ジャパンオープン2011・出場スケーター発表!
b0038294_17101124.jpg
毎年10月初旬に日本で行われている「木下工務店カップ Japan Open」。
今年は10月1日に、例年通りさいたまスーパーアリーナでの開催が正式発表されました。また、これも例年同様に、ジャパンオープン終了後にはアイスショー「Carnival On Ice」(COI)が行われます。
チケットは7月9日(土)10:00より販売となるようです。

*チケット販売開始日時は変更になる場合もありますので、必ず下記リンクからご確認くださいますようお願い致します。

木下工務店カップ Japan Open 2011 -TV東京開催日程、出場選手、チケット販売についての案内があります。COIのサイトへのリンクも。




ジャパンオープンはフリーの演技のみで戦いますが、ISUの国際ジャッジが試合同様の規定で採点を行います。
日本選手はこれがシーズン最初に国際ジャッジに今季プログラムの評価を問う試合となる選手も多く、選手の中では重要な試合と位置付けている方も多いようです。
また、現役を引退されたスケーターも出場でき、日本、ヨーロッパ、北米と3チームに分かれての男女混合戦というゲーム的な要素も含まれています。
リンクサイドにそれぞれのチームの応援席が置かれ、選手は自分の演技前のウォームアップなどの他は基本的に裏にはけることなく、リンクサイドで同じチームの選手を応援するという形です。
なので選手同士のやりとりも観客席から全て見えるため、ファンにとっては更に楽しい要素が多いです。

2009年にISUはソチ五輪からの導入のための試金石として、2009年に「国別対抗戦」という試合成績上位6か国による団体戦を行いましたが、この「男女混合の団体戦(更にペアとアイスダンスも含む)」と「応援席をリンクサイドに設置」という形式は、このジャパンオープンと非常によく似ています(参考にしたのかもしれません)。
本当は今年3月、横浜で2度目の国別対抗戦を開催する予定でしたが、震災のため中止となりました。残念です。


それにしても今回も豪華メンバーが出場しますね。
b0038294_1715522.jpg
日本からは小塚崇彦選手、高橋大輔選手、安藤美姫選手、鈴木明子選手。チームヨーロッパからは選手復帰初戦となる(のではないかと思われる)エフゲニー・プルシェンコ選手、世界選手権銅メダリストのロシアの新星アルトゥール・ガチンスキー選手、キーラ・コルピ選手、そして今年の欧州選手権のドラマチックな優勝を花道に引退されたサラ・マイヤー選手。
サラはジャパンオープンに何度か来てくれていますが、引退されたので今季はないかなと思っていたので嬉しいですね。
チーム北米からは、これまた常連のジェフリー・バトル、そして世界王者となったパトリック・チャン選手、全米選手権優勝者のアリッサ・シズニー選手、そして昨シーズンから競技を休んでいるジョアニー・ロシェット選手!
うーん、見応えありそうです。


浅田真央選手は毎回出場していましたが、今年は出場しないとのこと。

*****

<フィギュア>安藤、小塚らジャパンオープン出場
 日本スケート連盟は2日、フィギュアの日本と北米、欧州の3地域対抗団体戦となるジャパンオープン(10月1日、さいたまスーパーアリーナ)の出場選手を発表した。日本は今年の世界選手権(モスクワ)金メダルの安藤美姫(トヨタ自動車)と同銀メダルの小塚崇彦(同)、高橋大輔(関大大学院)、鈴木明子(邦和スポーツランド)の4人で臨む。北米は世界王者のパトリック・チャン(カナダ)、欧州はエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)らを擁する。大会はプロ選手も出場でき、男女計4人の合計得点(フリーのみ)で争う。

2011年7月2日 毎日新聞

b0038294_189040.jpg
昨年のジャパンオープン、選手席の様子。


ジャパン・オープンに安藤、高橋ら=フィギュアスケート
 日本、北米、欧州が男女混合で争う3地域対抗団体戦、ジャパン・オープン(10月1日、さいたまスーパーアリーナ)の出場選手が2日、発表された。
 日本は4月の世界選手権女子優勝の安藤美姫(トヨタ自動車)、鈴木明子(邦和スポーツランド)、バンクーバー五輪男子銅メダルの高橋大輔(関大大学院)、世界選手権2位の小塚崇彦(トヨタ自動車)が出場する。
 欧州は男子でトリノ五輪金、バンクーバー五輪銀メダルのエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)がメンバー入り。同選手は無許可でアイスショーに出演したため国際連盟から競技会出場資格を剥奪されたが、既に資格は回復している。北米は世界選手権男子優勝のパトリック・チャン(カナダ)、昨年のグランプリ・ファイナル女子を制したアリサ・シズニー(米国)らが名を連ねた。 

2011年7月2日 時事通信

*****



真央選手は毎年のように出演していたアイスショーのDream On Iceにも今年は出ませんでしたし、今年のオフのアイスショー出演は豊橋チャリティ演技会とThe ICEだけになりそうですね。試合はグランプリシリーズからになるのでしょうか。
昨季は9月というシーズン入り直前に佐藤信夫コーチの就任が決まり、殆ど新体制での練習ができないままシーズンインしてしまいました。なので、今年のオフはなるべく時間を取ってジャンプをはじめとする全ての技術の向上、矯正をきっちりやるつもりなのだと思います。
佐藤久美子コーチは、「浅田真央Book for Charity」でのインタビューで、このように述べています。

「(昨季の真央選手との練習、取り組みついて)本来であれば、真央ちゃんのすべての技術をいったんバラバラに分解して、それらを一つひとつ丁寧に指導してから、組み合わせていくところでした。
たとえばジャンプはジャンプで練習して、スケーティングはスケーティングで磨いて、ある程度仕上がってきたら、2つをすり合わせる。そういう作業をするべきところでした。
でも、指導がスタートして、すぐに競技会に入る状況では、それをするのが正直、非常に難しかった。それを、これからようやく始められると思っています。」


真央選手は今年のオフ、しっかり腰を据えて練習しているのかなと思っています。


日本は震災後放射能の危険性が海外でも大きく報道されている中、アイスショーやジャパンオープン、11月に北海道で開催予定のNHK杯などにも海外から選手が来てくれるのは本当にありがたいことですね。
海外から見れば日本なんて小さな国ですし、東北と関東、北海道の位置関係とかも殆ど知られておらず「日本全体が危険地域」と思われても仕方ない状況だったと思いますが(今回のことを受けて調べたかもしれませんね)、来日の決断をしてくださったスケーターの皆様には心から感謝いたします。


また、夕方に行われるCOIには、ジャパンオープンには出場しない羽生結弦選手や、ロシアの今季最大の目玉の一人、エリザベータ・タクタミシェワ選手も出演してくれるそうです。こちらもチケットは争奪戦になりそうですね。
私は一昨年と昨年にジャパンオープンを観戦しましたが、やっぱり今季初戦となる選手が多くて演技の出来はまだかなり粗削りな状況にあるので、今季はどうしようかなと正直迷っていました。真央選手が今季出場しないとは昨日まで知らなかったのですが、少し前からちょっと迷っていました。

勿論それでも選手の演技を生で見るのはTVでは味わえない面白さ、醍醐味がありますし、応援席での選手の様子も見ていて微笑ましい。何より、一番先に今シーズンのプログラムを見られる、という魅力は捨てがたいものがあります。でも、今度は選手の演技がある程度練られて滑り込んだ状態での演技を見てみたい、という気持ちが強くなっています。
今年は全日本選手権は大阪で開催だそうなので難しいかもしれませんが、一度今のメンバーがいるうちに全日本を見ておきたい、という気持ちがあり、今回ちょっとジャパンオープンについてはチケットどりをするかどうか悩んでいます。
まあ私がチケットを取るかどうかはどうでもいいですね(笑)


とはいえ、見に行く価値は十分にありますし、スーパーアリーナは会場もきれいですし足元が寒くなったりしないので、快適に楽しく見ることが出来ると思います。
出場スケーターも本当に豪華ですし、むしろこういう試合形式だと見る方も緊張せずに見られていいというのはあります(笑)。全日本とか見てるだけでこっちも心臓バクバクになりそうですもんね(笑)
何より今季グランプリシリーズをスキップすると発表のあった安藤美姫選手の演技が見られます!!今年はグランプリシリーズ後も試合に出るかどうかはまだはっきりしないので、今季彼女の演技を見られる貴重な機会となります。それだけでも行く価値は充分ありますね。
トップスケーターの競演、きっと素晴らしい試合になると思います。


チケットは7月9日(土)10:00より販売です。ご興味のある方、チケット取り頑張ってください!
そして出場・出演スケーターの皆様の素晴らしい演技を期待しています。

b0038294_17312528.jpg
昨年のジャパンオープンの表彰式。

<参考リンク>
木下工務店カップ Japan Open 2011


<関連コラム>
ステキな写真が多いので:浅田真央選手 ジャパンオープン2010  2010年10月6日
Japan Openパンフより-高橋大輔&小塚崇彦Q&A  2010年10月4日
熱狂!Japan Open 2010 (女子編)  2010年10月4日
熱狂!Japan Open 2010(男子編)  2010年10月3日
ジャパンオープン見てきました  2009年10月3日

プルシェンコ選手のアマチュア資格復帰を決定 -ISU  2011年6月13日

2011グランプリシリーズのアサインメント発表  2011年6月28日
安藤美姫選手、グランプリシリーズ欠場  2011年6月26日

「浅田真央Book For Charity」届きました!  2011年6月27日
by toramomo0926 | 2011-07-03 17:32 | フィギュアスケート


<< 懐かしの「食わず嫌い」 200... 牧野トレーナー復活! -ウィダ... >>