目の世界女王に -2010世界選手権(追記あり:2010年3月28日)
女子シングルは波乱の幕開け-2010世界選手権  2010年3月27日
キムヨナ選手に問いたい、「ルール」とは何か  2010年3月24日
浅田真央選手銀メダル獲得、日本選手全員入賞おめでとう!-バンクーバー五輪  2010年2月26日
キムヨナ選手陣営、またも「妨害」アピール  2010年2月23日
代理戦争反対-ニコライ・モロゾフ氏の発言に思う  2009年12月7日
キム・ヨナ選手の「妨害」発言について  2009年3月23日
韓国東亜日報の記事-フィギュアスケート採点の信頼性に激震  2009年10月29日
キムヨナ選手の「世界最高得点」の意味を考える 2009年10月20日
「競技」としてのフィギュアは死んだのか 2009年10月18日
フィギュアスケート実況、日本はレベルアップを  2008年3月27日
もっと競技と他選手に敬意を  2008年11月29日
順位に異論はないけど、採点は大いに疑問  2008年10月30日

by toramomo0926 | 2010-08-26 20:35 | フィギュアスケート


<< 浅田真央選手、流行通信(WWD... プルシェンコ選手、選手資格剥奪が確定 >>