浅田姉妹がThe ICEで少女と共演 -24時間TV
b0038294_10191525.jpg
浅田舞・真央姉妹が、ファンであるという右半身マヒの障害を持つ少女と7月のアイスショー「The ICE」で共演、昨夜その模様が放映されました。



動画は消されてしまいそうなので、写真でも追ってみます。

今回スケートへの挑戦を表明したのは吉川琴美ちゃん、11歳。
b0038294_10202130.jpg
シャイだけど、笑顔が明るくてとても可愛らしい女の子です。

b0038294_10212037.jpg

TOKIOの松岡さんが琴美ちゃんからの手紙を持って舞選手と真央選手に共演を依頼しに行きます。

2人は快諾、7月のアイスショー「The ICE」での共演となりました。
b0038294_10371354.jpg


舞選手は琴美ちゃんの練習するリンクを訪れ、練習を手助けしたりしました。
b0038294_10375123.jpg
舞選手、教え方がすごく上手かったですね。「転んだほうが上手くなる」と氷への恐怖心を薄れさせ、励ましつつも少しずつ手をかさなくなり、本人が一人でできるように、やるようにしていました。
ずっとクラブで小さい子と接していた経験もあると思いますが、母性を感じさせる指導でした。彼女はゆくゆくは是非指導者になってほしいですね。


前日、アイスショーを見学後、浅田姉妹にバックスペースで対面。
真央選手は満面の笑顔で迎え、「緊張すると思うけど終わったら楽しいから」と励ましました。
b0038294_10502679.jpg
真央選手、こういうところは大人になったなと感じますね。2008年にやはり24時間TVで大久保美来ちゃんと共演した時は、温かく接しながらも、真央選手自身もちょっと照れている感じがありました。
しかし今回は積極的に話しかけ、琴美ちゃんを励ます様子が印象に残りました。本番でもずっと話しかけていましたし。
真央選手も大人になり、またトップアスリートとして社会貢献するという意味、自分の立場や役割をより強く自覚したように見えました。
b0038294_10504563.jpg


琴美ちゃんは趣味がビーズということで、舞選手と真央選手に3人色違いのイニシャル入りブレスレットをプレゼントしました。
b0038294_1113427.jpg
かわいい!

b0038294_1113121.jpg
真央選手はブレスレットについてるイニシャルを「わかった!真央、琴美ちゃん、舞だ」と言ってましたが、その時のどや顔にウケました(笑)そこはそんなに誇らしげにすることではないのでは・・・(笑)


そして本番。
b0038294_10562358.jpg
琴美ちゃんが着ていたのは・・・
b0038294_10565021.jpg
真央選手が2005年、いきなりグランプリファイナルで優勝した思い出の衣装。この真央選手を覚えている方も多いでしょう。
これは琴美ちゃんは嬉しかったと思います。あ、でも11歳だからあんまり記憶ないかな・・・(汗)

b0038294_10591811.jpg
課題は、リンクの端から、60m離れた真央選手のところまで一人で滑り、その後浅田姉妹と3人でリンクを一周するというもの。

b0038294_10594441.jpg
真央選手、励ましのまなざしで見つめます。

b0038294_1105581.jpg
頑張れ!

b0038294_1111934.jpg
真央選手は笑顔で励まし続け・・・

b0038294_1115038.jpg
舞選手は涙。

琴美ちゃんが挑戦しているときの観客の方の応援の拍手もすごく大きくて、なんかTVの画面からもすごく一体感が伝わってきました。
やっぱりThe ICEはそういう意味でもすごくアットホームなショーだったですね。

b0038294_113481.jpg
b0038294_1141672.jpg
見事、一度も転ぶことなくゴール!
b0038294_1161322.jpg
支えなしでは氷に立てなかったとは思えないほど安定していました。しっかりエッジの上に身体を乗せて、バランスが素晴らしかったです。
b0038294_118190.jpg
3人でリンク一周。観客も温かい拍手で迎えました。


チャリティとか、障害のある方と接する時って、あまり意識しすぎてしまうと良くないとかいろいろ考えてしまうことはあると思うんですが、浅田姉妹は徹頭徹尾、ずっと自然に接していたのでとても良かったですね。
ヘンに気を遣いすぎることもなく、でも常に笑顔で声をかけるようすは、見ていてとても気持ちよかったです。
琴美ちゃん、お疲れ様でした!

舞選手と真央選手は、現役を続けている間はなかなかチャリティなどの機会を作ることは難しいのかもしれません。
ですが琴美ちゃんのように、障害があるないに関わらず、普段の彼女達の取り組みを見て励まされ、力をもらえたと思える人は多いでしょう。幼い子どもにはフィギュアスケーターになるという夢を抱かせられるかもしれない。
彼女達のような立場の人たちは、それだけである意味チャリティをしているとも言えますね。そして彼女達には引退した後には、是非積極的に慈善活動などにも力を注いで欲しいなと思います。

「24時間TV」という番組自体のコンセプトというか取り組みなどには全面的に賛同できる訳ではないのですが、琴美ちゃんにとって良い思い出になり、今後の自信につながるということなら、これはとても良い企画だったと思います。浅田姉妹にもとても良い経験だったと思います。
舞選手、真央選手、お疲れ様でした。


いつ消されるかわかりませんが、動画を貼り付けておきます。

Part1



Part2

by toramomo0926 | 2010-08-29 10:21 | フィギュアスケート


<< おもしろ動画~真央選手旅に出る... 浅田真央選手、流行通信(WWD... >>