全日本選手権エキシビジョン&会見
b0038294_2324461.jpg
全日本選手権も終了し、エキシビジョンと世界選手権出場選手の記者会見が行われました。




*****
見せた底力、成熟した一面も=浅田、来年は「三兎」追う-全日本フィギュア
b0038294_23152770.jpg
 全日本フィギュアのエキシビションで演技を披露する浅田真央=27日、長野・ビッグハット  フィギュアスケートの全日本選手権は、来年3月の世界選手権(東京)の代表争いが絡み激戦となったが、改めて底力を見せたのがバンクーバー五輪銀メダルの浅田真央(中京大)だった。
 今季、基礎からジャンプ修正に取り組み、まだ途上の段階。それでも、ショートプログラム(SP)、フリーとも看板技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に挑んで着氷。ともに大きなミスなく演じ切り、2位に入った。
 フリー演技後、得点結果を待つ間に9月から指導を受ける佐藤信夫コーチが語りかけた。「『二兎を追う者は一兎をも得ず』だよ」。SPは自ら志願して冒頭でトリプルアクセルに挑んだが、フリーは2度ではなく1度にとどめる指示を受け入れていた。意地を張らなかったことが、大事な表彰台確保につながったと前向きにとらえた。試練も味わい、少し成熟した20歳がいた。
 世界選手権では今季前半休養したバンクーバー五輪の女王、金妍児(韓国)と再戦する可能性もあるが、「今の時点では自分の演技をクリーンにやりたい気持ちが強い。これからが始まり」としっかり足元を見つめる。だがこうも話す。「世界選手権では(トリプルアクセルをSP1度、フリー2度で)『三兎』追いたい」。うさぎ年の来年にかけて、さらなる成長を誓った。

2010年12月27日 時事通信

.小塚「優勝したんだなと実感してきています」安藤「表彰台に上がれれば、すごく幸せな思い出がもう1回つくれる」=フィギュア世界選手権男女代表コメント
 26日に閉幕したフィギュアスケートの全日本選手権(長野・ビッグハット)で、来年3月に東京で開かれる世界選手権の代表に選ばれた、男子シングル代表の小塚崇彦(トヨタ自動車)、織田信成(関大)、高橋大輔(関大大学院)と、女子シングル代表の安藤美姫(トヨタ自動車)、浅田真央(中京大)、村上佳菜子(中京大中京高)が試合から一夜明けた27日、同会場で会見し、現在の心境や意気込みを語った。
 以下、男女シングル代表選手のコメント。

<男子シングル>
■小塚 「優勝したんだなと実感してきています」
b0038294_1111242.jpg
――全日本チャンピオンとしての実感はわいてきたか
 最初はあまり実感していなかったんですけど、時間が経つにつれてメールをもらったり、おめでとうと声をかけてもらって優勝したんだなと実感してきています。昨シーズン曲を使わせていただいた布袋(寅泰)さんから「全日本優勝おめでとう」というメールを頂いてうれしかったです。

■織田 「プログラム全体の完成度を上げていきたい」
b0038294_17514.jpg
――世界選手権の表彰台に登るためには
 4回転とか難易度の高いジャンプもそうだと思うんですけど、プラスアルファの部分が弱いと思うので、そこを詰めて練習していきたいです。(具体的には)スピンを高いものに仕上げていくのと、ステップはほかの選手と引き離されない内容にするのと、プログラム全体の完成度を上げていきたいと思います。

■高橋 「代表が決まってほっとした」
b0038294_1112539.jpg
―― 一夜明けての心境
 代表が決まってほっとしたのと、今回の全日本では勝負できた試合運びなので、世界選手権でもそういった試合と、もっと内容が濃いものができるようにやっていきたいです。

<女子シングル>
■安藤 「表彰台に上がれれば、すごく幸せな思い出がもう1回つくれる」
b0038294_0343985.jpg
――世界選手権へ向けて
(来年の世界選手権開催地の東京は)2007年に優勝した地でもあるんですが、そのときは足の故障もしていたので、表彰台に乗るという意識がまったくなく、自分の演技に集中していました。今回もまずはやるべき演技をして、その結果表彰台に上がれれば、すごく幸せな思い出がもう1回つくれるかなと思います。

■浅田 「三兎を追います」
b0038294_172622.jpg
――昨日の佐藤コーチとの話
 昨日のキス&クライで(佐藤)信夫先生から(ダブルに変更した)2回目のアクセルに関して「今回は良かったよ」と言われました。「二兎追うものは一兎をも得ず」ということわざがあって、それがアクセルと一緒で、今回はとりあえずは2回挑戦するよりも1回をしっかり跳ぶということで成功したね、と言われました。(世界選手権では)三兎を追います。

■村上 「自分がやってきたことを出せるようにする」
b0038294_0345261.jpg
――今の気持ちは
 世界選手権へ行けるという実感が沸いてきて、がんばりたいなと思っています。ショートもフリーも自分がやってきたことを出せるようにするのが今の目標です。

スポーツナビ 2010年12月27日

*****


b0038294_2320519.jpg
本当に真央選手の表情が見違えるように生き生きと、晴れ晴れとしていて見ていてこちらも笑顔になりますね。彼女はやっぱりこうでなくちゃ!って感じで、こういう彼女を見て年を越せるのは本当にうれしい。

エキシビジョン(EX)でも2Aが2回中1回シングルになったりしましたが、グランプリシリーズのエキシビジョンでは抜けてしまうことが多かったフリップやループも、とても美しく決まっていました。もう彼女は大丈夫!と思えることが嬉しい(涙)。

それにしても、EXでの彼女は信じられないほど美しかったですね。特に真央ファンでないダンナさんも「大人っぽくなったね~」と感慨深げにしていました。
b0038294_23394039.jpg

b0038294_23233957.jpg

b0038294_23421420.jpg

b0038294_23405131.jpg
なんかビールマンポジションも、これまでより更に反るようになったような気がしません?気のせいでしょうか・・・。
b0038294_23412880.jpg
いずれにしても、ものすごい柔軟性。真央選手のビールマンのポジションがとても好きです。


浅田真央 2010全日本選手権 EX -バラード1番

全てが美しかったですね~。この衣装で「愛の夢」のステップを踊るのもすごくいいです。
真央選手が心からの笑顔で滑っている姿は本当に見ていて嬉しくなります。

b0038294_0145686.jpg
b0038294_015753.jpg


小塚崇彦選手も魅せました!
b0038294_020376.jpg

今季のEX「Free Fallin'」が私は大好きです。八木沼純子さんも話していましたが、スケーティングだけでもうっとりしてしまいますね。飽きることなくいつまでも見て居たいという感じ。
そして彼の美しいイーグルもじっくり見られるのも嬉しいです。
b0038294_0205636.jpg
b0038294_175952.jpg


Takahiko Kozuka 2010 MOI -Free Fallin'



高橋大輔選手も素晴らしかった!
b0038294_23555395.jpg
今日も素晴らしい演技。あのねっとりと気持ちよく滑るスケートを「アメリ」で満喫した後に、アンコールではSPの「マンボ」のステップをノリノリのキレッキレで滑ってくれました。

通常はアンコールは優勝者のみですが、今回は全日本である意味全員身内みたいな感じだったからか、結構アンコール祭りでしたよね。すごくうれしかった。観客の方はすごくラッキーでしたね。
それにしても、見ていて本当に日本選手チームすごい!と思いました。本当に「層が厚い」という言葉では足りないくらいの層の厚さ。才能があちこちにいろんな形で溢れていて、本当にすごい時代だと思います。
b0038294_192546.jpg


高橋大輔 2010全日本選手権 EX -アメリ



鈴木明子選手のEXは、最後までキレのある素晴らしいベリーダンス。
b0038294_7593444.jpg
ベリーダンスって、相当体力使うと思いますが、それをスケートをやりつつあそこまでやり切るというのは相当練習したんでしょうね。ダンスレッスンも受けているんだろうなと思いました。
世界選手権は残念でしたが、四大陸で台湾の方を試合、EXと存分に魅了してほしいと思います。
明子選手というとラテン系の情熱を表現するのがうまいという印象がありますが、こういう路線もすごくハマってますよね。来季試合用プログラムでこういうのやってもらえないかな~と思ってしまいました。
b0038294_82298.jpg



羽生結弦選手のEXも大好きです。
b0038294_0231541.jpg
U2の「Vertigo」のプログラムは最初から大好きでしたが、今日の演技が一番個人的には良かった!
試合用プログラムがクラシックなだけに、ここで違う面を見られるのがすごく楽しいし、彼の爽やかさと強さ、そして色気を全て感じられるという盛りだくさんの内容。
本当にすごい表現力を持つ選手ですね。そして技術も素晴らしい。本当に怪我には気を付けて、これから着実にステップアップしてほしいですね~。


高橋成美&マーヴィン・トラン組はパワフルかつ大人っぽいプログラムで小気味よかった。
b0038294_032274.jpg
トラン君、本当に体を作ってきてますね~。すごくがっちりしてました。一昨年の国別対抗戦の頃はちょっと体力が足りないというか、成美ちゃんを最後まで支えたり投げたりするスタミナが演技後半になると足りなくなってきちゃうなという感じでしたが、すごく頼もしくなってましたね。腕の筋肉とかすごかった。
そして成美ちゃんもすごく鍛えているというのが分かるバネのような躍動感あふれるキビキビした動きがすごくよかったです。


キャシー&クリス・リード姉弟も年々ポジションからポジションへの移行がスムーズになっているような気がします。私はアイスダンスは詳しくありませんが、前よりも「せーの」的なものがなくなって、すごく自然な動きの中でポジションチェンジがなされてきているように見えました。
コーチを今季より変えたということですが、モロゾフから離れたということでしょうか?
b0038294_0101927.jpg
写真がなかったので、試合の時の写真で失礼します。


動画が殆どあがってないので、見つけ次第貼り付けますね。
ところで、TV放映時バックスペースが少し映った時に、ステファン・ランビエールさんが映っていたのですが、彼はゲストスケーターとして出演したんでしょうか?

選手のみなさん、本当にお疲れさまでした!!良いお年を!!!
b0038294_0362067.jpg
b0038294_1435951.jpg


<関連コラム>
真央を支えた人々-新聞報道等より 2010年12月27日
安藤美姫選手が優勝!!浅田真央選手も会心の演技で2位!全日本選手権 女子フリー 2010年12月26日
小塚崇彦選手初優勝!!! -全日本選手権・男子シングル  2010年12月26日
浅田真央選手、SP1位!-全日本選手権  2010年12月25日
小塚崇彦選手首位、羽生結弦選手2位の躍進!-全日本選手権・男子SP  2010年12月24日
by toramomo0926 | 2010-12-27 23:09 | フィギュアスケート


<< 真央選手、フランス杯のオフアイ... 真央を支えた人々-新聞報道等より >>