浅田真央選手が優勝、鈴木明子選手銀メダル、村上佳菜子選手銅メダル! -2011全日本選手権(その2)
b0038294_11303886.jpg
全日本選手権女子シングルの記事の続きです。
文字数制限の関係で、やむを得ず分けて掲載しました。面倒をお掛けいたしますがご了承くださいますようお願い致します。




鈴木明子選手が銀メダル!
b0038294_947292.jpg

*****
鈴木、初V果たせず「うまくいかないなぁの一言です」
以下は鈴木のコメント。
「本当にうまくいかないなぁの一言です(苦笑)。(グランプリ)ファイナルが終わってから、一度調子が底まで落ちてしまっていたんですけど、ここにくる2日前くらいにようやく試合に出られるくらいの状態に上がってきて、絶好調でこられなかったのが本当に不安でした。そんな中でも試合で最低限やっていかなければ世界と戦えないと思っているので、結果として出来は良くなかったですけど、踏ん張れたなと思います。
 後半のルッツのミスは克服したいところでしたが、なかなか練習どおりにいかないのが悔しいです。これからシーズン後半に向けて一度リセットしてから、もう一度積み上げてきたものをつなげていけるようにしたいです」
b0038294_9522431.jpg

鈴木、世界フィギュアへ意気込み「自分の納得のいくスケートしたい」
 日本スケート連盟は25日、来年3月にフランスのニースで開催される世界選手権の代表選手を発表した。女子は2年ぶりの優勝を目指す浅田真央(中京大)、鈴木明子(邦和スポーツランド)、村上佳菜子(中京大中京高)が代表。男子は高橋大輔(関大大学院)、小塚崇彦(トヨタ自動車)に加え、全日本で3位に入った羽生結弦(東北高)が悲願の初出場を決めた。

 以下は鈴木のコメント。
「昨年は(世界選手権に)出られずとても悔しかったので、今は代表に決まってすごくほっとしています。ただ演技としてはまだまだ完成したものができていないので、世界選手権では自分のプログラムで最高のスケートができるように練習していきたいと思います。
前回(2010年)の世界選手権では納得のいく演技ができませんでした。今シーズンはプログラムやスケート自体の評価は上がってきていて、すごく手ごたえは感じているんですけど、技術的な面でまだまだミスが多いので。もっと練習して、自分の納得のいくスケートができれば良いなと思います。
 出るからには、自分のベストなスケートを滑りたいので、そのために今シーズン前半で出てきたものが、後半につなげられるように、何一つ無駄にせず、前に進んでいきたいと思います」

2011年12月25日 スポーツナビ
b0038294_1355989.jpg

鈴木明子 「進化できることを証明できるように」=全日本選手権一夜明け会見
 フィギュアスケートの全日本選手権から一夜明けた26日、世界選手権代表に決まった浅田真央(中京大)、鈴木明子(邦和スポーツランド)、村上佳菜子(中京大中京高)が会見に応じた。

 以下は鈴木のコメント。

「世界選手権が決まってホッとしています。昨日の出来は悔しかったので、昨夜はそのことが頭の中でぐるぐるしていて、自分の反省と世界選手権に向けてどうしてったらいいのかということを考えていました。
(2011年は)内容的にあまり全日本は良くなかったんですけど、この1年もう一度スケートと向き合って、しっかりと自分の目標に向かって努力しているということがすごく楽しいことだなと感じています。スケーターとして成長していくということがすごく充実していたので、良い1年になったなと思います。
(11年を一言で言うと?)『26歳からの成長』です。技術的にもそうだし、いろいろな面でひとつひとつ努力してきたことが、一気にすべてできるようになるわけではないですが、ひとつひとつ成果が出ていると思っているので。
あとはそれを積み重ねていったことが無駄にならないように、ここから積み上げていくのが大切だと思っています。
(2012年に向けて)世界選手権のときは27歳になるので、そのときに向けて、26歳で最大限できる努力を続けていって、ここからでも進化できることを自分で証明できるようにしたいです。
練習でできていることを本番で出すことを目標に、『練習だけできてるのに』って言われないように、心も強く持っていきたいなと思います」

2011年12月26日 スポーツナビ

*****
b0038294_112057.jpg

今季初戦から本当に安定していて、SPもフリーもプログラム自体も素晴らしくて、それをしっかり表現しきれている明子選手も素晴らしくて、本当に彼女の演技を見ると安らぎますね。見てて心が躍るような演技をする選手ってそうはいないんですが、明子選手はその一人です。そして自然に応援しつつ笑顔になってしまうような。
今回ジャンプで複数のミスがあり、今年ついに取るかな・・と思われた全日本タイトルは叶わなかったんですが、明子選手(特に今季の明子選手)の演技を見てると、ミスっても「ああ・・」と悲壮感が漂わないというか、もうミスとかどうでもよくなるという不思議な魅力があります。
それは今季、演技中何があっても最後まで集中を切らさず、自然な笑顔でぐんぐん曲と観客を引っ張っていく力が確実についたからだと思います。
世界選手権まで時間があきますからシーズン前半の疲れをしっかり取って、世界選手権にはまたばっちり決まった3-3とパーフェクトな演技を見せてくれると信じてます。
おめでとうございます!


Akiko Suzuki -Die Fledermaus Ouverture



3位は村上佳菜子選手!
b0038294_10133818.jpg

*****
佳菜子3位「やっちゃった」ステップで転倒
 恥ずかしそうに舌を出した。初めて女王となるチャンス。だが、村上は最終滑走の氷上で輝けなかった。2つ目の3回転ジャンプが1回転となると、終盤のステップで痛恨の転倒。SP首位を生かせず、表彰台に上るのがやっとだった。普段ならあり得ないミスに「やっちゃったなと思った」とはにかんだ。

 今季はスケート靴の調整が遅れ、出遅れた。シニア転向1年目の昨季はGPシリーズ2大会で3位、優勝と華々しくデビューしたが、今季は中国杯で6位、フランス杯4位と低迷した。それでも靴を替え、万全を期した今大会はSPで自己ベストを出すなど復調。念願の初Vに手をかけていた。
 原因は精神面。いつも緊張しがちな17歳は「最終滑走に慣れてなかった。動揺した」と打ち明けた。あと一歩で殻を破れたが、不調を乗り越えての2年連続銅メダル、世界選手権出場は収穫でもある。
 SPの自信は深まった。あとはフリーの完成度。「世界選手権は前回8位だし、絶対にそれより上が目標」。村上は少しずつ前進している。

2011年12月25日 スポーツ報知
b0038294_10163426.jpg

村上が世界フィギュア代表「本当にうれしい」
 以下は村上のコメント。
「今シーズンは“良くない続き”だったので、世界選手権に行けると決まったときは本当にうれしかったです。今日はあまり良い演技ではなかったので、ミスのない演技が世界選手権でできるように、たくさん曲をかけて練習して、自信をつけて臨みたいと思います。
前回の世界選手権ではフリーであまり良い演技ができなかったので、その悔しい気持ちを今シーズンの世界選手権で挽回したいです。今シーズンいろんなことを経験してきたので、それを生かして、今シーズンで一番良いショートとフリーをやりたいと思います」

2011年12月25日 スポーツナビ
b0038294_13541669.jpg

村上佳菜子「世界選手権で一番良い演技ができるのでは」=全日本選手権一夜明け会見
 フィギュアスケートの全日本選手権から一夜明けた26日、世界選手権代表に決まった浅田真央(中京大)、鈴木明子(邦和スポーツランド)、村上佳菜子(中京大中京高)が会見に応じた。

 以下は村上のコメント。

「(一夜明けて)世界選手権に決まってうれしいですし、頑張ろうという気持ちです。
(今年一年は)つらかったけど、次につながるシーズンというか、(良い)経験ができているなと思います。
(2012年はどんな年にしたい?)ショートはだいぶ自信がついたんですけど、でも(3回転-3回転ジャンプが)トゥループ-トゥループだからだと思うので、またフリップ-トゥループに挑戦できるようにたくさん練習したいです。(今大会)フリーも良くなかったので、たくさん練習して、たくさん曲をかけて、ノーミスが普通になるくらいまで持っていって、世界選手権では自信を持ってできるようにしたいです。
(今年つらかったということだが何がつらかった?)練習もですが、試合で思うような演技ができなかったことが一番つらかったです。
(乗り越えられたのは?)まだ乗り越えたとはいえないんですけど、あきらめずに少しずつ進んできているので、このままいけば世界選手権で一番良い演技ができるんじゃないかと思います」

*****
b0038294_10181438.jpg

SPの出来が本当に素晴らしかったですし、17歳という若さ、勢いもある。これはこのまま一気に優勝するかも?と楽しみにしていました。名前をコールされてリンクでポーズを取った彼女がすごく緊張しているように見えてちょっと不安がよぎったんですが・・・その不安が的中してしまいました。
ループについては苦手意識があるようなのでやはり気持ちを強く持っていかないとミスしてしまうかなあと思いましたが、2つ目はしっかり決めましたね。
普段はないようなミスもあったりして、やはり最終滑走、しかも全日本というのは凄いんだなあと思いました。多分彼女は他の国際試合の最終滑走ならここまで緊張しなかったんじゃないですかね。
特にステップでの転倒はびっくりしました。TVで見ていて「ベチッ」と音が聞こえるくらいで、顔から倒れたようにも一瞬見えたので心配しました。すごく痛かったと思いますがそのあとをしっかりまとめ、3連続ジャンプを決めたのは凄かった!!
演技終了後は泣きそうな顔をしていましたが、キス&クライでリプレイ&山田満知子コーチのしかめっ面)を見て山田コーチ、樋口美穂子コーチと一緒に大爆笑。樋口コーチは本気でツボに入ってたように見えました(笑)。
このポジティブパワーが山田ファミリーの、そして佳菜子選手の一番の強みですよね。
b0038294_10344377.jpg
b0038294_10345491.jpg
シニアで2年連続の表彰台。今体が変わる時期だと思うので怪我には充分気を付けて頑張ってほしいと思います。
おめでとうございます!!


Kanako Murakami -Violin Concerto



4位は今井遥選手!
b0038294_10365065.jpg

*****
4位の今井遥「緊張の中でも自分を信じて滑った」
 以下は4位に入った今井遥のコメント。
「6分間練習からすごく緊張して、体がガチガチで動きませんでした。もう本当にずっと緊張していて、練習が終わった後も足が震えていたんですけど、その割にはまとまった演技ができたと思います。6分間練習で良くなかったことでさらに緊張してしまったんですけど、3回転-3回転を下りた後から緊張が解けました。
 正直なところ、緊張し過ぎて振り付けも合っているかどうか分からないくらい頭の中がぐちゃぐちゃになっていて、3回転-3回転を跳んだときも意識がなくて、体が勝手に動いたという感じでした。練習でしっかり体が覚えていたから(跳べた)と思います。
(なぜ緊張していたのにできたのか?)去年だったらグダグダ崩れていたと思います。でもアメリカで細かいところも練習してきたし、去年のようにならないようにという思いでした。練習でも確率が上がっていたし、『練習してきたから大丈夫だ』という思いが強かったので、緊張している中でも自分を信じて最後まで滑り切れました」

2011年12月25日 スポーツナビ

*****

遥ちゃん、素晴らしかったです!グランプリシリーズよりずっとずっとよかったです。
b0038294_10495977.jpg

足の怪我でシーズンへの準備がかなり遅れていたとのことですが、今季から佐藤有香さん&ジェイソン・ダンジェンさんご夫妻に師事しアメリカで練習していて、その成果が現れはじめていると思いました。
ジャンプの軸がまっすぐになって無理なく跳べている感じがしましたし、3ルッツ(3Lz)などは着氷後の流れも素晴らしく、一緒に練習しているジェレミー・アボット選手みたいな「スパッと決まる」感じがありました。
もともとスケーティングや身のこなしは美しい選手ですから、これからジャンプがしっかり固まってきたらすごくいいんじゃないかと楽しみにしています。試合ごとに成長が感じられて素晴らしいです。
ちょっと後半疲れが出ると体の動きが小さくなってしまう感じがあるので、そのあたりを有香さんやジェイソンさんにしっかり指導を受け、同門のアリッサ・シズニー選手というものすごいお手本も近くにいますし、きっとこれからぐっと伸びてきます。
この試合が彼女の本当の今季のスタートになった感じがします。お疲れ様でした!!


Haruka Imai -My Fair Lady



庄司理紗選手がSP11位から7位にジャンプアップです!
b0038294_1125293.jpg

シニア全日本のフリーでパーフェクト!本当に素晴らしかった。ジャンプも幅があって美しく、ゆったりとしたプログラムの中に完全に溶け込ませていました。すごく落ち着いていましたね。

庄司選手は以前から美少女スケーターとして知られていますが、今年はぐっと大人になりましたね。特にSPの黒い衣装はちょっとドキッとしました。美少女というより、美女っぷりが凄いという感じ。
b0038294_1172596.jpg

この演技は今後の彼女に大きな自信となることと思います。男子の時にも思いましたが、女子も若い選手の台頭が目覚ましいですね。
彼女は世界ジュニア選手権への派遣が決まりましたね。是非おフランスの観客を魅了してほしいと思います。
頑張って下さい!
b0038294_11181612.jpg


Risa Shoji -Legends of the Fall



西野友毬選手も、宮原知子選手も(13歳でフリーのみの順位は3位!)、他にも素晴らしい演技をした選手がたくさんいて、本当にものすごい、日本フィギュアの総合力みたいなものを例年になく感じた全日本でした。やっぱり若い選手、これから伸びる選手の演技もこうやってきっちり見せていただかないと、今の日本の隆盛ぶりが広く伝わらないですよね。それはもったいないです。
これからもこういう放送にしてほしいなと思います。
それでも、CMはさむごとに煽りVTRというのはちょっと最後の方はうんざりしましたけど・・・でも去年に比べたら雲泥の差、天と地ほどの差があります。
とりあえず多くの選手の演技を見られたのは良かった。


今日はエキシビジョンを兼ねたアイスショー、メダリスト・オン・アイスがありますね。ステファン・ランビエールさんや申雪&趙宏博ペア、なんとパトリック・チャン選手(本当に?)も出演するとのこと。楽しみです。

選手の皆様、本当にお疲れ様でした!!!
b0038294_1714551.jpg


表彰式



***おまけ***


みんな仲良しでいいですね。





<参考リンク>
第80回全日本フィギュアスケート選手権大会  (日本スケート連盟)
ニチレイPresents オールジャパン・メダリスト・オン・アイス


<関連コラム>
浅田真央選手が優勝、鈴木明子選手銀メダル、村上佳菜子選手銅メダル! -2011全日本選手権(その1)  2011年12月26日

高橋大輔選手が優勝、小塚崇彦選手銀メダル、羽生結弦選手銅メダル! -2011全日本選手権  
2011年12月25日

村上佳菜子選手、全日本初のSP首位、浅田真央選手僅差の2位 -2011全日本選手権  2011年12月25日
高橋大輔選手、自己ベスト更新で大差のSP首位 -2011全日本選手権  2011年12月23日
浅田真央選手、全日本選手権出場を発表(追記あり:12/13)  2011年12月12日
by toramomo0926 | 2011-12-26 11:31 | フィギュアスケート


<< 全日本選手権の表彰式前舞台裏 ... 浅田真央選手が優勝、鈴木明子選... >>