織田信成選手復帰戦を優勝で飾る&今井遥選手が銅メダル! -2012ネーベルホルン杯
b0038294_16584212.jpg
遅くなってしまいましたが(汗)シーズンの先駆けとして行われるネーベルホルン杯にて、織田信成選手がショートプログラム(SP)とフリーともに1位となる完全優勝を遂げ、怪我からの復帰を飾りました。そしてやはり昨年怪我に苦労していた今井遥選手もフリーで素晴らしい演技を見せ、SP9位からジャンプアップして3位となり銅メダル獲得!本当におめでとうございます!!!


Nebelhorn Trophy 2012
順位と得点詳細。
「Result」でそれぞれの種目の総合順位と総合得点が、
「Entries/Result Details」ではショートプログラム(SP)とフリーそれぞれの得点詳細が、
「Judges Scores」ではSP/フリーで各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。



*****

織田、復帰戦で圧勝/フィギュア
<フィギュアスケート:ネーベルホルン杯>◇2日目◇28日◇ドイツ・オーベルストドルフ

 男子で左膝故障からの復帰戦となった織田信成(関大大学院)が前日のショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位となり、合計233・33点で優勝した。

 織田は冒頭の4回転トーループで着氷が乱れ、ほかのジャンプでもミスが出たが、昨年11月のグランプリ(GP)シリーズ、フランス杯以来の大会で、2位のコンスタンティン・メンショフ(ロシア)に20・39点の大差をつける圧勝だった。

2012年9月29日 日刊スポーツ
b0038294_13311411.jpg

織田、復帰戦で優勝=ネーベルホルン杯フィギュア
 【オーベルストドルフ(ドイツ)時事】フィギュアスケートのネーベルホルントロフィー第2日は28日、男子フリーが行われ、織田信成(関大大学院)が153.69点をマークしてショートプログラム(SP)に続いて1位となり、合計233.33点で優勝した。
 織田は冒頭の4回転で着氷がやや乱れ、他のジャンプやステップでもミスがあったが2位に20点以上の差を付け、本格的なシーズンに入る前の大会で他を寄せ付けなかった。左膝の故障から復帰し、約10カ月ぶりの実戦だった。 

b0038294_13355048.jpg


今井は3位=ネーベルホルン杯フィギュア
 【オーベルストドルフ(ドイツ)時事】フィギュアスケートのネーベルホルントロフィー最終日は29日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)9位の今井遥(大東大)は105.94点をマークしてフリーで3位となり、合計153.64点で3位に入った。
 今井はジャンプで回転不足があったものの、全体的に大きなミスなく演技をまとめた。
 アイスダンスはフリーが行われ、ショートダンス(SD)14位の平井絵己(関大大学院)マリアン・デラアスンシオン(フランス)組は合計103.50点となり、14位だった。

◇いい演技できた
 今井遥
 いい演技ができてうれしい。SPでうまくいかず不安があったが、やるしかないと思って一つ一つのことに集中した。(巻き返して3位に入ったのは)驚いた。

2012年9月29日 時事通信

*****


Nobunari Oda 2012 Nebelhorn Trophy FS -The Sorcerer's Apprentice


フリーの曲は「魔法使いの弟子」。結構フィギュアスケーターから人気がある曲目ですが、あまり使われない部分を採用したように感じました(詳しくないので違うかもしれませんが)。「魔法使いの弟子」に特徴的なメロディーやリズムは後半部分にちらっと出たくらいだったような・・・違ったらすみません(恥)。
曲が鳴った瞬間、ちょっと浅田真央選手の今季のエキシビジョン「メリー・ポピンズ」が思い浮かび、やっぱり昔の映画音楽なのかなと思ってたんですが、ディズニー繋がりですね(笑)。

b0038294_1353174.jpg


織田選手は三味線のような「和」のテイストや、「Fly me to the moon」や「チャップリンメドレー」のようなスタンダードな曲も似合いますが、私はこういう華やかなクラシックで滑る織田選手もとても好きなので、今回のプログラムは一気に好きになってしまいました。「トスカ」みたいな壮大な曲も彼のしなやかな演技には合いますが、私は彼には「重さ、荘厳さ」よりも「軽妙さ、華やかさ」の方が合っているし彼の良さが出るような気がしています。勿論競技者としてはいろんなジャンルの曲で滑る事も重要な経験ですが、やはりそれぞれの個性にあった曲で滑るというのも同じくらい重要なことだと感じています。
真央選手の「仮面舞踏会(フリー)」や「鐘」のように、格闘の末に最後に曲を打ち負かして克服するというのは観客やジャッジの評価をひっくり返すということなのでかなり、相当なパワーを必要とすると思いますし。
(そう考えると、真央選手はよくそれを、しかも五輪シーズンにやってのけたなあ・・・)

いろいろな意見はあるでしょうが、やっぱり選手の個性と曲のチョイスの調和って重要だと思います。特に日本男子は今世界トップレベルの選手が片手じゃとても足りないくらいいるという層の厚さですが、全員全く違う個性、演技の方向性を持っていると思いますね。お互いの演技を見たり、憧れるスケーターに刺激を受けることもあるだろうけど、やっぱり自分以外のスケーターにはなれない。いかに自分の個性とその長所を生かしていくかというのはキャリアを築く上で非常に重要だと思います。
ただ、それは「あなたはこういうタイプの曲が合うんだから、そういうのばっかり滑ってればいい」ということではない。目先の違ったものに挑戦するにしてもただ模倣するのではなく、そこにいかに「自分」を織り込めるかを意識してプログラムを作り上げる必要があるということです。
そういう意味でフィギュアスケートというのは考えれば考える程、技術と表現をものすごく高いレベルで問われる競技だなと今回織田選手の演技を見て改めて感じました。
表現の方向性において、「これがよくてこれは劣る」というのはなくて、どんな表現も基本的にはアリだと思っています。逆に評価されるべきはその方向性=「容れ物」ではなくて、その中にいかにそれぞれの個性を自然な形で見る側にアピールできるかということではないかと感じています。


話がそれましたが、今季のプログラムはSP、フリーともに織田選手の良さを充分に出した、フルパワーでの復活を強く印象付けるものだと思いました。そして演技も他を寄せ付けないものでしたね。
トリプルアクセルの前に膝を深く折ったイーグルを入れたり細かいところで工夫が凝らされ、難易度を上げることで高得点が狙えるつくりになっている。滑り自体も以前よりもなめらかになったように見えました。
4回転や、フリーではステップでちょっともたついたように見えたりミスはちょいちょい見受けられましたが、何しろ初戦です。しかも彼には怪我とそれに付随するブランクもあった訳ですから、申し分ない結果と言っていいのではないでしょうか。彼自身も今シーズンを戦う大きな手ごたえと自信を感じただろうと思います。本当によかった。


織田選手、本当におめでとうございます!体のケアには引き続き気を付けて頑張って下さい!次の試合を楽しみにしています。

b0038294_13305414.jpg



そして、今井遥選手が初戦3位という素晴らしい結果を出してくれています!!
b0038294_14382989.jpg

素晴らしい演技でしたね!フリーは回転不足とエッジエラーは取られたもののジャンプは全てスムーズに着氷していましたし、体もよく動いてスピードも最後まで落ちなかった。最後のスピンは本当に美しくて、見ていて画面に向かって拍手してしまいました。


Haruka Imai 2012 Nebelhorn Trophy FS -My Fair Lady



昨シーズンから長久保裕コーチの手を離れ、佐藤有香さん&ジェイソン・ダンジェンさんご夫妻のもとアメリカで練習を始めた彼女。ですが当時から足に故障を抱えており満足な練習ができず、シーズンは休まず過ごしましたが彼女の実力を殆ど出し切ることは出来ていませんでした。
今シーズンの彼女には非常に期待ですね!身のこなしの女性らしい美しさや切れ味の良いジャンプ、そして回転速度が速く、ポジションを変えてもスピードの落ちないスピン。彼女は間違いなく世界トップレベルで戦える選手なので、昨季は非常にもどかしい思いで見ていましたが、きっと今季はやってくれると思います!

b0038294_1438647.jpg


有香さん&ダンジェンさんご夫妻は二人でコーチをしているけれど、基本的にどちらが主となってその選手を見るかというのを決めているそうで、選手との指導などの相性で決めるようですが、遥ちゃんはダンジェンさんがメインコーチとなっています。これまでと違い英語でのコミュニケーションとなり大変だと思いますが、それも昨シーズン1年を過ごしてだいぶお互い慣れて、理解もしていると思うので、今季は彼女にとって躍進のシーズンとなるのではないかと思います。

b0038294_14123361.jpg


先程日本男子の充実ぶりについて書きましたが、女子も凄いことになっていますね。今季は安藤美姫選手も復帰しますし、こちらも相当激しい競争となるでしょう。全日本選手権(世界選手権の派遣選手決定のための選考会も兼ねて行われる)のTV放映のコピーに「日本代表への道が、一番険しい」というのがありましたが、まさにその通りだと思います。
この時代に日本人としてフィギュアスケートを見られるというのは、ものすごい幸運なんだろうなと思いますね。遥ちゃんには昨年のうっぷんも含めて(笑)今季思う存分女子シニアを荒らしてほしいと思ってます。頑張って下さい!!!


シーズン最初に良いニュースが聞けて本当に嬉しかったです。ジャパンオープンまでももう一週間を切りましたし、これからまた忙しくなりますね~(笑)
でもいよいよという気持ちで、ワクワクしています。

織田選手、今井選手、おめでとうございます!

b0038294_14373420.jpg
b0038294_14374693.jpg


<関連コラム>
織田信成選手、復帰戦SP1位スタート!! -2012年ネーベルホルン杯  2012年9月28日

佐藤有香さん&ジェイソン・ダンジェンさんご夫妻インタビュー  2011年12月9日

本質を見出す力、評価をひっくり返す力-浅田真央選手  2009年12月29日
「音楽を表現する」ということ  2008年12月17日



by toramomo0926 | 2012-10-01 13:29 | フィギュアスケート


<< 浅田真央選手、今季のフリーは「... 織田信成選手、復帰戦SP1位ス... >>