ジャパンオープン前日会見
b0038294_5414899.jpg
いよいよ今日ジャパンオープンが行われ、出場する各選手とも今季フリーをお披露目となりますね。

ジャパンオープンは日本スケート連盟の主催でISUの国際ジャッジが審判となって行うもので、ISUが正式な試合として公認しています。よって国際試合と同様の基準で採点が行われます。
そのため、この試合を初戦としてジャッジの点の出し方を見て、それをもとにグランプリシリーズ等に向けて最終調整をはかるという選手(特に日本選手は)多いですね。
ですが通常の試合とは違い、プロスケーターも出場が許されますし種目は男女シングルのフリーのみ。出場選手は日本、北米、欧州から男女2名ずつ、3チームに分かれ団体戦形式で戦い、各チームの合計点で順位が決まります。なので、緊張感の中にもお祭りというムードもあり、チーム内で互いを励まし合う場面も見られ、選手にとってもファンにとっても楽しみな大会となっています。


それぞれの放映日程は以下の通りです。全てテレビ東京系列6局ネットでの放映です。

ジャパンオープン      2012/10/06(土) 夜7:00-夜8:54 
カーニバルオンアイス   2012/10/07(日) 午後4:00-夕方5:15 
メダルウィナーズオープン 2012/10/08(月・祝) 昼12:30-午後2:00




出場選手は下記の皆さんです!!

b0038294_6222797.jpg
すごく楽しみです!!!素晴らしいメンツ!!


試合に先立ち、日本選手の記者会見が行われました。

*****

浅田真央、高橋大輔らが今季プログラムを披露  6日開催、ジャパンオープン
 フィギュアスケートのチーム戦「ジャパンオープン」が6日、さいたまスーパーアリーナで開催される。本番を翌日に控えた5日、浅田真央(中京大)、高橋大輔(関大大学院)ら出場選手が会見を行った。

 今大会は日本、北米、欧州の3地域による対抗戦で、各チーム男子2人、女子2人で構成。それぞれがフリースケーティングを演技し、その合計点で順位が決まる。GPシリーズ開幕を2週間後に控え、多くの選手が今季の新プログラムを日本で最初に披露する場となる。これまでの成績は日本の4勝、欧州と北米が1勝ずつとなっている。

■浅田真央、『白鳥の湖』初披露へ「今できることをしっかりと」
「シーズンオフにやってきたこと、今自分ができることをしっかり出せるようにしたいです。チーム戦なので、足を引っ張らないように頑張りたいと思います。

 新しいプログラムは『白鳥の湖』です。いろんな曲がセレクトされていて、スワン(白鳥)のところと黒鳥のところもあります。プログラムの中で曲調がどんどん変わっていって、最初はスワンをイメージしています。最後に黒鳥の曲になるところでは、自分のステップや技術力を見せたいと思います。

 今季は、向上を目指して頑張りたいと思います。昨シーズンも思うような演技ができなかったので、自分が向上してどれだけ自分の思っているような演技ができるかだと思っています。

 (アイスショーの)『THE ICE』が終わってから、ロシアでフリープログラムの手直しをして、そこから日本でずっと練習をしてきました。今の調子は、とても良いと思います。とりあえず今は、自分の目の前にある試合で、自分のできる力を出すことです。

 今大会、初めて白鳥の湖を滑るので、レベルをしっかり取ることと、エレメンツをしっかりやって、最後までスピードを落とさずに滑り切りたいです」

b0038294_6134369.jpg


■高橋大輔「ケガ明けから一番良い状態」
「前回、僕が足を引っ張ってしまって日本チームが最下位だったので、今回は自分が引っ張って優勝を目指したいと思います。シーズン最初の試合ということで、いろんな人から評価が聞けると思うので、今できる精いっぱいのことを頑張りたいと思います。

 曲はオペラの道化師です。すごくスケールの大きな曲なので、それに負けないように、スケールのでかい演技をしたいです。振り付けをしたシェイ=リーン・ボーンは、フリーでは初めて(の振り付け)なので、彼女の表現したかったことを出せればと思います。

 今季は8月の北海道合宿から本格的にスタートしました。フレンズ・オン・アイスのあとにフリーを作りに行って、そのあとロシアのノボゴルスクで練習しました。取りかかりが遅かった割には良い状態で、ケガ明けからは一番良い状態だと思います。オリンピックに向けて、一つ一つの試合で経験を積んで、何かしらプラスになればと思います。世界選手権では(五輪の)枠取りもあるので、枠取りに貢献して、自分がオリンピックに出やすい環境を作りたいと思います。

 明日の試合は、シーズン最初に見てもらえる(試合な)ので、今できるきっちりしたプログラムを滑りたいです。4回転2本も、10月の段階でどうなるのか、試合で感じたいです」

b0038294_614146.jpg


■鈴木明子「最年長ですが、足を引っ張らないように(笑)」
「すごくワクワクしています。やってきたことが今の状態でどれだけできるかというのが、明日分かると思います。シーズンを戦っていくうえでも自分が手応えを感じて、自分に何が足りないのか、試合をすることで分かると思うので、しっかりと学んでいく試合にしたいです。最年長ですが、出場は2回目(一番少ない)なので、足を引っ張らないようにしたいです(笑)。

 プログラムはシルク・ド・ソレイユの『オー』です。自分がこの曲をやりたいと言って選びました。今まで人や物語を演じることが多かったのですが、今回は世界観を大事にしています。浅田選手も白鳥で鳥ですが、(自分も)振付担当のパスカーレ・カメレンゴ先生から鳥のイメージで、と言われています。『オー』というのは水という意味ですが、水に羽ばたく鳥をイメージしています。表現したい世界観を出せればいいなと思います。

 昨シーズンが終わって(現役を)続けるかどうか悩みましたが、続けると決めた以上は理想とするスケートにどれだけ近づけるかに挑戦したいです。長くは続けられない選手生活だと思うので、自分が選手である以上、ゴールまで悔いのないように、毎日の練習から自分のスケート人生を楽しみたいなと思います」

b0038294_6142737.jpg


■小塚崇彦「落ち着いてやりたい」
「今までしっかり練習してきた自信を明日出せればいいなと思います。チーム戦なので、迷惑を掛けないように頑張ります。

 今季のプログラムは『ロンド・カプリチオーソ』、振付はマリーナ・ズエワさんです。何曲かあった中から僕が選びました。自分のスケートに合っていて滑りやすいです。音楽とスケートの調和、トランジッションを見せていきたいと思います。

 昨シーズンはすべて後手後手だったので、今シーズンはしっかり計画を立てて、スケジュール通りにできるようにしたいです。先に先に、落ち着いてやっていきたいです。

 アイスショーのシーズンが終わってからは、中京大で練習をしていて、その間にショートの手直しをしてきたりしました。落ち着いて練習できたので、あとは思い切ってやるだけです。ここまでスケートをやってきて、シーズン最初に『出遅れているな』と思う時はあまり良くないので、シーズンの最初からしっかりとやっていきたいです。

 シーズンを通して挑戦したいことはないと言ったらおかしいのですが、昨シーズンからやってきていること、4回転2本と、スピンでレベル4を取ること、ステップもジャンプも、今自分ができることをしっかりやりたいです」

2012年10月5日 スポーツナビ

b0038294_6143844.jpg
小塚選手の練習の写真がない(涙)

真央3回転半なし「白鳥の湖」3年ぶりの新曲
 フィギュアスケートの日本、欧州、北米によるチーム対抗戦、ジャパン・オープンは6日、さいたまスーパーアリーナで行われる。5日は会場で公式練習が行われ、今季初戦の浅田真央(22=中京大)がフリー「白鳥の湖」を披露した。

 軽やかなスケーティングを見せ、代名詞のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)には4度挑んで1度着氷。現時点ではプログラムに大技は組み込まれていないが「今できることをしっかり出し切れるようにしたい」と気合を入れた。

 今季は14年ソチ五輪のプレシーズン。夢舞台を見据え、リンク外では決断の時が近づいている。中京大在学中だが、海外遠征やトレーニングでなかなか講義に出席できず、来春の卒業は厳しい状況という。関係者は「これから話し合わないといけない。ソチ五輪が終わるまでの休学も考えている」と明かした。これまでより、さらにスケートに集中。「今季は向上を目指して頑張りたい」と浅田は力を込めた。

 フリーでは一昨季、昨季と連続で「愛の夢」を使用していたため、「白鳥の湖」は3季ぶりの“新曲”になる。「初めて試合で滑るので、一つ一つのエレメンツを落ち着いてやりたい。最後までスピードを落とさずに滑り切れれば、次のステップになる」。完璧な演技で、逆襲のシーズンが幕を開ける。

2012年10月6日 スポーツニッポン

*****


b0038294_8452919.jpg


みなさん充実した練習を重ねて来られたようで何より。フリーの曲目と振付師も発表してくれました。
どんな感じになるのか楽しみです!
怪我なく、全てのスケーターにとって大きな収穫のある大会になりますように!



さきがけて前日行われた、往年のメダリストたちの競演「メダルウィナーズオープン」では、荒川静香さん、ジェフリー・バトルさんという、引退後も「現役感」溢れる方々が優勝をおさめたようです。おめでとうございます!

b0038294_6282773.jpg

男子はジェフリー・バトルが優勝、銀メダルはカート・ブラウニング、銅メダルにイリヤ・クーリック、4位に本田武史さん、5位はアレクセイ・ヤグディン、6位がフィリップ・キャンデロロ!

女子は荒川静香さんが優勝、銀メダルはジョアニー・ロシェット、銅メダルにイリーナ・スルツカヤ、4位にサラ・マイアー、5位にラウラ・レピスト、6位にキミー・マイスナーです!!!

順位とかよりも、もうこの顔ぶれだけでもう・・・(感涙)
写真もいろいろ上がっているようですが、実際の演技を見てから記事を書きたいと思いますので、今回は順位だけここでお知らせしておきます。

*連休の間に法事があり帰省するため、記事のアップが少し遅れることが予想されます。申し訳ありませんがご了承くださいますようお願い致します。


そして例年通り、ジャパンオープンの後に行われるエキシビジョン「カーニバルオンアイス」も行われます。
わあああ~!!ついに始まりますね!!!
今開催中のフィンランディア杯も、羽生結弦選手がSP2位につけたという話ですし(1位はハビエル・フェルナンデス選手)、ついに動き出しましたよ!
選手のみなさん、頑張って下さい!
そしてファンとしてはハラハラな半年が始まりますが体力をつけて(笑)一緒にスケーターの皆さんを応援していきたいですね。今シーズンもどうぞよろしくお願い致します。

b0038294_6361844.jpg



真央選手が3Aを決めた時、ゲデ子ちゃんが拍手してますね(笑)



真央選手、タノジャンプ復活させてますね!ジャンプの再構築がかなり形になってきたという手ごたえ、自信の表れだと思います。


<参考リンク>
木下グループカップ ジャパンオープン2012
メダルウィナーズオープン、カーニバルオンアイスのサイトへのリンクもここにあります。


<関連コラム>
ジャパンオープン2011! -女子編  2011年10月2日
ジャパンオープン2011!-男子編  2011年10月2日

ステキな写真が多いので:浅田真央選手 ジャパンオープン2010  2010年10月6日
Japan Openパンフより-高橋大輔&小塚崇彦Q&A  2010年10月4日
熱狂!Japan Open 2010 (男子編)  2010年10月3日
熱狂!Japan Open 2010 (女子編)  2010年10月3日

ジャパンオープン見てきました  2009年10月3日
by toramomo0926 | 2012-10-06 05:58 | フィギュアスケート


<< チームジャパン、2年ぶり5度目... 浅田真央選手、今季のフリーは「... >>