動画のご紹介:祈り/浅田真央そして海外スケーターのメッセージ
b0038294_2112315.jpg
このたびの東日本大震災をうけて、フィギュアスケーターから発表されたコメント、メッセージをまとめた動画を見つけましたのでご紹介します。

この動画では、浅田真央選手のコメントが中心となって構成されています。これは、時事通信やフジテレビ等の一部報道で、彼女のコメント前半の被災者へのお見舞いの部分を全てカットされ、「選手としては世界選手権の日程がどうなろうと練習していくのみ」という部分のみが掲載され、あたかも真央選手が自分と競技のことしか考えていないように報じられたことに多くのフィギュアファンから抗議の声が多くあがったことを受けてのことのようです。




祈り/浅田真央そして海外スケーターのメッセージ


*****

被災地思いやる安藤=浅田は「練習していく」—世界フィギュア
 フィギュアスケート世界選手権の21日からの開催が東日本大震災の影響で見送られたことを受け、出場を予定していた選手はそれぞれの所属事務所のホームページで心境を語った。
 2007年の世界女王、安藤美姫(トヨタ自動車)は、まずは「被災された方々は想像を超えるほどの状況下にあると思う」と思いやった。代替日程で開催される可能性も残っていることから、「少しでも元気づける演技ができるように練習しておくのが自分にできること」と述べた。

 2年連続の優勝が懸かっていた浅田真央(中京大)は、「世界選手権が延期されても、中止されても、今まで通り練習していこうと思う」とコメント。昨年の世界選手権で日本男子初の金メダルを獲得した高橋大輔(関大大学院)は、「僕に今できることは練習を続け、状況を見ること」と落ち着いて受け止めた。

2011年3月15日 時事通信



浅田真央選手コメント全文(所属事務所IMG Japanにて発表)
「このたびは、東日本大震災の被害に遭われた方々並びにそのご家族の皆様に対し心よりお見舞い申し上げます。
私は、世界選手権に向けての中京大学での練習の前に、リンクのテレビで大地震のニュースを知りました。
毎日報道を目にしていますが、深刻な被害の中、一人でも多くの人が無事でいられるよう本当に祈る気持ちで、自分も、改めて命の尊さを考えています。
選手としては、今後、世界選手権が延期されても、中止されても、状況を見ながら、今まで通り練習して行こうと思っています。
また、このような困難な時こそ、日ごろ応援して下さっているみなさんに対して、何ができるかを、考えていきたいと思います。」

*****

<参考リンク>
世界フィギュア中止の発表を受けての選手のコメント -IMG(小塚選手、安藤選手、浅田選手が所属)

<関連コラム>
世界フィギュア4月に延期へ  2011年3月14日
by toramomo0926 | 2011-03-21 21:12 | フィギュアスケート


<< 自分のために見る -浅田真央選... 小塚崇彦選手、織田信成選手、安... >>