荒川静香さん、日本スケート連盟理事に就任
b0038294_21224178.jpg
トリノ五輪金メダリストで現在プロスケーターとして幅広く活躍中の荒川静香さんが、史上最年少で日本スケート連盟の理事に就任することが決まったそうです!!1977年世界選手権銅メダリストの佐野稔さんも就任が決まっています。





*****

新理事に荒川静香さん=日本スケート連盟
 日本スケート連盟は23日、東京都内で評議員会を開き、新理事に2006年トリノ五輪フィギュアスケート女子金メダリストの荒川静香さん(30)を選んだ。橋本聖子会長は、「(荒川さんは)プロスケーターとして活躍しながら、普及活動も行っている。フィギュア部門のアドバイザーとして、選手が今何を必要としているかを伝えてもらいたい」と語った。
 フィギュアスケートの1977年世界選手権東京大会男子銅メダリストの佐野稔氏(57)も新理事に選任された。 
2012年9月23日 時事通信


トリノ金の荒川さん理事に スケート連盟、史上最年少
 日本スケート連盟は23日の評議員会で役員を改選し、2006年トリノ冬季五輪フィギュア女子金メダリストの荒川静香さん(30)を新理事に選出した。同連盟によると史上最年少での理事就任となる。任期は2年。橋本聖子会長は「選手の心が分かる人。現場の声を反映したかったので打診した」と話した。
 荒川さんは宮城県出身。1998年長野五輪で初出場し、04年世界選手権で日本人3人目の優勝を果たした。06年春に引退後は、プロスケーターや解説者として活躍している。
 フィギュアで77年世界選手権男子3位の佐野稔氏(57)も新任し、浅田真央(中京大)を指導する佐藤信夫氏(70)は定年で退任した。

2012年9月23日 毎日新聞

*****

b0038294_21175144.jpg


佐藤信夫コーチが日本スケート連盟の理事を定年で退任ということで、その後任として教え子の荒川さんが就任するというというのは感慨深いですね。
信夫コーチはもう70歳ですし、ソチ五輪の金メダル候補を二人も抱えています(小塚崇彦選手・浅田真央選手)。その重責を考えると、このタイミングでの退任というのは信夫コーチの負担を減らす意味でも良かったと思います。
更に、プロになってからも自分を律して現役選手にも負けないパフォーマンスを見せ、ご自身の現役時代を超えると思わせる演技を見せ続けている荒川さん、現役選手とも固い信頼関係を築いていますし、選手の立場や心情をとても深く理解されている彼女が理事になることは、選手にとってとてつもなく大きな支え、心強さにつながると思います。

日本人唯一の五輪金メダリストというタイトルはありますが、30歳という最年少での加入になるため意見が通りにくかったり、いろいろ変な意味で難しい局面も生まれるかもしれません。
ですが彼女は長いものに巻かれるタイプではなく、圧力などに屈せず自分の意志を通す強さを持った人だと思っていますし、橋本聖子会長の「選手の心が分かる人。現場の声を反映したかった。選手が何を今必要としているか伝えてもらいたい」という言葉にも期待してしまいます。是非お二人で、事務的で選手のことよりも運営や成績ばかりを追っているような今の連盟の頑なな冷たさを打開してもらえるといいと思っています。
佐野稔さんも考え方が柔軟な方のようにお見受けしますし、大変失礼ながら、慣例についても自由に「それ、ムダじゃない?」等と無邪気に(笑)バッサリいってくれるんじゃないかという期待もあり(笑)これは日本フィギュアスケート界に久々に良いニュースだと思いました。


どうなるかは活動を実際にしてみないと分からないことも多いですが、これは期待できるニュース。荒川さんもご自身がプロデュースするアイスショーも抱えていますしご多忙とは思いますが、是非選手の為に連盟でもその聡明さを生かして活躍していって欲しいと思います。
頑張って下さい!!!

b0038294_21225378.jpg



<関連コラム>
日経新聞の記事に思う -「フィギュアスケートで、いま求められる演技 」  2012年4月10日
浅田真央は「トリプルアクセルにこだわり過ぎ」 なのか -伊東スケート連盟委員長の発言に思う  2012年4月4日
日経新聞インタビューでの発言に思う -小塚崇彦選手  2012年2月16日
会場の事前調査について(四大陸選手権)  2009年2月7日




by toramomo0926 | 2012-09-23 21:01 | フィギュアスケート


<< 日本スケート連盟、警備付きで中... The ICE 2012の舞台裏 >>