トップアスリートの英語力 -小塚崇彦選手
b0038294_1045563.jpg
毎日新聞のサイトに、小塚選手が英語(英会話)について話している記事が載っていました。

「スポーツ選手の海外での活躍が話題になっています。英語でインタビューに答える姿も目立ちますが、彼らがどのように英語を身につけたか気になることはありませんか。毎日新聞の週刊英語学習紙「毎日ウィークリー」では7月30日号で「トップアスリートの英語力」を特集。その一部を日本語で紹介します。」とのこと。

小塚選手のインタビューはこちらからどうぞ。




*****

トップアスリートの英語力:フィギュアスケート 小塚崇彦選手(22)

◇「間違ったっていい」外国人選手との交流で開眼
 フィギュアスケートでは、安藤美姫選手の英語力が比較的有名だが、男子の小塚崇彦選手も英語に積極的に取り組んでいることをご存じだろうか。日本選手権優勝、世界選手権で銀メダルと、最近、大きな飛躍を遂げた小塚選手。コーチは日本人、練習の拠点も日本。英語を使う必要性がないと思われそうだが、外国人選手と英語で交流することを心から楽しんでいる。

b0038294_853541.jpg
インタビューに答える小塚崇彦さん=東京都渋谷区で5月20日、梅田麻衣子撮影 


 英語との出会いを小塚選手はこう振り返る。「母親がけっこう『教育ママ』で、幼稚園のころから英語を勉強していました。塾に通って、発音がキレイとほめられたりもして」

 だが、中学に入って状況が変わってしまう。「文法重視というのもありますが、それまで親しんだ英語と先生の発音が違うという問題があって、英語を嫌いになってしまい、後れを取ったんです」。ジュニア時代は、試合で海外を訪れても、日本人同士で固まっていたという。

 再び英語を楽しいと思えたのは高校生の時。少しくらい文法や単語が変でもいいから、自分から話しかけよう、と努力し始めた。「中学の時は、『文法を間違ったらどうしよう』と心配していたのですが、高校に入って少し英語がわかるようになると、海外の選手たちは、英語が母語でなくても、あまり文法にこだわらず、どんどん英語で話すことに気づいたのです。『間違っても恥ずかしくないんだ』と思うようになりました」

 よく話す外国人選手は、2011年世界選手権で優勝したカナダのパトリック・チャン選手。小塚選手にとって大きなライバルだが、ジュニア時代からともに切磋琢磨(せっさたくま)してきた仲間でもある。
b0038294_8552687.jpg

 ジュニアの頃は、海外の試合で周りに日本人がいないと、一人ポツンと食事していた小塚選手だが、「少しでも周囲の話題が分かると、やっぱり楽しいです」。今では、積極的に英語の輪の中に自分で入っていくという。
b0038294_1003580.jpg

 昨年はカナダ・トロントで、初めて単身での海外生活を経験し、自分でも精神面での力になったことを感じた、と話す。今後のさらなる成長が楽しみだ。

2011年7月27日 毎日新聞ウェブサイト

*****


世界で戦っていくにあたって、語学力は絶対に必要になってくると思いますね。語学力というよりも、コミュニケーション能力と言っていいかもしれません。
小塚選手が感じたように、ブロークンでもいいからどんどん話していって周りと交流したほうが絶対に精神的にもリラックスできるし、状況がわからない不安とかそういう余計なストレスから自由になれます。
また、何度も顔を合わせる選手たちと話をすることによって再会の喜びとか、いい意味でのライバル意識も出来るし、何より試合自体を楽しめるんじゃないかと思います。
プロゴルファーのジャンボ尾崎は日本では成績を挙げていましたが、海外になるとからきしいつもの調子が出せなかったのは、英語ができないことのコンプレックスや不安が試合でのパフォーマンスに悪影響を及ぼした結果であるというのを聞いたことがありますし。
言葉がわからないということ、そこからくる不安のため、既に気持ちで英語が話せる選手に負けている部分があったんだと思います。
小塚選手は海外の試合でも積極的に海外の選手と交流し、会話しようとする姿勢がすごく見えます。

b0038294_10101091.jpg
2011年世界選手権の女子シングルを見学する小塚選手とミーシャ・ジー選手。
ジー選手はまだ若く、これから活躍するであろう可能性をすごく秘めた選手。四大陸選手権で初めて彼の演技を見ましたが、表現することを強く意識した滑りがすごく印象に残りました。

日本の選手も技術や試合での成績はもちろんですが、精神的にもすごく進化して、堂々と渡り合えるようになったんですねー。頼もしいです。

この記事は多くの子供たちに読んでもらいたいですね。そして英語に対して恐怖感を持たずに、どんどん使って世界中にたくさんの友人を作っていってほしいと思います。

b0038294_10134328.jpg



<参考リンク>
トップアスリートの英語力:フィギュアスケート 小塚崇彦選手(22) -毎日新聞ウェブサイト

<関連コラム>
世界の頂点へ アメリカでの新たな挑戦 -小塚崇彦選手  2011年7月13日
浅田真央選手&小塚崇彦選手、「マルコポロリ!」に出演(その2)  2011年6月20日
浅田真央選手&小塚崇彦選手、「マルコポロリ!」に出演(その1)  2011年6月20日
「 我慢」を重ねた飛躍の一年 -小塚崇彦選手   2011年5月29日
小塚崇彦選手、「アスリートのチカラ」に出演  2011年5月27日
小塚崇彦選手、「はなまるカフェ」に出演  2011年1月13日

日経新聞の記事 -世界フィギュアで銀…小塚を変えた「真央効果」   2011年5月10日
小塚選手銀メダル、日本は来季出場権3枠を確保 -2011世界選手権・男子フリー  2011年4月28日
2011世界選手権、男子SP  2011年4月27日
小塚崇彦選手予選トップ通過!&浅田真央選手ロシア到着  2011年4月26日
“サラブレッドの宿命”を乗り越えて -小塚崇彦選手  2011年1月24日
小塚崇彦選手初優勝!!! -全日本選手権・男子シングル  2010年12月26日
小塚崇彦選手首位、羽生結弦選手2位の躍進!-全日本選手権・男子SP  2010年12月24日
小塚崇彦選手インタビュー「フィギュアスケートの遊び方」  2010年12月21日

小塚崇彦選手、「おしゃれイズム」に出演 (その2)  2011年6月16日
小塚崇彦選手、「おしゃれイズム」に出演 (その1)  2011年6月16日

The ICE八戸公演は大成功!  2011年7月27日
日経新聞の記事 -「真央ちゃん来て…被災者の声に応え、慈善アイスショー 」  2011年7月27日
The ICE 2011!!(その2)  2011年7月25日
The ICE 2011!!(その1)  2011年7月25日
The ICE 2011 東北チャリティ-公演は八戸・7月27日  2011年7月6日
小塚崇彦選手、被災地を訪問  2011年6月3日
The ICE、今年は名古屋・大阪公演&東北でチャリティショーも  2011年5月7日
豊橋チャリティー演技会  2011年5月7日
小塚崇彦選手、浅田真央選手らが5月にチャリティアイスショー  2011年4月21日

無欲の勝利ー「逃走中」小塚崇彦選手  2010年6月28日
by toramomo0926 | 2011-07-30 08:52 | フィギュアスケート


<< The ICE大阪公演!その他... The ICE八戸公演は大成功! >>