ジェレミー・アボット選手がSP首位、羽生結弦選手が僅差の2位! -2011年ロシア杯
b0038294_1355211.jpg
グランプリシリーズ(GPS)・ロシア杯の男子シングルのショートプログラム(SP)、ジェレミー・アボット選手が靴や荷物が届かないアクシデントをものともせず首位発進、羽生結弦選手が4回転で手をついたもののアボット選手に1点差もない僅差で2位につけました3位にはすっかり優勝争いの常連になったミハル・ブレジナ選手です!

ISU Grand Prix 2011 Rostelecom Cup
順位と得点詳細。
「Result」でそれぞれの種目の総合順位と総合得点が、
「Entries/Result Details」ではショートプログラム(SP)とフリーそれぞれの得点詳細が、
「Judges Scores」ではSP/フリーで各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。




*****
羽生結弦は僅差で2位、アボットがトップ=フィギュア・ロシア杯 男子SP
 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、ロシア杯は25日、ロシアのモスクワで男子シングルのショートプログラムが行われ、日本の羽生結弦(東北高)が82.78点で2位につけた。中国杯優勝のジェレミー・アボット(米国)が83.54点でトップに立ち、すでにGPファイナル進出を決めているミハル・ブレジナ(チェコ)が3位。

 羽生は冒頭の4回転トゥループでミスがあったが、残り2つのジャンプを成功させたほか、スピンとステップですべて最高難度のレベル4を獲得する演技で中国杯でマークした自己ベストを更新。ファイナル出場には優勝しかない中で、トップと1点以内の僅差につけた。アボットは4回転を入れていないもののすべての要素をクリーンに決め、演技構成点では5項目すべて8点台をマークした。

 男子シングルのフリースケーティングは26日に行われる。

<主な順位>
1位:ジェレミー・アボット(米国)83.54
2位:羽生結弦(日本)82.78
3位:ミハル・ブレジナ(チェコ)79.01
------
4位:ハビエル・フェルナンデス(スペイン)78.50
5位:アルトゥール・ガチンスキー(ロシア)74.73

2011年11月26日 スポーツナビ

*****


SPトップはジェレミー・アボット選手!!
b0038294_7563496.png

SPでは4回転は外してきていますね。彼は4回転を安定して跳べる状態ではないと思うので、SPで外すというのはよい判断だと思います。素晴らしかったです。
危なっかしいところがなくて、全てにおいて安定していましたし、本人が不安なく滑っているのでこちらも安心して見ていられるという感じがしました。トリプルアクセル(3A)が美しかった!
ジャンプが決まれば彼のスケーティングは一級品ですから、全体的なレベルがグッと上がってよりこちらへのアピールがすごく強くなりますよね。
フリーでは4回転を入れてくるでしょうか?SPでトップに立ったから、完成度を重視して抜いてくるかもしれないですね。いずれにしても彼も良い形でシーズンを進めていて何より。頑張ってください!


Jeremy Abbott 2011 Rostelecom Cup SP -Bei mir bist du schoen/Swing Kids

佐藤有香コーチと。
今回のキス&クライはモニターが遠い(または小さい?)のか、得点が出ると皆さん前に体を乗り出しますね(笑)
なんかほほえましいです。


羽生結弦選手は僅差の2位スタートです!
b0038294_9252112.jpg

ずっと安定している4回転トウループ(4T)の着氷でバランスを崩し手をついてしまい、コンビネーションがつけられなかったのですが、最後の3フリップ(3F)に3Tをつけて見事なリカバリー。こういうことがしっかりできるかどうかが上位に行けるかどうかの重要なポイントの一つですね。
最初にミスがあっても、次の3Aを落ち着いて素晴らしくきれいに決めました。しかも直前までステップを踏んでの3Aという高難度。GOE(出来栄えの加点・減点)も+1.14という素晴らしさ。
b0038294_9292342.jpg

今回もドラマチックな曲を充分に表現した、エネルギッシュな素晴らしい演技でした。
彼の演技を「飛ばしすぎ」とする意見(特にフリーにおいて)もありますが、私は彼はこのままいくべきだと思っています。
今の彼の身体を大きく一杯に使った演技を、変にエネルギー配分を考えすぎて小さくまとまったものにするべきではないと今回の演技を見て特に思ったのです。
スタミナは強化中ですし、このままトレーニングを重ねていけば体の成長につれてついてくるでしょう。ですが小さくなっている体の動きを意識的に大きくしていくというのは非常に難しいことです。
彼の演技を見て私たちが胸を打たれたり心を揺さぶられたりするのは、彼があれだけ体全体を使って何かを表現しようとしていることが一番強い要素だと私は思っているので、彼は非常に頭のいい選手だけれどもそこは変に聡くならずに、今のままの彼の良さを生かしていって欲しいと思っています。
b0038294_9392413.jpg
シットスピンのポジションも素晴らしいですね。

アボット選手との点差は1点もないのですから、フリーできっちり4回転、または4T-3Tをしっかり決めて、練習通りにやれば優勝も充分あり得る位置です。前回の中国杯でも同じような位置からフリーで崩れてしまいましたが、彼はきっと二度同じ失敗は繰り返さないと思うので、是非優勝を勝ち取ってほしいと思います。
頑張ってください!
b0038294_942249.jpg


Yuzuru Hanyu 2011 Rostelecom Cup SP -Etude in D Sharp Minor Patetico



3位はミハル・ブレジナ選手!
b0038294_13155981.jpg

悪くはなかったんでしょうけど、ジャンプもスピンも少しずついつもより精彩がないという感じでした。
3Aも高いきれいなジャンプなんですけど、いつもより流れがなく詰まってしまいましたし、スピンも止まりかけてしまったり足を下ろすタイミングが少し早すぎるかな、というところがありました。彼としてはあまり良くない出来だったのではないかと思います。
彼もSPに4回転を入れてこなかったですがジャンプなどの質が毎回安定してとても高いので、転びさえしなければ高い順位を簡単に取れる選手です。
私は実は男子は映像を見る前に得点表を先に見てしまったのですが、彼が大きな減点もなく、転んでいないのに4回転でミスのあった羽生選手の下につけたのを知って「おや?」と思ったのですが、演技を見て何となく理由がわかった気がしました。
今年は特にジャッジ的に音楽との調和に加えて全体の完成度、トータルパッケージでの評価というものを重視するという姿勢を見た気がしました。
でも、それならあれだけミスったチャン選手の点はやはり説明するのが難しくなるんですが・・・(笑)でも、今大会においてはそういう感じがしました。
b0038294_13504685.jpg

SP3位とはいえ点差はあまり離れていませんから逆転優勝も充分あり得る位置。フリーでは本当にミスしたものが脱落という形になっていきそうですね。
こういうガチンコ勝負的な試合は見てても面白いですね。頑張ってください!


Michal Brezina 2011 Rostelecom Cup SP -Bset of Kodo



4位はハビエル・フェルナンデス選手!
b0038294_1325111.jpg

アボット選手と並び、今季の「サスペンダー組」の彼。明るいイエローのニットの衣装がよく似合ってますね。
最初の4Tはきれいでしたね!!流れもあって素晴らしいジャンプでした。
次の3Lz-3Tのルッツが2回転になってしまいましたが、すぐに3Tをばっちり決めたのは凄かった。着氷も詰まってしまっていて、ああいう時って2回転にしてしまう選手が多い気がしますが、よく決めましたね!
ですが今回はちょっとハジけきれなかったという感じですかね。演技そのものは、前回のスケートカナダの時のように見ていて「おお!」と盛り上がりきれずにソツなくこなして終わった、という感じがしました。個人的に。
スケートカナダで2位になり、今大会の成績によってはファイナルも見えてくる状況なので、ちょっと硬くなってしまったのかもしれませんね。
b0038294_1336428.jpg

彼の滑りは好きです。フリーも是非頑張ってほしい!!


Javier Fernandez 2011 Rostelecom Cup SP -I Love Paris/Petit Fleur

これはデイヴィッド・ウィルソン振り付け。
なんだかウィルソンとローリー・ニコルさんに振り付けの仕事の比重が集まりすぎな気もする(笑)二人はちゃんと睡眠時間とかプライベートな時間は取れているのだろうか・・・(笑)
優秀な(=見て楽しく、得点ももらえるプログラムを作れる)振付師というのは大変ですね。


アルトゥール・ガチンスキー選手が5位です。
b0038294_13462686.jpg

4Tの転倒にびっくり。次の3Aは素晴らしいものでしたが、結局コンビネーションをつけることができず、SPにおいて求められるジャンプの要素(コンビネーションジャンプ、アクセルジャンプ、ステップからの3回転ジャンプ)を満たせていないということで点が伸びませんでした。うーん残念!!
ですがその後も(内心動揺はあったかもしれませんが)いつも通り冷静にステップやスピンをこなしていきました。ステップは特に緩急があっていいですね。プルシェンコ選手を見出し大選手にした名将・アレクセイ・ミーシンコーチの秘蔵っ子ということで指導法に何やら秘密があるのか(笑)手をハゲしく動かすところとかはすごくプルシェンコ選手っぽいんですが、なんかほほえましく見てしまいます。
b0038294_1421274.jpg

今後は羽生選手とともに男子フィギュアを引っ張っていく存在に間違いなくなるであろう彼。既に大技も習得しているし、これからどんどん怖い存在になりそうです。フリーで神演技なら表彰台に食い込んでくるでしょう。フリーの「Interview With Vampire」もいいんですよね~。すごく楽しみです。
頑張ってください!!
b0038294_144711.jpg
ミーシンコーチと。


Artur Gachinski 2011 Rostelecom Cup SP -Saint Louis Blues



8位がセルゲイ・ヴォロノフ選手!
b0038294_1415524.jpg

姿を見た瞬間、ん・・・?サッカーボール???と思い、音楽が流れてきた瞬間、え・・・・ナゼにサッカーボール???と自分の中で混乱しました(笑)
なぜなら、彼の使用曲は映画「A League of Their Own」(邦題:プリティ・リーグ(笑)のサントラの曲だったからです。
この映画は、第二次大戦中のアメリカで、男たちが戦地に出払ってしまい娯楽が少なくなった国の為に、プロ野球チームのオーナー達が女子の草野球チームの優秀な選手で女子プロ野球リーグを作った。彼女たちは好奇の視線や偏見などと戦いながらも好きな野球に打ち込んでいく、という実話を基にした映画なのです。すごく好きな映画だったのでよく覚えてたんです(ちなみに主演はジーナ・デイヴィスとトム・ハンクス。マドンナも出演しています)。音楽もキャロル・キングの曲もあったりこういう華やかな曲もあったりでどれも素晴らしかったので、サントラも買ったんですよね。あとで久しぶりに聴いてみることにします。

古き良きアメリカの音楽という感じですごく聞いていて楽しくなりますが、どうしてもサッカーボールのインパクトが・・・(笑)しかもこの曲はジーナ・デイヴィスのチームがリーグで勝ち進んでいくシーンでよく使われたところだったので、余計に野球のイメージが。
でもきれいな滑りと躍動感があり、曲にすごく良く合ったプログラムだったと思います。4Tが両足降りになってしまった(高く跳びすぎたんでしょうか?)のと、コンビネーションを付けられなかったのが痛かったですね~。
でも久しぶりに彼の元気な姿を見ることが出来てよかったです。フリーも頑張ってください!


Sergei Voronov 2011 Rostelecom Cup SP -The Final Game (from "A League Of Their Own" soundtrack)



コンスタンティン・ミンショフ選手は9位です。
b0038294_14302271.jpg

4Tは踏みとどまったんですが、あとのジャンプに乱れが出てしまったのは残念でした~。彼のような面白いプログラムを見せてくれる選手も少ないので、是非上位に上がってアピールしてほしいものなんですけれど・・・。
フリーもバイク野郎みたいな(笑)疾走感のあるプログラムで、どちらも技の成否にかかわらず見ていて新鮮だし楽しい。
なにより試合だけどお客さんを楽しませたいという気概が素晴らしい。是非フリーでは順位を上げてほしいものです。
今回注意してみていたんですが、彼の衣装から宇宙人が出てくるのは結構早いタイミングだったんですね。NHK杯の時は気づくのがちょっと遅かったです(笑)
頑張ってください!!


Konstantin Menshov 2011 Rostelecom Cup SP -Dead Silence/from "Men in Black II" soundtrack



フリーは今夜ですね。みなさんの神演技を期待してます!!
b0038294_1446356.jpg


***おまけ***
ところで、今回やけに日本企業の広告が目立ちましたね。日系企業が圧倒的に多い気がします。
中でも異彩を放ちまくっているのがこれ。
b0038294_14491738.jpg
なんか真央選手がめっちゃ励まされてるみたいな感じ(笑)
やっぱりアニメ系の絵があると、そういうものをこういうところで普通目にしないために「えっ?」ってなりますね(笑)これは結構広告効果があったかも(笑)

b0038294_1458410.jpg
ソトニコワ選手の練習を(たぶん)見ているタラソワコーチ。これはこれでシュール。


<参考リンク>
プリティ・リーグ(DVD) -Amazon.jp
プリティ・リーグ(サウンドトラック) -Amazon.jp

<関連コラム>
浅田真央選手SPトップスタート! -2011年ロシア杯  2011年11月25日
ロシア杯はじまります!  2011年11月25日
トゥクタミシェワ選手、史上初のシニアデビューでのGPS2勝! -2011フランス杯  2011年11月21日
パトリック・チャン選手が優勝! -2011年フランス杯  2011年11月20日
トゥクタミシェワ選手、2戦目SPもトップ -2011年フランス杯  2011年11月19日
チャン選手がトップ、ナン・ソン選手が絶好調を維持 -フランス杯・男子SP  2011年11月19日
高橋大輔選手優勝、小塚崇彦選手銀メダル! -2011年NHK杯  2011年11月14日
鈴木明子選手優勝、浅田真央選手銀メダル! -2011年NHK杯  2011年11月13日
高橋大輔選手、小塚崇彦選手がSPワンツー発進! -2011年NHK杯  2011年11月12日
神演技続出の女子SP -2011年NHK杯  2011年11月11日
2011年中国杯・女子フリー  2011年11月7日
2011年中国杯・男子フリー  2011年11月7日
先輩が格を見せた女子SP -グランプリシリーズ中国杯  2011年11月5日
若い力が躍進の男子SP -グランプリシリーズ中国杯  2011年11月5日
スケートカナダ・男女シングル  2011年11月1日
アリッサ・シズニー選手、薄氷の勝利 -2011スケートアメリカ  2011年10月24日
ブレジナ選手シニアGPS初優勝!小塚選手銅メダル -2011スケートアメリカ  2011年10月23日
ブレジナ選手がトップ、小塚選手2位、村上選手3位スタート! -2011スケートアメリカ  2011年10月22日
by toramomo0926 | 2011-11-26 07:56 | フィギュアスケート


<< 浅田真央選手が優勝、レオノワ選... 浅田真央選手SPトップスタート... >>