浅田真央選手、今季のフリーは「白鳥の湖」
b0038294_1782091.jpg
昨夜放映されたテレビ東京の「ネオスポーツ」で真央選手を取材していました。そして今季のフリープログラムの曲名が「白鳥の湖」であるとの報道がありました!!!!
それにしてもネオスポさんがあまりにもあっさりとネタばらし(笑)をするので驚きました。他局や他のメディアではまだその件について報道しているところは私の知る限りでは無く、東海地区でない地方局が何故か大スクープという変な状況になっています(笑)。





ソチ五輪まで500日を切ったということで、ウィンタースポーツのアスリートを取材するというコーナーのようです。
また、テレビ東京はジャパンオープンの放映も控えているので、そういう意味で盛り上げるという目的もありそうですね。

b0038294_1611090.jpg



これは何時頃どういう状況で行った取材なのかわからないのですが、真央選手、ちょっとお疲れ気味なのか眠いのか(笑)ちょっとマブタが重そう・・・練習を詰めていく時期と思いますがしっかり休養も取って下さいね(涙)

b0038294_1615131.jpg
b0038294_16151472.jpg
b0038294_16152440.jpg
b0038294_16153319.jpg


2014年にはソチオリンピックが開催されます。今シーズンはその前年、プレ五輪シーズンという大事な時期となります。
b0038294_16172668.jpg
b0038294_16173338.jpg



前回のバンクーバー五輪では銀メダル。ソチでは金メダルをとるべく頑張っています。
b0038294_16182899.jpg
b0038294_16381281.jpg



「しかし、この2シーズンは思うような演技ができず、歯がゆい思いをした」とナレーション。
b0038294_16183614.jpg

真央選手は五輪後すぐにジャンプやスケーティング等全ての技術の見直しを行い、無駄のない基本に忠実な技術を身につけるべく努力し続けています。一昨年はそのオーバーホールに着手した直後ということで確かに「歯がゆい」ことはあったでしょうが、昨シーズンにおいては下記の通りの成績を修めており、出場した試合で表彰台に乗れなかったのは最終戦の世界選手権だけなのです。


<2011-2012シーズン>
NHK杯  2位
ロシア杯  優勝
グランプリファイナル 欠場
全日本選手権  優勝
四大陸選手権  2位
世界選手権   6位


ですがマスコミは真央選手が優勝しなければ不振とみなすのか、「スランプ」的な扱いにしますよね。良くても「復活か?」みたいな、結局「今がどん底」みたいな扱いというのはどうも腑に落ちません。
真央選手自身は昨シーズンを「試合ごとに調子が良かったり悪かったりバラバラで、本当に長かった」と話していたので「まだ本調子でない」という状況だったかもしれませんが、成績自体は不振とは言えない立派なものを残しています。昨シーズン途中にお母様を亡くされていますし、世界選手権では現地に入って急に調子が落ちてしまい6位となったのでその印象がどうしても強いのかもしれませんが、本人の思いはともかく外部に批判されるような成績は残していないのに、といつも思ってしまいます。


閑話休題。


オフとアイスショー、海外での振り付け等を終えて、佐藤信夫&久美子コーチとの練習を8月に再開。
b0038294_16353942.jpg
b0038294_16354679.jpg
b0038294_16355679.jpg
今年はしっかり「オフ」をとる、と話していましたしね。10代とは違いますし気分転換のためにも、良い選択だったと思います。



久し振りに、佐藤信夫コーチが真央選手のスケーティングを見て、「変化を感じた」のだそうです。
b0038294_1637896.jpg
b0038294_16393426.jpg
b0038294_163946100.jpg
b0038294_1640661.jpg
b0038294_16395523.jpg
b0038294_16401571.jpg


この信夫先生の言葉は嬉しかったですね。
真央選手が目指していたのは、そして信夫コーチが真央選手に授けたいと思っていたのは、まさにこの「美しく力強いスケート」だと聞いていたからです。
7月にThe ICEを観に行った時、真央選手の滑りがまた進化しているのをすごく感じていました。なんというか、滑っているのだからそうなんだけど比喩としても「滑るような感じ」というか、もうヌメヌメにツルツルだったんですよ。そしてジャンプの前の不自然なタメやググっとかがみこむ感じがなくなり、足を後ろに振り上げたらすぐに踏み切るという美しい流れが自然に出来ているように見えました。


真央選手のイメージであるしなやかで華麗な演技に力強さが加わったと。
b0038294_16453581.jpg
b0038294_16454568.jpg



そんな真央選手が今季(フリープログラムで)取り組むのは、「白鳥の湖」!!!
b0038294_16471731.jpg



今季のルール改正で、コレオスパイラルの要素はフリーの最後というふうに決まったんだそうです。
b0038294_16483766.jpg
b0038294_1648499.jpg
b0038294_16485978.jpg


「フリープログラム」なのに、要素を入れる位置まで決められるというのはどうなのかという思いはありますが、
考えてみると、ここ2年フリーの最後にコレオスパイラルを入れているのは真央選手の「愛の夢」でした。

b0038294_16511091.jpg
最後に優雅にアラベスクの姿勢で小さく円を描く真央選手の笑顔でのスパイラルは、ファンの間で「幸せスパイラル」と名付けられてこのプログラムの評判に大きく帰依したと思います。


Mao Asada 2012 4CC FS -Liebestraume



これは、ファンのひいき目もあるかもしれませんが(笑)真央選手と振り付けをしたローリー・ニコルさんの演技と振り付けを高く評価した=良いと思ったから組み込んだ、ということではないでしょうか? 愛の夢は非常に評価の高いプログラムでしたが、だからと言って真央選手が今シーズンも最後にスパイラルを持ってくるとは限らないわけですし。
プログラムを作品と見た場合(作品と見ていたらこんなルールにしないんじゃないか、ということは数あるとはいえ)、最後にスパイラルで締めくくるという形は非常に印象がいい、という判断があったからこその決定だったのではないかと、ちょっと嬉しい気持ちになりました。
ただ、要素の順番くらい各選手に決めさせればいいのに、という気持ちは少し残りますけれど。まあ、ISUはその辺本当に適当ですから、来季にはこのルールは消えるかもしれませんけどね。今年は片足ステップのルールはなくなるという話ですし(呆)。


最後に、真央選手は今シーズンと、自分への期待を語りました。
b0038294_16564473.jpg
b0038294_16565358.jpg
b0038294_16571048.jpg
b0038294_16573311.jpg
b0038294_16574448.jpg
b0038294_16575586.jpg
b0038294_1658653.jpg



とても良い練習が出来ているようで、本当に嬉しい。そして白鳥の湖はいつか滑ってほしいと思っていたので、これは楽しみです!
今季はSPとエキシビジョンがローリー・ニコルさん、フリーはタチアナ・タラソワさんが振り付けされるということなので、あの芸術の鬼であるタラソワが真央選手にどんな白鳥を授けるのかと思うとワクワクして落ち着きません(笑)。SPの曲名はまだ発表になっていないと思いますが、こちらも気になりますね。

真央選手の「白鳥の湖」の初お披露目は今月6日のジャパンオープン。楽しみですね!
真央選手も、他の全てのスケーターも、怪我なく充実した練習を重ねて、万全の状態でシーズンインしてくることを楽しみに待っています。

b0038294_178361.jpg






<参考リンク>
木下グループカップ Japan Open 2012


<関連コラム>
浅田真央選手インタビュー :読売新聞の記事  2012年5月22日

日経新聞の記事に思う -「フィギュアスケートで、いま求められる演技 」  2012年4月18日
浅田真央は「トリプルアクセルにこだわり過ぎ」 なのか -伊東スケート連盟委員長の発言に思う  2012年4月4日

「生き様」を見せる演技  2011年12月29日
2011年全日本選手権総括&コーチについて思う -田村明子さん・野口美恵さんコラム  2011年12月28日

浅田真央を変えた佐藤コーチの信念 -スポーツナビの記事  2011年11月16日
悔しいけど前を向く 真央、五輪後のシーズンを終えて -「挑戦 真央らしく」  2011年5月17日
浅田真央選手、自身の練習と新体制の充実ぶりを語る  2011年3月10日
浅田真央選手、スピン1回30回転→104回転に進歩:「挑戦・真央らしく」  2011年1月31日
名伯楽と「充実の日々」 -浅田真央選手  2011年1月28日
浅田真央「復活の真実」  2011年1月10日
動画のご紹介 -浅田真央選手と佐藤信夫コーチ  2011年1月24日
安藤美姫選手が優勝!!浅田真央選手も会心の演技で2位!全日本選手権 女子フリー  2010年12月26日
小塚嗣彦コーチ、真央選手を評す  2010年12月14日
「スケートはミックスジュースのようなもの」-佐藤信夫コーチインタビュー  2010年11月30日

The ICE 2012!!(その2)  2012年7月26日
The ICE 2012!!(その1)  2012年7月25日




by toramomo0926 | 2012-10-01 16:15 | フィギュアスケート


<< ジャパンオープン前日会見 織田信成選手復帰戦を優勝で飾る... >>