高橋大輔選手、再びモロゾフコーチと組む
b0038294_6213220.jpg
今ツイッターでもフィギュアファンの間で話題となっていますが、高橋大輔選手がニコライ・モロゾフコーチと再び組むことが決まったようです。

Takahashi returned to Nikolai Morozov -World Figure Skating

今日の午後まではロシアのニュースしか報じられておらずちょっと真偽がつかみかねていたのですが、英語メディアにも出たということで、確定のようですね。
びっくりです。

*6/15深夜に日本でもネットニュースに報道が出ました。それによると、メインコーチではなく「アドバイザー」としてのモロゾフ就任という形のようですね。世界選手権前にモロゾフからオファーがあったようです。
記事の最後に日本の記事を追記しました。




*****
高橋大輔、ふたたびモロゾフのもとへ
2012年の世界選手権銀メダリストである日本の高橋大輔はソチで行われるオリンピックの準備をロシアのコーチ、ニコライ・モロゾフと行うことになった。

高橋は以前モロゾフに2008年5月まで師事していた。高橋大輔は2010年バンクーバー五輪の銅メダリスト、2010年の世界王者、2007年と2012年の世界選手権銀メダリストである。

モロゾフはRSportエージェンシーに「我々は大輔と一緒にやっていくことになったんだ」と話した。「このスケーターと一緒にできることを楽しみにいているよ。それに、ぼくらのグループ(自分の教え子たち)で、マスター(トップ選手・お手本となる存在)の存在がソチオリンピックまでの過程で良い効果があると信じている」と付け加えた。

ロシアのナショナルチームのメンバであり2012年世界選手権銀メダリストのアリョーナ・レオノワや、セルゲイ・ヴォロノフ、アイスダンサーのElena Ilinykh / Nikita Katsalapov 等その他のロシア、または他の国の有名スケーターを擁するニコライ・モロゾフのチームは、現在アメリカでトレーニング合宿を行っている。

2012年6月15日 World Figure Skating

*****


*訳は私の素人翻訳&意訳なので、細かい部分で間違いがあるかもしれません。大まかな内容をつかむ意味で参考にして頂ければ幸いです。正確な内容については、原文をご覧ください。

やっち様のブログでも、正確な訳を載せて下さっています。

b0038294_1443214.jpg


モロゾフコーチは「白鳥の湖」「オペラ座の怪人」など高い評価を得るプログラムを高橋選手に授けました。さらにそれまで自分に自信を持てなかった高橋選手を強く励まし、2007年に世界選手権銀メダリストにするなど蜜月関係にありました。
しかし2008年にモロゾフが織田信成選手も教え子に加えることを高橋選手に相談なく決定したため、高橋選手が「(五輪等で出場枠を争うことになるので)同じ国のトップ二人を一人のコーチが見ることは無理がある」としてモロゾフのもとを去る形で師弟関係を解消しています(織田選手はその後、2010年にモロゾフとの師弟関係を解消)。

このように、双方ともに不本意ではあったものの袂を分かつ形で別れた二人ですので、再びタッグを組むことはありえないというムードだっただけに、今回のニュースは世界中のファンを驚かせています。
私も正直、2010年の夏にどこかから沸き起こった「浅田真央がブライアン・オーサーにコーチのオファーを出した」というデマと同じような感じで、最初は「ありえないこと」として全く信じていませんでした。
ですがWFSが報道を出したので、正式なコメントが出されたのかはっきりしませんがデマ等ではなく確定情報とみていいと思います。

b0038294_14434611.jpg


私としては、高橋選手くらいすごい選手、自分のスタイルを確立したスケーターになってしまうと、たとえその才能を大きく開花させたのがモロゾフだったとしても、現在の彼に関しては誰がコーチにつこうが揺るぎないという感があるので、高橋選手本人がやりたいように、必要と思った人についてやればいいと思っています。
ですが、どういう経緯でこの度の話が出て、どういう考えで再び一緒にやろうという気持ちになったのかというのは是非知りたいところです。
長光コーチがどうなるのかはちょっと気になりますが、以前モロゾフに師事していた時でも長光コーチからは離れることはなかったので、今回もそういう形をとるんじゃないかと考えています。高橋選手が長光コーチの手を放すとはどうやっても考えられないので。
まあそれでも、そう思ってても羽生選手の例もあるので断言はできないですが・・・多分ないと思いますね。

(6/16追記)長光コーチがこれまで通りメインコーチで、モロゾフが高橋選手のチームに加わるという形のようです。高橋選手は長光コーチと離れる訳はないとは思っていたけど、報道でちゃんと見たので一安心。

b0038294_14503169.jpg


ただ、何故今なのかというのはありますね。モロゾフコーチは高橋選手を諦めきれなかったということなのかなあ・・・
何となく、何となくですが、彼は現在の教え子であるフローラン・アモディオ選手に高橋選手の影を重ねているように見えることが時々ありました。高橋選手に滑らせたいプログラムをアモディオ選手に与え、高橋選手と一緒に成し遂げたかったことをアモディオ選手でかなえようとしているような(これは個人的な、勝手な印象ですが)。
高橋選手と一緒に五輪のキス&クライに座り、メダルを取りたいのかなとちょっと思いました。ソチ五輪に向けてチームへの良い効果を開口一番口にしているあたりもちょっと気になりますが・・・
モロゾフもロシアで行われる五輪ということでいろいろプレッシャーはかかってるんだと思いますが、高橋選手がこれまで作り上げてきたスケーターとしての評価や実力を利用するようなことはしてほしくないんですけどね。

一方で、この再結成が高橋選手(器の大きい方ですね)にとってどれほどのメリットがあるのかはちょっとわからないのですが・・・・・彼が決めた事なら応援したいと思います。
高橋選手はモロゾフコーチについてからジャンプが安定して成績が上がったように感じるので、ジャンプをもう一度見てもらうつもりなのかなあ。それともロシア開催の五輪でロシアのコーチにつくメリットというのを考えてのことなんでしょうか。それもゼロではないかもしれませんね。これまでいろいろ苦汁をなめていますし。
これは、是非とも高橋選手から詳しい話を聞きたいところです。田村明子さんでも原真子さんでも、是非ともアポを取っていただきたい!!

b0038294_14483519.jpg


それにしても今年のオフはいろいろ選手やコーチの動きが激しく、びっくりするニュースが多いですね。羽生選手のオーサーコーチ師事にはじまり、アイスダンスで栄華を誇ったイゴーリ・シュピルバンド&マリーナ・ズエワのゴールデンコーチコンビも解消してしまいましたしね・・・。
選手もコーチもいろいろ大変と思いますが、彼らにとってそれぞれの選択が結果的に最良のものだったという結末となりますように。
b0038294_1453852.jpg


*****

フィギュア高橋とモロゾフ氏コンビ再結成
 今年のフィギュアスケート男子で世界選手権銀メダリストの高橋大輔(26=関大大学院)が新シーズンから、以前師事していたニコライ・モロゾフ氏とコンビを再結成することになった。15日、新横浜で行われたアイスショー後に明かした。アドバイザーとしてコーチの一員に迎えるという。
 世界選手権前にモロゾフ氏から打診を受け、悩んだ末に再結成を決めた高橋は「ソチ五輪に向けてあと2年しかない。すごく悩んだが、五輪に向けていいアドバイスをくれるんじゃないかと思い、組みました」と話した。モロゾフ氏は「大輔は、私の教え子の中で、もっともお気に入りの選手だった。大変申し訳ない形で別れたが、心残りがあった」と明かし「以前は偉大なスケーターの1人だったが、今は記憶に残る選手になった。私も向上していかないと、とても太刀打ちできない」と高く評価した。
 2人は07-08年シーズンまでコンビを組んでいたが、モロゾフ氏が織田信成ともコーチ契約を結んだため、08年5月に“けんか別れ”した形でコンビを解消していた。

2012年6月15日 日刊スポーツ

フィギュア高橋大輔、モロゾフ氏に再び師事
 フィギュアスケート男子のバンクーバー冬季五輪銅メダリスト、高橋大輔(関大大学院)は15日、ニコライ・モロゾフ氏を再びコーチとして迎えることを明らかにした。高橋はモロゾフ氏の指導を受けていた2007年世界選手権で銀メダルを獲得したが、モロゾフ氏が別の日本選手を指導することになり、翌08年に師弟関係を解消していた。

 高橋は横浜市でのアイスショーの後、モロゾフ氏とともに報道陣の取材に応じた。今年3月の世界選手権前にモロゾフ氏から申し出があったといい、「悩んだが、ソチ五輪へ向けてより厳しい環境に身を置こうと思い決めた」と語った。モロゾフ氏は「4年前のことは申し訳なく思っていた。彼はフィギュア史に残る選手。自分の全てを注いで、彼の五輪メダル獲得に協力したい」と話した。

2012年6月15日 朝日新聞


高橋大輔のコーチ陣にモロゾフ氏
 フィギュアスケート男子の2010年バンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔(26)=関大大学院=は15日、新シーズンからニコライ・モロゾフ氏をコーチの一員として迎えることを明らかにした。長光歌子コーチらと組んできた従来のチームに加わる。

 高橋はモロゾフ氏に2007~08年シーズンまで師事していたが、モロゾフ氏が織田信成(関大大学院)のコーチとなったことなどから関係を解消。今回はモロゾフ氏から誘いがあり、指導者として迎えることになったという。

 モロゾフ氏は「教え子の中でも一番お気に入りの生徒。前回の心残りがあったので連絡をした」と説明。高橋は「最初はびっくりしたが、彼のほかの生徒もいる厳しい中での練習も必要と考えた」と話した。

2012年6月16日 MSN産経ニュース

*****


<参考リンク>
Фигурист Такахаси возвращается к российскому тренеру Николаю Морозову -rsport(ロシアのスポーツサイト)
Takahashi returned to Nikolai Morozov -World Figure Skating

モロゾフの元に戻る高橋大輔 WFS翻訳  -やっちのブログ「Just Like An Amaranth」
モロゾフとソチへの弾みをつける高橋 icenetwork翻訳  -やっちのブログ「Just Like An Amaranth」
*リンク先の記事(翻訳)は転載は絶対にしないで下さい。

モロゾフが再び高橋大輔の元に――。衝撃のチーム再結成の真相とは? -田村明子(Number Web)


<関連コラム>
佐藤有香さん&ジェイソン・ダンジェンさんご夫妻インタビュー
*ジェレミー・アボット選手とアダム・リッポン選手という、アメリカのトップ選手二人を抱えている有香さん&ダンジェンさんが、その難しさと問題をどう克服したかを話してくれています。

羽生結弦選手、コーチを変更 -ブライアン・オーサー氏に師事  2012年4月25日
ブライアン・オーサーコーチ、TVにて解任騒動を語る 
*キムヨナ選手から解任されたオーサーコーチが、その原因が浅田真央選手からのコーチのオファーであるとされる噂についてTV出演の際にきっぱりと「オファーはなかった」と否定しています。

代理戦争反対-ニコライ・モロゾフ氏の発言に思う -2009年12月7日




by toramomo0926 | 2012-06-15 14:07 | フィギュアスケート


<< キムヨナ選手、名誉棄損での告訴... 名誉と幸福が同居しない21歳 ... >>