ついにNHK杯です!!
b0038294_7431097.jpg
今日からついにNHK杯です!
昨日公式練習と日本選手の記者会見が行われましたが、こうやって日本チームのメンバーを見るだけでも豪華すぎてめまいがしそうです(笑)
他にもペアでロシアから川口悠子&アレクサンドル・スミルノフペア、アイスダンスではアメリカからマイア&アレックス・シブタニ兄妹も出場します。




*****
フィギュアNHK杯に浅田真央が登場 高橋、小塚はファイナル狙う
 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯が11日から札幌・真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開催される。日本勢は浅田真央(中京大)が今季初戦を迎え、GP2戦目となる高橋大輔(関大大学院)、小塚崇彦(トヨタ自動車)、鈴木明子(邦和スポーツランド)はGPファイナル出場を狙う一戦となる。

 女子シングルには浅田、鈴木、石川翔子(明治大)の3選手が出場。浅田はこの試合が今季初戦。昨季はジャンプの修正などの影響で優勝が一度もなかったが、佐藤信夫コーチについて2年目の今季はどのような滑りを見せてくれるか。鈴木はGP1戦目のスケートカナダで、ショートプログラムで出遅れたものの、フリーでは1位となる演技で2位に入っている。石川は9月に行われたオンドレイ・ネペラ・メモリアルで銀メダルを獲得。NHK杯の出場はシニアデビュー戦となった2009年以来2回目となる。
 海外勢では欧州選手権3位のキーラ・コルピ(フィンランド)、スケートカナダで4位のアリョーナ・レオノワ(ロシア)らが出場する。
b0038294_8131848.jpg

 男子シングルには、高橋、小塚、町田樹(関西大)の3名が出場。高橋は1戦目のスケートカナダ、小塚はスケートアメリカでともに3位。初戦を終えて、ジャンプなどの技術面とプログラムの表現面でどのように修正してきたか注目だ。町田は今季のGPシリーズはNHK杯のみの出場となる。
 海外勢では欧州選手権3位のトマシュ・ベルネル(チェコ)、今季の大会で史上初めて4回転ルッツを成功させたブランドン・ムロズ(米国)らが出場する。

 ペアには日本の高橋成美/マーヴィン・トラン(木下工務店クラブ東京/カナダ)が出場。初戦のスケートカナダではフリーで得点を伸ばせず4位となった。そのほか、川口悠子/アレクサンドル・スミルノフ(ロシア)、アリョーナ・サブチェンコ/ロビン・ゾルコビー(ドイツ)などが優勝を争う。

 アイスダンスにはキャシー・リード/クリス・リード(木下工務店クラブ東京)が登場し、今季GP初戦を迎える。今季は9月に行われたネーベルホルン杯で4位になっている。そのほか中国杯で2位に入ったマイア・シブタニ/アレックス・シブタニ(米国)らが出場する。

 以下は鈴木のコメント。
「(今大会の目標は?)GP2戦目になるので、カナダ大会よりも良い演技をすることと、そして、短い期間だったんですけどしっかりと修正点を見つけて練習してきたので、そこをしっかりと出すことです。そして、自分のベストが尽くせればいいなと思います。
(GPファイナルに向けては?)ファイナルを意識していないわけではないんですけど、成績というよりもまず自分ができることをしっかりと出し切って、それがファイナルにつながればいいなと思います。スケートカナダは2位という結果ではあったんですけど、ジャンプのミスだったり、ショートのスピンでもレベルが取れていなかったりと、まだまだ直せる部分がたくさんありました。今大会で自分が今持っているものを出し切れれば、それがファイナルにつながると信じています」

 以下は石川のコメント。
「(今大会の目標は?)自分のできることを全部やって、自分のベストの点を出して、あとはジャンプ以外の部分でも伸び伸びと自分らしく滑ることができたらいいなと思います。
(荒川静香さんが振付けたフリーについては?)荒川さんのスケートは憧れで、とても大きな存在です。その方に作っていただいたプログラムを、目の前で滑っていただいて振り付けしたのですが、生で見せていただいて勉強になるし、ひとつステップアップできるんじゃないかという思いがあります。荒川さんからは、『プログラムと滑りを楽しんできて』という言葉を頂いています」

 以下は高橋のコメント。
「(今大会の目標は?)GP1試合目が終わって3位ということなのですが、ファイナルには出場したい気持ちが強いです。(隣に座っている小塚)崇彦くんと同じ成績で、頑張らないといけないなと思っています(笑)。どちらが行けるか分からないですけど、ここで切符が取れるように精一杯やっていきたいと思います。
(スケートカナダから修正してきたことは?)特にありません。NHK杯に向けて調整してきたという感じです。
(4回転はトゥループとフリップ、どちらを予定している?)僕自身もどっちが跳べるか分からないので(笑)、当日の朝(の公式練習)か、6分間練習まで考えて、どちらにするか決めたいと思います。
(4回転の調子自体は)トゥループはまだ“きてない”です。いろいろ細かい部分では試していて、跳び方を変えたりなど探り探りきている感じです。感触としてはすごく良いんですけど、まだ。フリップは回転して転倒、というところまできているので、今シーズン中にはもしかしたらいけるんじゃないかという希望的観測があります。自分としては望みがすごく見えてきているので、できれば今シーズン中に1回でもいいので成功させてみたいなと思います。
(GP2戦目を迎えてコンディションや靴の調子は?)体の方はスケートカナダよりもすごく良くなっています。靴はしっくりきていない部分もあるんですけど、メーカーを変えたので、仕方がないかなと。試合に合えばいいなと思っています。ただ、本当にカナダの時よりも自分の感覚で体の調子がかなり良くなっています。これぐらいの時期でここまでの体の調子っていうのはここ何年もなかったので、すごく良い感じできているなと思います」

以下は小塚のコメント。
「(今大会の目標は?)今日練習が終わったあと高橋選手と話をしていたんですけど、ファイナルに行けるのはどちらか、という状況だと思うので、しっかり頑張りたいと思います。
(4回転の調子は?)今のところまだ跳べていないです。名古屋で練習していたときより調子は上がってきているので、このまま練習し続けて、試合に間に合えばいいなと思います。
(2戦目を迎えてコンディションや靴の調子は?)体のキレや体重は良い感じで仕上がっているなと思います。靴に関しては、シーズンオフからかなり靴を変えているんですけど、今回の靴は感覚に合ってる感じがします。ただ、まだ慣れきれていない感じもするので、あと2日でどこまで調整できるかというのはありますけど、慣れるというのを信じてやっていきたいと思います。
(スケートアメリカでジャッジと目が合うなど、表現面で手応えがあったと話していたが、今大会での表現部分への思いは?)スケートアメリカのときの感覚を忘れないようにしたいですが、点数的にはジャンプがあっての表現力かなと思うので、やはりジャンプを成功させて、スケートアメリカで感じたことを忘れないようにして滑りたいと思います」

以下は町田のコメント。
「(今大会の目標は?)NHK杯はグランプリ(シリーズ)の中でも日本人にとって特別な大会だと思うので、自分が練習してきたことや自分が演技を通して伝えたいことを、みなさんにしっかり届けられるように頑張りたいと思います。
(4回転の調子は?)パーフェクトに跳べてはいないんですけど、フリーでまだもう少し時間があるので、しっかりとレッスンしたことを再確認して、落ち着いて調整して、フリーに間に合わせたいと思います。先月の近畿ブロック大会では成功できたので、今回も降りられたらいいなと思います」

2011年11月9日 スポーツナビ
b0038294_7491865.jpg

NHK杯フィギュア・談話
◇しっかり出したい
 浅田真央

 シーズンオフに練習してきたことを、しっかり出したい。トリプルアクセルもまあまあ手応えはあるが、他の部分も取りこぼさないように心掛けたい。

◇前回よりいい演技を
 鈴木明子

 GP2戦目になるので、前回よりいい演技をしたい。自分ができることをしっかり出していけば、ファイナルにつながると信じている。

◇精いっぱいやる
 高橋大輔

 体の方は、かなり良くなっている。ファイナルに絶対行きたいので、切符を取れるように精いっぱいやりたい。

◇間に合わせたい
 小塚崇彦
 4回転ジャンプは(きょうの練習では)跳べていないが、試合に間に合わせたい。体の切れ、体重もいい感じで仕上がっている。

2011年11月10日 時事通信

*****

b0038294_7504083.jpg


昨日の公式練習で、真央選手の今季のSP「シェヘラザード」がマスコミにお披露目されました。
b0038294_9313618.jpg

*****

真央、新SPはエキゾチック!今季初戦に「自分らしく」…フィギュア
 フィギュアスケートのGPシリーズ第4戦・NHK杯は11日、札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開幕する。10日は会場で公式練習が行われ、今季初戦の浅田真央(21)=中京大=は、新ショートプログラム(SP)とフリーを初披露。3回転ルッツで転倒するなどジャンプに不安を残したが、アラビアンナイトのお姫様を演じるSP「シェヘラザード」で好発進を目指す。

 復活にかける真央のシーズンが幕を開けた。この日は2回の練習で氷の感触を確かめ、大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は前半の練習で3回着氷。後半は両足着氷や回転が抜けるなど大乱調で、3回転半を1度も成功できなかった。
b0038294_9314635.jpg

 それでも真央は「3回転半はまあまあ手応えを感じている。回転不足になるかもしれないけど、ほかの部分で取りこぼしをなくしたい」とマイペースを強調。踏み切り違反が続く課題の3回転ルッツでは転倒して壁に激突したが、直後に佐藤信夫コーチ(69)と談笑する余裕も見せた。

 注目の新プログラムもベールを脱いだ。SPはアラビアンナイトの王妃をテーマにした「シェヘラザード」を使用。98年長野五輪銀、02年ソルトレーク五輪銅メダルのミシェル・クワン(米国)ら数多くの選手が使ったエキゾチックな名曲で、ベリーダンス風の動きで物語の世界を表現。「自分らしく伸びやかに滑りたい」と目を輝かせた。

 フリーは昨季と同じ「愛の夢」を使い、ステップなどを一部変更した。昨季はGP初戦のNHK杯で自己最低の8位。震災の影響で4月に延期された世界選手権では6位に終わった。失敗続きだった「愛の夢」を完璧に演じるため、初めて2季連続で同じプログラムを滑ることを決めた。

 「オフはスケーティング、スピン、ステップ…すべてを練習した。少しずつ仕上がっているので、全体的にまとまった滑りをしたい」と真央。3季ぶりのGPファイナル出場を目指し、初戦でV発進を狙う。

2011年11月11日 スポーツ報知

*****


他の記事でルッツ転倒時に「壁に激突」とありますが、映像で見たところ全然「激突」じゃなかったですね(笑)転んだ勢いもかなり失速した状態でそのまま壁に「当たった」というか「当たるのを待って起き上がった」ようにも見える感じで、安心しました。
最近の新聞や記者の人って、言葉の使い方をもうちょっと正確にしてほしいと思いますね。少しでも目を引きたいというのもあるのでしょうが、あまり事実とかけ離れた表現ばかりしていると信用をなくします。

あと、同じ練習を見ても「どう書くか」によって選手の調子の印象は随分変わるんだなと思いました。
冷静に事実を書いているところもありますが、特に今回サンケイスポーツの記事は酷いですね。あまりこういう言い方はしたくありませんが、まるでナントカ日報の記事のようでした(笑)文章の書き方(言葉の使い方)まで似てる気がします。
まあ確かに真央選手のポテンシャルを考えれば、3Aの成功率は低かったかもしれないしその記者の方の期待が高すぎて(笑)失望したのかもしれませんが。
読売新聞などは「3Aは両足着氷になることもあったが、他のジャンプは軸がしっかりしていて安定感があった」と書かれているのですが、サンスポは昨日跳んだジャンプ全てに失敗したかのように書いています。公式練習は2回あったとはいえ、同じ日の真央選手を見ているはずなんですが。

練習の様子は勿論選手の調子を推し量る目安にはなりますが、本番はそれとは別人のように良くなることもあるし、悪くなることもある。だからこそ、練習の様子は客観的に、冷静な視点で見るということが求められます。
そして報道メディア媒体は事実だけを伝える必要があると思いますが、その記者が「失敗」を強く照らし出そうと思うとそういう記事になる。練習はパーフェクトではなかったけれど、真央選手の表情を見て、記者会見の言葉を聞いていてもああいう記事になるのなら、どういう内容の記事にするかの「方針ありき」の書き方という気もしますけれど。

まあでも練習から祭り上げられてもあまり良くないですし、どう書こうがいいんですけどね。
ただ、記者や発信元メディアの方針、意向によって、世間一般が受ける印象っていくらでも変えられるんだな、という怖さを少し感じたということです。

b0038294_9515839.jpg

シェヘラザードは、フルでは見られませんでしたがアラビア風?に手のひらを上に水平に掲げる振り付けが印象的でした。
まあ、これはシェヘラザードの演技では大抵誰もがやることですが(笑)
b0038294_8152123.jpg

音楽のアレンジもチリン、チリンという鈴の音や、キラキラーン☆的な効果音も随所に入っていて、まさに真央選手の話している「お姫様」という華やかさに溢れています。華やかといってもゴージャス!という感じというよりはさわやかさと可憐さがある感じ。
真央選手もすごく気に入っているそうで、練習中でも自然な笑顔が出ていましたね。体全体を本当に大きく使っていて、「伸びやか」という表現がぴったりでした。
b0038294_9292425.jpg
b0038294_8124210.jpg
b0038294_8142274.jpg
b0038294_8143156.jpg

今回の練習は非常に彼女自身が試合を楽しみにしている感じがあり、何より精神面で、佐藤信夫・久美子コーチがついていること、彼らと一緒にずっと練習を積んできたという安心感がすごく出ているように見えました。
トリプルアクセル(3A)は、映像を見ただけの印象ですが、正直まだ固まっていないという感じでした。本番で成功できる可能性は少ないと思いますが、初戦から跳んでいくというのは必要と思います。
今季は当日の出来で3Aか2Aかにする今までのやり方ではなく、最初から「この試合ではどちらにするか」を決めてから臨むことにしたといっていましたが、今回は跳ぶということですね。
すごく落ち着いているように見えるので、このテンションのまま、落ち着いて本番に臨んでほしいと思います。頑張ってください!!



昨日の公式練習の様子。
八木沼さんが真央選手のシェヘラザードについて「少女から大人へと変化していくところも(真央選手に)合っている」と話していたのが昨夜からずっと引っかかっています・・・
シェヘラザードは、真央選手のCD(浅田真央スケーティング・ミュージック2011-12)の曲紹介によれば、

「最初の妻の裏切りから女は不実なものと信じ、新たな妃と一夜を共にしては殺してしまうというペルシャのシャーリアール王。その数が3千人となったとき、大臣の娘シェヘラザードが嫁ぎます。シェヘラザードは毎夜、王に不思議な話を物語っては興味を引き、ついには千一夜が過ぎて生きながらえます」

ということなので、「少女から大人へ」という話じゃない気がするんですが・・・私は原作を読んでないので何とも判断できないんですが、どうなんでしょう?

そしてこの話がモチーフだとすると、「シェヘラザード」の時代のアラビア女性(特に王の妻などになるような女性)はより女性らしくあることを求められたとは思うのですが、あまり色気を強調するものでもないのかなとも思えてきます。
「『色気=褥』にもっていかずに、物語(と飽きさせずに語る話術)で興味を引き続ける」ということなのですから、勿論王妃となる女性ですから美しかったでしょうが、シェヘラザードはかなり知的な面も持つ女性だったのではないかと思います。
今までこの曲を使ってきた演技を見た印象では、魅惑的な美女で男を虜にするみたいな女性というイメージが強かったのですが、今回の真央選手の演じるシェヘラザードは最近にない解釈ではありますが、実は原作により近いのかもしれない、とも思いました。


鈴木明子選手も相変わらずキレキレで、今回も優勝を充分狙えますね。
b0038294_952942.jpg
練習の動画でも、おなかがチラチラ見えてたのがかわいかった(笑)風邪をひかないでくださいね~。
今季本当にキレッキレのあっこちゃん。表情もいいですし、今季はいつもの穏やかな表情の中にも目に力がある感じ。初戦の勢いを持ち込めたら優勝って感じになってますね。ワクワクします。彼女のSP、フリーのプログラムもどちらも大好きです。頑張ってください!!

石川翔子選手もSPの「La Rosa」は宮本賢二さん、フリーの「ミス・サイゴン」は荒川静香さんの振り付けということで、すごく楽しみにしています。彼女が今季どういう滑り、どういう戦いをするかによって、フィギュアの次世代の争いも更に激しくなりそうなので、是非かき回してほしいなと思っています。


高橋大輔選手は体のコンディションがすごく良いそうで、これは期待できます!!
b0038294_9384980.jpg

今季のSPとフリー、是非是非パーフェクトが見てみたいところ。特にフリーはミスなく滑っていけば、間違いなく会場の求心力を高め、ものすごく一体化したものができそうです。4回転についての方針は当日決めるようですが、フリップを跳んでくるかも楽しみ。ブランドン・ムロズ選手もルッツ成功させてますし、彼も跳んできますかね~。


小塚崇彦選手はちょっと今ジャンプの調子を落としているのでしょうか?練習の様子でも、4回転がまとまっていませんでしたね。会見でも高橋選手とは対照的に、わりと抑えめの発言が目立ちました。
b0038294_9575861.jpg

ですが「スケートアメリカのときの感覚を忘れないようにしたいですが、点数的にはジャンプがあっての表現力かなと思うので、やはりジャンプを成功させて、スケートアメリカで感じたことを忘れないようにして滑りたいと思います」という言葉が力強いですね。靴というのは私たちには想像もつかないような影響を滑りそのものにもたらすんですね・・・確かに普通の靴でも合わないと疲れますし痛いですしね。今の靴は合っている感触があるという事なので、焦らずにベストを尽くしてほしいと思います。

町田樹選手の演技は好きなんですけど、今季はグランプリシリーズは1試合なんですね。出場選手数が減ったので・・・残念ですが、ここで神演技を見たいところ。4回転も皆さん挑戦してきていてすごい。近畿ブロックで一度成功させているということなのできっとできます!楽しみにしてます。頑張ってください!

今日15時からNHK-BSでアイスダンスとペアのSPが放映され、シングルは19:30からNHK総合で放映です。生放送ということで楽しみです。
BSコラムを書いてくださっていた刈屋富士雄さんが今年も実況してくれるはずで、彼の実況も楽しみ。
先日最後のコラムが更新されていました。ここでNHK杯までに紹介したかったんですが、ちょっとバタバタしているうちにできなかった・・・尻切れになってしまって申し訳ありません。

リンクを張っておきますので、是非お読みください。
フィギュアスケート・NHK杯へようこそ! (4) (by 刈屋富士雄)


いよいよですね!!もう昨夜から緊張している私ですが(笑)でもどんな結果になっても、選手が精一杯今の自分のベストを尽くしてくれたら私は満足です。ケガだけには気を付けて、皆さん頑張ってください!


<関連コラム>
スケートカナダ・男女シングル  2011年11月1日
「観客とつながり、音楽と一体となる。新たな一歩」 -小塚崇彦選手  2011年10月25日
ブレジナ選手シニアGPS初優勝!小塚選手銅メダル -2011スケートアメリカ  2011年10月23日
ブレジナ選手がトップ、小塚選手2位、村上選手3位スタート! -2011スケートアメリカ  2011年10月22日

ソチへ一歩ずつ 佐藤コーチと本格改造 -「挑戦 真央らしく」  2011年11月9日

体重を増やさずにスピードに耐えられる筋力作りを -ウィダー・サポートチーム  2011年11月10日
浅田真央選手、驚異の栄養摂取感覚 -ウィダー・サポートチーム  2011年10月4日
体重減でもパフォーマンスは維持 -浅田真央選手&ウィダー・サポートチーム  2011年8月9日
牧野トレーナー復活! -ウィダーサポートチーム  2011年6月31日
by toramomo0926 | 2011-11-11 11:15 | フィギュアスケート


<< 「浅田真央 さらなる高みへ」の... 体重を増やさずにスピードに耐え... >>