PIW行ってきました!
b0038294_12561099.jpg
ものっすごい今更感あふれる内容で申し訳ありません(汗)
4月29日に、初めてプリンスアイスワールド(PIW)・横浜公演に行ってまいりました!!!
試合はJapan Open、アイスショーはThe ICEしか現地で見たことのない私が、ついに新横浜アイスアリーナに足を踏み入れました!!


プリンスアイスワールド2012 -公式サイト




私は実家が横浜市なのでお盆やお正月などの長い休みには大抵帰省するのですが、なんとなく日程と私自身の予定等との巡りあわせが悪く、今までPIW横浜公演は一番行きやすいアイスショーでありながら一度も行ったことはありませんでした。4年前亡くなった祖母でさえ行ったことがあったのに!(笑)

ですが今回の横浜公演はちょうど予定が空いており、しかも出演メンバーが大充実!特に浅田真央選手が横浜公演に出演する事は珍しいように思いましたし、そして高橋選手も同じ日に出演するなど、これは見逃せない!という感じだったので必死にチケットを取り(笑)行ってまいりました~。

PIWは日本のアイスショーでは珍しく(唯一?)終演後に最前のブロックの方々との「ふれあいタイム」があり、プレゼントを渡したり写真撮影することが許可されているんですよね。The ICEは撮影厳禁で、開演前であってもカメラを取り出すこと自体はばかられる雰囲気なのですが、ここでは皆さんカジュアルに撮影されていたので新鮮でした(もちろん、開演中は暗い場所でジャンプを跳ぶスケーターの危険を回避する目的もあって撮影は禁止ですが)。

b0038294_13174276.jpg
中はこんな感じ。
2階席と聞いていたのでもっと見下ろす感じの席を想像していたら、思いのほか低い&近くて嬉しかった。
柵の向こう側の氷上席が、「ふれあいタイム」を満喫できる御席です。


b0038294_13191513.jpg
女子トイレの前には最後まで長い行列が。そしてちょうどこのプリンスホテル所属のスケーターのサイン色紙を見ながら待てる感じに(笑)


b0038294_1320210.jpg
ファンの方からのお花がたくさん飾られていました。これは鈴木明子選手宛てなのだけど、紫のバラがハート形に!
小塚崇彦選手への、青い花ばかりのものもありました。皆さん心がこもってますね~。


ショーの内容としては、八木沼純子さんや荒川静香さん、本田武史さんや太田由希奈さんなどの常連メンバーとゲストスケーター達のソロの演技も勿論あるのですが、プリンスホテルのスケーターの皆さんが演じるいろんな曲にテーマがあって、団体としてのフィギュアスケートショーみたいなものもたくさん見られたのがすごく新鮮でした。
そしてその中に南里康晴さんがいたことに更にびっくり。
今回生の演技を初めて見たのは八木沼さん、由希奈さん、南里さん、そして町田樹選手でした。大収穫でした!


前日の28日が初日だったので大体演目は判明していたのですが、高橋大輔選手は28日は宮本賢二さん振り付けの新しいショーナンバーを、私が見に行ったショーでは2010-2011シーズンのショートプログラム「マンボ」を滑ってくれました。間違いなくこの日一番の歓声。音楽が鳴りだした途端に、もう観客が熱狂を待ちきれずに騒ぎ出す感じ(笑)。冒頭の「♪パ~パ~~♪」のラッパのところでもうお約束の歓声(笑)。ジャンプはキレキレで、ショーだからといってジャンプ構成の難易度を落とさず、試合と同じ構成を完璧に。ステップはフィーヴァーしすぎて飛ばし気味にも見えましたが、ショーだから盛り上がり重視ってことで一緒に大盛り上がりしました。つくづくこれが競技用のプログラムとは思えませんでした。楽しいのもあるけど、あまりの盛り上がりに(いい意味で)笑ってしまうという感じでした(笑)。すごかった!間違いなく、今世界一お客さんをノせられるスケーターの一人。


鈴木明子選手は真央選手が2007-2008シーズンのSPに使用した「ラベンダーの咲く庭で」のアレンジバージョンをしっとりと。世界選手権と国別対抗で着用した「こうもり」の衣装の色違いのラベンダー色の衣装がステキでした。色が違うと印象が随分変わります。
この日の明子選手は、今まで私が生で見た彼女の演技の中で一番よかったように思います。とにかく彼女自身の内側から出てくる自信と充実感というものを強く感じました。貫録さえあった。スケーターとして一段上のステージに完全に上がったというオーラがビシビシ出ていました。素晴らしかった~。


村上佳菜子選手はAmarti Siを伸びやかに力強く滑りました。
友人とも話したのですが、佳菜子ちゃんは生で見た方が身体ががっちりして見えましたね。太ってるとかじゃなくてですよ、勿論。言い方を変えるとTVの方が華奢に見えるというか・・・ふつう逆だと思うんですが私も友人も全く同じ感想を抱きました。不思議でした。
28日はコケティッシュな演目を滑ったようだったので、そちらも見たかったな~。フィナーレでは真っ赤な衣装に着替えていたのですが、すごく大人っぽくてほのかな色気も感じられてカッコよかった!!衣装の質感もよかったです。赤、似合うと思います。


小塚崇彦選手のCello Songもこれで見納め。
思えば最初に見たのは昨年7月のThe ICEなので、自分の中では最初と最後を見届けた感じ(笑)。
2回見たけど、「直線なぎ倒しイーグル」の正面はついに拝めず・・・(涙)でもやっぱりトップスケーターの滑りは違うなと思わせてくれました。一歩進んだだけでもはっきり分かりました。進む速さや距離も違うし滑らかさも。今季は靴に苦労しましたがジャンプもほぼ完璧で、流れるような心地よさの中、あっという間に終わってしまいました。相変わらず顔がちっさくて、端正なお姿でした!!


本田武史さんの演技は二度目だったのですが、私は彼のサルコウがとってもきれいで大好きなので、楽しみにしていたのですがミスってた(笑)
でもやっぱり躍動感のあるジャンプは見応えありました。本当に失礼ながら、現役より結構お肉がついた状態であそこまで跳べるのは凄いです(笑)
本田さんの滑りも惹きこまれました。滑らかで見ていて気持ちよかった。


太田由希奈さんも今回演技を見るのを楽しみにしていた一人です。
期待を裏切らぬ優雅さ、柔らかさ、上品さ。本当に美しかったです。現役の演技をもっと見ていたかったなあとつくづく思いました。
でも現在NHK等での解説はとても分かりやすく選手の心理・心情に沿ったものなのでファンとしては非常にありがたく、また心強くもある存在ですよね。でもやっぱりこうやってプロとしての演技も続けてくれているのは嬉しいことだと思いました。


八木沼純子さんの演技は初めてでしたが、やはり彼女は引退して年数も経っているので、プログラムの内容は現役よりも「魅せる」ことに比重が置かれているなという感じは正直ありました。
ですが今年40歳ながらあの美貌とスタイル、そしてはじけるような魅力を思い切り出せるというのは「プロ」だなと思いました。TVで見たままの美人さんで、ここは自分の庭だというはっきりとした貫録も感じました。素敵でした~。



荒川静香さんも素晴らしかった!
彼女は引退しても技術レベルを落とさない努力をしているのがすごくよく分かります。2A-3Tを余裕で決めたのにはびっくり!
体がJapan Openで見た時より更に細くなっているように見え、顔は充分小さいのに全身を見るとそう見えないくらいでした(すみません)。驚異のスタイル。そして優雅でした~。
でも、毎回思ってしまうのですが、レイバックイナバウアーは「せーの」と両手を同じタイミングで反らすよりも、トリノ五輪でのトゥーランドットのように腕の動きをアシンメトリーにした方が、優雅さがより出るように思うんですが、どうでしょうね・・・?


そしてそして、今回すっごく嬉しかったのは、町田樹選手が見られたこと!!
今回はお正月のジャパンスーパーチャレンジで話題をさらった(笑)「必殺・アランフェス仕事人」のプログラムを滑ってくれて感激。
驚いたのは、彼が(失礼ながら)TVで見るよりずっと小柄というか、線が細く見えたこと。そして軸がまっすぐで高いジャンプ!来季は更に飛躍しそうな予感充分の滑りで、楽しみにしていた自分としては大満足でした。
そしてフイナーレ&ふれあいタイムに現れた彼にびっくり。
アランフェスでキメていたちょんまげ頭は、前髪などが落ちてこないようにガッチリと固められていた事実が判明(笑)。

演技中はこういうヘアスタイルだったのですが
b0038294_14585894.jpg
これはジャパンスーパーチャレンジの写真。


フィナーレではこんなんなってました。
b0038294_1501054.jpg
前髪が立っちゃってる(笑)



そして真央選手は、「I vow to thee my country」を現実離れして見えるほど美しく演じてくれました。
真央選手が滑り出した時、会場の空気が変わったのが分かりました。あの清らかさはなんなんでしょうかね。彼女は小さい頃から「氷上の妖精」と言われてきましたが、本当に妖精さんというか、天女みたいでした。最近の真央選手、特にこのプログラムを滑る真央選手は「天女のよう」と言われますが、それがすごくよく分かりました。
試合の時とは違って髪を顔周りだけ結って後ろの髪は下ろしていたので、更に女性らしさが増して見えました。このプログラムを生で見られて本当に良かったです。
ジャンプも世界選手権では調子を崩していましたが、今回はとてもきれいでした。ループが2回転になってしまったけどフィナーレで跳び直して成功させていたのが、彼女の負けず嫌いさを表してるようで微笑ましかったです。
そういえば、佳菜子ちゃんも演技中ミスのあった3連続ジャンプをきれいに成功させていました。フィナーレはスケーターにとって「取り戻す」場になってた(笑)高橋選手と小塚選手はクワドを跳んでました!!


もう一週間以上日が経っていますし、遠くから必死にズームして撮った私の画質の悪い写真より、ふれあい席でばっちりクオリティの素敵なお写真がたくさんアップされているようなのでムダっちゃムダともいえますが(涙)せっかくなので、撮った写真を上げていきます。


荒川静香さん。
b0038294_15144452.jpg
ライトがしっかり当たっているのと彼女自身が真っ白なきれいな肌なので、どんなに撮ってもハレーションみたいに光ってしまった・・・(涙)


高橋大輔選手。
b0038294_15155872.jpg
b0038294_1516472.jpg
刈り上がってました!ワイルドさもありつつすっきりしていてカッコよかった。


本田武史さん。
b0038294_15165052.jpg
もはや判別不能(涙)すみません・・・


八木沼純子さん。
b0038294_15174681.jpg



太田由希奈さん。
b0038294_1518516.jpg
b0038294_1755754.jpg
・・・と、はけていくジュンジュンの姿(笑)


村上佳菜子選手。
b0038294_15185923.jpg
こうやってみると、大人になったなあ・・・すっかり女性らしくなった感じ。試合のバンケットの時の写真なども、以前のかわいい!という感じより、美人さんになってきた印象。


小塚崇彦選手。
b0038294_1520409.jpg
b0038294_15205254.jpg



浅田真央選手。
b0038294_15224398.jpg
真央選手はプレゼント渡しや写真撮影が多くてどんどん追い抜かれ、私の前に来た時には最後の方になってた(笑)


小塚崇彦選手と浅田真央選手。
b0038294_1524748.jpg
私達のところに来る前のショートサイドのところで、高橋選手、真央選手&小塚選手の3ショット撮影が行われていたらしく絶叫が響き渡っていました(笑)
そしてそのまま真央選手と小塚選手がやってきた感じでしたね。
b0038294_15301497.jpg
二人の間隔が狭かったのでいざとなるとどっちを撮ったらいいか迷ってしまい、結果的に二人一遍に撮ってしまうことが多かった。
気付くと真央選手の1ショットで良いものが殆どなかった・・・・・・
b0038294_15304286.jpg
b0038294_15312390.jpg
真央選手、本当に美しくなっていました。シーズン中よりちょっとほっぺがふっくらしてたのもよかった。
笑顔や佇まいが上品で、儚げという感じすらしましたね~・・・はぁ~・・・・・・美しかった。


町田樹選手。
b0038294_15341830.jpg
b0038294_15344183.jpg
髪の毛が・・・(笑)

b0038294_15351024.jpg



南里康晴さん。
b0038294_1536316.jpg
b0038294_15365053.jpg



鈴木明子選手。
b0038294_1538103.jpg
明子選手の写真をもっと撮りたかった・・・・


楽しかった~
スケーターのみなさま、お疲れ様でした!



PIWのふれあいタイムの様子を録画した方がアップして下さっています。真央選手が中心です。
流れてくるコメントを消してご覧になりたい方は、動画再生後画面右下の「・・・」ボタンをクリックしてください。


ところで、PIWメンバーのフィオナ・ザロドゥア&ドミトリー・スハノフ夫妻の演技はリフトの嵐で迫力がすごかった。というか、ほぼリフトしかしていなかった。
そしてフィオナの衣装が露出がものすごく多くて、ちょっとドキドキしました(笑)勿論肌色の生地で覆われてはいるんですけど、遠目だと下半身とかビキニみたいな▼しかない感じなんだもの!!(笑)


<関連コラム>
ジャパンスーパーチャレンジ2012!  2012年1月16日
The ICE 2011!!(その2)  2011年7月25日
by toramomo0926 | 2012-05-07 15:46 | フィギュアスケート


<< The ICE 2012、キャ... マーヴィン・トラン選手帰化実現... >>