本当にすごかった!カート・ブラウニングの「Singing in the rain」
b0038294_8435631.jpg
カート・ブラウニングといえばカナダの往年の名選手。世界選手権4度優勝を誇り、素晴らしいスケーティングに定評のある人物です。そして、世界で初めて4回転ジャンプを成功させたスケーターでもあります。




今もカナダを中心に、勿論日本でもその素晴らしい滑りはファンから絶大な人気を誇っており、またカナダCBCでの解説では分かりやすくも専門的な目線で、選手に対して温かいコメントも大人気の人物です。
また、彼を憧れのスケーターと何度も話す小塚崇彦選手によれば、「やっぱり基礎がしっかりしているし、プロになってから自分の表現の方法をみつけて、「スターズ・オン・アイス」には欠かせない人になった。(自分も)そういう存在になりたい」と話しています。

先日、浅田舞選手の小塚選手へのインタビューでもカートの話になり、


  目標にしてる選手はやっぱり。

崇彦 カート・ブラウニング。

  (カート・ブラウニングがアイスショーで滑る)「雨に唄えば」って、すごい。



というやりとりがあり、自分は見たことがなかったので、動画を検索して見てみました。
これは、すごいです。


1994年のものです。


まず、びっくりしたのが。

カート若い!!!そして髪がある!!!!(笑)
b0038294_846241.jpg
今もチャーミングだけど、フサフサだとやっぱり印象変わるなあ・・・80年代のポップスターみたいですね。
彼の毛髪は自分自身もネタにしてますね。昨季、高橋大輔選手(スケートカナダ)の解説でも「彼の髪型はいつもすごいよ!」と話し、同席していたトレイシー・ウィルソンに「単に羨ましいだけじゃないの(You just jealous!)(笑)」と言われ、「I am.(笑)」とコントのようなやりとりをしていたのが忘れられません(笑)


・・・いや、そんなことはどうでもいいんです!!(笑)
とにかく彼の滑りに改めて驚愕&感動。

とりあえずCGナシ、ガチでの大雨降らしの中を映画「雨に歌えば」のジーン・ケリーに扮して軽快に滑っていくカート。
リンクは大雨で軽く冠水しています。こんなんではジャンプは勿論刃が横滑りして危なそうだし、普通に滑るのでも怖そう。
b0038294_8572690.jpg
セットに降らせた雨水が溜まって、完全に氷が光ってしまっています。雨粒が跳ねるのも見えて、滑る彼の足元を見ても、氷の上にうっすら冠水してしまっているのがわかります。


リンクの上に殆ど完全に映画のセットを模した店や街灯のセットを配しているため実はスケートをしたりジャンプをするにはそんなに広さも確保されていません。
奥行きはあるけど、幅がないというのはちょっと跳びにくそうにも思うのですが、その奥行きをうまく使ってスイスイと滑っていき、大きなジャンプを悠々と危なげなく跳ぶカート。
見ていて本当に感動しました。映画のイメージそのままを違和感なく再現しているのもすごいし、あの雨の中であれだけの演技ができるのも凄い。最後水を蹴ってましたからね(笑)。
何よりひと蹴りでぐーーんと滑るスケーティングの素晴らしさに圧倒されました。


Singing In The Rain (Gene Kelly)

こちらがオリジナル。


それにしても、よくこんなことやりましたね。いくらジーン・ケリーが好きだって言ったって、普通雨の中での演技(しかもあんなに大降りにするとは!)は危ないと思ってやめますよ普通。
これは、舞選手が言うように「凄い」し、小塚選手が憧れるのも分かります。ジャンプもダイナミックで見てて気持ちいいけど、なによりスケーティングの素晴らしさにびっくり。

改めて、カート、あなたはやっぱりすごい。知ってたけど、もう一度言いたい!あなたは凄いです!!
これからもずっとアイスショーでファンを魅了し、解説で選手やファンを励ましてくれることを楽しみにしています。

b0038294_9155650.jpg
高橋大輔選手、浅田真央選手、ジョアニー・ロシェット選手と。


<参考リンク>

Takahiko Kozuka 2010 Cup Of China -Hello, Goodbye & Safety Dance

小塚選手が憧れのカートに振り付けしてもらった、今季のエキシビジョンナンバー(の一つ)です。
振り付けはカートと、カナダのバレエダンサーであり振付師のロベルト・カンパネラさんが行いました。
アンコールでの「Free Fallin'」は佐藤有香さん振り付けです。


<関連コラム>
小塚崇彦選手インタビュー・その4 :浅田舞のスポ友!  2011年2月10日
スケートカナダ、男女SP  2009年11月21日
by toramomo0926 | 2011-02-16 10:19 | フィギュアスケート


<< フィギュアDVD2作発売決定! ジャパンスーパーチャレンジ2011! >>