NHK杯、男子フリー
b0038294_2116463.jpg
NHK杯が終了しました。
男子フリーでは高橋大輔選手が他選手を引き離し圧倒しての優勝、2位にはきっちりプログラムをまとめあげたジェレミー・アボット選手が、3位にはパワフルにコミカルなプログラムを滑りきったフローラン・アモディオ選手がシニアグランプリシリーズで初の表彰台に立ちました。
皆さん、おめでとうございます!!


2010 NHK Trophy -ISU Grand Prix
順位と得点詳細。
「Result」でそれぞれの種目の総合順位と総合得点が、
「Entries/Result Details」ではショートプログラム(SP)とフリーそれぞれの得点詳細が、
「Judges Score」ではSP/フリーで各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。




*****
高橋、3度目の優勝=羽生4位、無良は6位―NHK杯フィギュア

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、NHK杯最終日は24日、名古屋市の日本ガイシアリーナで行われ、男子はバンクーバー五輪銅メダルの高橋大輔(関大大学院)がショートプログラム(SP)に続いてフリーでも1位となり、合計234.79点で3年ぶり3度目の優勝を果たした。GPシリーズの勝利も2007年のNHK杯以来で通算5勝目となった。
 昨季の世界ジュニア選手権を制した15歳の羽生結弦(宮城・東北高)はフリーで4位となり、SPから一つ上げて207.72で4位。無良崇人(中京大)もSPの9位から6位まで浮上した。ジェレミー・アボット(米国)が2位、フローラン・アモディオ(フランス)が3位に入った。
 高橋は4回転ジャンプを決めたほか、表現力ある動きで魅了。終盤のジャンプで転倒はあったが、フリーでも156.75点を挙げて他選手を引き離した。 

時事通信 10月24日(日)13時55分配信

*****


高橋大輔選手はSPから1位を譲らず完全優勝。点差も2位のアボット選手に20点近い差が付きました。
b0038294_21182384.jpg

ただ、私個人的には今日のフリーは昨日のSPほどの興奮はありませんでした。後半疲れてしまったということはありましたが、ジャパンオープンの時の演技の方が魅せられた感じがしましたね。
なので点差も、2位のアボット選手と「こんなに差がつくんだ・・・」という感じでしたが、細かいエッジワークやスピン等のレベル認定、ジャンプの出来栄えなどの判断は私には計り知れないところもあるので何とも言えません。
ですが最初の4回転トウループ(4T)はシビれましたね!!昨季は完全に跳ぶことはできなかったのに、もうあんなに余裕を持って跳べるようになっている。素晴らしいです。きっと今季のうちに、フィギュア史上初となる4回転フリップ(4F)も成功させてくれるはずです!!頑張ってください!

ただ、高橋選手だけでなくすべての選手において、ステップのレベル認定が厳しい?ように思います。スコアシートを見ると、軒並みレベル1か2くらいですよね。今季からルールが(また)いろいろと変わったようですし「コリオステップ」とか新しい要素も出てきたりしているので何とも言えませんが・・・。厳しいなあ、と思いました。

ただ、やはり貫禄たっぷりで安心して見ていられる演技というのはさすがでした。アイスショーかと思うくらいにのびのびと演技していましたね。そういうところでPCSなどに差がついたのかもしれません。
本当に高橋選手は凄いスケーターになりました。「ガラスの心臓」などと言われていたのが嘘のようです。
b0038294_21263254.jpg

次はスケートアメリカですね。アメリカではこの2つのプログラムは受けそうな気がしますね(笑)盛り上がりそうです。楽しみにしたいと思います。
おめでとうございます!

Daisuke Takahashi 2010 NHK Trophy FS -Invierno Porteno



ジェレミー・アボット選手は温かみのあるプログラムを上品に演じました。堂々の銀メダルです!
b0038294_2129947.jpg
昨季後半は本当に元気がなくて心配しましたが、このオフにかなりきっちりとトレーニングを積んできたようですね。
昨日のSPでは男性的で力強いタンゴ、今日のフリーではネクタイ姿で映画「Life is beautiful」をしっとりと、かつチャーミングに演じました。
今季、男子のプログラムはかなり演劇性やエンターテインメント性が全体的に(といってもまだ1試合しか見てませんが)増えている気がしますね。高橋選手の昨季フリー「道」の影響が多分にあるんじゃないかと思っています。あのプログラムは技術的にもエンターテインメント性もかなり高く、感動的でしたものね。
不安定になってしまっていたジャンプもしっかりと決まるようになり、着氷が危うくなっても踏みとどまれています。
今季は生まれ変わったような彼の姿、上品なスケーティングが思う存分見られそうでとても楽しみです。おめでとうございます!

Jeremy Abbott 2010 NHK Trophy FS -Life Is Beautiful



シニア2年目のフローラン・アモディオ選手はマイケル・ジャクソンの音楽を使ったダンサブルで楽しいプログラムをパワフルに演じ、見事銅メダルです!シニアグランプリシリーズ初の表彰台です。
b0038294_21402884.jpg

本当に、最後まで疲れがほとんど見られませんでしたね。表情も、体の動きの表情も最後までいきいきと、バネのように体を弾ませながらコミカルに、ノリノリで演じてくれました。

b0038294_2142066.jpg
止まっている場面は多かったけど、あれだけ踊ってくれれば文句は言いません(笑)素晴らしいパフォーマンスでした。
ジャンプもとても姿勢も安定して着氷も確実に決めました。これで日本だけでなく海外でTV放映や動画を見た方にファンをたくさん増やしたんじゃないですかね。
アモディオ選手は今季グランプリシリーズはNHK杯のみのようなのですが、もっと彼を見たいですね~残念。でも強烈なインパクトを確実に残したと思います。
お疲れさまでした!


Florent Amodio 2010 NHk Trophy FS -Broken/Apologize,etc.

さすがフランス男、セルフ・プロデュースがうまいですね。しかも彼はブラジル生まれということでラテンの気概も持っていそう。彼は生まれながらのエンターテイナーなのかも!


羽生結弦選手が4Tを決めてシニアのフリーという長丁場を初めて滑り切り、見事4位につけました!
b0038294_21485580.jpg
衣装は彼の憧れのスケーター、ジョニー・ウィアー選手のデザインとのこと。

最初の4Tは本当に美しく決まりましたね!最後の方はさすがに疲れが出てきてしまっていましたし、本人は「「表彰台に乗りたかった」と話していましたが、しっかり滑りきってシニアデビュー戦で4位というのは自信になったに違いありません。
次はロシア杯。インテリジェントな彼のことですから、今大会での課題をしっかり詰めて次の試合に臨んでくるに違いありません。
お疲れさまでした。本当におめでとうごさいます!!

Yuzuru Hanyu 2010 NHK Trophy FS -Zigeunerweisen



無良崇人選手も4Tを決めて、6位入賞です!!
b0038294_2221385.jpg

彼はどんどんステップアップしていってる気がします。日本男子は本当に層が厚いですね~。今季の世界選手権出場は大激戦になりそうです。
今大会、日本男子は全員4回転を成功させました。そして今大会出場していない織田選手や小塚選手も4回転を試合に入れることが出来るポテンシャルを持っています。この充実ぶりはすごい。ちょっと前では考えられないことですよね。
無良選手本人も「(今回の成績は)自信になる」と話していたので、本当にうれしい。彼も怪我を乗り越えてきた選手ですので、まだ若いですし、これから本当に楽しみです!!

Takahito Mura 2010 NHK Trophy FS -Slow Dancing in the Big City



来日を楽しみにしていたアドリアン・シュルタイス選手(ADSL)は10位でした。
b0038294_22421048.jpg

ADSL、結構痩せましたよね?かなり体が絞れています。トレーニングをかなりしてきたんでしょうかね。
今回のフリーは「Romeo and Juliet 」でかなりの正統派。去年のフリーで私たちを恐怖のどん底に突き落とした(笑)のとはえらい違いです。


Adrian Schultheiss 2010 World Championship FS
昨季のフリー。
拘束衣からヒントを得たという衣装、二重人格者を表現したという演技内容。これを五輪シーズンに持ってきた彼に度肝を抜かれ、そして不思議な世界観(笑)に一気にファンになりました。



昨シーズン終了直後は、この五輪シーズンのフリーを今季も持越しで行うという情報が流れたのですが、結局新プログラムを用意してきましたね。ちょっと残念な気もするけれど、こういうのばっかりやってたらさすがにキワモノ扱いになってしまいそうだし(笑)正しい判断だったのかもしれません。
ですが、今季の演技を見てても、正統派の音楽なのになんかちょっとツイストがあるというか(笑)音楽も演技も美しいのに、なんかうっすら狂気みたいなものを感じたのは私だけでしょうか・・・?(笑)

ADSLもグランプリシリーズはこの試合だけのようですね。次に彼を見られるのは欧州選手権くらいかなあ・・・。寂しいですが、次には彼の4回転を見られることを期待しながら待とうと思います。

*ADSLはスケートアメリカにエントリーしています。記事を書く際にリストを見落としていました。大変失礼しました。

ADSL、遠くスウェーデンから来てくれてありがとう!また来てね~!!!

Adrian Schltheiss 2010 NHK Trophy FS -Romeo et Juliet



デニス・テン選手はジャンプの歯車が狂ってしまい、最下位の12位に沈みました。残念です。
b0038294_23122330.jpg

転倒で-3点は痛かったですね・・・。
いつもとても美しい滑りをするのに、なんだかタイミングが狂った流れに飲み込まれてしまって立て直せないまま演技が終わってしまったという感じでした。
スピードは落ちなかったのだけど、そのスピードが制御できてなかったように見えました。
テン君は次の試合は高橋選手と同じスケートアメリカ。今の地元ですし、次に素晴らしい演技ができますように!楽しみにしています。

Denis Ten 2010 NHK Trophy FS -Totentanz


選手のみなさん、本当にお疲れさまでした!

次のグランプリシリーズの試合は約一週間後、10月29日~31日のスケートカナダ。
日本からは織田信成選手、南里康晴選手、今井遥選手、村主章枝選手が出場します。
頑張ってください!

b0038294_23134842.jpg


<参考リンク>
2010 NHK杯フィギュア -NHKオンライン *動画やインタビュー、ルール解説など情報が満載。
2010年NHK杯国際フィギュアスケート競技大会 -日本スケート連盟 大会概要など。


<関連コラム>
NHK杯、女子SP  2010年10月23日
いよいよ明日!NHK杯開幕  2010年10月21日
それぞれの挑戦 -浅田真央選手・高橋大輔選手  2010年10月18日
2010-2011グランプリシリーズの出場選手決定!  2010年6月13日
いろんな意味で「記憶に残る」スケーター -アドリアン・シュルタイス選手  2010年5月12日
by toramomo0926 | 2010-10-24 21:17 | フィギュアスケート


<< 樋口先生、思わず涙&太田由希奈... NHK杯、女子フリー >>