浅田舞選手、新たな可能性を開拓 -ラジオパーソナリティに挑戦
b0038294_755976.jpg
浅田舞選手が、今週の月曜日と火曜日にOttavaというネットラジオ(クラシック専門チャンネルらしい)のパーソナリティを務めました。「Ottava Moderato」という番組です。
清水清さんが普段パーソナリティを務めるこの番組で、休みを取られた清水さんのピンチヒッターとして舞選手が登場したもの。
フィギュアスケートで使用されている音楽を中心に3時間半という長丁場を生放送で2日間やり遂げました。お疲れさまでした!

Ottava 
インターネットラジオ局。
舞選手の放送は終了しましたが、今週いっぱいはオンデマンドとして番組をそのまま聞くことができるようです。
上記リンクにアクセスし、「Ottava Moderato」の番組欄右側の「mon.」と「Tue.」で舞選手の番組を聞くことが出来ます。
利用は無料ですが、事前に簡単な登録(性別や都道府県など)が必要になります。また、ポップアップブロックを設定していると画面が出ませんので、このサイトでのブロックを解除してから登録をしてください。





*****
OTTAVA番組情報
浅田舞さんがスペシャルプレゼンターとしてOTTAVAに登場!
フィギュアとクラシック音楽の魅力を語ります!


 平日14時から17時30分までお送りしている番組「OTTAVA moderato」に、10月18日(月)、19日(火)の2日間、フィギュアスケート選手の浅田舞さんがスペシャルプレゼンター(DJ)として登場します。
 バンクーバー五輪銀メダリストの妹、浅田真央さんを温かく支えるお姉さんとしても知られる舞さんは、選手として国内外の大会で好成績を残す一方、モデルや女優も経験、現在はスポーツキャスターとしても活躍しています。 そんな彼女が、ラジオの世界に初挑戦します!
フィギュアの魅力や選曲のこと、姉妹の絆、今シーズンの見所など、舞さんならではの切り口で楽しくトークします。さらに、自身がナレーションを担当し、まもなくリリースされるCDから、浅田真央さんの新ショートプログラム楽曲として注目されているシュニトケの「タンゴ」もオンエアする予定です。

 シーズン開幕直前に、フィギュアスケートの魅力を、使用されるクラシック音楽とともに堪能して頂ける3時間半のスペシャル・プログラム、どうぞお聞き逃し無く!
 (生放送後は1週間オンデマンドでお聴き頂けます)。

2010年10月14日 Ottavaサイトより

*****



舞選手は「緊張して明け方まで眠れなかった」と話していましたが、いつもの舞選手のおっとりとした話し方はむしろ落ち着いて聞こえました。
また声の高さも高すぎず低すぎずちょうどよく(舞選手は真央選手よりも少しだけ声が低いというか深い感じがします)、話すスピードも聞きやすかったですね。
浅田姉妹というと私はちょっと舌ったらずなイメージがあったんですが、それもほとんど気になりませんでした。真央選手もここ2年くらいで、インタビューや会見などでは語尾をのばさないきれいな話し方にきっちり直してきていますよね。舞選手も話し方が大人になったなと思いました。
でも舞選手の話し方はどこか親しみやすさを感じさせるもので、想像したよりずっとよかったです。時々噛んだり読み間違いはありましたが、初のラジオパーソナリティ、しかもいきなり3時間半の長丁場をたった一人で担当し、更にリテイクのきかない生放送という三重苦(笑)の状況で、あれだけ落ち着いて出来たというのはすごいですよ。

b0038294_7563984.jpg


事前に募集したリスナーからの質問や、フィギュアや真央選手や舞選手の思い出などについて沢山話をしてくれましたし、選手が使用した曲が流れると当時の演技の様子が浮かんだりと、フィギュアファンには二度おいしい番組構成になっていました。

私は舞選手の話しぶりを聞いていて、彼女はこういう仕事に向いていると思いましたね。
勿論滑舌や進行、原稿読みなどは訓練する必要はあるでしょうが、彼女の温かい話し方はすごくリラックス効果があると思いましたし、プロのラジオパーソナリティの完成された話し方にはない良さというのがはっきり感じられました。Ottavaさん、ぜひ検討して頂きたいと思います(笑)。
今回舞選手がこの番組にオファーされたのは、真央選手の今季使用曲が発表になった際に、シュニトケのタンゴのリクエストがOttavaにたくさん寄せられたのがきっかけだったそうです。リクエストが沢山来たけれども曲についての情報が少なく、舞選手と真央選手のマネージメント(だと思う)に曲についての質問をしたことで始まったことだと。
現在日本はフィギュア選手の大活躍で、フィギュアからクラシックを知る人が(私を含めて)増えていますよね。「仮面舞踏会」もほとんど無名だったのにクラシックでは異例の売り上げをあげたそうですし、需要は充分あると思います。シーズンの間だけでも、この番組やってもらえないでしょうかね・・・。
でも今回の放送が好評なようでしたら、ひょっとしたらそういう展開もあるかもしれないですね。


番組の様子

音声をアップしてくださった方がいました。温かい雰囲気が伝わります。


舞選手、お疲れさまでした!これからもスケートだけでなく取材する側としても、そしてこのような別方面での活躍も大いに期待しています。
でも、スケートは辞めないで!(笑)

浅田舞選手の特集

2006-2007シーズン後の頃かな?一番本人が苦しんだと思われる時期について語ってくれています。
真央選手の活躍が大きく取り上げられる中でも自分としっかり向き合い乗り越えた彼女は本当に強い素晴らしい女性だと思います。今の真央選手へのサポートも、同じスポーツを志した身としてはなかなか出来るものではないと思います。舞選手の姿や声から醸し出される大きな優しさや癒しのオーラみたいなものは、舞選手の愛情深い人柄からくるものなのでしょうね。

b0038294_16145640.jpg



<参考リンク>
Ottava 


<関連コラム>
浅田姉妹がThe ICEで少女と共演 -24時間TV  2010年8月29日
「姉妹」を越えたソウルメイト-浅田舞・真央  2010年8月2日
舞姐さんカッコイイっす! -OLYMPUS「μ Tough」CM  2010年7月9日
by toramomo0926 | 2010-10-20 07:55 | フィギュアスケート


<< 寂しい・・・でも、お疲れさまで... それぞれの挑戦 -浅田真央選手... >>