小塚嗣彦コーチ、真央選手を評す
b0038294_1426456.jpg
今村忠氏の「甘口辛口」というコラム(サンケイスポーツ)で、小塚崇彦選手のお父様である小塚嗣彦コーチが真央選手を評している記事を読みました。



*****

甘口辛口 12月13日

浅田真央の出ないフィギュアGPファイナルは、やはりぽっかりと穴のあいたような物足りなさを感じた。代わって16歳の村上佳菜子がすばらしいジャンプ力で3位になり、新しい力の台頭は見せてくれた。世の中は絶えず新しいヒーロー、ヒロインを求める。そんなニーズに応えた銅メダルだった。 

 村上だけではなく、4位の鈴木明子、5位の安藤美姫もフリーはほぼノーミスの演技を見せた。女子の層の厚さには、浅田の影が薄くなってしまうほどだ。このままでは、来年3月末に東京で開かれる世界選手権代表の3人の枠に、浅田が割って入れるかどうか微妙な情勢ではある。 

 日本スケート連盟の橋本聖子会長は「誰もが納得する形で」と浅田を特別扱いせず、24日からの全日本選手権で3位以内を代表への条件としている。それはそれですっきりしていて好ましい。どのスポーツでも五輪や世界選手権で選考に情実が絡むとろくなことはない。白か黒かの一発勝負、それがスポーツでもある。あいまい決着は政治の世界だけで十分だ。 

 佐藤信夫コーチがGPファイナルで遠征中、浅田の臨時コーチを務めた小塚嗣彦氏はいう。
「不調、不調と周りがいうだけで本人は精神的にも何も変わらない。一段上を見て、より質のいいジャンプにしようと練習している。その勇気にはむしろ頭が下がる。総合的にも3人より一枚も二枚も上。全日本は心配ない」
 昨季も「不調」といわれながら、全日本で4連覇を達成し五輪代表を勝ち取った。浅田の土壇場での精神力の強さに期待したいが、たとえ黒と出てもまだ先は長い。5年近く背負ってきた重い重い荷物をおろし、ひと休みにすればいい。(今村忠)

2010年12月13日 サンケイスポーツ

*****

b0038294_14193047.jpg
左が小塚嗣彦コーチ、右が佐藤信夫コーチ。


「真央なしでも大丈夫」などという失礼な見出しばかりを見てきた私の眼には、この記事は本当に暖かくて嬉しかったです(涙)そして小塚コーチのこの言葉も、本当にうれしかった。

グランプリファイナルに出場する小塚崇彦選手に帯同するため、佐藤信夫コーチが日本を離れる間、小塚嗣彦コーチが真央選手を見ていたという話は聞いていましたが、小塚コーチが今の真央選手をどういう風に見ているのかなというのは興味がありました。
小塚コーチは、五輪の時は真央選手のジャンプについてちょっと厳しいことを言ってたんですよね。たぶん彼のような専門家にはわかる狂いというか、一人でやってた歪みみたいなものがはっきりわかったのだと思います。真央選手にも勿論わかっていた。だからこそ真央選手は「ジャンプが全然しっくりきていない」と五輪後すぐに直そうと思ったんでしょうし。

でも小塚コーチは、まさか真央選手がここまで本気で、ここまで抜本的にジャンプを学びなおす姿勢を見せてくるとは思ってなかったのではないでしょうか。考えれば考えるほど、トップスケーターしかも世界女王になった人がやるようなことじゃないですし。

世界チャンピオンなのに、真央選手は今季の成績は8位と5位。
でも本気できちんと直そうと思ったら一旦体に染みついたフォームをバラバラにして、新しいジャンプを体に覚えさせる必要がある。その過程で、新しい跳び方のフォームが固まるまでには時間がかかります。昔のフォームと新しいフォームの狭間で、不安定になる時期は必ずあるし、なければ本当には直らない。
それまでの期間、こういう結果(もしかしたらもっとひどい成績になるかもしれなかった)の時期は当然出て来るし、それがいつまで続くのかもわからない。マスコミは「不調」「スランプ」とバッシングすることはわかりきっています。
それを全て承知の上で、それでも基本に忠実なジャンプを身に付けようと今までの地位や名誉も顧みずにコーチにまっすぐ教えを乞うて、実際その通りに作り直している。
そして真央選手自身「1日も無駄にはしていない」と話す通り、その練習内容も中身が濃く、何度失敗しても食らいついていくような充実したものなのでしょう。そういうところが小塚コーチの心を動かしたというか「勇気がある」と「頭が下がる」気持ちになったんじゃないかと思います。

五輪銀メダル、2度の世界女王になって、それを全てゼロにして積み上げなおすというのはトップスケーターとしてのプライドを捨てなければできませんし、本当に勇気のいることです。
小塚選手も「浅田選手が転んでも転んでも黙々と練習するのを見ていて、自分もやらなきゃと思った」と話していましたし、マスコミが何を言っても、彼女の周りの人達、そして彼女の努力を知っているファンは彼女を信じて待つしかないですね。
b0038294_15283623.jpg


あっという間に来週末には全日本です。いろんな意味でドキドキしますが、真央選手を信じて応援します。
高橋選手、安藤選手は怪我が少しでも回復しますように。
小塚選手は衝突のショックをしっかり克服できますように。
織田選手はまたあの美しい4-3を見せてほしい!
鈴木明子選手の情感あふれる、情熱と品のある演技が楽しみです。
羽生君と佳菜子ちゃんには、手ごわい先輩に胸を借りる気持ちで!
来週の長野は五輪以来の熱狂に包まれるでしょうね~。
みなさん、怪我や病気に気を付けて!頑張ってください!

b0038294_1421567.jpg



<関連コラム>
【甘口辛口】12月13日  -サンケイスポーツ
真央に小塚父が臨時コーチ/フィギュア  2010年12月12日 ニッカンスポーツ

<関連コラム>
フランス杯後・浅田真央選手インタビュー :浅田舞のスポ友!  2010年12月14日
中国杯・そしてソチ五輪へ向けて -小塚崇彦選手  2010年11月2日
それぞれの挑戦 -浅田真央選手・高橋大輔選手  2010年10月18日
足元を見つめる力 -浅田真央選手インタビュー  2010年8月21日
by toramomo0926 | 2010-12-14 14:05 | フィギュアスケート


<< 舞選手&真央選手、オリンパス新... フランス杯後・浅田真央選手イン... >>