Artistry On Ice:写真と記者会見
b0038294_1022488.jpg
申雪・趙宏博ペアの氷上結婚式を兼ねたアイスショー「氷上雅姿-Artistry On Ice」の中国でのTV放映は11日だそうですが、本放送以外の動画や写真はどうやら出揃った感がありますね。
ここでは前の記者会見で、真央選手とプルシェンコ選手、そしてアレクセイ・ヤグディンさんの印象的なコメントをご紹介します。また、出演者の写真も併せてご紹介しようと思います。



2010 Artistry on Ice press conference P2
(会見は男女別で行われたようで、女子選手はいません)


この動画の7:05あたりで、記者がプルシェンコ選手に浅田真央選手について尋ねています。
ワタシ的にはこの質問は結構唐突だった気がするんですが、なぜこうなったかは不明(笑)
恐らくこの夏、日本でのアイスショーにプル様が多数出演し、その中のほとんどで真央選手と共演したこと、またThe ICEでのペアプログラム「ジャンプ同盟」が中国でも話題になったのかもしれません。

それに対してプル様は、このように答えています。

「皆ショックを受けたと思う。五輪で3Aを二回も跳んだんだから。
これは今まで女子では誰もできなかったことだ。
彼女は天才だ。今後も真央と試合で会うだろうけど、彼女はもっともっと凄いことができるよ!
私の中で彼女は世界一だ。


この発言があったとき、記者席は歓声と笑いがおきました。
そして、「これは面白い会見になったな」(Very interesting press conference.)という記者(出演者かも?)のつぶやきが音声に入っています。
その笑い声(の質)を聞いて、中国ではバンクーバー五輪のフィギュア(シングル)の順位または採点に不満、もしくは疑問を持っているのかな、とちょっと思いました(中国と韓国はあまり仲が良くなさそうですしね)。
まあフィギュアスケートの代名詞的存在であるプル様が、金メダリストが別にいるのに銀メダリストを「世界一」と評したのですから、多少驚きの声が上がるのは無理はないかな、とその時は思いました。
*その後、女子の記者会見でのやりとりを聞いて、私が感じた印象に確信を持ったのですが、それは後程述べます。


隣のヤグディンさんは、プル様の発言を受けて

「僕も彼(プルシェンコ)と同感だ。
・・・これは難しいね。この子(真央)はジャンプがよかったし、この子(キムヨナ)は着氷がよかった。・・・これはかなりトリッキーな質問だね」


*プル様の訳は大体合ってると思いますが、ヤグディンさんのコメントはかなり聞き取りづらかったので、聞き取れたものを私がつなげて意訳しています。ひょっとしたら間違いがあるかもしれないことをご承知おきください。
私の訳は参考程度として、動画をご覧になって判断して頂くのが一番だと思います。


ヤグディンさんはプル様よりマイルドにコメントしてますね(笑)。
まあ普通の人(宇宙人以外)はなかなかどっちが上だとか言いにくいとは思いますが、「トリッキーな質問」という言葉を使ったのを見ると、やはり彼も採点に関しては全く問題ないとは思っていないのかもしれないな、と感じました。


そして女子の会見で、浅田真央選手に下記のような質問があったそうです。

「世界中の人があなたの方がキムヨナより実力が上だと思ってますが、バンクーバーでは(キムに)負けてしまった。その事についてどう思いますか?」

・・・・かつて、ここまでストレートに尋ねた記者がいたでしょうか。しかも本人に。
この時の動画を私は見つけられていないんですが、この質問があったときの会場のムードをぜひ知りたいですね(野次馬根性ですが・・・)。
これは以前(確か2007-2008シーズン)、海外の試合で外国人記者が真央選手に「マオは点数がおかしいと思わないか?(必要以上に減点されている)」と尋ねたとき以来の衝撃です。
真央選手も一瞬戸惑ったと思います。でもグッドクエスチョンですが(笑)。


しかし真央選手は落ち着いて、このように答えました。

「難しくて答えづらい質問ですね。でも私は自分の納得行く演技が出来ればいいんです。」

これを読んだとき、ちょっと感動してしまいましたね。見事な受け答えです。
この質問があったという情報を得たとき、プル様の返答で起きた笑いの意味について私の印象はほぼ正しかったのではないかと確信しました。
記者の方には五輪で正当な採点がなされなかったという怒りというか違和感があったのだろうと思いますが、また一方で、もしかしたら真央選手がちょっと口を滑らせることを期待しての質問だった、という側面もあるのかもしれません。真央選手から何か攻撃的な言葉を引き出せれば、ものすごく「おいしい」ですから。

しかし真央選手は記者の質問をはぐらかすことなく、かつ自分の信条だけを話すことでその罠を見事に回避しました。
話をすり替えているのではない。それじゃ答えになってないよ、という返答ではなく、でも相手がどうこうという話に陥ることなく対応した。しかもとっさの判断でです。これは見事としか言いようがありません。
彼女は今月誕生日を迎えて成人しますが、それでもまだ19歳ですよ。本当に頭が下がります。

b0038294_8591055.jpg
コメントする真央選手を見つめるロシェット選手の表情が印象的です。


彼女は絶対に人を悪く言ったり、間接的にでも批判するようなことは一切言いませんよね。
彼女のコメントを「いつも同じ内容で面白くない」という方もいますが、彼女の今の立場では、人によって解釈が分かれるような発言をしたり、ちょっと他人や採点(制度)を批判するようなことを口にすればたちまち大きな影響を及ぼすでしょう。
マスコミはその言葉尻に飛びつき、揚げ足を取ろうとするのは目に見えています。
自分の周りに波風を立てずに競技に集中するにはどうしたらよいかということを、彼女はよく知っているように思います。
何より、自分が打ち込んでいる競技(採点)について否定することは、自分自身を否定することになると考えているようにも見えます。真央選手だって採点に不満を抱いた事はないはずはないと思いますが、不満を口に出せば、結果的に自分を貶めることになるという信念みたいなものを感じます。
普通はそうは思ってもどうしても口にしてしまいがちですが、彼女は強いですね。そういうところも、彼女の佇まいに凛とした品を纏わせているように思います。

また、そういう自己防衛本能だけではなく、本当に彼女は、他人のことをあまり意識していないんじゃないかとも思えます。B型だし(笑)。
そしてネガティブな発言をすれば、そのような状況に陥りやすくなる、と信じているように見えます。以前「怪我も痛くないと思えば痛くない」と修行僧のような発言をしていましたし。
いい意味で、競技において(ということは彼女の生活ほとんどにおいて)他人を意識する暇はないというか、自分(=向上)しか考えてないんじゃないですかね。
そういうちょっと浮世離れしているような雰囲気が彼女にはあります。そしてそのPeacefulな空気が、見ている人や同じリンクに立つスケーターをも安心させ、惹きつけるのではないでしょうか。たまに「一回ガツンと言ってやればいいのに」と思うこともファンとしてはあったりしますが、彼女は絶対その一線を踏み越えません。ストレスもたまるでしょうが、彼女から笑顔が消えることはないですね。
以前Youtubeで、韓国のTVが真央選手の演技を放映している(エキシビジョン)動画を見ました。
解説の方(韓国)のコメントを英訳して載せてくれていたのを見たのですが、

「彼女には何度かバックスペースで会いましたが、いつも必ず笑顔を向けてくれるんです(She never fails to smile.)」

という記述がありました。
確かにそういう人の周りには自然に人が集まってきますよね。悪口や愚痴ばかり言っている人と一緒にいても楽しくないですしね。
それは私たちにも当てはまることで、彼女を見ていると勉強になります(笑)。

***

それでは、Artistry On Iceの写真を。
b0038294_9145742.jpg
幸せそう!おめでとう!お幸せに!


b0038294_9192647.jpg
ジョニー!素敵よー!

b0038294_9202540.jpg
クイン・パン&ジャン・トン組も美しい!
次はこの二人?と勝手に思ってしまった私(笑)お二人が付き合っているのかどうかは知らないんですが・・・でもお似合いですよね♪

b0038294_9243236.jpg
祝福の一言スピーチ。
真央選手は慣用句になぞらえて「お互い髪が真っ白になるまで、仲よくしてください」という内容のメッセージを述べたとのことです。
そして二人も真央選手の演技前に「私たちは彼女がノービスの頃から知ってるんですよ!」と紹介してくれたそうです。

b0038294_9245279.jpg
ジョアニー、かっこいい!!良い表情です。
彼女もこのオフ精力的にショーに出演していますね。お母様を亡くされているので、元気をなくしてしまったらどうしようと思っていたのですが、こうやって笑顔が見られてうれしい。
今季のグランプリシリーズの出場一覧では名前が見えなかったので、今期は休養するのでしょうか?
いずれにしても心身ともに無理することのないように!また試合での演技を待ってます!

b0038294_934697.jpg
ヤグディンさんは伝説のプログラム「ウィンター」を。
生で一度見てみたいなあ・・・現役時代、「仮面の男」と「ウィンター」は夢中になって見た記憶があります。

b0038294_947105.jpg
プル様、充実の表情です(笑)

b0038294_9363718.jpg
真央選手は今季ショートプログラム「タンゴ」を初披露。衣装は、一昨年のエキシビジョン(EX)でタンゴを演じたときのものです。

b0038294_9373472.jpg
そして今季のEX、「バラード」をしっとりと演じました。

b0038294_9463925.jpg
オープニングにて。

b0038294_1025639.jpg
美しいです!素敵です!

b0038294_949031.jpg
男子記者会見。ゴージャス。

b0038294_9492895.jpg
美しい2ショットです。


ところで、真央選手は最近AeropostaleのTシャツをよく着てますよね。
ここ数年はAbercrombie & Fitch 一辺倒でしたし、今年の四大陸あたりからJuicy Coutureをよく着ていたように思いますが、ここのところはずっとエアロポステールですね。
彼女はアメリカンカジュアルなTシャツなどが好きなようですし、何より「AERO」の文字が気に入ったのかな?(笑)と思ってます。
b0038294_9593554.jpg
Aeropostaleサイトより。真央選手、好きそうですよね(笑)


<関連コラム>
氷上結婚式・Artistry On Ice、大盛況 (動画追加・差し替えあり:9/6) 2010年9月5日
真央選手、中国での様子&写真まとめ  2010年9月4日
申雪・趙宏博ペア結婚式リハーサル:浅田真央選手、今季SPを練習  2010年9月4日
申雪・趙宏博ペアの結婚式が9月4日に開催  2010年8月13日
by toramomo0926 | 2010-09-09 08:11 | フィギュアスケート


<< 流行通信のモンタージュ -浅田... 浅田真央選手の新コーチに佐藤信... >>