ラウラ・レピスト選手、引退を発表
b0038294_10254528.jpg
ラウラ・レピスト選手が引退を発表しました。
今朝(3/26)、情報を得た時にはツイッターとフィンランドのスケート連盟のサイトのウェブ翻訳しか情報がなかったのですが、夕方、レピスト選手の公式サイトに正式に引退についてのアナウンスが掲載されているのを確認しました。

2009年の欧州チャンピオンであり、2010年バンクーバー五輪6位、同年の世界選手権銅メダルという実績を残しながら、その後足首や背中の怪我の回復が思わしくなく今シーズンは全試合を欠場。まさに世界トップチームに上り詰めた五輪シーズンの2009-2010シーズンを最後に、競技から退くことになりました。本当に残念です。


フィンランドスケート連盟(フィンランド語)
トップにラウラの引退を報じています。

Laura Lepistö
公式サイト(英語)



レピスト選手の公式サイトでの発表は以下の通り。
b0038294_17475489.jpg
「ラウラは昨日自身の引退を発表しました。彼女は初の世界選手権表彰台に立ち銅メダルを獲得した2010年世界選手権の後、怪我の為2シーズン競技から離れていました。」


フィンランドの連盟サイトのをウェブ翻訳した画像も貼り付けます。
かなり日本語が分かりにくいですが・・・

これがトップページ。(クリックで拡大表示)
b0038294_10272152.jpg


これが記事本文。(クリックで拡大表示)
b0038294_10273664.jpg



スポーツライターのタチアナ・フレイドさんという方がラウラの引退を報じています。(日本時間26日午前3時くらいのものです)
b0038294_10282147.jpg
フィンランドのスケート連盟がプレスリリースでラウラの引退を発表したとはっきり書いています。


ラウラのツイッターでのコメント。引退という言葉は使っていませんが、自身のキャリアにおいてのサポートに感謝する内容となっています。
b0038294_10285588.jpg
「私が自分のキャリアを通じて受けた励ましやサポートについての(感謝の)気持ちは言葉では言い尽くせません。幸せの涙をぬぐっています。」
「だけど、一つの時代の終わりは新しい時代の始まりでもあるわ!」



怪我を治して来季は絶対戻ってきてくれると信じていたので、今朝このニュースに接して本当にショックを受けています。
ラウラはフリップやルッツなどの高難度ジャンプは苦手としていましたが、そのスケーティング技術の素晴らしさとキレのある演技、そして北欧らしい趣向のこらされた、でも決してくどい感じにならない上品な衣装を毎回見せてくれる大好きなスケーターでした。
b0038294_10331836.jpg
b0038294_10332532.jpg
b0038294_10592481.jpg

彼女の滑りは本当につるつるというか、見ていて本当に気持ちいいもので、スピンも軸が細く回転の速い、本当に質のいいスピンを見せてくれていました。回っている途中でギュイーンと加速するところなども大好きでした。

b0038294_10461878.jpg
同じフィンランドのキーラ・コルピ選手ともずっと良き友人、良きライバルとしてともに成長してきていました。


キーラがラウラの引退を受けてこんなツイートを。
b0038294_8255439.jpg
「私の友達ラウラを本当に誇りに思うと同時に、彼女がもう競技しないのはとても悲しい。彼女は真のチャンピオン、ファイターであり、素晴らしいお手本だったわ!」


彼女を最初にちゃんと認識して見たのがいつだったか、多分2007-2008年か2008-2009年シーズンのグランプリシリーズだったと思いますが(ちょっと不確かですが)、初めて聞く名前とフィンランド出身ということに興味を持って見ていたところ、そのあまりの滑りの気持ちよさ、素晴らしい演技に本当に驚きました。あの時の気持ちはよく覚えています。
その時のショートプログラムは本当に素晴らしく、私は完全に魅了されたのでした。確か1位か2位にいきなりなったんですよね。フリーでは固くなってしまったのかミスが出てしまい順位を落としてしまいましたが、「ラウラ・レピスト」という名前はしっかり私の中に刻まれました。
そして2009年1月には欧州選手権で優勝。国際大会での初優勝がヨーロッパチャンピオンという凄い経歴の持ち主となりました。
その後は国際試合での表彰台争いの常連となり、派手さはなくても多くのファンから愛されるスケーターになりました。
b0038294_10552395.jpg

そしてバンクーバー五輪では6位、世界選手権で銅メダル。まさにこれから本格的にキャリアのピークを迎えるのではないかという予感はありましたし、ソチ五輪では確実にメダル候補の一人となるはずでした。

2010年のオフに故障してしまい2シーズン試合をスキップしていましたが、最近はアイスショーへの出演のニュースも聞いていましたし(北朝鮮にも行きましたよね)、来季は彼女の姿を試合で見られるだろうと楽しみにしていたのに。
本当に残念です。彼女自身も、恐らく無念さというのはあるだろうと思います。
b0038294_10591215.jpg
2010年、日本で行われたアイスショー「Dream On Ice」のアフターパーティーにて浴衣姿を披露したラウラ。似合ってます。


今後の彼女の身の振りかたについてはまだ明らかになっていませんね。できればショースケーターとして活躍し、来日もしてほしいけど、全ては怪我の後体がどうなっているかですよね。
でもアイスショーなら競技と違って構成に制限はありませんし、無理はしてほしくないけどまだスケート靴は脱がないで欲しいというのが正直なところです。ステファン・ランビエールさんもケガを理由に引退されましたがアイスショーは出演されていますしね。トップアスリートとしてフルシーズンでハードな演技をしていくのは難しいでしょうが、できれば今後もリンクの上で彼女を見られる機会があるといいと思います。
b0038294_11293599.jpg


レピスト選手、本当にお疲れ様でした。
今後の新しい人生が素晴らしいものになる事を心から祈っています。
b0038294_1134566.jpg


Laura Lepisto 2009 European Figure Skating Championships SP -Imagined Oceans

自身国際試合での初優勝となった2009年の欧州選手権のSP。地元フィンランド・ヘルシンキで開催。


Laura Lepisto 2010 World Championships FS -Adios Nonino/Fuga y Misterio

現役最後の演技となった、2010年世界選手権・フリーの演技。


<参考リンク>

フィンランドスケート連盟(フィンランド語)

Laura Lepistö
公式サイト(英語)

<関連コラム>
ラウラ・レピスト選手、新たな負傷で世界選手権出場をキャンセル  2011年3月9日
ラウラ・レピスト選手、世界選手権に出場  2011年2月26日
ステキな写真が多いので : ドレスアップした選手達  2010年11月7日
【更新】浅田真央選手、2度目の世界女王に -2010世界選手権(追記あり:2010年3月28日)
女子シングルは波乱の幕開け-2010世界選手権  2010年3月27日
2010欧州選手権終了  2010年1月24日
2009欧州選手権 その1(女子シングル)  2009年1月26日
by toramomo0926 | 2012-03-26 10:29 | フィギュアスケート


<< 2012年世界選手権出場決定あいさつ 城田憲子さんコラム「日本のメ... >>