チームジャパン、2年ぶり5度目の優勝! -Japan Open2012
b0038294_1351490.jpg
10月6日、ジャパンオープン2012がさいたまスーパーアリーナで開催されました。
チームジャパンは全員がオフの成果をファンに、そしてジャッジに見せつけ、2位の北米に60点近い点差をつけての見事な圧勝!
2位の北米もパトリック・チャン選手が大乱調という波乱もありつつも大トリのアシュリー・ワグナー選手が見事な演技を見せてくれました。3位の欧州もプルシェンコ選手がさすがの存在感を示し、若い選手たちを引っ張ってくれました!
例年この大会は団体戦ということで選手が奥に引っ込まずリンクサイドで和気藹々とした雰囲気を見せてくれるなど良いムードなのですが、今年も素晴らしい大会だったと思います。


木下グループカップ Japan Open 2012
順位と得点詳細。
「Result」でそれぞれの種目の総合順位と総合得点が、
「Entries/Result Details」では得点の詳細が、
「Judges Scores」ではSP/フリーで各選手の全ての要素の内容と、それにジャッジがどのように得点をつけたかを見ることができます。




最終順位および得点合計は以下の通りです。

b0038294_132648.jpg
PC画面をデジカメで撮影したので、見にくいところがあると思いますがご容赦ください。


*****
日本が2年ぶりの優勝=高橋、浅田ら好演技―フィギュア・ジャパンOP
フィギュアスケートの日本、北米、欧州の3地域対抗団体戦、ジャパンオープンは6日、さいたまスーパーアリーナで行われ、日本が合計569.25点で2年ぶり5度目の優勝を果たした。
 3チームが男女2人ずつフリーを演技し、合計点を争った。日本は男子の高橋大輔(関大大学院)が4回転ジャンプを決め1位となり、小塚崇彦(トヨタ自動車)も2位。女子では浅田真央(中京大)がミスの少ない演技で2位に入り、鈴木明子(邦和スポーツランド)は3位だった。
 アシュリー・ワグナー(米国)が女子トップとなった北米は日本に次ぐ2位。男子でエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)が滑った欧州は3位だった。 

2012年10月6日 時事通信

b0038294_1321750.jpg


<フィギュア>日本が2年ぶり5回目の優勝 ジャパンOP
 フィギュアスケートのジャパン・オープンは6日、日本、欧州、北米の3地域対抗戦としてさいたまスーパーアリーナで行われ、高橋大輔(関大大学院)、小塚崇彦(トヨタ自動車)、浅田真央(中京大)、鈴木明子(邦和スポーツランド)で臨んだ日本が2年ぶり5回目の優勝を果たした。前回覇者の北米が2位、欧州は3位。大会は1チーム4人(男女各2人)の混合団体戦で行われ、フリー1種目のみの合計点で争った。


 ▽団体 (1)日本569.25点(2)北米511.80(3)欧州510.52 (日本は2年ぶり5回目の優勝)

 ▽男子 (1)高橋大輔(関大大学院)172.06点(2)小塚崇彦(トヨタ自動車)165.08

 ▽女子 (1)アシュリー.ワグナー(米国)123.57点(2)浅田真央(中京大)122.04(3)鈴木明子(邦和スポーツランド)110.07

(個人順位は1位と日本選手)

 ◇今季初戦を手堅くまとめる…浅田
 チャイコフスキーの名曲「白鳥の湖」で復活のシーズンを滑り出した。女子で日本人最高の2位に入った浅田は、白鳥をイメージした衣装で今季初戦を手堅くまとめ、「練習ではできていても初戦は不安があるが、しっかりと落ち着いてやってきたことを出せた」と明るい表情を見せた。

 代名詞のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は封印し、この日は2回転半-2回転トーループ。浅田が「練習では、いつも(の年)より半分以下に落としている」と語るように、3回転半に頼らないスケートを目指している。それも奏功してか、回転不足のジャンプも散見されたが大崩れしなかった。

 だが、前日の公式練習では3回転半を着氷させた。「1回奇麗に跳べたので、(シーズン)後半に入れていければと思っている」と浅田。ソチ五輪のプレシーズン。「向上」をキーワードに、22歳の白鳥はさらなる高みを見据えて羽ばたき始めた。【芳賀竜也】

 ○…高橋は今季、フリーで2回の4回転ジャンプを予定しているが、この日は冒頭の4回転トーループだけが成功。だが「今日は(2回)成功できなかったが、普段の練習から徐々に調子が上がってきている」と手応えを口にした。今季のフリーはオペラ「道化師」で「スケールの大きなスケートを見せたい」。昨年5月にボルトを抜いた右膝の状態も良好で「(08年に負傷した)ケガ明けのシーズンでは一番いい」と期待を抱かせた。

2012年10月6日 毎日新聞

*****


チームジャパンの活躍ももちろんですが、例年この大会が出場選手全てのフリープログラムお披露目となるケースが多いので、どの選手も緊張すると思いますがファンとしてはとても楽しめる大会です。
またきっと量が多くなるので(笑)男女に記事を分けて書いていきたいと思います。


男子の記事はこちら
女子の記事はこちら

b0038294_13262952.jpg


<関連コラム>
ジャパンオープン前日会見  2012年10月6日

ジャパンオープン2011! -女子編  2011年10月2日
ジャパンオープン2011!-男子編  2011年10月2日

ステキな写真が多いので:浅田真央選手 ジャパンオープン2010  2010年10月6日
Japan Openパンフより-高橋大輔&小塚崇彦Q&A  2010年10月4日
熱狂!Japan Open 2010 (男子編)  2010年10月3日
熱狂!Japan Open 2010 (女子編)  2010年10月3日

ジャパンオープン見てきました  2009年10月3日



by toramomo0926 | 2012-10-09 13:04 | フィギュアスケート


<< 安藤美姫選手、グランプリシリー... ジャパンオープン前日会見 >>