フランス杯、男女SP
b0038294_1185355.jpg
フランス杯男女ショートプログラム(SP)が終了。男子は小塚崇彦選手が落ち着いた演技で首位スタート、今季ブレイク中のフローラン・アモディオ選手が2位。ブライアン・ジュベール選手は5位のスタート。
女子はキーラ・コルピ選手が首位スタート!そして2位には長洲未来選手、そして3位に日本の今井遥選手が入りました!
浅田真央選手はジャンプで2度転倒し、7位スタート。やっぱり練習と試合は違いますね・・・。でも前回よりはずっとよかったと思います。


ISU Grand Prix 2010 Trophee Eric Bompard
順位と得点詳細。
「Result」でそれぞれの種目の総合順位と総合得点が、
「Entries/Result Details」ではショートプログラム(SP)とフリーそれぞれの得点詳細が、
「Judges Score」ではSP/フリーで各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。

*フランス杯は「Trophee Eric Bompard」というフランス名がつけられています。そのため「エリック杯」とも呼ばれ、「TEB」と略されることも多いです。
エリック・ボンパール社というカシミアのアパレル会社が長年スポンサーを務めているため、このような名前となっています。




*****

<フィギュア>小塚SP首位、ファイナル進出へ好発進 フランス杯男子

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、フランス杯は第1日の26日、パリで男子のショートプログラム(SP)があり、中国杯優勝の小塚崇彦(トヨタ自動車)が77.64点をマークし首位に立った。小塚は27日のフリーと合わせ3位以内に入れば、自力でGP上位6人によるファイナル(12月10、11日・北京)進出が決まる。

 同日の女子SPでは、バンクーバー五輪銀メダルの浅田真央(中京大)は50.10点で7位と出遅れた。今井遥(東京・日本橋女学館高)が58.38点で3位。村主章枝(陽進堂)は50.76点で5位。首位はコルピ(フィンランド)で61.39点。浅田は開幕戦のNHK杯で8位と不調で、ファイナル進出が極めて厳しくなっている。今季シニア転向の今井はスケートカナダで5位に入り、フランス杯で優勝すればファイナル進出の可能性がある。

2010年11月27日 毎日新聞

*****


小塚崇彦選手が中国杯に続き、SP首位です!
b0038294_1194870.jpg
今季は本当に安心して見ていられる感じがしますね。演技も細かなミスはあっても、精神的にどっしりと落ち着いている感じがひしひしと伝わってきます。
良い練習が出来ていて心身ともに充実しているのでしょうね。なんだか自信に溢れて見えます。
b0038294_11184173.jpg
この姿勢すごいですね。ものすごく小さくなっています。でも回転軸のぶれないスピンをするのはさすがです。
男子も柔軟性が重要になってきていますね。
b0038294_11195672.jpg
このスプリットは凄かった!前回よりも更に足がきれいに開き、高さもあってすごくよかった。
彼も見るたびに進化していますね~。

五輪という経験は、彼をひとまわりもふたまわりも大きくしたように思います。男性として逞しくなったような。次のエースはオレ(小塚選手は『僕』でしょうか)だ!という気概を感じます。
彼の滑りが今季世界中に浸透している手ごたえが、動画で見ているだけでも伝わってきます。本当に素晴らしい!フリーも頑張ってください!!!


Takahiko Kozuka 2010 TEB SP -Soul Medley

このSP、なんか音楽がスリリングでいいですね。ステップでちょっとよろけたようにも見えたけど、きちんとまとめあげました。スピードも落ちませんでしたね。ステップの前のどや顔が映ってなかったのが残念(笑)
それにしても、彼のPCSには8点台がありませんね。何故?7点台で全て揃えたのは彼だけでしたが、8点が一つもないのかー。本当に採点の基準がわかりません・・・。


2位にフローラン・アモディオ選手!今季絶好調ですね。
b0038294_11215049.jpg

地元ということで声援も多かったし、リラックスしていたみたいですね。ジャンプは全てすごく美しく決まり、ステップでちょっとバランス崩した?ような個所もあったにせよ(あれは振り付けなのかしら?)素晴らしい出来だったと思います。
SPはこのようにハードな感じで、フリーはマイケルで楽しく、というメリハリのあるプログラムの組み合わせもいいですね。
彼は男前なので、こういうハードな全身レザーのつなぎ、みたいな服もうまく着こなしますね。


Florent Amodio 2010 TEB SP -Once Upon a Time in Mexico

タイトルの通り西部劇チックな曲でもあるので、いっそマカロニ・ウェスタン的な衣装でもいいかも?きっと彼ならカッコよく決まると思います。

b0038294_11363273.jpg
              こんな感じでどう?(笑)


3位にブランドン・ムロズ選手!
b0038294_11382451.jpg

彼は派手さはないかもしれないけど、じわじわとトップグループの常連になりつつありますね。アメリカは男子も女子も層が厚い。

バレエっぽい感じなのに、なんか笑ってしまう冒頭が気に入っています(笑)コンビネーションを気合でこらえたのに、3Aが惜しかったですね・・・着氷していたのに、フリーレッグの刃がひっかかってしまいました。これは減点されてしまっているんでしょうかね・・・。
今季ドーナツスピンを取り入れる選手が多いですが、今季から高得点が狙えるんですかね?
でも羽生君とかアボット選手とか若手はスムーズにできているけど、完全に大人体型になってしまうと、男性はかなりきついですよね。ADSLもそうだったけど、かなり無理矢理やってる選手が多い。
男性は背筋とか背骨とか痛めそうで心配です。気を付けて欲しい。

Brandon Mroz 2010 TEB SP -The Barbiere of Sevilla

滑りが滑らかでいいですね。上背がありそうなのでキレのある演技をするかと思いきや、身のこなしは優雅で優しい。ステップがすごくよかったです。このまま表彰台に向けて頑張って!


ブライアン・ジュベール選手は5位。
b0038294_1345267.jpg

4回転とアクセルの失敗が痛かった・・・。ハマればすごくゾクゾクするプログラムなので、地元でクリーンにできなかったのは残念でしたね。でも地元のみなさんの温かい手拍子がありました。
このプログラムは彼にすごくよく合っていると思います。彼にはしなるようなねちっこい動きより、こういうキビキビした動きのプログラムの方が体にも合っているし、彼らしくもあります。
今季のSPはここ数年で一番好きですね。是非きっちり決まったところをまた見たいです。頑張ってください!


Brian Joubert 2010 TEB SP -Once Upon A Time in Mexico

アモディオ選手と同じ曲を使っているということに、今気付きました(笑)
選手によって、またその演技によってずいぶん変わりますね~。
4回転の素晴らしさを教えてくれた選手の一人です。是非フリーでは成功させて欲しいですね。


ケヴィン・レイノルズ選手は7位でした。
b0038294_1256364.jpg
冒頭は4-3でしたよね?私、細かい見極めに関しては自分の目をあまり信用していないんですけど・・・(笑)
でも両足着氷っぽかったかな?
一度転んでしまったのは残念でした。前回よりもちょっと元気がなかったかな?ちょっとスピードが足りないように見えました。
音楽も面白いものだし、若いんだからもっと思い切りハジける感じの演技を見たい気がしますね。


Kevin Reynolds 2010 TEB SP -Moanin'



女子はキーラ・コルピ選手がNHK杯に続いて素晴らしい演技でSPトップです!
b0038294_1304169.jpg

彼女は今季、すごく落ち着いていますね。去年までのような危なげな感じがなくなり、すごく余裕を感じます。
3-3も入りましたね!ひとつジャンプがオーバーターンになってしまいましたが、その後も動揺せずにきちんと演じ切りました。
そして、彼女は自分に何が似合うのかよく分かってますね~。青でもすごく氷や彼女の美しい金髪に映える色合いで、曲は「オズの魔法使い」だけど、ディズニーのシンデレラを連想させます。
b0038294_13111061.jpg
               こんな感じ。


今季はラウラ・レピスト選手が怪我で試合に出られていませんし、来季の世界選手権の枠取りは彼女が非常に重要なカギとなりますが、このまま順調に試合を重ねていけるといいですね。フリーも是非この調子で、頑張ってほしい!


Kiira Korpi 2010 TEB SP -Over The Rainbow



2位に長洲未来選手!
b0038294_13155256.jpg


すごく良い演技でしたよね!
全体的にクリーンに見えたんですが、1回ジャンプをオーバーターンしたコルピ選手と3点差の2位。
回転不足を取られてしまったのか、これが3-3と3-2の差なのでしょうか。得点詳細が出てないので分かりませんが、いずれにしてもフリー次第で優勝が決まりそうですね。

ただ、ここのところミライちゃんにとってフリーが鬼門になっているので、ここでばっちり決めて欲しいですね。
でも怪我の状態がどうなのかもちょっと心配。SPくらいなら大丈夫でも、フリーの長丁場を滑り切るには怪我をしているとかなり辛いので。
怪我をしている時は、私は目先の勝利よりも長く競技を続けられるようにしっかり治すことのほうが大事だと思っています。ファイナルよりもナショナル(アメリカの国内選手権)に照準を当ててもいいかなと。どこの国でもそうですが、国内選手権で良い成績を出す方がグランプリシリーズよりも大事ですし、ナショナルで勝ちあがれないと世界選手権にも出られませんから。
怪我の状況と相談しつつ、今できるベストを尽くしてほしいと思います。頑張って!
b0038294_1325288.jpg
ミライちゃんの笑顔は本当にいいですね。なんかこっちまで笑顔になります。


Mirai Nagasu 2010 TEB SP -Witches of Eastwick/Un Sospiro



3位に今井遥選手!
b0038294_13455597.jpg

今大会で是非表彰台を狙いたいところだと思いますが、良いスタートですね。
3ループ-3トウループというジャンプ構成も意欲を感じます。
彼女の滑りはこの年齢にしては女性らしい気もするし、この年齢らしい可憐さがある気もします。20歳前後になったらとてもエレガントな女性スケーターになりそうですね。
彼女の指先まできちんと神経のいきわたった体の動きはすごく好きです。フリーも頑張って!!


Haruka Imai 2010 TEB SP -

長久保コーチ、真剣です(笑)
なんか女子の分だけ、リアルタイムコーチウォッチングができるようになっていますね・・・(笑)
安藤美姫選手が出てたらモロゾフウォッチングが出来て楽しかったんだろうけど、普通コーチって演技中は良くも悪くもあまり表情が動きませんからね・・・。


4位にアリッサ・シズニー選手。
b0038294_1358217.jpg
うーん、元気がないですね。ジャンプ失敗してしまうと、やっぱり選手も動揺するし疲れるし、スピードも落ちてしまいますね・・・。
彼女は今季あと一歩というところで足踏みしているように見えます。アメリカも若手がすごく台頭していてなかなか大変だと思いますが、滑りはすごくきれいに、伸びるようになっていると思いますし(佐藤有香さん効果ですかね)、もうちょっと成績を伸ばせる選手だと思います。頑張れー!!


Alissa Czisney 2010 TEB SP -Romance from Violin Concerto

彼女も、毎回素敵な衣装で私たちを楽しませてくれる選手です。色の使い方、デザイン、全て美しいですね。フリーの薄いブルーの衣装も大好きです。


村主章枝選手は5位。
b0038294_14135344.jpg

ここ数年の彼女の演技の中で、一番良かったような気がしました。ジャンプに高さがありましたし、安定していましたね。
静かな曲をしっとりと、落ち着いて演じていました。
国内外の若い選手が台頭する中競技を続けるのは相当の覚悟がいることだと思います。ここで結果を出して若い選手に「村主ここにあり」を示せるといいですね。フリーも頑張ってください!


Fumie Suguri 2010 TEB SP -Adagio



浅田真央選手はジャンプ2つにミスがあり、7位です。
b0038294_14174592.jpg


*****

 ■浅田真央の話「なかなかうまくいかない。練習では全然悪くなかった。あとわずかという感じ。試合に持っていくときの気持ちの部分だと思う」

 ■佐藤信夫コーチの話「(浅田は)練習では良くなっているが、本番になると思うようにいかない。余計なことは考えないで、徹底的に滑り込むしかない」(共同)

*****


b0038294_1432714.jpg

ウェブTVとかは見なかったので、朝目が開いた瞬間に隣に置いておいた携帯を掴んで確認しました(笑)7位かあ・・・。ジャンプ駄目だったんだな、うーん残念、とは思いましたが、でも「まあ、やっぱりそうなるよなあ」と思ったのも事実でした。
というか、まあこれが普通ですよ。SPで2度転んでいるんですから。(しつこいようですが)パトリック・チャン選手がジャンプで2回、ステップで1回転んでも上位っていうのは、いくら滑りが良いとされている選手でも不自然です。今回がむしろ普通ですよね。

今大会については、1ヶ月真央選手の姿を全く見ることが出来ずどうなっているかと思っていたのですが、数日前の練習の様子が自分が予想していたよりずっと良く、ちょっと期待したところもありました。ですが、たいていそういう時ってうまく行かないものですよね(笑)
真央選手は見ていると「ホップ・ステップ・ジャンプ」型というか、大体2戦くらいはよくないことが多いですよね。しかも今季はジャンプを変えているので、なおさらです。
試合を休んで調整すれば、という声もまた出てきていますが、真央選手は試合を重ねてよくなっていく選手なので、試合を休むというのは絶対にやってはいけないことだと思います。
そして、NHK杯よりもずっと(今季の真央選手比で)よくなっています。
b0038294_14342317.jpg
真央選手を指導することが決まって信夫コーチがまっさきに挙げた滑りの部分が本当に美しくなっていましたし、NHK杯よりもスピードも出ていたように思います。
そして彼女の申請した演技要素は

3A
3Lo-3Lo
3F

だったという話です。このある意味鬼構成を滑れているという事なのですから(無理そうなら信夫コーチが許さないと思います)。
信夫先生の言う通り、あとは何も考えずに滑り込み、試合を重ねていくだけです。とはいえ次の試合は全日本になるわけで、ここで良い演技が出来なければ東京で行われる世界選手権への出場はできなくなりますが、彼女のゴールは東京ではなくソチですから、もしそのような事態になっても仕方ない、とファンも腹をくくるしかないと思います。
真央選手はとっくに長丁場になる覚悟も、成績が出なければ叩かれる覚悟もできていると思います。私たちは今季の世界選手権が自国開催ということでこだわってしまうけれども、真央選手のことを考えたら(出られれば勿論それに越したことはありませんが)どんな結果になろうとも真のゴールはどこかということを第一に考えて、応援していくべきでしょうね。
b0038294_14452462.jpg

でも試合前に練習の様子をしっかり見られたことと、「真央らしく」のインタビュー記事を読むことが出来ていたので、私は今回の結果にも動揺はありません。周りが何を言っても、彼女があのようにしっかりとクリアに目標を見ることが出来ている限りは、私自身も腹を決め、腰を据えて応援できると思います。
とはいえ、フリーでは更に良い演技をして、トップ5に入れるといいな、とは思っていますが・・・。
今季ファイナルは私は全く出る必要はないと思っているので、大事なのは全日本です。全日本までには更にもう一か月あります。良い間隔だと思うので、また信夫コーチとしっかり練習を積んでほしいですね。怪我には気を付けて!
b0038294_14454745.jpg
それにしても、五輪銀メダル、そして今季の世界女王タイトルホルダーの彼女は、本当にどえらい決断をしましたね。
でも彼女にとってはきっと自然なこと、絶対に必要なことだったんでしょう。私には何もできませんが、彼女の取り組みを否定したりすることなく、応援していきたいと思っています。
昨季までのような劇的なものでなくても、彼女の演技は回を重ねるごとに確実に向上しているのですから。

とはいえスピンやちょっとした所作、ポジションの美しさはやはり別格と言っていいものでした。
ステップでは最後の見せ場の持ち替えツイズルが短縮されてしまったのが残念でした。ジャンプミスで演技が遅れていたので、仕方ないんですが。今回はタイムデダクション取られてないといいけど。

精神的には悔しいし辛いと思いますが、本当に今が踏ん張りどきです。
頑張れ!


Mao Asada 2010 TEB SP -Tango

とはいえ、演技中の信夫先生を見るのは辛い・・・。胃薬持って行ってあげたいです(笑)


フリーは今夜、というか深夜。
また朝起きたときには結果が出ているでしょう。
小塚選手は2連勝できるといいですね!遥ちゃんも村主さんも、そして真央選手も頑張れ!!!!
そしてすべての選手が怪我なく、精いっぱいの演技ができますように!!!
b0038294_14491789.jpg

あ、言い忘れました。
女子の点数、ひっくううううう(怒)
PCSとか、どうしちゃったんでしょうか。なんか本当に選手がかわいそう。去年まであんなにインフレしてたのに今季こんなんでは・・・。
採点基準が変わったといっても結局数字を見たときの印象ってあまり変わらないので、昨季70点とか行っていた選手達が60点台って、相当テンション下がると思います。


<参考リンク>
Disney.jp  ディズニーの日本公式サイト。シンデレラの壁紙はこちらでDL可能です。


<関連コラム>
浅田真央選手、公式練習に臨む -フランス杯  2010年11月26日 
浅田真央選手フランスでの練習動画  2010年11月25日
冷静に、足元と前だけを見て進む -「真央らしく」浅田真央選手  2010年11月24日
「自由」を求めて -浅田舞選手・真央選手対談  2010年11月23日
「先入観」への危惧 -パトリック・チャン選手優勝:スケートカナダ・男子シングル  2010年10月31日
by toramomo0926 | 2010-11-27 11:08 | フィギュアスケート


<< 山田満知子コーチの功罪:タラレ... 浅田真央選手、公式練習に臨む ... >>