2011年世界選手権 -動画の追加ご紹介
b0038294_14583837.jpg
世界選手権において、当時動画のアップがなかった演技を3つご紹介したいと思います。
どれも私の中ですごく印象に残った演技で、動画が上がるのを楽しみにしながら時が流れていたのですが(笑)このたびやっと記事にすることができました。遅ればせながら、ですがお楽しみください。




安藤美姫選手の「Why do people fall in love? / Requiem」。
b0038294_14594137.jpg

毎回「Why~」は気持ちよさそうにゆったりと滑る感じですが、今回最後の方涙を流していましたね。2007年に世界女王になってからもまた険しい道のりでしたし、震災のこともありますし、いろんな思いが交差したのだと思います。
白眉はアンコールの「レクイエム」でした。これは昨季SPで使っていたもののダイジェストというかクライマックス部分ですが、今までで一番気持ちが入っていて、いい顔をして滑っていました。日本の被災者のために滑った、と彼女も話していましたね。とても印象深い演技だったと思います。


Miki Ando 2011 World Championship EX -Why do people fall in love? / Requiem



マイア・シブタニ&アレックス・シブタニ兄妹の「The Prayer」。
b0038294_1582814.jpg

彼らは今季EXは「La Vie en Rose」の曲を使って来ました。
しかし、この世界選手権のエキシビジョンでは、彼らは日本へ捧げる気持ちを持って「The Prayer」(祈り)という曲を選んだという話を聞きました。ありがたいことですね。
品のいい演技と美しいスケーティング、リフトなど二人で息を合わせる必要がある中でも流れとなめらかさを失わない身のこなし。これから本当に楽しみな選手たちです。来季が本当に楽しみですね。


Maia Shibutani & Alex Shibutani 2011 World Championship EX -The Prayer



そして、高橋成美&マーヴィン・トランペアのショートプログラム「Feeling Good」!
b0038294_15103123.jpg

これを見た時は本当にコーフンしましたね。ぴたりとシンクロした動きが本当に美しく、彼らが何年も取り組んできたことがようやく形になって、結果をだしつつあるというのがひしひしと感じられました。
彼らもソチ五輪へ向けて重要なメンバーですし、このままいけば充分表彰台を狙えるペアになることは間違いないでしょう。
見ていてなんかゾクゾクしましたね。彼らも本当に来季が楽しみ。どこの国も若い選手がどんどん育ってきてて、わくわくしますね。


Narumi Takahashi & Mervin Tran 2011 World Championship SP -Feeling Good



世代交代とはいかなくても、ソチ五輪世代の台頭を充分に感じさせる世界選手権になりました。これからはバンクーバーまでは「若手」と言われた人たちもうかうかできませんね。
こうやっていろんな世代がしのぎを削るというのはスポーツとしてはすごく健康的な状況で嬉しいです。

今から来シーズンが待ち遠しいですね。


<関連コラム>
エキシビジョンとチャリティ活動、写真など -2011世界選手権  2011年5月2日
安藤美姫選手-アイメイクとメンタルの関係  2009年11月9日
by toramomo0926 | 2011-05-21 15:20 | フィギュアスケート


<< 浅田真央選手&小塚崇彦選手、「... 日経新聞の記事 -高橋大輔「フ... >>