浅田真央選手、全日本選手権出場を発表(追記あり:12/13)
浅田真央選手が今日お母様の葬儀を終えてコメントを発表しました。
ケベックで病態急変の報せを受けてからのことや自分の思いを語っています。今月23日からの全日本選手権には予定通り出場するとの事。
コメント全文を以下に載せます。

*記事の最終部分に追記を載せました。(12/13)



*****

「お母さん、ありがとう」 真央の母の葬儀、近親者で無事に終了
 フィギュアスケート女子の浅田真央(中京大)のマネジメント会社は12日、浅田の母で、9日早朝に肝硬変のため亡くなった匡子(きょうこ)さんの葬儀が同日、近親者のみで無事に行われた、と発表した。

 浅田は今後、年末年始の活動を予定通り行う意向で、世界選手権(来年3月、フランス)などの代表選手選考会となる全日本選手権に出場し、その際に会見を開く。

 マネジメント会社を通じて浅田はコメントを発表し、「たくさんの愛を注いでくれたお母さんに何度『ありがとう』と言っても足りません」と匡子さんに感謝した。今後に向けては「生前、家族で約束した通り、今後も自分の夢に向かって、今まで通り練習に励みたいと思います」とした。

 浅田は匡子さんの容態急変の報を受け、カナダで出場予定だったグランプリファイナルを欠場、9日に帰国した。

2011年12月12日 産経新聞



<浅田真央選手>亡き母へ「たくさんの愛ありがとう」

 フィギュアスケートのバンクーバー五輪銀メダリスト、浅田真央選手(21)=中京大=が12日、48歳で9日に亡くなった母、匡子(きょうこ)さんに寄せる思いを、所属するマネジメント会社を通じて文書で発表した。浅田選手は世界選手権(来年3月)の代表選考を兼ね23日から大阪で行われる全日本選手権に予定通り出場する。

 浅田選手は匡子さんの容体急変を受け、グランプリファイナルが開かれているカナダから急きょ帰国した。しかし、臨終に間に合わず、「『ママは頑張れなかった』というお父さんからのメールを見て、涙が止まりませんでした」と記した。

 「たくさんの愛を注いでくれたお母さんに、何度『ありがとう』と言っても足りません」と感謝の言葉をつづり、「やるべき事をしっかりやることが、お母さんも喜んでくれる事だと思い、今まで通り練習に励みたいと思います」と決意を記した。12日は匡子さんの葬儀が近親者だけで営まれた。



◇浅田真央選手のコメント全文

 応援してくださっている皆さん、スケート関係、及びマスコミの皆さんへ

 この度は、大変ご心配をおかけするとともに、試合直前の欠場となり、大変ご迷惑をおかけしました。

 最初ケベックで連絡を受けたときは、今すぐに帰りたい、という気持ちと、試合を欠場しても良いのか?という思いで複雑でしたが、すぐに帰国して良かったと思っています。

 帰る飛行機の中では色々な事を考えましたが、きっとお母さんは自分が帰ってくるのを待っていてくれると信じて、ずっと祈っていました。

 しかし、成田空港に到着してすぐにメールを確認すると、「ママは頑張れなかった」というお父さんからのメールを見て、涙が止まりませんでした。それでも、もしかしたら、と思い、名古屋の病院に駆けつけ、何度も「真央だよ!」と叫びましたが、やすらかな顔をしたお母さんは、やはり目を開くことはありませんでした。

 でも、充分頑張ったし、もう、痛い思いをしないで済むんだ、と思うと、少しホッとする部分もあります。

 この半年、容態が良くない時が時々あり、名古屋を離れる時は、いつもこれが最期かも、と思いながら出発していました。まだ、信じられない気もしますが、お母さんに今までより近くで見守られている気がします。

 私たち姉妹にたくさんの愛を注いでくれたお母さんに、何度「ありがとう」と言っても足りません。

 生前、家族で約束した通り、今後も自分の夢に向かって、やるべき事をしっかりやることが、お母さんも喜んでくれる事だと思い、今まで通り練習に励みたいと思います。

 皆さん、今後とも応援よろしくお願いします。

 浅田真央

b0038294_2159180.jpg


 ◇浅田舞さんコメント全文

皆様

この度、私たち姉妹の母の件では、多くの方にご心配をいただき、ありがとうございます。

真央の帰りを待たずに、母は永眠することとなりましたが、生前より、真央に弱っている姿を見せたくない、と申しておりましたので、その希望通りであり、真央が到着すると、いつも通りの寝顔も心なしか微笑んでいるように見えました。

私は23年、真央は21年しか母と過ごせませんでしたが、過ごした年月以上の愛情を注いでくれたと思いますし、たくさんのものを残していってくれたと思います。

これからは、亡き母に心配をかけないよう、父を支えながら、自分の道をしっかり歩んで行きたいと思います。

皆様、今後とも、私たち姉妹をどうかよろしくお願いします。

浅田舞



2011年12月12日 毎日新聞


<所属事務所IMG Japanよりプレス宛のニュースリリース>

報道関係各位

IMG東京

謹啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

平素は、格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

本日、弊社のマネジメント選手である浅田舞、真央の母親、浅田匡子(故人)さんの葬儀を近親者だけで無事執り行うことができたことをご報告させていただくと同時に、姉妹からのコメントを皆様にご報告させていただきます。

なお、浅田舞、真央ともに今後の年末、年始の活動は予定通り行うものし、浅田真央は来週の全日本選手権に参加いたします。全日本選手権の会場で、取材、会見等の機会を設けさせていただきますので、それまでは試合前であることを十分ご配慮いただき、本人の練習を妨げるような取材活動はお控えいただけますよう、お願いいたします。

敬具

2011年12月12日

*****



立派ですね。舞さんは23歳、真央選手はまだ21歳ということを考えると、正直驚きすらあります。
間近に迫った全日本がどうなるかというのは考えていましたが、真央選手ならまだ心の整理がつかずとも出るというのではないかと思っていました。
ですが一方で、真央選手のスケートのモチベーションはお母様に因するところが大きいようにも感じていたので、母親不在で滑る意味を果たして真央選手は見出だせるのだろうかという心配もありました。それが見つからなければ、彼女はこのままスケートをやめてしまう可能性もゼロではないとも考えました。
ファンとしてはスケートを続けてほしい気持ちは勿論ありましたが、真央選手がどんな決断、選択をしてもそれを尊重したいと思い、彼女の気持ちが定まるまでは静かにお母様のご冥福を祈るだけだと思っていました。

ですが、結論は思ったよりずっと早く出ました。

コメントを読むと、真央選手の中ではかなり前からこのような事態を想定していたことがわかります。
「生前家族で約束した通り、自分の夢に向かって頑張る」という事は、前々から覚悟はあったのでしょう。もしかしたらご家族の間では、私たちが思っていた以上にいろいろな面から話し合いがなされていたのかもしれません。
長い間の苦しい闘病生活を支えたご家族としては、悲しみは勿論ありながらも、一方で同時に「やっとママはゆっくり休める」という安堵にも似た気持ちが起こるものなのかもしれません。


ですが、ここでいろいろと詮索しても仕方ないですね。真央選手のコメントが全てと言うことです。
選手としての活動を続ける、全日本選手権には出場する。
気持ちに身体が、身体に気持ちがついていかないことはあるかもしれないけれども、全日本選手権での真央選手がどんな真央選手でも、ファンとして精いっぱい応援するだけです。
ですが無理だけはしないでほしいですね。そういう点は佐藤コーチがいらっしゃるのできっと大丈夫だと思います。そしてチーム日本の仲間たちも。


*****

気遣う高橋「また浅田選手のスケート見たい お母さんも望んでいるはず」
 フィギュアスケートのGPファイナルで男子2位の高橋大輔(関大大学院)が一夜明けた11日、カナダ・ケベックで記者会見を行った。

 母親を亡くした浅田真央(中京大)を気遣い「絶対にまた試合に出てほしい。スケートが好きだったお母さんもそれを望んでいるのではないかな。僕も浅田選手のスケートを見たい」と語った。

 高橋は「次に会った時にどうしてあげればいいのか考えてしまう。1人よりはみんなで一緒にいて(つらいことを)忘れている方がいいのかもしれない」とできるだけ近くにいて、心の支えになることを約束した。

2011年12月12日 スポニチアネックス

*****



真央選手、みんながあなたの演技と笑顔を待っています。
ですが、無理せず焦らず、今のありのままのあなたでリンクに立ってくれれば充分です。
順位も何も望みません。
スケートをしようという気持ちになってくれただけで、充分です。

ありがとう、真央選手。

b0038294_221779.jpg


***追記:12/13***

お世話になっているやっちさんのブログ『just like an Amaranth』にて、「愛の夢」の歌詞(ドイツ語)と日本語訳を載せて下さっています。
私はこの曲に歌詞があることを知らなかったのですが、もともとは歌曲なのだそうです。
真央選手は今季「愛の夢」を持ち越したのは「大好きな愛の夢を完璧に滑りたい」と思ったのが理由と話しています。
ですが訳して下さった歌詞を読むと(真央選手がこの歌詞を知っていたかどうかは不明ですが)、もっと深いところで、もしかしたら彼女が考える以上に、今季このプログラムを滑ることには意味があったのかもしれない、と思わずにはいられません。

是非ご覧になって頂きたいと思います。

愛しうる限り愛せ -やっちのブログ『just like an Amaranth』2011年12月13日

*やっち様のブログに載せている訳は全てやっち様がご自分でなさったものです。
くれぐれも(どんなに素晴らしい訳であっても)無断転載・引用等はなさらないようお願い申し上げます。



<参考リンク>
浅田舞・浅田真央オフィシャルウェブサイト
浅田舞コメント  -舞ブログ 2011年12月12日
浅田真央コメント -真央ブログ 2011年12月12日


<関連コラム>
浅田真央選手の父・敏治氏がコメントを発表  2011年12月10日
浅田真央選手のご母堂逝去  2011年12月9日
浅田真央選手、グランプリファイナルを欠場  2011年12月9日
by toramomo0926 | 2011-12-12 21:34 | フィギュアスケート


<< 小塚嗣彦コーチ、真央選手につい... グランプリファイナル男女フリー... >>