国別対抗戦直前特集 -高橋成美選手&マーヴィン・トラン選手
b0038294_1774635.jpg
今年の世界選手権で日本史上初のペアでのメダリストとなった高橋成美&マーヴィン・トランペア。
フィギュアスケートファンの間では成美ちゃんのフリーダムな素直さとマーヴィンの見守りキャラの良いコンビネーションは有名&人気を博していましたが、この世界選手権での活躍で、一気にファン以外の方々にも知名度と人気を広げています。
今月19日から東京で国別対抗戦が開催されますが、彼らも勿論チームジャパンの一員として出場。それを受けて、彼らを取り上げる番組が増えています。

今回は4月15日に放映された国別対抗戦のPR番組&4月16日の報道ステーションの特集での彼らをご紹介します。

*動画は削除される可能性もあるので、出来る限りスクリーンショットを貼り付けます。また、この2番組は同じ局ということもあり使用映像が重複していた部分があったので、特に2番組を分けず混合した形で並べていきます。

世界フィギュアスケート国別対抗戦2012 -テレビ朝日




世界選手権で銅メダルを獲得という史上初の快挙を成し遂げた二人。
b0038294_17422946.jpg


でも、その快挙よりもまず先に聞かれるのがメダル確定時のキス&クライでのリアクション。
b0038294_10284549.jpg

もう、成美ちゃんはスケートを続ける限り一生このことは言われ続ける気がする(笑)


修造さん(以下敬称略)も勿論そこに言及。
b0038294_1751020.jpg
でも、別に修造はやって見せなくていい(笑)

b0038294_17564478.jpg
b0038294_17565281.jpg


「木に抱きつくサルのように」と修造。
b0038294_17535683.jpg
しかし、マーヴィンは「コアラですね」と修正。
そうですよね、女の子にサルはかわいそうです。気持ちはわからんでもないけど(笑)

b0038294_17592981.jpg
b0038294_17594032.jpg


高橋成美選手は3歳でお姉様のあとを追ってスケートを始め7歳で初めて試合に出場。9歳の時にお父様のお仕事の関係で中国で数年過ごします。
b0038294_19113926.jpg
b0038294_18282942.jpg


日本ではフィギュアスケートはシングルが殆どですが、中国はペアがお家芸。そこでシングルにはないダイナミックな技の数々に魅了されたのだそうです。あと、その危険性にも(笑)
b0038294_1829554.jpg
b0038294_1830729.jpg
b0038294_18162611.jpg
b0038294_1815058.jpg
b0038294_18151470.jpg
聞き返す修造(笑)


成美ちゃん、人生のポリシーをアツく語ります。
b0038294_1815323.jpg


スリルを求める性格は生まれつきだと。
b0038294_18154811.jpg
b0038294_1816421.jpg
普通に肯定・・・(笑)


でも、怖い物知らずでスリルを好むけれども、死にたい訳ではないと話す成美ちゃん(笑)
b0038294_18173517.jpg
b0038294_18174844.jpg
この度胸の良さこそが、「ザ・なるみ」ですね。


中華料理店で小龍包を食べた時も・・・
b0038294_18544332.jpg
b0038294_18545287.jpg
b0038294_1855166.jpg
b0038294_1855942.jpg
b0038294_19454936.jpg
アグレッシブすぎる(笑)


・・・ということで12歳でペアに転向。最初は中国選手とのペアでした。
しかし帰国後、シングルが主流の日本ではパートナー探しさえままなりませんでした。
b0038294_1837462.jpg
b0038294_18375820.jpg


そんな時に、コーチから紹介されたのがマーヴィンでした。
b0038294_18444821.jpg

マーヴィンに、成美ちゃんの第一印象を聞くと・・・
b0038294_18355393.jpg
b0038294_18362545.jpg
確かに、彼女からはエネルギーと強い意志が常に出ていますよね。

そして、彼らを見ていると堅い信頼で結ばれているというのがよく分かりますね。
女子は放り投げられたり高く持ち上げられたりするわけですから、パートナーを信頼できなければ競技はできません。
成美ちゃんは、「リフトやツイストの時などにバランスを崩して落下することがあっても、マーヴィンは必ず身を挺して自分を受け止めてくれる。選手の中にはパートナーの安全よりも自分の安全を優先する選手もいる中で、マーヴィンは絶対私を守ってくれる。だから『ペアの女子選手は危険』と言われても大技に挑戦できる。だって信頼してるんですから」と修造に話していたのだそうです。

マーヴィンも、別な取材の時にこのように話しています。
b0038294_184423100.jpg


マーヴィン16歳、成美ちゃん15歳でペアを結成、練習拠点をカナダに移します。マーヴィンが住んでいるのと、日本よりも格段に良い練習環境を求めてのことです。
b0038294_18581629.jpg


ここで普通言葉の壁というもので選手はかなり苦労するのですが、なんと成美ちゃんは語学が趣味の一つで、6か国語を操れる才媛。
b0038294_18591431.jpg


あの中華料理店でも、マーヴィンに小龍包の説明を英語で。
b0038294_1935346.jpg


次の瞬間、店員さんに中国語で量の多さを確認する成美ちゃん。
b0038294_1942691.jpg
これにはびっくり。話せるとは聞いていましたが、実際見るとすごい!と圧倒されます。


そして彼女は慶応大学総合政策学部の3年生。オフシーズンは日本で勉強の日々。
b0038294_1961519.jpg
かわいい。


マーヴィンとの練習時間は減りますが、逆にその方が一緒になった時に集中して良い練習が出来ると話します。
b0038294_1965811.jpg


結成2年目で全日本チャンピオンになりますが、実はペアの出場選手は彼らだけでした。それは今も続いていて、今季も彼らはペアでは唯一の出場選手。
ペアは練習でのリンクの使用面積が広いためリンク不足の日本では練習場所の確保も難しく、ペア選手が育ちにくい状況なのです。
b0038294_19251982.jpg
b0038294_19263057.jpg
b0038294_19264433.jpg
b0038294_19265558.jpg


成美ちゃんは日本でもペアの選手が育ってほしいと願っています。ライバルが出来た方がモチベーションも上がると。
b0038294_19275834.jpg
今回の活躍と素敵なキャラクターを見て彼らに憧れ、ペアを目指す選手が出てきてくれるといいなと思っています。


最後に、国別対抗戦への意気込みを。
b0038294_19334320.jpg
いいぞ!頑張れ!!!


そして最後に修造が成美ちゃんに、彼女にとってのマーヴィンはどういう存在かを尋ねると・・・
b0038294_19342726.jpg


とても素直で素敵な言葉に、「本人に伝えたら?」と修造。
b0038294_19352863.jpg



ここで普通なら「えっ、いや恥ずかしいし」みたいなワンクッションが入るのが日本人だと思うのですが、成美ちゃんは言われるままに速攻で、「一人おうむ返し」的にそのまま伝えてるのがツボでした(笑)。かわいいですね。
b0038294_19363416.jpg


言われたマーヴィンの方が照れてた(笑)
b0038294_1937211.jpg


とてもいいコンビですよね。見ててほのぼのします。
その他いろいろ楽しい場面はあったのですが載せきれないので、二人のこれまでに焦点を当ててご紹介しました。あとは動画をご覧ください(期間限定かもしれませんが・・・・)

いよいよ国別は2日後です!怪我のないように、また素晴らしい演技を見せてください!
そして来季も二人らしく、ガンガン突き進んでいって欲しいと思います!!

b0038294_19451763.jpg









これは2011年10月のジャパンオープン直前の特集です。日頃の彼らの練習、努力がよく分かるとても良い特集でした。


<参考リンク>
世界フィギュアスケート国別対抗戦2012 -テレビ朝日
高橋成美オフィシャルブログ「氷上のフェアリー」


<関連コラム>
高橋成美&マーヴィン・トランペアインタビュー:2012世界選手権・SP終了時  2012年4月6日
高橋成美&マーヴィン・トランペア、日本初のペア銅メダル!! -2012世界選手権  2012年3月31日
高橋成美&マーヴィン・トランペア、神演技でSP3位発進!! -2012世界選手権  2012年3月29日

2012年世界選手権出場決定あいさつ  2012年3月28日
NHK杯エキシビジョン  2011」年11月15日
高橋成美選手インタビュー:浅田舞のスポ友! その2  2011年9月8日
目標はグランプリファイナル 高橋成美選手インタビュー:浅田舞のスポ友!  2011年9月6日
The ICE 2011!!(その1)  2011年7月25日
2011年世界選手権 -動画の追加ご紹介  2011年5月21日
エキシビジョンとチャリティ活動、写真など -2011世界選手権  2011年5月2日
by toramomo0926 | 2012-04-17 17:51 | フィギュアスケート


<< チームジャパン首位発進! -2... 日経新聞の記事に思う -「フィ... >>