小塚崇彦選手、自己ベスト更新で優勝!-フランス杯・男子フリー
b0038294_740016.jpg

フランス杯男女フリーが終了。
男子は小塚崇彦選手シーズンベストを大幅に更新する170.43、総合得点248.07で2位に約20点差を付けた完全優勝を飾り、見事最高の形でグランプリファイナル出場を決めました!
2位にフローラン・アモディオ選手が入り、ファイナル初出場を決めました!そして3位にブランドン・ムロズ選手。男子はSPから全く動きませんでしたね。
女子はキーラ・コルピ選手がSPトップを守り優勝、2位は長洲未来選手、でもフリーでは1位となりました。3位にはアリッサ・シズニー選手が飛び込み、ファイナル出場決定です。おめでとうございます!!

ISU Grand Prix 2010 Trophee Eric Bompard
順位と得点詳細。
「Result」でそれぞれの種目の総合順位と総合得点が、
「Entries/Result Details」ではショートプログラム(SP)とフリーそれぞれの得点詳細が、
「Judges Score」ではSP/フリーで各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。




*****
小塚、高得点V!GPファイナル進出決めた!

フィギュアスケートGPシリーズ第6戦フランス杯最終日は27日、フランス・パリで行われ、男子フリーでSP首位の小塚崇彦(21=トヨタ自動車)は170・43点を出し、合計248・07点の高得点で優勝。中国杯に続く好成績でGPファイナル(来月9~12日、北京)進出を決めた。

 男子フリーのラストに登場した小塚が、堂々とファイナル進出を決めた。中国杯でGPシリーズ通算2勝目を挙げた自信で、4回転を含むすべてのジャンプを成功させた。「ピアノ協奏曲第1番」で観衆を魅了し、本来のスケーティングの質の高さを存分にアピールした。

 前日のSPでは課題の表現力を磨いた成果がスコアに表れた。トリプルアクセルの着氷が乱れ技術点は3番目も、演技構成点の5項目はすべて7点台。佐藤コーチは「持っているものを出せるようになってきた」と愛弟子の成長を認めた。

 バンクーバー五輪で8位入賞を果たし、今季は4回転の精度もアップするなど進境著しい21歳。高橋、織田らと壮絶な争いが続く来年3月の世界選手権切符。ファイナルで大舞台一番乗りを目指す準備が整った。

11月28日 スポニチアネックス

*****


小塚選手は本当に素晴らしかったです!完璧な演技で堂々の優勝!!おめでとうございます!!
b0038294_90020.jpg
今季グランプリシリーズ2戦をSP、フリー全て1位で優勝というのは、高橋選手も織田選手もできなかったことです。素晴らしいですね。
4回転も(本当にギリッギリに見えたけど(笑)両足着氷でGOEで引かれはしたもののしっかり認定をかちとり、他のすべてのジャンプでも回転不足を取られませんでした。スピンも全てレベル4を取り、見込んだ点数は全てとれたと言っていいんじゃないでしょうか。
技術点と演技構成点、どちらも80点を超える高得点でした。しかも技術点は90点に迫る89点台!
今季の安定した戦いぶりで、やっとジャッジも小塚選手の演技を認めてくれたかな、という気持ちです。

b0038294_951144.jpg
得点が出た瞬間。めっちゃ驚いてます(笑)

彼はすごく体を絞ってきてますね。ほほも削げて体もスリムで、すごく練習を積んできたんだなという感じ。今季の彼からは昨季までよりもずっと安定感と落ち着きを感じます。体もよく動いていましたし、本当に素晴らしかった!
b0038294_994499.jpg
これはファイナル優勝も狙えます。2008年に銀メダルは取っているけど、是非是非金メダルを目指して頑張ってほしい!
今までは日本の3番手、という感じだったけど、ひょっとしたら下剋上できるかもしれません。
このまま怪我に気を付けて体調を維持し、是非ファイナルで活躍してください。応援しています!!

b0038294_9111883.jpg
キス&クライでお辞儀する日本人3人(笑)
なんかみんなでお辞儀しているのが微笑ましかったです。右の方は連盟の方ですかね。


Takahiko Kozuka 2010 TEB FS -Piano Concerto No. 1


b0038294_1555570.jpg
小塚選手の優勝が決まった直後、キス&クライまでアモディオ選手が祝福に来ていました。素晴らしいスポーツマンシップですね。


2位には地元の新星、フローラン・アモディオ選手!
b0038294_9314534.jpg
地元の温かい声援を受けて、のびのびと演技していましたね。彼のジャンプは本当に美しい!
そして今回も、マイケル・ジャクソン・メドレーは喝采を浴びました。
でも、せっかくの見せ場のステップで足をワタワタさせるところに、呪文を送り続けるモロゾフコーチの映像が・・・(笑)
b0038294_9341166.jpg
なんか今回カメラマンのテーマは「コーチ」だったみたいですね(笑)

演技終了後はスタンディングオベーションでした。
得点が出たときは大喜び!自宅のリビングか!ってくらい(笑)若いっていいなあ~。
b0038294_936117.jpg
これで彼もファイナル決定ですよね。おめでとうございます!
中国の観客にフランス男のエンターテインメントを存分にアピールしてきてください!(でもあまり腰を振ったら注意されるかしら・・・(笑)


Florent Amodio 2010 TEB FS -Michael Jackson Medley



3位はブランドン・ムロズ選手!
b0038294_102084.jpg

私は彼の静謐ともいえる優雅な滑りが割と好きなのですが、PCS(演技構成点)低いですね・・・6点台ばかり。
ジャッジは何を求めて点を付けているのかなあ。スピード?切れ味?
でも選手にはそれぞれ個性というものがある。誰もかれもが高橋大輔選手みたいな演技力たっぷりのプログラムが出来る訳でもないし、向いているわけでもない。十人十色の選手の演技を数値化しなければならない状況で、それぞれの選手の個性をすくい上げるのが「演技構成点」という制度だと私は思っているのですが、すごく評価に偏りがあるような気がするんですよね・・・。
ジャッジも人間ですから好みの演技スタイルというのはあるかもしれませんが、派手にわかりやすくやるのが必ずしもいいわけでもないし。それなら評価は素人でもできる。専門的な目で、マニアックなところも評価してあげてこそ「ジャッジ」としての権威が生まれると思うんですけどね。

ムロズ選手はあと少しというところでファイナルを逃しましたが、それでも着実に安定した成績を残しています。このままいければ、今後更に評価は上がるでしょう。頑張ってください!


Brandon Mroz 2010 TEB FS -On the Waterfront



あと、ブライアン・ジュベール選手がフリーを棄権していました。胃腸炎とのこと。心配です。
SPも体調が悪かったんですね。ファイナル出場はないと思って体調を回復させる決断をしての棄権なのかもしれません。
胃が痛いのは辛いです。早く良くなりますように。


これで、グランプリシリーズ6戦全て終了しました。
台湾で行われるグランプリファイナルに進めるのは、

高橋大輔選手
小塚崇彦選手
織田信成選手
パトリック・チャン選手
トマシュ・ヴェルネル選手
フローラン・アモディオ選手

となりました。
おめでとうございます!そしてファイナルも頑張ってください!


選手のみなさま、お疲れさまでした。

女子は別の記事にアップします。

b0038294_10235038.jpg

フランス杯のトロフィーは、アートですね。さすがおフランス。
でも、これって飛行機で持ち帰るのはちょっと大変そう・・・梱包が(笑)。



<関連コラム>
フランス杯、男女SP  2010年11月27日
by toramomo0926 | 2010-11-28 08:22 | フィギュアスケート


<< キーラ・コルピ選手GPS初優勝... 山田満知子コーチの功罪:タラレ... >>