高橋成美&マーヴィン・トラン組SP首位!&アイスダンスはデイヴィス&ホワイト組優勝 -2012国別対抗戦
b0038294_131713100.jpg
国別対抗戦・ペアのショートプログラム(SP)では高橋成美選手&マーヴィン・トラン選手のペアが、世界選手権銅メダリストとなった実力をそのまま見せてSPトップに立っています!
ペアとしても、日本チーム全体としても本格的に優勝が見える状況になってきました!!
盛り上がってまいりました!!!!

そしてアイスダンスは、SPの勢いそのままにフリーダンス(FD)も完璧な演技をしたメリル・デイヴィス&チャーリー・ホワイトペアが優勝!
クリスの怪我の状態が心配されている日本のキャシー&クリス・リード姉弟は最後まで滑り切ってくれました!クリス&キャシー、本当にありがとう&お疲れ様でした!!!

*画像や動画は見つけ次第貼り付け&差し替えを行う予定です。


ISU World Team Trophy 2012

順位と得点詳細。
「Result」でそれぞれの種目の総合順位と総合得点が、
「Entries/Result Details」ではショートプログラム(SP)とフリーそれぞれの得点詳細が、
「Judges Scores」ではSP/フリーで各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。

*国別対抗戦の英語表記は“World Team Trophy”となるため、「WTT」と略されて表記されることもあります。




*****

高橋/トラン組、SP1位と好発進=フィギュア国別対抗
 フィギュアスケートの世界国別対抗戦の2日目が20日、東京・国立代々木競技場第一体育館で行われ、ペアSPに出場した高橋成美/マーヴィン・トラン(木下クラブ/カナダ)はジャンプでミスはあったが、世界選手権銅メダリストの実力を見せ、SP1位となる64.92点を挙げた。

 高橋/トラン組は冒頭のトリプルサルコウで高橋がバランスを崩したものの、転倒せず持ちこたえ、続くトリプルツイストは余裕を持ってキャッチし、ステップやデススパイラルは美しい演技で決め、会場を魅了した。

 日本チームは全種目のショートが終了時点で暫定57ポイントとし、トップで折り返した。

<全順位>
1:高橋成美/マーヴィン・トラン(日本)64.92
2:ベラ・バザロワ/ユーリ・ラリオノフ(ロシア)62.02
3:ステファニア・ベルトン/オンドレイ・ホッタレク(イタリア)59.28
4:メーガン・デュアメル/エリック・ラドフォード(カナダ)59.27
5:ケイディー・デニー/ジョン・コフリン(米国)58.93
6:ダリア・ポポワ/ブルーノ・マッソー(フランス)42.07

b0038294_13173381.jpg

高橋/トラン組はSP1位、高橋「演技には納得」

 演技後は高橋、トランともに、自身の演技に満足した様子で取材に応じた。

 以下は高橋のコメント。
「世界選手権でパーフェクトな演技ができて、これ以上良い演技ができなかったらどうしよう、と思っていたんですけど、演技には納得できました。
(1位発進は)うれしいです。みんなすごくライバルで、(自分たちに)ミスがまったくなかったわけではなかったのですが、この順位を自信にしたいです。
(フリーに向けて)本当に最後なので、悔いのないように思い切り滑って満足したいです。
(前回大会と比べて)前回も自分なりに良い演技ができたのですが最下位でした。今回良い演技ができれば日本に得点を加算できると思うので、ワクワクしています」

 以下はトランのコメント。
「すごく集中していました。スロージャンプはできが良かったので、ステップを忘れそうになってしまいました(笑)。
(1位発進は)うれしいです。パーフェクトではありませんでしたが、結果には満足しています。
(フリーに向けて)今季は最高の演技ができたので、最後だと思うとさびしいですが、頑張ります。
(前回大会と違い、今大会は)参加するだけでなく、チームに貢献できてうれしいです」

2012年4月20日 スポーツナビ

*****


3サルコウで高橋選手が片手をついてしまうミスはありましたが、あとは本当に美しい演技でした。本当に彼らは今季安定していますね。リフトは全く不安を感じないムードで流れも良いし、スロージャンプも成功率がかなり高まっています。3回転のツイストなどは今季から試合に入れたとは思えない安定感と完成度です。
b0038294_132328.jpg
b0038294_13233831.jpg
b0038294_13231321.jpg
成美ちゃん筋肉すごい!!


2009年の国別対抗戦では出場選手中最下位の6位で涙を流した二人。
当時はやっぱりまだいろんなことが足りなかったんでしょうね。ジュニア選手だったし二人ともまだ若くて、経験も足りなかった。当時一緒にTV観戦していた夫が「男性の方の体力がまだ足りてない。女の子を支えて滑り切るのに耐えきれる筋力が足りないみたいに見える」と話していたのを(なぜか)はっきりと覚えているのですが、今は成美ちゃんが「マーヴィンは腰がしっかりしてて体がぶれないから、(氷でなく)平地の上でやっているような感覚で安心していろんなことが出来る」と話すまでになりました。



2009年の国別対抗戦フリー。確かに今見ると、マーヴィン細い!
悔し涙を流し唇を噛み、こぶしを振り下ろす成美ちゃんはやっぱり男前(笑)。でもこの後3年で世界トップへというのは凄い。


そして今は。
b0038294_13374640.jpg
b0038294_13375355.jpg
二人とも大人になりました。


銅メダリストになってから取材も増えたでしょうし、注目を集める存在になりきっとすごく忙しかったと思うのですが、足元を見失わずに落ち着いて演技していたように見えました。この「Imagine」も大好きですがフリーの「ケベックの交響曲」もすごくステキな曲ですよね。静かだけど盛り上がるところもあって、曲調に品もあるし・・・二人の衣装もSP、フリーともにすごくステキです。今日のフリーも本当に楽しみ。
是非、またあの歓喜のキス&クライの再現を見たいですね。モニターは踏まなくていいけど(笑)
今季最後、悔いのない演技ができますように!!


Narumi Takahashi & Mervin Tran 2012 WTT SP -Imagine





・・・・・・・・・・・・・・・ところで。
昨日のテレ朝の放映、アイスダンスのメリル・デイヴィス&チャーリー・ホワイト組、テッサ・バーチュー&スコット・モイア組をダイジェストのみでフルで流さないってどういうことですか????(怒)
特に総合1位となったメリチャリ組の演技は本当に素晴らしく、神演技だったと聞いて楽しみにしていたのに・・・(涙)
b0038294_1140131.jpg
b0038294_11401047.jpg
b0038294_11401814.jpg



動画サイトで演技を見てびっくり。
アイスダンスでこんなに感動したのは初めてかもしれません。一歩たりとも、腕の一振りすらも無駄な動きが一切なく、リフトも上げる時も降ろす時も準備動作が殆どない(あったとしても振り付けにうまく組み込んでいる)スムーズさ。完璧にシンクロしながらスピードに乗り、かつ忙しなくならずにじっくりとエッジを踏み分け、完全に音楽に乗った「ダンス」でした。本当に、本当に素晴らしい!!
見てる間ずっと鳥肌が立っていました。この演技なら一日中見ていられるかもという感じ。


Meryl Davis & Charlie White 2012 WTT FD -Die Fledermaus Overture

曲は、今季の鈴木明子選手のフリーと同じ「こうもり」。


でもコーフンが少し収まると、「なぜこんな素晴らしいものを地上波放送は流さなかったのか」と残念な気持ちになりました。
高橋&トランペアの快挙で(ペアとアイスダンスは違うけど)「シングル以外のフィギュアスケート」に注目が集まっている時だけに、この演技をゴールデンタイムに地上波で流して、アイスダンスの素晴らしさというのを是非ともテレ朝には全国に知らしめて欲しかった。
こんなに見ていてワクワクする演技ってそうそうないと思うんですけれど・・・そうやって良い演技を一般に広めていくことで、ひいてはフィギュア人気=視聴率も高くあり続けることが可能になるのに。
本当に、かえすがえすも残念。今日の放映か、エキシビジョンの時でもいいから是非この演技は流してほしいと思いました。
でもそうすると今日が本番の演技が削られることになるのか・・・(涙)だから昨日、日本選手のSPのリプレイなど流さずに、こういう素晴らしいものを流せばよかったのに!!!


シーズン最後に本当に素晴らしい演技を見せてくれて、メリチャリのお二人、本当にありがとうございます!!


テッサ・ヴァーチュー&スコット・モイアペアは2位。やはりこの2組は強いですね。
b0038294_1422213.jpg

でも今回は、やっぱりメリチャリの方がいろんな意味で良い演技でしたね。キレもあまりなく感じたし、流れがもっさりしているように見えました。メリチャリの出来が良すぎたというのもありますが・・・


Tessa Virtue & Scott Moir 2012 WTT FD -Funny Face



非常に残念なことに、動画の最後の最後に、キス&クライにおいてスコットが "Oh, my God. I hate this event." (ああ、こんな大会は嫌だよ)と言っているのがマイクに拾われてしまっていました。
水を差すようなコメントでちょっと悲しかったですね。しかも1位になったならまだしも今の状況では負け惜しみにも聞こえてしまいますし・・・
シーズンを終えてクタクタなところに遠い国に引っ張り出されて、さほど重要な試合でないものに出させられるのは嫌なのかもしれませんが(オフも減るし)、チームキャプテンとしてはもう少し配慮があってもよかったのではないかと思います。
残念です。


ともあれ、泣いても笑っても今日で今大会の優勝国が決まります。
でも勝敗だけに囚われず、皆さんシーズンの締めくくりを飾るにふさわしい、悔いのない演技をしてほしいと思います。
頑張って下さい!!

<関連コラム>
高橋大輔選手、2年ぶりにチャン選手を破る・日本は首位を維持 -2012国別対抗戦  2012年4月21日
アメリカ&フランスチームキャプテン、「日本の観客に感謝」 -2012国別対抗戦  2012年4月21日
高橋大輔選手、2年ぶりにチャン選手を破る・日本は首位を維持 -2012国別対抗戦  2012年4月21日
コストナー選手首位、鈴木明子選手2位、村上佳菜子選手3位の好発進! -2012国別対抗戦  2012年4月20日
チームジャパン首位発進! -2012年国別対抗戦  2012年4月20日
by toramomo0926 | 2012-04-21 14:33 | フィギュアスケート


<< 祝・鈴木明子選手総合1位!&チ... 高橋大輔選手、2年ぶりにチャン... >>