「羽生結弦、手に入れたシニアの戦い方」を読んで -スポーツナビの記事
b0038294_875488.jpg
グランプリシリーズロシア杯でアベック優勝を飾った羽生結弦選手と浅田真央選手。二人ともこの試合を冷静に戦ったことでファイナルの切符を手にしました。
スポーツナビのサイトで羽生選手の優勝に寄せたコラムを読んだのですが、個人的にすごく腑に落ちるものがありました。羽生選手のコーチの阿部奈々美コーチと、真央選手のコーチの佐藤信夫コーチが、選手の状況に合わせた言い方ではありましたが、本質的に同じことを言っているように感じたからです。




*****
羽生結弦、手に入れたシニアの戦い方 0.03点差を決めた冷静な戦略
 GPシリーズ最終戦となるロシア杯。羽生結弦はショート2位からの逆転で、GP初優勝を決めた。ファイナル進出のためには優勝しかない背水の陣で、2位と0.03点差という、首の皮一枚での優勝。その0.03点には、羽生が1年かけて練り上げた「シニアの戦い方」が凝縮されていた。

■「人並みではない」負けず嫌い
 小さい時から、負けん気の強さは頭一つ抜けていた。
「何か自分ができないと『悔しい』って思う気持ちが、小さいときから他の子とは一線を画していた」と阿部奈々美コーチは振り返る。

 小学校5年生の終わりから阿部コーチに師事。悔しさをバネにする驚異的な吸収力で、あっという間に5種類の3回転ジャンプを覚え、12歳で全日本ジュニア選手権3位。トリプルアクセルを手に入れると、13歳で同大会優勝。そして14歳の史上最年少でジュニアGPファイナルを制し、同シーズンの世界ジュニア選手権で優勝した。
「負けず嫌いです。手が届かないような高い目標を置いて、そのプレッシャーに耐えながらガーッと登っていくんです。手が届かないようなものを、絶対にやってやると思って耐えて、考え抜いて、つかみ取ることに達成感がある」

 負けず嫌いなどという簡単なものではない。どん欲な吸収力、何事にも耐える闘争心、あくなき探究心。頼もしいことこの上ない、アスリート向きのハートを持った選手として将来を嘱望された。
b0038294_8151326.jpg
2010年ジュニア世界選手権で優勝。この時表彰台に上った3人は全員、今シニアで破竹の勢いで成長しています。


■シニアの戦い方の必要性
 ジュニア王者として、鳴り物入りでスタートした昨シーズン。ジュニア時代の勢いのまま、派手なシニアデビューを果たすかに思われたが、表彰台から遠のいた。ジャンプの技術面は、「トリプルアクセルは安定、4回転も確率が高い」という男子トップレベルだったが、「勝ちたい」気持ちが空回りし、試合となるとジャンプミスが出るようになってしまったのだ。

 阿部コーチにとっては、初に等しい“シニアトップレベル”の教え子。コーチ自身も新しい戦略の必要性を感じていた。
「いけいけドンドンで良かったジュニアの時と違って、シニアにはシニアの戦い方がある。これからは冷静な判断、はやる気持ちを抑えることも必要になってくる。彼の気持ちのコントロールをしなければ……」
 ジュニアでは、感情が溢れる演技力やジャンプなどの能力で、一歩抜けることができた。しかし、シニアは高い能力を持った者の集まり。才能があるかどうかではなく、それをいかに試合で出すかの戦略が勝敗を分ける。
b0038294_8192739.jpg

■「他の選手から吸収したい」欲が裏目に
 昨シーズンのGPシリーズ、羽生の頭の中にあったのは「シニアのトップから、何でも吸収しよう」というどん欲なチャレンジャー精神だった。
 この「欲」が良い方に出たのが、GP初戦のNHK杯。公式練習で、高橋大輔や無良崇人らの4回転トーループを目の前で見た。
「すごい。4回転ってこうやるんだ! やっぱり生で見ると違う!」
 選手と同じ目線で4回転を見るのは初めてだった。練習の間に目で見て吸収すると、なんと本番で初成功を収めた。終わってみれば、総合4位と納得の結果だった。
「あの4回転の初成功で、試合中に他の選手から吸収しようという気持ちが、変に強まった」と羽生。

 そして2戦目のロシア杯。「欲」は裏目に出る。優勝候補は、パトリック・チャン(カナダ)。昨シーズン、飛ぶ鳥を落とす勢いで4回転をバンバン決め、さらに極上のフットワークで演技構成点(表現面)も高得点をたたき出していた。
「今世界で一番評価の高いパトリックに勝てば、僕が王者。ファイナルにも行ける」
 そう思うと、練習中、自分のジャンプの練習もそっちのけで、パトリックを追尾。エッジワークなどの軌道をすべてまねして、「こんなに深いエッジに乗っていたんだ!」「こんなにスピードが出ていたんだ」と実感した。阿部コーチは、「ちゃんと自分に集中して」と言ったが、その言葉も右から左へ。パトリックのことしか考えないまま試合を迎えた。
 そしてフリー。4回転トーループが3回転になってしまうと、そこからジャンプ変更のシュミレーションができず、同じ3回転ジャンプを繰り返し跳び、ルール違反の0点となったのだ。
「地に足が着いていませんでした。冷静じゃなかったです」と羽生。結果、総合7位に終わった。

 阿部コーチから改めて「自分に集中できていない」と指摘され、素直に納得した。
「奈々美先生に言われたことは正しい。アイスショーなら良いけど、試合の最中にキョロキョロして他の選手から吸収しようというのは、タイミングが違う」
 ミスがあるほど、それをバネに成長していくタイプの羽生。反省を生かして、2011年2月の四大陸選手権は、自分に集中した演技で4回転をフリーで決め、高橋大輔に次ぐ2位と大健闘した。
b0038294_8205819.jpg


■中国杯で欲を出し、0.22点差で逃した表彰台
「シニアでの戦い方」は次の段階を迎えた。

 今シーズンの中国杯。ショート2位で迎えたフリーの冒頭で、見事な4回転トーループを成功。しかし後半、トリプルアクセルでややスピードのない着氷から、無理やり3回転トーループを連続して跳び、転倒してしまったのだ。
「欲を出し過ぎました。精神的に落ち着いていなかったですね。勝ちたいからもっと点を取らなきゃって、焦っていました」と羽生。
 3位と0.22点差の僅差で表彰台を逃した。

 すかさず待っていたのは、阿部コーチからのアドバイスと次の戦略だ。
「欲を出し過ぎない! 連続ジャンプを2回転にして転倒しなければもっと点が出た。がむしゃらに跳ぶことが正解ではないのよ。4分半の間、その瞬間ごとに最良のものを判断していくことがシニアでは必要。つい欲を出してしまう、その弱い自分と戦いなさい」
 その言葉は羽生の胸に刺さった。負けん気の強さは、自身では長所だと思っていた。しかし冷静さを失わせて、足を引っぱる事もあると気づいたのだ。


■「自分に集中、欲も出さない」
 そして迎えた今回のロシア杯。羽生は落ち着いていた。
「去年のロシア杯のように周りに気を取られず、完全に自分に集中していました。そして今年の中国杯みたいに欲が出たり焦っていなくて、冷静でした」
 1位のジェレミー・アボットと0.76点差で迎えたフリー。阿部コーチは「冷静に!」と最後の言葉をかけた。
b0038294_8232886.jpg

 冒頭の4回転トーループで転倒。しかし諦めずに、続くトリプルアクセルを決めた。そして後半の3つのジャンプが羽生の新境地だった。
 予定では『トリプルアクセル+3回転トーループ+2回転トーループ』『3回転ルッツ+2回転トーループ』『3回転ループ』の3種類だった。
 中国杯では、このトリプルアクセルをギリギリで降りたあと、無理に3回転を連続して跳び転倒している。
 まずトリプルアクセルをクリーンに降りると「ここは3回転を連続でできる」と判断し、『トリプルアクセル+3回転トーループ』を成功。3つ目の2回転トーループは「3つ目は危険」と感じ、無理せずに止めた。
 続いて『3回転ルッツ』。降りた瞬間に「ちょっと感触が悪いから連続は止めよう」と感じ、あたかも単発ジャンプの予定だったような顔でチェック(ジャンプを止めるポーズ)を決める。
 そして最後の3回転ループに、「ここで確実に点を稼ごう」と2回転トーループの連続ジャンプを付けた。3連続にする手もあったが、無理はせず、『3回転ループ+2回転トーループ』に抑えた。

■0.03差、薄氷勝利をつかんだ冷静な判断
 結果を見れば、転倒した4回転以外は、すべてのジャンプが加点。羽生の心の中ではさまざまな作戦と葛藤があったが、「すべてクリーンに成功した」とみなされたのだ。結果は0.03点差での優勝だった。

 2回転トーループは「1.3点」、1回転トーループは「0.4点」。どの連続ジャンプが不足しても、また無理して出来栄え(GOE)で「マイナス1~3」がついても、なしえない優勝だった。冷静な判断で「質の高いジャンプ」をそろえたことが勝因だった。

「ルッツから無理に連続ジャンプを跳んだり、ループの後に欲を出して3連続にしていたら、ミスが出た可能性があった。中国杯の反省を見事にクリアして、瞬時に冷静な判断をしていた」と阿部コーチ。
 羽生も「後半までずっと冷静に、集中が続いていた。跳びたいという自分の欲に勝ちました」と、シニアの戦い方に手ごたえを感じた様子だ。

 表彰式でもらった初めてのGP金メダル。表彰式が終わると、すぐに阿部コーチのもとに駆け寄り、金メダルをその首にかけた。
「いつもメダルを取ったら、最初に奈々美先生にかけるんです。僕のルーティンみたいなもの。自分ひとりで勝ってるわけじゃないっていうのを忘れないために」

 集中力、冷静さという大きな武器を手に入れた羽生。「グランプリファイナルと全日本選手権でも、また課題が見つかるはず。それをクリアしてもっと強くなりたい」
 GP優勝を喜ぶどころか、頭の中にあるのは次の試合で何を吸収するか。そのどん欲さこそが、これからシニアを闘っていく彼の最大の武器になるだろう。
b0038294_8313851.jpg

2011年11月30日 スポーツナビ

*****


読んでいて、いろいろ考えることがありました。
やっぱりコーチの力って凄いなと思いますね。それと、選手は試合中にジャンプや演技要素のレベルをとりながら、とっさにいろんなことを考えているのだなというのを改めて感じました。

演技構成は事前にジャッジに予定を提出しますが、実際の演技は全くその通りでなくてもいい。最終的に必須の演技要素(とその回数)を満たしていれば、変更は可能です。なので選手はコンビネーションジャンプにする予定が2ndジャンプをつけられなかったとしても、出来栄え点(GOE)を稼ぐために「最初からここはシングルジャンプにするつもりでした」という風に見せることも重要になります。今回の羽生選手のように、100分の1点レベルの点差が順位を分けることもあるからです。
b0038294_1252375.jpg
そのようにとっさの事態にも臨機応変に対応しながら正確なジャンプを跳び、スピンの回転数を数え、複雑なステップを踏み、更に曲も表現しなければならない。こなすだけではなく、疲れを見せてもいけないし大変そうにするわけにもいかず、「キュウリのように涼しい顔」でやりおおせなければならない。考えるだけで気が遠くなりそうな作業になります。
こちらはただ見ていて「すごい!きれい!高い!」と感動していればいいんですけど、本当に過酷なスポーツだなと改めて思います。
選手の演技を見ていると、選手や、またはフィギュアスケートという競技そのものに思い入れが強くなりがちで、つい「ああすればいいのに、こうしたらいいのに」などと注文を付けたくなりますが、やっぱり軽々しくそういうことを言ってはいけないなあと反省したりしました。選手やコーチが考え抜いての戦略や長期的視点での計画もあるんでしょうしね。

今回強く心に残ったのが、中国杯フリーで崩れた羽生選手に奈々美先生が投げかけた言葉です。
「がむしゃらに跳ぶことだけが正解ではない」
これは現在佐藤信夫コーチが真央選手に伝えたいことと、全く同じ意味ではないですが本質的には通じるものがあるのではないか、と感じたのです。


真央選手はこれまで試合では必ずトリプルアクセル(3A)を入れてきていました。3Aを入れてパーフェクトに滑るのが自分の目指す最高の演技だし、跳び続けなければ確率も落ちると考えていたと思います。
昨季より佐藤信夫コーチについてジャンプをはじめすべての今までの技術を解体し、再構築する取り組みを始めました。それは1回転ジャンプからしっかりしたフォームとエッジで作り直すことになり、今まで積み上げた来たことを手放すという非常に怖い決断でもありました。そのため特にシーズン序盤、グランプリシリーズではまだバラバラになって組み立て直す前の段階で試合に出ることになり、当然ながらジャンプが殆ど決まらずファンや解説者などを驚かせました。
b0038294_8561186.jpg

でも彼女は、信夫コーチから毎回2Aにするよう進言されても、3Aを跳び続けた。決まる時はありましたが、ほぼ全てが抜けてしまうか転倒ということになっても、その部分を変える気はありませんでした。でも信夫コーチとしてはまだ「その時期ではない」ということだったんでしょうね。
真央選手としてはこれまで一人でずっと練習してきて、頼れる人がいなかった。自分の調子を客観的に知るには、成功の確率が低い状態でも試合に出て3Aを跳ぶことでしか測れなかったのだと思います。
そして常に傍にいて自分を励まし叱咤してくれるコーチがいない状況では、3Aを跳ぶという強い気持ちがないと一人でシニアトップの試合を勝ち抜くべく自らを奮い立たせる術がなかったのだと思います。
技術的にもジャンプをきちんと見てもらえる人がおらず、しっくりこない感覚がずっとつきまとっていたことも影響したと思います。
b0038294_9161279.jpg


その習慣がずっとついていたので、3A回避というのは非常に怖さがあったのではないでしょうか。信夫コーチが2Aを進言する真の意味を理解したのは今季のNHK杯のショートプログラムの後、一緒に食事をした時でした。
信夫コーチは「今日は、ダブルアクセルにしていればもっと得点は出たと思う。決してトリプルアクセルを諦めるということではないから。今回は自分の判断として挑戦したけれど、いずれは真央にも分かって欲しい」と真央選手に話し、真央選手はその言葉をよく噛みしめ、熟慮の上その方針を受け入れました。

これまでの彼女にとって、2Aにすることは「後ろ向きの判断」でしかなかったですが、信夫コーチとしてはまず今季から入れたジャンプを整えて3Aだけに集中できる精神状態と技術力を培ったうえで、完璧な状態の3Aを跳ばせたいという思いがあったのだと思います。彼女ももう20代ですし、これまでのようにがむしゃらに跳んでいればいつかケガをするかもしれないという危惧もあったでしょう。
信夫コーチにとっては現在での3A回避は決して後ろ向きのものではなく、真央選手が望んで取り組んだ技術再構築の一環のひとつの段階であり、その先に更に確率の上がった完璧な3Aがあるというビジョンが真央選手にも、この時になって初めて見えたのだと思います。
信夫コーチはNHK杯後、「やっと(真央選手と)話がかみ合うようになってきた」というようなことを述べていました。同じ目標を見ていた二人ですが、そこに到達するまでのルート取りが別なものを見ていたのが、同じ地図をやっと手にできたということのように思います。

この段階にたどり着くのに1年。遅いようですが、この時間は必要だったんだろうなと思います。
真央選手は1年指導を受けて技術の立て直しも完全に軌道に乗り、NHK杯でしっかり手ごたえと成績をつかんだことによって、真央選手の気持ちに少し余裕が出来たのではないかと思うからです。
今までなら理解は出来てもなかなか受け入れる踏ん切りがつかなかったことも、ただ「3A回避」ということではなくその裏のこと、もっと深いことまでを含めて彼女自身が受け止められるくらい自らの技術への自信に基づいた安定した状態になったことが、今季GPSの活躍を生んだと思います。

一人でずっとやってきて五輪銀メダル、二度の世界女王になった選手が、競技へ臨む考え方を根底から変えるというのは非常に難しいことです。これはプライドの問題というより、トップアスリートの生理として。
真央選手は「私はトップスケーター」という変なプライドは持っていないので(だからこそ昨季試合に出続けられたと思います)そのあたりは問題なかったですが、強いプライドを持つ選手なら、そこから既に頓挫していた可能性も充分あります。というか、そういう選手が殆どではないでしょうか。
昨季は五輪直後のシーズンで、ただでさえ休みを取る選手も多かった。それに五輪や世界選手権でメダルを取るようなレベルの選手が、ここまでの規模で技術に大きなテコ入れをした例は恐らくないのではないかと思いますし、状態が形になるまで試合に出ないという判断をしても不思議ではありません。
b0038294_1043476.jpg
b0038294_9441946.jpg

真央選手は最初信夫コーチに師事した時「技術を教わる」と思っていたかもしれませんが、コーチにつくということは、それだけではないんですね。二人が気持ちの面まで心を合わせていくことが非常に大事なのだなと思いました。
真央選手も2Aにすることについてはちゃんと納得できているので、これまでのような回避することへの恐怖心というのは見えません。
b0038294_9254453.jpg
b0038294_9255489.jpg


現にフリープログラムでのジャンプ構成では、今季の「愛の夢」の基礎点は五輪での「鐘」のそれを上回っています。演技全体としてのバランスもとてもいいです。
b0038294_9265713.jpg

信夫コーチが真央選手に託す「究極のスケーター」への着実な一歩がこのバランスのとれた構成にも見えています。


奈々美コーチが羽生選手に望むことも、つきつめていくとそういうことなんだと思います。
彼は世界のトップになれる能力も魅力も、カリスマ性も持っている素晴らしい選手です。その逸材を彼にとって一番いい形で輝かせたいという奈々美コーチの願いというものが中国杯での叱咤となったし、羽生選手もコーチの言葉をきちんど受け止めて、その反省をしっかり生かしての優勝でした。
羽生選手と真央選手、選手としての状況などは違っても、今回過去の自分からより良い形で脱皮したというか、ひとつ上のレベルに上がったGPSだったのではないかと思います。


選手にとってコーチというものがどれほど大事な存在なのかということを、年々フィギュアを見ていくほどに感じています。今季のエレーネ・ゲデバニシビリ選手、アリョーナ・レオノワ選手などを見ても、コーチの指導で見違えるように変わることがある。
ただ、モロゾフコーチについては長期的に見ていかないとわからないところはあるのですが。モロゾフコーチは「劇薬」と言われることがあり、即効性はすごくあるのですがだんだん尻すぼみになっていくことも結構あったりしますので・・・長期的に良い効果を示したのは安藤美姫選手だけなような気がします。高橋大輔選手もそうですが、師事した期間は約3年と実はそんなに長くはないので、師事している間は蜜月関係といっていいものでしたがあのまま行ったらどうなったかというのはちょっとわからないところもあります。
彼は教え子のプログラムは基本的に手掛けるというスタンスですから、モロゾフのままではカメレンゴさんの「道」が生まれたかどうかもわかりませんしね。


読み応えのあるコラムが最近多くて嬉しいですね。こういう記事や内容が、ファンしか見に来ることのないスポーツサイトだけではなく、新聞や一般紙、ニュース番組の特集などでもっと表に出るといいと思います。

いよいよ来週末がファイナルですね。頑張ってください!
b0038294_9473475.jpg


*追伸:
本文中の「キュウリのように涼しい顔」というのは、村上春樹さんのエッセイで使われていた比喩です。キュウリのひんやりしたイメージがすごくわかりやすいと思い印象に残っていたので、今回使わせて頂きました。



<参考リンク>
羽生結弦、手に入れたシニアの戦い方 0.03点差を決めた冷静な戦略 / 野口美恵 -スポーツナビ
浅田真央を変えた佐藤コーチの信念 トリプルアクセル回避でつかんだスピード感 / 野口美恵 -スポーツナビ

<関連コラム>
浅田真央を変えた佐藤コーチの信念 -スポーツナビの記事  2011年11月16日

羽生結弦選手、シニア初優勝&グランプリファイナル初出場決定!! -2011年ロシア杯  2011年11月27日
浅田真央選手が優勝、レオノワ選手とともにグランプリファイナル出場を決める -2011年ロシア杯  2011年11月26日
ジェレミー・アボット選手がSP首位、羽生結弦選手が僅差の2位! -2011年ロシア杯  2011年11月26日
浅田真央選手SPトップスタート! -2011年ロシア杯  2011年11月25日
ロシア杯はじまります!  2011年11月25日
鈴木明子選手優勝、浅田真央選手銀メダル! -2011年NHK杯  2011年11月13日
神演技続出の女子SP -2011年NHK杯  2011年11月11日
2011年中国杯・男子フリー  2011年11月7日
若い力が躍進の男子SP -グランプリシリーズ中国杯  2011年11月5日

羽生結弦選手、村上佳菜子選手アベック優勝!-ジュニア世界選手権  2010年3月15日

悔しいけど前を向く 真央、五輪後のシーズンを終えて -「挑戦 真央らしく」  2011年5月17日
浅田真央選手、自身の練習と新体制の充実ぶりを語る  2011年3月10日
浅田真央選手、スピン1回30回転→104回転に進歩:「挑戦・真央らしく」  2011年1月31日
名伯楽と「充実の日々」 -浅田真央選手  2011年1月28日
浅田真央「復活の真実」  2011年1月10日
動画のご紹介 -浅田真央選手と佐藤信夫コーチ  2011年1月24日
安藤美姫選手が優勝!!浅田真央選手も会心の演技で2位!全日本選手権 女子フリー 2010年12月26日
小塚嗣彦コーチ、真央選手を評す  2010年12月14日
「スケートはミックスジュースのようなもの」-佐藤信夫コーチインタビュー  2010年11月30日
樋口先生、思わず涙&太田由希奈さんの温かさ -豊の部屋・真央選手出演  2010年10月25日
日経新聞の記事-「浅田真央、名伯楽・佐藤コーチと歩む新たな道 」  2010年10月1日
by toramomo0926 | 2011-12-01 08:12 | フィギュアスケート


<< 動画のご紹介 -グランプリファ... 2011年ロシア杯 -写真をい... >>