先天的な表現者・羽生結弦選手のEX -Monkey Majik +吉田兄弟「Change」
b0038294_9302053.jpg
年明けに放映されたアイスショー「Stars On Ice」で、羽生結弦選手が見せてくれたエキシビジョン(EX)ナンバーが忘れられません。
Monkey Majik と吉田兄弟のコレボレーションナンバーの「Change」。


Yuzuru Hanyu 2011 Stars On Ice -Change





私は基本的にジュニア選手は追いかけないので、羽生選手の演技を最初に見たのは、大変遅まきながら昨年3月の世界ジュニア選手権(優勝)でした。
でも、そんな私でも「羽生結弦」という美しい名前とその名に違わぬきれいな顔立ち、「ジュニア離れしている凄い選手」という評判は耳に入ってきていました。それほどに彼は活躍していたと言えるでしょう。

世界ジュニアの時も「なるほど、これはすごい。今活躍しているシニア選手の誰とも違う繊細な演技だなあ」と思ったのですが、今季からシニア参戦となり、初戦のNHK杯のショートプログラム(SP)で最初のトリプルアクセル(3A)を跳んだ時に、心をわしづかみにされてしまいました。
あんなに美しい3Aはなかなかお目にかかれるものじゃありません。凄く軽いけど、幅と流れのある美しいジャンプです。
織田選手もすごく柔らかいジャンプを跳ぶけど、彼のともちょっと違う。織田選手は猫が着地するようなしなやかさを感じるけど、羽生選手のそれは羽が舞い降りたように重さを感じないのです。


Yuzuru Hanyu 2010 NHK Trophy SP -White Legend

前は3Aが苦手だったと聞いて、信じられませんでした。そしてシニアデビューのこの大会のフリーで、彼はいきなり4回転トウループを跳び、成功させてしまいました。


そして、彼は競技では正統派な曲を滑っていながら、EXではかなりハジけた選曲をし、楽しそうにノリノリで滑っているのも見ていて楽しい。
そして彼の演技を見れば見るほど、発言を聞けば聞くほど、彼がスケートにおいて、というか彼自身が驚くべき聡明さを持っているのが分かって、「これは末恐ろしい子が出てきたなあ」と思わずにはいられませんでした。

b0038294_10322100.jpg


体力的にはまだ大人としての体が出来上がっておらず、シニアのプログラムを滑り切ることにはまだ不安はあるものの、それはおいおいトレーニングや経験を積むことで身についてくるだろうと思うので、怪我には気を付けて欲しいと思いますがその点はあまり心配していません。
私がすごいと思うのは、彼の競技への姿勢と、表現についてです。
八木沼純子さんも話していましたが、彼は何を表現したいかというものが明確に見えているのが演技を見ていてはっきりわかる。その曲においてどう表現するかというのを、教えられるのではなく曲を聞いた瞬間に感覚的に理解しているんじゃないかという感じ。テーマを本能的に自分で見つけ出して表に出しているように見えるのです。
思い切り平たい言い方をすれば「センスがいい」ということになるのでしょうが、16歳という若さで、ここまで技術と表現において自発性をもってプログラムを滑っているスケーターはなかなかいないように思います。しかも彼はそういう演技を昨年からとか今季からというのではなく、恐らく試合に出始めたときからそういうものはあったのではないかと思わせるものがあります。身に付けたものではなくて、先天的なものを感じます。

そして彼は普段の様子や笑っている顔を見ると、どちらかというと童顔でかわいらしい感じなのだけど、演技に入ると目つきにぐっと色気が出てくる。
高橋大輔選手のようなラテン系のものではなくて、もっと涼やかだけどこちらにハッと息をのませるような、ひんやりした色気。
これは本当の正統派美少年にしか出せない凄味のある色気なんだろうなと妙に納得してしまいました。これはすごいですね。生まれながらの表現者なのだと思います。

b0038294_108681.jpg


彼のEXは「Vertigo」しか知らなかったのですが(そしてこれも大好きなのですが)、今回SOIで初めて「Change」を見て、また更にガーン!ときましたね。そしてこれを既に2008年から?滑っていたというのにびっくり。


Yuzuru Hanyu 2008 Medalist On Ice -Change

この時なんと14歳。
今季とは少し構成が違いますが、シニアに混ざってのアイスショーでも全く引けを取らない素晴らしい演技。自分のアピールポイントである高い技術とリズム感、柔軟性をこれでもかとばかりに見せてくれています。
これは2008年全日本のエキシビジョンを兼ねたアイスショーなので、自分は見てるはずなのかもしれないんですが・・・地上波でも彼の演技は放映されたんですよね?
これだけの演技を見て何も思わなかったんでしょうか自分・・・・。ちょっと自分に呆れます。


Yuzuru Hanyu 2010 NHK Trophy EX -Vertigo

EXの選曲は、彼自身の好みが反映されているような気もします。だとしたら渋い。


「Change」を歌っているMonkey Majikは、彼が生まれ育った仙台からブレイクしたバンドでもあります。そして名古屋や大阪、新横浜が主に盛んであるフィギュアスケートにおいて、仙台からシニアで表彰台を争う選手が出るというのは荒川静香さん以来になりますね。
彼は仙台にすごく郷土愛があるようで、数年前にもあわやリンク閉鎖かという事態になった仙台フィギュアを盛り立てようという気持ちもあり、仙台にとどまって競技を続けているというのを何かで見聞きし、しっかりした子だなあと思いました。
Monkey Majikの曲を使ったのも、そういう縁もあるのかなと思います。彼らの楽曲はかっこいいですしね。そして吉田兄弟はアメリカでもツアーを行うほど海外で人気のある津軽三味線のデュオ。
羽生選手は「日本人であること」というのも常に念頭に置いているようにも見えます。そんな彼にはぴったりの曲ですね。

彼はいよいよ目前に迫った四大陸選手権(台湾)に出場します。現地の女の子をメロメロにしてしまうんじゃないでしょうかね(笑)美しい演技とエネルギッシュなEX、何より彼の笑顔が試合で見られますように!
頑張れ羽生君!

b0038294_10424752.jpg
羽生選手と中村健人選手。
写真の撮影時期は不明なのですが、恐らく今季か昨季あたり?と思われます。


*** おまけ ***

Yoshida Brothers -Storm

織田信成選手の今季SPも吉田兄弟でしたね!ということで、彼の使用曲「Storm」を。
この曲も大好きです。


Monkey Majik -Change
プロモーションビデオへのリンクを貼っておきます。フルバージョンもすごくいいです。ただ、ちょっとドキッとした(汗)


<参考リンク>
Monkey Majik  -公式サイト
吉田兄弟 -公式サイト


<関連コラム>
小塚崇彦選手初優勝!!! -全日本選手権・男子シングル  2010年12月26日
小塚崇彦選手首位、羽生結弦選手2位の躍進!-全日本選手権・男子SP  2010年12月24日
安藤美姫選手、GPS2勝を飾る -ロシア杯・男女FS  2010年11月22日
ロシア杯・男子SP
NHK杯、男子フリー  2010年10月24日
NHK杯、男子SP  2010年10月23日
羽生結弦選手、村上佳菜子選手アベック優勝!-ジュニア世界選手権  2010年3月15日

雄弁な音楽(Wii アメリカ版CM)  -超個人的CM考察 2006年11月19日
by toramomo0926 | 2011-02-11 09:40 | フィギュアスケート


<< ロロパパ、世界選手権での来日決... 小塚崇彦選手インタビュー・その... >>