海外の解説者はどう伝えたか -浅田真央選手・2011年NHK杯フリー
b0038294_1436294.jpg
先日終了したNHK杯の浅田真央選手の演技は、優勝には届きませんでしたが日本中を沸かせました。
と同時に、海外の解説者もかなり注目していたようですね。
真央選手が昨季技術の完全大工事に入ったことを(昨季は認識の浸透にばらつきがあったようですが)今は彼らも把握していたようで、「彼女はどうなってるでしょう」という感じでした。

動画投稿者の方が訳を付けて下さっている動画を見つけたので、ご紹介したいと思います。
とりあえず今はアメリカ、カナダ、ロシア、イギリスの4件ですが、動画がもっと出揃ったら追加する予定です。
是非「お茶の間解説」として有名なフランスの出現に期待したいです(笑)





アメリカ・NBC版。


解説は1998年長野五輪金メダリストのタラ・リピンスキーさんです!
b0038294_1425454.jpg
長野五輪のタラと、引退後の彼女。前からそうだったけど、美人さんになっています。
選手への愛情あふれる解説も好きです。



真央選手はタラの長野五輪の演技を見て、自分もオリンピックに出たいと思ったのだそうですし、若いころから高難度ジャンプをホイホイ決めていたというのもちょっと自分の中でダブる感じ。選手としてのタイプは違いますけどね。
タラは真央選手の取り組みを前から評価してくれていますね。やはり彼女もチャレンジャーでしたから、共感するものがあるのかもしれません。

「私が見たいのは難しいレベルに挑戦する選手だ。
それがスポーツのレベルを上げるものだ。
挑戦を恐れる選手がいるのは知っているが、これは競技なのだ」


という名言を残している、かっこいい女性です。


カナダ・CBC版。


解説はおなじみ、トレイシー・ウィルソンとカート・ブラウニング。

トレイシーは真央選手がシニアデビューの時から(もっといえばジュニアの頃から)ずっと真央選手の演技を絶賛してくれていた人でした。
ですが五輪前にキムヨナ選手のコーチスタッフの一人になってから&そして真央選手がロシアのタラソワコーチに師事してからは、別人のようにその発言は変わりました。
まあ自分の見ている選手の最大のライバルとされている選手を手放しで褒めるわけにもいかなかったのかもしれませんが、中立の立場が取れないならこういう解説の仕事を引き受けてはダメですよね。
五輪直後、結果を出したのになぜか突然オーサーコーチと共に半ば解雇される形となり、キムヨナ選手と離れてからは、もとの調子に戻りつつあります(笑)。
b0038294_14291952.jpg
「チーム・ヨナ」(五輪前)のショット。
左前の女性がトレイシー。その後ろがおなじみブライアン・オーサーコーチ。
ちなみに右隣のグレーのTシャツの男性が、今季小塚選手や高橋選手の振り付けも担当した人気振付師のデイヴィッド・ウィルソンさんです。


それにしてもカナダ(北米)とロシアってつくづくフィギュアスケート的には折り合いが悪いようで、未だに、今回の解説でも「真央の軽やかな優美さをロシアンスタイルの重厚さが奪った」みたいなことを必ず言います(笑)
そして母国カナダに対しては「真央はカナダに来て、カナダでこの衣装を作ったのよ!」と、そんな情報まで・・・という母国賛美(笑)。
まあカナダでの放送ですからある程度目をつぶる必要はあるでしょうが、徹底してるなあと思います。
でも日本でも、日本人の曲を使った選手がいたら、絶対実況はそれを口にしますよね。きっとそんな感じなんだろうなと思います・・・ことにします(笑)

私はロシアで作られた「仮面舞踏会」と「鐘」があったからこその今の真央選手だと思うんですけどね。高い芸術性と表現力を鍛えられたと思います。
この「愛の夢」を振付けたカナダ人のローリー・ニコルは、真央選手の「くるみ割り人形」「月の光」「ノクターン」「幻想即興曲」など、真央選手の優美で軽やかなイメージを作り出したともいえる名振付師で、世界中からオファーがくる第一人者です。
ローリーは真央選手の素地としてある良さを「生かす」のが非常にうまいと思いますが、タラソワは真央選手自身も知らなかったような激しさ、強さを彼女の奥底から「引きずり出して新境地を開拓した」という感じがしています。
どちらが優れているということではなく、どちらも今の真央選手の個性、演技には欠くことのできなかったものだと個人的には思います。

カート・ブラウニングさんは世界王者にもなっている超有名スケーターで、現在もプロスケーターとして海外の有名アイスショーでは欠かせない人になっています。
素晴らしくよく滑るスケーティングと高くて幅のある素晴らしいジャンプ、表現力溢れる演技力を持っていて、多くのスケーターから尊敬されています。小塚崇彦選手のカートへの崇拝ぶりは特に有名ですね。
b0038294_14322095.jpg


ロシア解説。すみません、このお二人の名前がわかりません(涙)


「つぶやき解説」と呼ばれてますが、何気に喋ってますね今回。いつもロシアの解説は演技中は一切しゃべらないことが多いんです。
それでいいと思うんですよね。日本の解説が喋りすぎ。内容があればまだしも、見てわかることをいちいち言葉にする必要はないと思います。「転倒!」とか、見ればわかりますって(笑)


イギリス・ブリティッシュユーロスポートの解説はいつも温かいです。

実況のサイモン・リードさん、 解説のクリス・ハワースさんのW解説がおなじみなんですが、今回は一人?のように聞こえます。どの選手にも温かく、そしてたまにジャッジ批判も・・・(笑)イギリスらしい辛辣さも併せ持つ愛情たっぷりの解説です。


やはり皆さんかなり注目していたようですね。そしてその国によって特色が出るのが面白い。
彼らは各国の代表的な解説者の方々ですが、日本代表を選ぶなら、やっぱり刈屋さんといきたいですよね。塩原さんにはちょっと引っ込んでいてもらいましょう(笑)
b0038294_1437188.jpg


<関連コラム>
胸のすくような神解説 -2010年世界選手権 浅田真央SP  2010年3月29日
フィギュアスケート実況、日本はレベルアップを  2008年3月27日

本当にすごかった!カート・ブラウニングの「Singing in the rain」  2011年2月16日

フィギュアスケーターの名言集:痛快編  2010年4月10日
フィギュア界の名言いろいろ その2  2010年5月16日
フィギュア界の名言いろいろ  2010年4月7日

浅田真央とやさしい言葉たち  2010年3月19日
浅田真央選手とその演技への海外選手コメント集(追記あり:3/14)  2010年3月7日

日本フィギュア 次世代エースの挑戦 -小塚崇彦選手  2011年10月9日
小塚崇彦選手インタビュー・その4 :浅田舞のスポ友!  2011年2月10日
スケートカナダ、男女SP  2009年11月21日

ブライアン・オーサーコーチ、TVにて解任騒動を語る  2010年8月26日
by toramomo0926 | 2011-11-17 14:06 | フィギュアスケート


<< 動画のご紹介 -浅田真央衣装談義 浅田真央を変えた佐藤コーチの信... >>