動画のご紹介:浅田真央と佐藤信夫コーチの20年
b0038294_9454289.jpg
素敵な動画を見つけたのでご紹介します。真央選手と佐藤信夫コーチの歩いてきた20年を並行して紹介したものです。最後シンクロするところでなんかジーンとしますね。




b0038294_9481932.jpg
1994年、幕張で行われた世界選手権で愛娘の佐藤有香さんが優勝したときのもの。黒髪の信夫コーチが新鮮(笑)
この時も見ていた筈なんですが、信夫コーチが黒髪という記憶が全くありません。なんか信夫コーチは最初から白髪だったような気すらします(笑)。そんな訳ないんですけどね。でも信夫コーチは黒髪でも白髪でも品のある佇まいですね。


それにしても、今更ながら信夫コーチなくしては今の日本フィギュアはないですね。これは見ていてつくづく思いました。

b0038294_951575.jpg
2003年全日本選手権の表彰台。この時安藤美姫選手が初めて全日本で優勝。
とはいえ、この3人は全員信夫コーチに師事した経験のある方々です。すごいですね。


b0038294_1041199.jpg
中野友加里選手も世界トップスケーターの一人に押し上げました。

b0038294_10173223.jpg
小塚選手は小学生の頃からずっと師事し、基本に忠実なスケーティングを徹底的に叩き込まれました。それが現在の彼の世界的な評価として開花しつつあります。


真央選手は門奈裕子コーチに師事した時代もありましたが、基本的にはノービス・ジュニアともに山田満知子コーチに師事。
b0038294_109990.jpg
2004-2005シーズンには全日本ジュニア、ジュニアグランプリファイナル、世界ジュニアを全て制する完全優勝をおさめ、トリノ五輪シーズンである2005-2006シーズンからシニア参戦。

b0038294_10101025.jpg
シニアのグランプリシリーズでは中国杯2位、そしてフランス杯ではのちのトリノ五輪金メダリストの荒川静香さんと銀メダリストのサーシャ・コーエン選手を抑えて優勝してしまいました。そしてグランプリファイナルで15歳の最年少、初出場でイリーナ・スルツカヤ選手を抑えて初優勝。シニアデビューでここまで破壊力のあった選手もいないでしょうね。しかもオリンピックシーズンで全ての選手のポテンシャルがピークの時期ですから。


2006-2007シーズンからはリンク事情の悪化など諸々の理由で渡米、ラファエル・アルトゥニアンコーチに師事。
b0038294_1015611.jpg
2008年には17歳で世界女王となります。


ラファエルとの師弟関係を解消後、タチアナ・タラソワに師事。
b0038294_10161646.jpg
タラソワの指導で、バレエをベースにした表現力や芸術性が格段に伸び、大人の女性らしく洗練された演技を身につけました。
b0038294_10272158.jpg

b0038294_1026388.jpg
b0038294_10292152.jpg


2010年のバンクーバー五輪銀メダルを獲得、再び世界女王にもなりました。
b0038294_10243572.jpg

b0038294_10251923.jpg


そして2010-2011から、二人のタッグが始まることになります。
b0038294_10303675.jpg



今は本人も練習でできていることが試合でできなかったり、マスコミにあれこれ言われて辛いこともある時期でしょうが、樋口豊さんや太田由希奈さんをはじめ、他のスケーターの方々(海外含む)にも、彼女の取り組みは知られてきているようです。
トレイシー・ウィルソンもフランス杯の解説で、真央選手の取り組み、現状、信夫コーチのコメントなど、かなり正確な情報を話してくれていました(内容は、ほぼ先日の『真央らしく』に沿ったものだったので、誰かに英訳してもらったのかもしれません)。


私も真央選手と信夫コーチの取り組みや方針は正しいと信じていますし、世界選手権出場は全日本優勝か、もしくは表彰台+余程去年までの実績を汲んでもらわないと厳しいのでその点はちょっとハラハラですが、まあ今季はそういう年だとも思っているので、それほど心配はしていません。
真央選手が焦って怪我などをすることなく、4年後笑うことを最優先にする方針をブレさせずに着実に技術を身につけていってもらいたいと思っています。

頑張れ、真央選手!
そして信夫コーチも健康に気を付けて、真央選手や小塚選手をよろしくお願いします。

浅田真央と佐藤信夫コーチの20年



***おまけ***
b0038294_10393537.jpg
昨日発売のAERAの表紙を小塚選手が初めて飾っています。
なんというか、えらくドレスアップさせられてますね・・・いつものシンプルなスタイリングの小塚選手っぽくない感じ(笑)
それなのに今号は特集として浅田選手の「スランプ」を取り上げてるのがナンですが・・・。
真央選手が「スランプ」だと喧伝したいならそれでもいいですが、せめて表紙にしたんなら、同時に「小塚大躍進」も同じくらい大きく報じてあげて欲しいです。せっかくあんなに頑張ったんだから。試合も表紙も(笑)。

記事によれば真央選手は「五輪後の燃え尽き症候群」らしく、ジャンプ修正中ということは真央選手の言葉で少し触れられていますが、記事的にはほぼスルー。
どうしても「スランプ」「跳べない」「不調」ということにしたいようです。
5日のサンデーモーニングで「真央、跳べない」というフリップが紹介されたあと、サッカー解説者の中西哲士さんが「今ジャンプを直していて、一回全部バラしてまた組みなおしているからしかたない」とフォローを入れてくれていましたが、相変わらず司会者は「どうしたんでしょうねえ~」と話してました。それを調べて報じるのがスポーツニュースでしょうに、仕事をしたのは中西さんだけでした。
不思議でたまらないのですが、ジャンプ矯正中で一時的にフォームが固まらない状態は「スランプ」なんですかね?
中西さんが補足説明したあとは、張本さんが思うところがあったのか一切口を出さなかったのが唯一の救いでした。


まあ、言えるのも今のうちだけですし、言いたい人には言わせておけばいいですよ。
これで真央選手のジャンプが入ってきたら、なんというかが見ものです(たぶん何も言わないでしょうけど、自分としては彼らに『どや顔』をしてやりたい気分になるでしょうね(笑)。そしてそれは一番早ければ、全日本かもしれませんし。
でもまあ、あまり私たちは「早く早く」と急かすことなく、とにかく正確な技術を無理なく身につけてほしい、私の願いはそれだけです。


<関連コラム>
ステキな写真が多いので : グランプリシリーズフランス杯  2010年12月5日
舞選手が真央選手にインタビュー -読売新聞  2010年12月4日
「スケートはミックスジュースのようなもの」-佐藤信夫コーチインタビュー  2010年11月30日
山田満知子コーチの功罪:タラレバを承知で  2010年月27日
冷静に、足元と前だけを見て進む -「真央らしく」浅田真央選手  2010年11月24日
「自由」を求めて -浅田舞選手・真央選手対談  2010年11月23日
NHK杯EX、写真やインタビューなど  2010年10月26日
樋口先生、思わず涙&太田由希奈さんの温かさ -豊の部屋・真央選手出演  2010年10月25日
日経新聞の記事-「浅田真央、名伯楽・佐藤コーチと歩む新たな道 」  2010年10月1日
浅田真央選手、佐藤信夫コーチとの練習を公開&お祝い  2010年9月26日
浅田真央選手の新コーチに佐藤信夫氏が決定!  2010年9月7日
足元を見つめる力 -浅田真央選手インタビュー  2010年8月21日
タラソワの深い愛情を見た-浅田真央 奇跡の軌跡  2010年1月26日
祝・佐藤信夫コーチ、世界殿堂入り!   2010年2月12日
<おもしろ動画>フィギュアスケーターでホットペッパー  2010年1月20日
by toramomo0926 | 2010-12-07 09:50 | フィギュアスケート


<< アーミン君、新作アップ -浅田... ステキな写真が多いので : グ... >>