安藤美姫選手のメイクについて -かなり遅れて追記
b0038294_7543847.jpg
2009年11月に「安藤美姫選手-アイメイクとメンタルの関係」という記事を書きました。
安藤美姫選手の演技を見ていて、アイメイクが濃い時はあまり良い結果が出ないか、演技後の本人の表情が冴えない感じで、優勝など良い成績を修めている時はメイクが比較的薄いように思える。彼女のアイメイクと試合での精神状態はリンクしているのではないか、という印象を書いたものでした。

これを裏付ける彼女の発言を発見し、自分の読みが当たった感じで嬉しかったので(笑)もう1年以上前のトピックについての追記を自己満足的にご紹介したいと思います(笑)。

以前書いた記事はこちら ↓
安藤美姫選手-アイメイクとメンタルの関係  2009年11月9日




今回安藤選手の発言を見つけたのは、TwitterのBotという機能ででした。
BotとはRobotの略?だそうで、ある特定の人物の発言や、周囲の人間やジャーナリストの本人評などを集めたもの。
本人が作ったものではなく、ファンの方などが作っている場合が多いのかな?そのあたりはよく知りませんが、本人がかかわった公式なものではありません。ですが、その発言や情報はほぼ全てにおいていつ、どこでのものかという「出典元」が記されており、情報としては信頼できるのではないかと思います。

**このブログの右側にも、各選手のbotやフィギュアスケーター発言集のbotを集めたTwitterのブログパーツを設置しているので、よかったらご覧になってください。
やはり一つのことにずっと取り組んできた人々の話すことは例えさらっと口走ったことであっても深いし、読んでいて唸らされることもあります。
b0038294_175657.jpg



さて本題に入りますが、私が発見した安藤選手の発言は・・・
b0038294_755099.jpg
これによると、この発言は2007年に発行されたフィギュアスケート専門誌「フィギュアスケートDays」でのインタビューによるものとわかります。

この発言をbotで見つけたのは今朝だったのですが、発言自体は2007年に既にあったんですね。
私がフィギュアの専門誌を手に取るようになったのは2008年3月に浅田真央選手が世界選手権優勝した時からで、それも全てを見る訳ではなく大抵「World Figure Skating」誌(以下WFS)が多いので、全然知りませんでした。田舎住まいで、雑誌も全て手に取れる訳ではないので、こういうことは往々にして起こるんですけどね・・・・。

さらに、安藤選手をずっと応援してきている方からすれば「何をいまさら」な記事だったことも同時に判明・・・。お恥ずかしい。
でも自分的には読みが「ほぼ正解」だったことで満足です(笑)。

トリノ五輪の時期に注目や報道が過熱し、マスコミのバッシングに遭って傷ついたりしていろいろ紆余曲折のあった彼女ですが、ここ数年やっと精神的に安定して来たかなという感じ。特に今季からは本当に大人になったというか、むしろ他選手よりも精神も演技も安定しているように見えますね。
b0038294_8563275.jpg
2010年全日本選手権後のコメント。

彼女は私生活の好不調がそのまま演技に反映されてしまうタイプで、そういう意味で危うさは未だに私個人的には残るのですが、今彼女がすごく充実しているように見え、そしてすごくきれいになったことが嬉しい。

b0038294_831271.jpg
これは2009年のもの。どういう状況で撮影されたのかわからないのですが、練習着にはそぐわないアイメイクの濃さ。
試合後すぐにインタビューに応えたのかもしれませんが、背景はどう考えても試合会場という感じではありません。
もしこれが練習時の彼女だったとしたら、その当時彼女は精神的にちょっとタフな時期だったのかもしれません(あくまでも想像ですが)。
詳細は不明ですが、この写真の彼女だけを見てみると、私にとって「悪い時の安藤美姫」の典型的なメイク、表情、イメージする彼女の姿はこんな感じ。


最近はアイメイクも殆ど目立たない感じでの試合が続いていて、彼女自身の成績も好調。表情もずっと明るくなり、目に力があります。
b0038294_8302468.jpg
b0038294_8313466.jpg

練習の時なども楽しそうにしている姿をよく見るので、なんかちょっと安心しています。

b0038294_8103098.jpg
b0038294_8103920.jpg
むしろ前より若返った感じ。今の方がずっときれいです。


彼女は今一番スケートをしていて、試合をしていて楽しいんじゃないでしょうか。
世界選手権ではこのまま最高の演技を期待したいですね。
彼女は来季休養するとのうわさを耳にしました。真偽は不明ですが、この状態でブランクをつくるのは非常にもったいないような気がします。一度休んでしまったら、今のような状態や演技のクオリティにはもう戻せないだろうと思うからです。
20代半ばになろうとする女性選手が1年のブランクを作れば肉体とモチベーション、試合勘を戻すのには想像を絶する努力を必要とするでしょう。怪我の為のブランクでもそれは困難なのに、「休養」してしまった場合は非常に難しくなるのではないでしょうか。まあその間も練習もやめてしまう、ということは、翌シーズン戻る意思があればないとは思いますが。
まだまだ彼女の演技を見たいけどなあ・・・。この情報が単なるうわさで、私の杞憂ならいいのですが。
今後の彼女の身の振り方も含めて、世界選手権まで注目していきたいと思います。


b0038294_825786.jpg
これはアイスショーでの安藤選手。良い表情ですねー。

<参考リンク>
安藤美姫Bot

<関連コラム>
安藤美姫選手-アイメイクとメンタルの関係  2009年11月9日
日本選手たちの言葉 -全日本を終えて  2011年1月9日
by toramomo0926 | 2011-03-08 07:55 | フィギュアスケート


<< ラウラ・レピスト選手、新たな負... アーミン君、新作アップ -浅田... >>