高橋成美&マーヴィン・トランペア、日本初のペア銅メダル!! -2012世界選手権
b0038294_8435256.jpg
昨夜の大荒れの男子SPを見てクタクタで就寝、朝起きたらこんなに素晴らしいニュースが!!!
高橋成美&マーヴィン・トランペアが、日本フィギュアスケートで史上初の世界選手権メダリストとなりました!!
銅メダルです!!!素晴らしい!!おめでとうございます!!!!


ISU World Figure Skating Championships 2012
順位と得点詳細。
「Result」でそれぞれの種目の総合順位と総合得点が、
「Entries/Result Details」ではショートプログラム(SP)とフリーそれぞれの得点詳細が、
「Judges Scores」ではSP/フリーで各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。
*ちなみに「Preliminary Round」は予選を指します。本選分のスコアは予選の下にあります。



*****
高橋、トラン組が銅メダル=日本代表ペア初の快挙―世界フィギュア
 【ニース(フランス)時事】フィギュアスケートの世界選手権第5日は30日、当地でペアのフリーが行われ、高橋成美(木下ク)マービン・トラン(カナダ)組が124.32点をマークし、合計189.69点で銅メダルを獲得した。日本代表ペアのメダル獲得は、五輪、世界選手権を通じて初の快挙となった。
 28日のショートプログラム(SP)で3位につけた高橋、トラン組はフリーもミスの少ない演技で3位。今大会のSP、フリー、合計でいずれも同ペアとしての最高得点を出した。
 アリョーナ・サブチェンコ、ロビン・ゾルコビー組(ドイツ)が合計201.49点で2年連続4度目の優勝を果たした。

2012年3月30日 時事通信
b0038294_11213956.jpg

高橋成美「世界で一番幸せ」/フィギュア
 高橋成美(20=木下ク)マービン・トラン(21=カナダ)組が189・69点で3位に入り、同種目の日本代表では五輪も含めて史上初のメダリストになった。SPで3位と好発進して迎えたフリーでも、自己ベストを10・12点更新する124・32点で3位。総合得点で3位を堅持した。結果を知った高橋は、146センチの小さな体で何度もジャンプを繰り返して喜びを表現。「点数をみるまで順位は分からなかったんですが、フリーでも3位でメダルが決まって。SPの3位で十分満足だったんですけど。世界でいま自分が一番幸せだと思いました」と声を弾ませた。

2012年3月30日 日刊スポーツ
b0038294_11231263.jpg

高橋・トラン組、国の枠越え会心の演技 フィギュア世界選手権
 新たな歴史の1ページをニースの地で刻んだ。SP3位発進の高橋・トラン組がフリーでもミスの少ない演技で、五輪、世界選手権を通じて日本ペア史上初の銅メダルを獲得。順位確定の瞬間、「世界で一番幸せと思えた」という高橋は、飛び上がってガッツポーズを連発した。

 高橋がフィギュアスケートを始めたのは9歳のとき。12歳で「(身長146センチと)体が小さくて、危ないことが好き。ペアは自分に合っている」と転向を決めた。

 スロージャンプなど、危険が伴う技が多いペアは練習でもリンクを独占する必要がある。施設数が少ない日本で競技を続けるのは事実上不可能で、日本スケート連盟の関係者は「競技をしているのは、この1組だけ」と明かすほどだ。

 高橋もカナダ・モントリオールを拠点にし、母とアパートを借りて生活。5年前に出会ったトランとジュニア時代から息の合ったコンビネーションを磨いてきた。昨年の世界選手権が9位。今大会で「来年の目標だった」という表彰台入りと実績を積み上げた。

 トランの国籍がカナダのため、現状ではどれほど好成績を挙げてもソチ五輪出場は極めて困難な状況だ。それでも、国の枠を越えた2人の会心の演技はこの日、世界で確かに認められた。(ニース 田中充)

2012年3月31日 産経新聞
b0038294_18315141.jpg

「国が動いてくれれば」/フィギュア
 ペアの高橋成美(木下ク)マービン・トラン(カナダ)組が189・69点で3位に入り、同種目の日本代表では史上初のメダルを獲得した。伊東秀仁・日本スケート連盟フィギュア委員長のコメント。

 「五輪出場に向けたトランの国籍問題は、国が動いてくれればありがたい。ペアは練習環境も厳しい。メダルが(改善の)一つのきっかけになればいい」

2012年3月31日 日刊スポーツ
b0038294_10102051.jpg

高橋成美は6カ国語話す才媛
 フィギュアスケート・世界選手権最終日(31日、フランス・ニース)歴史を刻んだ!!。30日夜(日本時間31日未明)に行われたペアのフリーでショートプログラム(SP)3位の高橋成美(20)=木下ク、マービン・トラン(21)=カナダ=組が189・69点で3位となり、同種目の日本代表では五輪を含めて初のメダルを獲得した。2年後のソチ五輪出場には国籍の障壁が待ち構えるが、一夜明けたこの日も喜びに浸った。

 パートナーのトランと英語でコミュニケーションをとる高橋は、外国人記者の質問にも流ちょうな英語で応答。「話せるのは何カ国語? 6か7。趣味なんです」と説明した。本人によると日本語、中国語、英語、フランス語、ロシア語、スペイン語。父親の仕事の関係で、幼い頃から世界各地に居住してきた経験が大きいらしい。フィギュアの第一線で活躍すると同時に、慶大総合政策学部に在籍する才媛は「学校とスケートの両立が最も大変」と悩んだ時期もあったが、最近は「日本にいるときは勉強、カナダではスケート」と割り切っている。

2012年4月1日 サンケイスポーツ

*****



SPもノーミスの神演技だったけど、フリーも素晴らしかった!
最初のサイドバイサイドのトリプルサルコウは二人ともステップアウトしてしまったけど、転倒しなかったのは大きかったかも知れません。
その後も動揺せずに、ジャンプには小さなミスはあったようですが全てのエレメンツを丁寧に美しく、音楽に乗ってしっかり表現し切りました。スロージャンプもツイストも高さがあり、着氷やキャッチも無理のない美しいものでした。
全日本の時は「トップ5を目指します」なんて言ってたけど、銅メダルですよ!!!
b0038294_9275427.jpg
b0038294_9281260.jpg
b0038294_9282676.jpg
b0038294_9283872.jpg
b0038294_9285454.jpg
b0038294_929630.jpg
b0038294_9291559.jpg


演技を満足に終えた二人が、いつも演技の最初と終わりにやるグータッチをしていたのは微笑ましかった。辛い練習や緊張する試合、苦楽をともにしている二人の絆が感じられました。
b0038294_9312264.jpg
なるみちゃん、ナゼにマーヴィンの頭をわしづかみに・・・?
b0038294_93132100.jpg
b0038294_9314262.jpg
こんな時にもちょっと男らしい成美ちゃんがかわいい(笑)映画のワンシーンみたいでした。


そして、こう言ってはナンですが、演技と同じくらいエンタテインメントだったのがキスクラ(笑)
彼らは最終滑走だったので、出た順位がそのまま最終順位となる状況でした。
3位が決定した途端大フィーバー(笑)
b0038294_942421.jpg
b0038294_9345942.jpg
b0038294_935764.jpg


感情の爆発のあまり、机(モニター?)に乗ろうとする成美ちゃん(笑)
b0038294_9373190.jpg

最後に残った理性で踏みとどまり、コーチに抱きつきます。
b0038294_9364166.jpg


みんなでハグ大会。
b0038294_9374155.jpg
b0038294_9375198.jpg
b0038294_938178.jpg
b0038294_9414997.jpg


この方、昨年のロシアでの世界選手権の時も日本選手を応援して下さってましたよね?「I Love Japan」のうちわを振って大喜びして下さっています。
b0038294_94097.jpg


ひとしきりのハグタイムが終わり、観客の声援に応える4人。
b0038294_941660.jpg


なるみちゃんは再び喜びを爆発させ小躍り(笑)
b0038294_9491143.jpg
b0038294_94305.jpg
b0038294_9412044.jpg


更に熱い両手ガッツポーズ。このガッツポーズが毎回男前なんだよなあ…成美ちゃん。そこがかわいい。
b0038294_9434470.jpg
b0038294_9453162.jpg


仁王立ち(笑)
b0038294_9503591.jpg


成美ちゃん「やりきった・・・・・・」
b0038294_9462019.jpg
キスクラだけで1試合分の体力使ってそう(笑)


Narumi Takahashi & Mervin Tran 2012 WC FS -Concerto de Quebec

解説も良かったので、珍しく日本放送バージョンを。鈴木アナウンサー泣いてる。表彰式の様子も入っています。


British Eurosportの解説席では成美ちゃんのキスクラのリアクションに大ウケでした(笑)"They are a lovely couple"と話していました。




見ていて本当に微笑ましいのと同時に、彼らの努力が報われた事は本当に嬉しい!
世界の強豪が揃った試合で実力を出し切れた二人に大拍手!!
そしてこれからもケガに気を付けて、更に上を目指してほしいと思います。
本当に、本当におめでとうございます!!!!

b0038294_9524990.jpg
文末で失礼ながら、優勝はアリオナ・サフチェンコ&ロビン・ゾルコビー組、銀メダルはタチアナ・ヴォロソザー&マキシム・トランコフ組でした。おめでとうございます!

b0038294_10104423.jpg
b0038294_11234950.jpg


Narumi Takahashi 2012 WC SP -Imagine




帰国後、日本のTV出演時。成美ちゃんコメントつき。




<参考リンク>
高橋成美オフィシャルブログ「氷上のフェアリー」
Mervin Tranマーヴィン・トラン選手のツイッターアカウント。


<関連コラム>
高橋成美&マーヴィン・トランペア、神演技でSP3位発進!! -2012世界選手権  2012年3月29日
2012年世界選手権出場決定あいさつ  2012年3月28日
NHK杯エキシビジョン  2011」年11月15日
高橋成美選手インタビュー:浅田舞のスポ友! その2  2011年9月8日
目標はグランプリファイナル 高橋成美選手インタビュー:浅田舞のスポ友!  2011年9月6日
The ICE 2011!!(その1)  2011年7月25日
2011年世界選手権 -動画の追加ご紹介  2011年5月21日
エキシビジョンとチャリティ活動、写真など -2011世界選手権  2011年5月2日
by toramomo0926 | 2012-03-31 08:48 | フィギュアスケート


<< 男子も大荒れのSP -2012... 波乱と達成がせめぎ合う女子SP... >>